バラック氏がレーブ続投に疑問 「多くの人たちと同様に驚いた」2018.10.12 14:56 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドイツ代表のレジェンドの1人であるミヒャエル・バラック氏は、ロシア・ワールドカップ(W杯)の惨敗にも関わらず、ヨアヒム・レーブ監督が続投したことを疑問に感じているようだ。ドイツ『Deutsche Welle』で語った。

▽2006年のドイツW杯終了後に、ユルゲン・クリスマン前監督の後を継いでヘッドコーチから昇格する形で新指揮官に就任したレーブ監督。これまで2014年のブラジルW杯での優勝や、2008年のユーロ準優勝など輝かしい成績を残してきた。

▽その一方で、連覇が期待されたロシアW杯ではグループステージ敗退を味わい、長期体制ゆえのマンネリ化を指摘する声も挙がっており、今年7月に2022年カタールW杯までの続投が発表された際には疑問の声も多く上がっていた。

▽そして、ドイツ代表のレジェンド、バラック氏もレーブ監督の続投に疑問を持つ1人のようだ。

「多くの人たちと同様に、私自身も驚いた。続投が決まるなんてね」

「彼は長い間、監督を務めてきた。ただそれだけ長くやっていくならば、いつかはそれがうまく機能しなくなるときがくるというものだ」

「確かにワールドカップで優勝したプレーヤーたちへ信頼を置くことは驚くことではない。しかし、ロシアでは高いレベルで力を発揮できていないプレーヤーが何人も見受けられた」

「そもそも大会前の時点で、いくつかのポジションに関しては問題があったことは明らかだった。だからこそ、レーブが今後に向けて本当に正しい人選であるのか、上層部はしっかりと判断をするべきだったと思う」

「すでに続投が既定路線という中で、これから分析を行う、など言うべきではない。それは分析とは呼ばない」

コメント

関連ニュース

thumb

若手英国人に金払い過ぎ! レーマン氏主張

▽アーセナルOBで元ドイツ代表GKのイェンス・レーマン氏が、イングランド人の若手が過剰な給与を受け取っていることを問題視している。イギリス『サン』のインタビューを基に、イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽2011年に現役生活を終えたレーマン氏は現在、ドイツ国内を中心として解説者として活躍している。今シーズンは、ドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョに注目しているという。同選手は、昨年夏にマンチェスター・シティを退団しドルトムントに完全移籍。今シーズンはここまでの公式戦10試合で1ゴール9アシストを記録している。 ▽イギリス『サン』のインタビューを受けたレーマン氏は、サンチョの成功例が若手イングランド人にとって良い方法だと主張した。 「イングランドの子供たちにとって、(サンチョの例は)素晴らしいリーグで良い経験をさせるための良い方法だ」 「イングランドでは、彼ら(若手)に過剰に(給与が)支払われている。オーバーペイは何のためにもならない。彼らのチャレンジにとってね。この世代の多くがそれぞれのクラブで将来的に大きな違いを見せるかどうか、私には分からない」 「プレーヤーにとって、ハングリーであることは常に良いことだ。18歳や19歳で莫大な金額を稼いでいて、それがポテンシャル(の評価)に寄ったものでなければそうではないけどね。その場合、ハングリーになるか、現状に留まるのかは分からない。サッカーには報酬が必要だが、ポテンシャルに払われるべきでない」 ▽2003年にドルトムントからアーセナルに加入したレーマン氏。元イングランド代表GKデイビッド・シーマン氏からポジションを奪い、2003-04シーズンのプレミアリーグ無敗優勝を達成した“インビンシブルズ”の一員としてクラブ史に名を刻んだ、名プレーヤーだ。 2018.10.19 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

「サネは村のどこかでプレーしているよう」元ドイツ代表MFがヤングスターの振る舞いに不満

元ドイツ代表MFクリスティアン・ツィーゲ氏は、レロイ・ザネについて批判し、さらに多くを求めていることを語った。<br><br>ザネは先日、行われたUEFAネーションズリーグの2試合にドイツ代表として出場。オランダ戦(0-3)では途中出場、フランス戦(1-2)では先発出場したが、ともに勝利に導く活躍を見せることはできなかった。ツィーゲ氏は「もちろんスピードもあるし、クオリティもある」とした上で、ザネのプレーぶりには納得いっていないようだ。<br><br>「彼は村のどこかでプレーしているような感じなんだ。世界王者を相手にプレーしていて、時間もなかったわけだ。もっと力を見せなければならない」<br><br>フランス戦では相手のハンドを誘い、PKをもたらしたザネ。しかし、ツィーゲ氏からすれば、ザネはもっと多くを見せられる選手だと考えているようだ。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.10.18 08:30 Thu
twitterfacebook
thumb

レーブ引き際か…ドイツ代表、1年間の負け数が史上最多

▽ドイツ代表の深刻さを数字が物語っている。 ▽ドイツ代表は、16日に敵地で行われたUEFAネーションズカップでフランス代表と対戦。14分に幸先良く先制したが、後半に失点を重ね、1-2の逆転負けを喫した。 ▽これにより、ドイツ代表はUEFAネーションズカップのリーグAグループステージ敗退が決定。さらに、今後の結果次第でリーグB降格決定の恐れもある。 ▽データを扱う『Opta(@OptaFranz)』によれば、ドイツ代表の今年における負け数は、1年間の代表史最多となる6敗。また、2連敗は2000年以来18年ぶりだという。 ▽そういった数字を鑑みると、2006年から続くヨアヒム・レーブ監督は引き際か。今後、熱を帯びるであろう進退問題から目が離せない。 2018.10.17 14:35 Wed
twitterfacebook
thumb

レーブ監督がフランス戦の敗因を分析…ドイツ代表に求められる変革とは?

ドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督は、フランスに敗れて悔しさをにじませた。ドイツ『ARD』が伝えている。<br><br>ドイツは16日、UEFAネーションズリーグでフランスと対戦。先制しながら、後半アントワーヌ・グリーズマンに2ゴールを許し、逆転負けを喫した。レーブ監督は前半の戦いを悔いた。<br><br>「世界王者と同等に渡り合ったが、前半のうちに2点目を取らなければならなかった。残念ながらいいプレーは結果につながらなかった。2点目が取れていたら、勝っていただろう」<br><br>また、決勝点となったPKにも言及。マッツ・フンメルスのブレーズ・マテュイディへのチャレンジは正当だったと主張する。<br><br>「PKではない。マッツは彼に触っていないからね。マテュイディは自分の足につまずいただけだ」<br><br>公式戦4試合勝利なしとなったドイツ。レーブは変化が必要であり、再び成功を収めるために不可欠なものであるとした。<br><br>「オランダ戦(0-3)後、何かを変えなければならないことは明らかだった。ずっと成功したいのなら、ベテランと若手をミックスしなければならない。ベテランがどうプレーするか忘れているなんてことはないからね」<br><br>主将としてゴールマウスを守ったGKマヌエル・ノイアーも「今日は全てがコントロール下にあったし、前半はチャンスがあり、勝利に値していただけに、とても失望している。レーブとスタッフは明確なプランを用意して僕らは実行した。しかし、結果には反映されなかったね」と話し、好パフォーマンスが結果につながらなかったことを残念がった。<br><br>提供:goal.com 2018.10.17 07:35 Wed
twitterfacebook
thumb

世界王者フランスがグリーズマンの2発で元王者のドイツに逆転勝利で首位堅守《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ1、フランス代表vsドイツ代表が16日に行われ、2-1でフランスが勝利した。 ▽先月行われたUNLの2戦を1勝1分けで終え、5日前に行われたアイスランド代表との国際親善試合を2-2と引き分けたフランスは、その試合のスタメンから4選手を変更。ムバッペやカンテ、マテュイディにリュカとワールドカップ優勝メンバーがスタメンに戻った。 ▽一方、3日前に行われたUNL2戦目のオランダ代表戦を0-3と完敗して1分け1敗となったドイツは、その試合のスタメンから5選手を変更。ミュラーやJ・ボアテングらに代えてザネやニャブリ、ジューレらがスタメンとなった。 ▽フラットな[4-4-2]を採用したフランスは2トップにグリーズマンとジルー、両サイドにムバッペとマテュイディ、センターにポグバとカンテを配した。 ▽対するドイツは[3-4-3]を採用。3トップに右からザネ、ニャブリ、ヴェルナー、右サイドにケーラー、左にN・シュルツ、中盤センターにクロースとキミッヒ、3バックの中央にズーレを据えた。 ▽立ち上がりからホームチームのフランスがポゼッションする流れとなった中、13分にドイツがPKを獲得する。ボックス右からザネの上げたクロスがキンペンベのハンドを誘った。このPKをキッカーのクロースがゴール右隅に決めてドイツが先制した。 ▽その後もフランスがポゼッションする流れが続いたが、カウンターとセットプレーで応戦するドイツが牽制し、主導権を渡さない。結局、前半のうちにフランスは同点に迫るシーンを作れず1点ビハインドのままハーフタイムに入った。 ▽迎えた後半、攻め込むフランスは52分、ムバッペがスルーパスに抜け出してボックス左からシュートを放つも、GKノイアーの好飛び出しのセーブに阻まれる。それでも62分、左サイドからのリュカの鋭いクロスをグリーズマンがヘッドで合わせてゴール右にシュートを流し込み、同点に持ち込んだ。 ▽その後、67分のニャブリの強烈なミドルシュートをGKロリスがセーブしたフランスが攻勢を続けると、79分にPKを獲得する。ポグバのスルーパスに反応したマテュイディがボックス中央に侵入したところでフンメルスに倒された。これをキッカーのグリーズマンがゴール右に決めてフランスが逆転した。 ▽失点を受けてブラント、ミュラーを投入したドイツだったが、フランスが2-1で勝利。2勝1分けとし、首位を堅守している。一方、敗れたドイツは1分け2敗と最下位に沈み、リーグBへの降格が迫っている。 2018.10.17 05:57 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース