神戸、DF高橋峻希による出場予定メンバー情報漏洩問題の調査終了を発表! 1カ月間の謹慎処分を科す2018.10.12 14:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴィッセル神戸は12日、所属するDF高橋峻希(28)が部外者に対して出場予定メンバー情報を漏洩していたとの報道を受け、先月より調査を進めていた一件に関して調査の終了及び同選手に対する処分を決定した。▽今回の問題は9月23日に行われた明治安田生命J1リーグ第27節、浦和レッズ戦のメンバー発表前に、高橋が部外者へ出場予定メンバー情報を漏洩していたとの報道があり、その後クラブは本人への聞き取り調査、外部弁護士による調査を依頼し実施。

▽その後、外部弁護士による調査により、高橋が当日の試合を観戦することを予定していた知人から『LINE』を経由して、MFアンドレス・イニエスタの出場の有無について問われたところ、高橋は同じく『LINE』を経由してイニエスタの欠場を明らかにした事実が確認された。

▽これを受けて、クラブは高橋の当該行為が「日本サッカー協会選手契約書第3条〔禁止事項〕の、(1)「クラブ、協会およびリーグ等の内部事情の部外者への開示」、(2)「試合、トレーニングに関する事項(試合の戦略・戦術・選手の起用・トレーニングの内容等)の部外者への開示」、(7)「試合の結果に影響を与える不正行為への関与」、および(8)「その他クラブにとって不利益となる行為」、に抵触する違反行為に該当すると判断。

▽高橋に対して、9月24日から10月23日までの1カ月間の謹慎処分を科すことを決定した。

▽また、クラブは今回の問題を受けて再発防止に向けた取り組みを行っていく旨を以下のように伝えている。

「ヴィッセル神戸はこの度の情報漏洩を受け、情報管理体制を一層強化して、再発防止の徹底に努めてまいります。再発防止策として、クラブハウスにおける情報管理ルールの掲示、強化部から所属選手に対するチーム情報の取扱い及びSNSの利用に関する指導、外部講師を招いてのSNS運用に関する勉強会の実施を行ってまいります」

コメント

関連ニュース

thumb

神戸DF高橋峻希がイニエスタ欠場漏洩問題を公式謝罪 「自覚の甘さが招いた行為、弁解の余地はありません」

▽ヴィッセル神戸は12日、部外者に対して出場予定メンバー情報を漏洩しクラブから1カ月間の謹慎処分、Jリーグからけん責(始末書をとり、将来を戒める)を科されたDF高橋峻希(28)の謝罪コメントを掲載した。 ▽高橋は一連の問題を受け、以下のようなコメントを発表した。 「この度の私の軽率な行為により、Jリーグ、ヴィッセル神戸をはじめとする関係者の皆様、ならびにファン・サポーターの皆様に多大なご迷惑、ご心配をおかけしましたことを心より深くお詫び申しあげます。選手として、社会人としての自覚の甘さが招いた行為であり、弁解の余地はありません」 「今後は、二度と同様の行為を繰り返さないよう選手として、一人の社会人として自覚を持ち、気を引き締めて日々過ごしてまいります。失った信頼を回復できるよう日々務めていきますので、これからもよろしくお願いいたします」 「改めまして、この度は、誠に申し訳ございませんでした」 ▽今回の問題は9月23日に行われた明治安田生命J1リーグ第27節、浦和レッズ戦のメンバー発表前に、高橋が部外者へ出場予定メンバー情報を漏洩していたとの報道があり、その後クラブは本人への聞き取り調査、外部弁護士による調査を依頼し実施。 ▽その後、外部弁護士による調査により、高橋が当日の試合を観戦することを予定していた知人から『LINE』を経由して、MFアンドレス・イニエスタの出場の有無について問われたところ、高橋は同じく『LINE』を経由してイニエスタの欠場を明らかにした事実が確認された。 ▽これを受けて、クラブは高橋の当該行為が「日本サッカー協会選手契約書第3条〔禁止事項〕の、(1)「クラブ、協会およびリーグ等の内部事情の部外者への開示」、(2)「試合、トレーニングに関する事項(試合の戦略・戦術・選手の起用・トレーニングの内容等)の部外者への開示」、(7)「試合の結果に影響を与える不正行為への関与」、および(8)「その他クラブにとって不利益となる行為」、に抵触する違反行為に該当すると判断。 ▽高橋に対して、9月24日から10月23日までの1カ月間の謹慎処分を科すことを決定した。 ▽また、Jリーグは12日、神戸による処分発表後、高橋に対してけん責処分を科したことを発表した。この処分理由に関してJリーグは以下のように説明していた。 「高橋選手の行為はJリーグ規約違反となる軽率な行為であることは免れない。一方で、既に、クラブによる同選手への処分は一ヶ月の謹慎となっていることから、同選手個人への制裁はほぼその目的を達している。従って、Jリーグとしては、けん責の処分をするにとどめる。なお、これまでチーム内にてSNSへの注意喚起を実施してきた事から、クラブには制裁は科さないものとする」 2018.10.12 17:10 Fri
twitterfacebook
thumb

首位・川崎F、神戸戦チケット完売を発表! 今回で今季11回目

▽川崎フロンターレは9日、20日に行われる明治安田生命J1リーグ第30節のヴィッセル神戸戦のチケット完売を発表した。今回で今シーズン11回目の完売とのこと。 ▽川崎Fはクラブ公式サイトを通じて「全席種、完売のため、当日券販売およびアップグレードサービス・ダウングレードサービス・遅割は実施いたしません」「予約キャンセルが発生した場合に限り再販売を行う場合があります」「最新の情報は『ホームゲームチケット販売状況』または『チケフロ』をご確認ください」とアナウンスしている。 ▽代表ウィーク明け最初の一戦となるJ1第30節。川崎Fは現在、2位・サンフレッチェ広島に勝ち点1差で上回り首位に位置している。そんな中、現在6戦未勝利中の神戸をホーム・等々力陸上競技場に迎える。 2018.10.09 18:45 Tue
twitterfacebook
thumb

イニエスタ復帰の神戸、リージョ監督初陣でドロー! 最下位・長崎下せずも連敗は「5」でストップ《J1》

▽明治安田生命J1リーグのヴィッセル神戸vsV・ファーレン長崎が、6日にノエビアスタジアム神戸で行われ、1-1のドローに終わった。 ▽5連敗中の11位・神戸(勝ち点36)は、0-5で大敗した前節の鹿島アントラーズ戦からスタメンを1名のみ変更。藤谷に代えて、郷家を起用した。負傷により2試合欠場していたイニエスタは、ベンチスタート。また、リージョ新監督にとっての初陣となった。 ▽対する最下位・長崎(勝ち点27)は、1-2で敗北し3連勝を逃した川崎フロンターレ戦からスタメンを3名変更。島田、中村、鈴木に代えて、磯村、大本、ファンマを起用した。 ▽ホームの神戸は立ち上がりから攻勢をかける。4分、7分と立て続けにウェリントンのシュートが長崎ゴールを襲えば、9分にも右CKのこぼれ球に反応した三原がボックス右からダイレクトで狙う。いずれも得点にはならなかったが、神戸はリージョ監督招へいの効果を感じさせるような攻撃的なプレーを続けていく。 ▽対する長崎は神戸の勢いに押される時間が続くが、ワンプレーで試合を動かす。22分ボックス手前やや右で縦パスを受けた澤田が、神戸DFの激しいチェックを逆手に取りゴール方向へ流すようにトラップ。そのまま入れ替わってボックス右に侵攻し、GKキム・スンギュとの一対一を制した。 ▽ビハインドを背負った神戸はその後、サイドに厚みを持たせつつより攻勢に出ていきまずは1点をもぎ取りに行く。すると、30分に長崎陣内左サイドでスローインを獲得。藤田のロングスローがボックス内まで届くと、ニアで飛び上がったウェリントンが頭で逸らしてボールは中央へ。走り込んだ三原が滑り込みつつ右足で強烈なシュートを放ち、スコアを同点に戻した。 ▽中盤から前線に縦パスを打ち込みシャドーの選手がスルー、1トップに入っているウェリントンがワンタッチでゴール方向にパスを送り、3人目の動きをしていたシャドーが最終ラインの裏でボールを受けるという形を多用する神戸。能動的なアプローチでチャンスを作り出していくが、徐々に長崎のカウンターを受け始めるシーンも増えていく。 ▽結局、試合はお互い譲らずに1-1のスコアのまま折り返し。勝負の行方は後半に持ち越された。 ▽後半の立ち上がり50分、DF渡部が最終ラインでのパスミスを犯し長崎にチャンス。しかし、ボールを奪取しボックス左に侵攻したファンマはシュートまで繋げることができず。勝ち越し弾は奪えない。 ▽流れを変えたい神戸は、59分に選手交代を敢行。郷家に代えて、イニエスタを投入した。直後の60分、ディフェンスラインからのフィードをウェリントンが頭で落とし、古橋がボックス左に抜け出す。左足で放ったシュートは長崎DFにディフレクトして枠を外れたものの、神戸に逆転ムードが漂う。 ▽神戸のポゼッションが続いている69分、ボックス手前左でボールを持ったイニエスタが長崎DF2人を背負いつつヒールでボックス内左にスルーパスを供給。すると、藤田が完全にフリーで抜け出したが、クロスを中央のウェリントンに合わせることができず。 ▽神戸が得点を決め切ることができない時間が続き、両指揮官は交代カードを切りつつ変化を付けていく。しかし、打開することができないまま時間が流れる。神戸はアタッキングサードでイニエスタから幾度か虚を突くパスが供給されるが、味方との呼吸が合わずにシュートまで至らない。 ▽試合終盤の86分、長崎に大チャンスが訪れる。右サイドからクロスを上げると、ボックス内左の翁長が中央に折り返す。すると、ゴール目前に構えていたファンマがシュートを放ったが、枠の上を越えていく。 ▽92分、ティーラトンが飯尾に深くスライディングしてしまい一発レッドで退場。しかし、神戸が10人になったことのアドバンテージを、長崎が残り時間の内に生かせないまま試合は終了した。 ▽この結果、神戸は連敗こそ5試合でストップさせたものの、リージョ監督の初陣を勝利で飾れず。対する長崎も残留に向けて勝ち点3を手にすることはできなかった。 2018.10.06 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

神戸、ついにリージョ監督正式就任! 暫定指揮官の林健太郎氏は引き続きアシスタントコーチへ

▽ヴィッセル神戸は4日、ファン・マヌエル・リージョ氏の就労環境が整ったため、新体制が始動することを発表した。 ▽神戸は9月17日に吉田孝行監督を事実上解任。同日にファン・マヌエル・リージョ氏の監督就任を発表したが、就労環境が整うまで、林健太郎アシスタントコーチが暫定的に指揮していた。 ▽今回の発表により、今後はファン・マヌエル・リージョ氏が監督を務め、林健太郎氏が引き続きアシスタントコーチを務めることとなった。新体制は以下の通り。 ◆監督 フアン・マヌエル・リージョ ◆ヘッドコーチ イニーゴ・ドミンゲス・ドゥラン ◆アシスタントコーチ 林健太郎 マルコス・ビベス ホルヘ・ムニョス・ディアス ◆GKコーチ アレックス ◆フィジカルコーチ 咲花正弥 ◆コンディショニングコーチ 田中章博 ▽スペイン人指導者のリージョ氏は、1981年から監督業をスタートさせ、これまでレアル・ソシエダやアルメリアなど複数クラブを指揮。1995-96シーズンにサラマンカを率いた際は、リーガエスパニョーラ史上最年少監督(29歳)として注目を集めた。また、優れた戦術理論家としてだけでなく、パスワーク主体の攻撃サッカーの志向者としても知られ、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が最も影響を受けた指導者の1人としても有名だ。 ▽明治安田生命J1リーグも残り6試合。神戸は現時点で10勝6分け12敗で10位に位置している。現在5連敗中と苦しい状況だが、ここから浮上していけるか。 2018.10.04 18:20 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿島、鈴木の3戦連発など大量5発で3連勝!神戸は泥沼の5連敗《J1》

▽29日にノエビアスタジアム神戸で行われた明治安田生命J1リーグ第28節のヴィッセル神戸vs鹿島アントラーズは、アウェイの鹿島が5-0で勝利した。 ▽現在4連敗中の9位・神戸(勝ち点36)は、前節0-4で敗れた浦和レッズ戦からスタメンを4名変更。高橋、橋本、長沢、郷家に代えて、三原、ティーラトン、古橋、藤谷を先発に起用した。 ▽一方、連勝中の5位・鹿島(勝ち点42)は、前節2-0で勝利した北海道コンサドーレ札幌戦から3名変更した。チョン・スンヒョン、山本、遠藤に代わり、町田、中村、安部が先発に名を連ねた。 ▽立ち上がりからハイプレッシャーをかける神戸は11分、藤田がボックス手前左で相手からボールを奪取すると、相手に倒されてFKを獲得。これをポドルスキが直接狙うも シュートはゴール左に外れ、先制点を奪うことはできない。 ▽神戸の積極的なプレスに苦しむ鹿島は30分、土居がバイタルエリアでボールを受けるとそのままドリブルで運び、左サイドに開いていた鈴木へ。これを受けた鈴木が仕掛けてボックス左に侵入し、グラウンダーのクロスを供給。ファーサイドに走り込んだレオ・シルバが右足であわせ、アウェイの鹿島が先制に成功する。 ▽これで勢いに乗る鹿島はさらに40分にもチャンス。永木の右CKをニアサイドで犬飼がボールを逸らすと、ゴール前に居た西が押し込み追加点を奪う。終盤に鹿島が2-0にリードを広げて試合を折り返す。 ▽後半に入っても試合を優位に進めるのは鹿島。すると56分、相手のミスからリードを広げる。敵陣ボックス左手前に飛び出していたGKキム・スンギュにボールが渡ると、プレスをかけた鈴木が奪取。そのまま無人のゴールに流し込み、スコアを3-0にする。 ▽一矢報いたい神戸は60分、藤谷がボックス右手前から中央に切れ込み、ポドルスキにパス。ボックス手前からポドルスキが左足で強烈なシュートを放つもゴール右に外れる。 ▽ヒヤッとした場面を迎えた鹿島だったが75分、三竿が自陣右サイドでボールを奪うと、敵陣中央へパスを送る。これを受けたセルジーニョがドリブルで持ち運び、そのままボックス手前中央から左足を振り抜き、決定的な4点目を突き刺した。 ▽鹿島はさらに81分、セルジーニョがハーフウェイライン付近で相手DFを一人かわすと金森にスルーパス。少しパスが長くなってしまうが金森がボックス左からボックス中央浅い位置にカットイン。相手を引き付けてヒールで落とし、安部がボックス左からシュートを放つも、相手DFにギリギリのところでクリアされてしまう。 ▽それでも鹿島は後半アディショナルタイム、土居がボックス左外から仕掛けて中央に切れ込みシュート。これが金森に当たってコースが変わり、そのままゴールに吸い込まれた。 ▽このまま試合は終了。鹿島は鈴木の3試合連続ゴールの活躍もあり、5発完勝でリーグ3連勝。暫定ながら3位に浮上した。敗れた神戸は、ファン・マヌエル・リージョ氏がコーチで指揮を執るも5連敗と苦しい戦いが続いている。 2018.09.29 19:00 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース