セルティックで活躍した元ギリシャ代表の長身FWサマラスが現役引退2018.10.12 12:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽かつてセルティックなどで活躍した元ギリシャ代表FWゲオルギオス・サマラス(33)が現役引退を決断したようだ。イギリス『デイリー・レコード』が伝えている。

▽ヘーレンフェーンでプロキャリアをスタートさせたサマラスは、2006年にマンチェスター・シティに移籍。その後、2008年1月にセルティックへレンタル移籍すると、193cmの長身を武器に半年間で16試合5ゴールを記録してチームのスコティッシュ・プレミアリーグ3連覇に貢献した。その後、完全移籍を果たし、在籍した6年間で計4度のリーグ優勝を成し遂げた。なお、元日本代表MF中村俊輔とは約1年半プレーしている。

▽その後は、WBA、アル・ヒラル、ラージョOKC、サラゴサでプレー。昨シーズンはトルコ2部のサムスンスポルで加入したが、シーズン終了後に退団していた。

▽代表キャリアとしては、これまで81試合のキャップ数を誇り、南アフリカ・ワールドカップ(W杯)とブラジルW杯に出場。ブラジルW杯ではグループステージで日本とも対戦している。

▽同メディアによると、サマラスは今後、父・ヤニスも務める少年時代に在籍していた母国のOFIクレタにスタッフ入り。クラブのCEOに就任する予定であることも伝えられている。
コメント
関連ニュース
thumb

南野が逆転弾のザルツブルクがセルティック撃破で2連勝スタート《EL》

▽ザルツブルクは4日、ヨーロッパリーグ(EL)グループB第2節でセルティックをホームに迎え、3-1で逆転勝利した。ザルツブルクのFW南野拓実は71分までプレーしている。 ▽ライプツィヒとの姉妹対決を3-2で競り勝ったザルツブルクが、ローゼンボリとの初戦を1-0で制したセルティックをホームに迎えた一戦。 ▽南野が中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]の2トップの一角でスタートしたザルツブルクは、開始2分に失点する。ロングボールに反応したエドゥアールをラマーリョが対応できずボックス左への侵入を許してシュートを流し込まれた。 ▽失点後、ザルツブルクが押し込む流れが続くと、24分に南野にチャンス。左クロスに対して頭で合わせたが、シュートは枠の上に外れた。その後もザルツブルクが押し込んだが、自陣に引くセルティックを相手に思うようにチャンスを作れない。 ▽すると44分にピンチ。エドゥアールの単騎突破からフォーレストに決定的なシュートを許すも、GKヴァルケが好守で凌ぎ、前半を1点のビハインドで終えた。 ▽後半開始2分にダブールが決定的なシュートを浴びせたザルツブルクは、55分に追いつく。南野が頭で逸らしたボールをゴールエリア左のヴォルフが拾ってマイナスに折り返したクロスを、ダブールがダイレクトで合わせてゴールに押し込んだ。 ▽さらに61分、南野が逆転弾を挙げる。左サイドからのグラウンダークロスを受けた南野がDFを背負いながら足元に入ったボールを左足でねじ込んだ。 ▽71分に南野を下げたザルツブルクは直後にPKを獲得する。ウルマーがボックス内に侵入したところでフォーレストに倒された。このプレーでフォーレストには一発レッドカードが提示された。そしてPKキッカーのダブールが決めてザルツブルクが3-1とリードを広げ、終盤にかけては10人のセルティックに反撃を許さずに勝利。2連勝スタートとしている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.10.05 03:52 Fri
twitterfacebook
thumb

セルティック、アカデミー出身のスコットランド代表MFフォーレストと2022年まで契約延長

▽セルティックは28日、スコットランド代表MFジェームズ・フォーレスト(27)との契約を2022年6月まで延長したことを発表した。現行の契約から4年延長した格好だ。 ▽9歳の頃にセルティックアカデミーに入団したフォーレストは、2009年の夏にプロ契約を締結すると、2010年5月に行われたマザーウェル戦でトップチームデビュー。2010-11シーズンからコンスタントに出場機会を得ると、これまで9シーズンで公式戦292試合に出場し55ゴール50アシストをマーク。今シーズンもここまで公式戦15試合に出場し2ゴール7アシストを記録している。 ▽また、各年代のスコットランド代表に選出されてきたフォーレストは、2011年5月にフル代表デビューを飾ると、これまで22試合に出場していた。 ▽セルティックと新たな契約を結んだフォーレストは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「セルティックが契約延長の話を聞いたときは嬉しかったよ。それは僕が望んでいたことだし、ここ以外に僕がプレーする場所はないと思っていたんだ」 2018.09.29 02:07 Sat
twitterfacebook
thumb

2年連続国内3冠のロジャーズ監督は今夏の中国行きを断わる

▽セルティックを率いるブレンダン・ロジャーズ監督が、今夏中国行きの可能性があったことを明かした。イギリス『BBC』が報じた。 ▽かつてはスウォンジーやリバプールで指揮を執ったこともあるロジャーズ監督は、2016年にセルティックの監督に就任。就任1年目の2016-17シーズンで、いきなりスコティッシュ・プレミアリーグ制覇を成し遂げると、スコティッシュカップ、リーグカップも制し、国内3冠を達成。2017-18シーズンも3冠を達成し、名門の指揮官として結果を残している。 ▽そんなロジャーズ監督の手腕に興味を持った中国クラブから今夏オファーがあったとのこと。しかし、ロジャーズ監督はセルティックに残留。その他にもオファーがあることを明かした。 「中国には大金がある。でも、私はここで幸せを見つけた。オーナーと取締役会と話し合い、合意したんだ」 「私には他にもチャンスがあったが、ここに居る。クラブが、私と一緒に居ることが嫌になったり、何か他のことが起こらない限り、私はここに居るだろう」 2018.09.27 11:35 Thu
twitterfacebook
thumb

かつての恩師と初対決!ジェラード監督が初のオールドファームを振り返る「失望している」

▽初のオールドファームを経験したレンジャーズのスティーブン・ジェラード監督が、試合を振り返った。レンジャーズ公式サイトが伝えた。 ▽今シーズンからレンジャーズの指揮官に就任したジェラード監督。長年ライバル関係にあるセルティックとのオールドファームを初めて経験した。 ▽セルティックの指揮官は、現役時代に指導を仰いだブレンダン・ロジャーズ監督(2012年から2015年にかけてリバプールを指揮)。かつての指揮官との再会となった試合は1-0で敗れ、レンジャーズ指揮官就任後、ジェラード監督として今季初黒星となった。 ▽初のオールドファームを終えたジェラード監督は、試合を振り返り敗戦に悔しさを見せたものの、チームとしてポジティブな要素もあったと語った。 「我々は失望している。それはビッグゲームであったこと、そして彼らがライバルであったこと。さらに、我々の最初の敗北だからだ」 「我々は実際に試合中に成長していると感じた。後半はかなり良くなっていたね。前半は、我々は十分なプレーができていなかったし、十分なパスを通せあかった。形は良かったけどね」 「ゲーム全体を見ると、セルティックが常にポゼッションしていた。彼らは150試合以上試合をこなしており、経験値で優っている。我々は12、13週間程度だ」 2018.09.03 13:45 Mon
twitterfacebook
thumb

マリアーノ退団のリヨン、ムサ・デンベレ&U-19フランス代表FWを完全移籍で獲得!

▽リヨンは31日、セルティックからU-21フランス代表FWムサ・デンベレ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。移籍金は2200万ユーロ(約28億円)で、契約期間は2023年6月まで。 ▽フルアムの下部組織出身のM・デンベレは、2013年にトップチーム昇格。17歳でトップチームデビューを飾り、2016年にセルティックに加入すると、卓越した身体能力と決定力の高さを売りにここまで公式戦94試合51ゴールを記録した。 ▽リヨンは29日にエースのドミニカ代表FWマリアーノ・ディアス(25)がレアル・マドリーへ復帰。その後釜としてM・デンベレに白羽の矢を立てた格好だ。 ▽また、リヨンは同日、スタッド・ブレスト29からU-19フランス代表FWレニー・ピントール(18)を完全移籍で獲得したことも併せて発表。移籍金は500万ユーロ(約6億4000万円)で契約期間は2023年6月まで。 ▽バスティア下部組織出身のピント―ルは、2017年8月にブレストに加入。昨シーズンはリーグ・ドゥ(フランス2部)で5試合出場した。 2018.09.01 13:15 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース