大分、U-21日本代表GK小島亨介の来季加入内定を発表! 「東京五輪に出場することも目指します」2018.10.12 11:56 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽大分トリニータは12日、早稲田大学ア式蹴球部所属のU-21日本代表GK小島亨介(21)が来シーズンからの加入で内定したことを発表した。▽愛知県出身の小島は、U-15年代から早稲田大学入学まで名古屋グランパスの下部組織に所属。各年代の日本代表にも選出されており、今年のアジア競技大会でも準優勝に貢献した183cm、80kgのゴールキーパーだ。

▽大分は公式サイト上で小島を「抜群の反射神経を武器に、シュートストップやハイボールの対応に優れる。また、足元の技術が高く、ビルドアップの起点となり、攻撃のリズムを作り出せる選手」と評している。

▽小島は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。

◆GK小島亨介
「初めまして。来シーズンから大分トリニータに加入することになりました小島亨介です。私は、幼い頃にサッカーを始めてから常に成長を求めて取り組んできました。トリニータに練習参加した際に、クラブに携わる皆様が目標に向かって同じ方向を向いている真摯な姿勢に心を打たれ、私もこのクラブでサッカー選手としても社会人としても成長したいと思いました」

「また、県民、企業、行政の皆様に大きな力を頂いているトリニータと、これまで多くの方々に助けて頂いて成長してきた自分との境遇が重なりました。私が活躍することで、関わる皆様への恩返しをしたい。そして、トリニータの一員として、東京オリンピックに出場することも目指します。クラブ関係者の皆様、ファン・サポーターの皆様、どうぞよろしくお願いいたします」
コメント
関連ニュース
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】J1への片道切符なるか、カギはクオリティの向上《大分トリニータ》

2019シーズンも“蹴”春がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。最後はJ1への復帰を果たした大分トリニータを紹介。 <span style="font-weight:700;">◆J3→J1、トリニータ片道切符なるか</span>《残留》 <span style="font-size:0.8em;">※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから1つ選択</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190216_trinita_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>2015年、失意の中J3リーグへと降格した大分トリニータ。J1リーグカップ、J2優勝とタイトルを獲ってきたチームにとっては、悲劇でしかない降格だった。あれから4年…片野坂知宏監督の下で力をつけたチームは、ついにJ1の舞台に戻ってきた。 2016年はJ3リーグで優勝、2017年は9位と低迷した大分だったが、2018年は攻撃陣が爆発。優勝こそ逃したものの、明治安田生命J2リーグ2位で、J1への復帰を決めた。選手の入れ替えがあった中、J3で2シーズン連続得点王に輝いたFW藤本憲明(←鹿児島ユナイテッドFC)やFW馬場賢治(←カマタマーレ讃岐)が躍動。さらに、FW三平和司、FW後藤優介と4選手が二桁得点を記録する異例の事態となった。 2013年以来のJ1の舞台に立つ大分にとっては、まずはリーグに慣れることだろう。離れていた5シーズンでJ1の様相も大きく変わっている。当然、厳しい昇格争いを繰り広げ、勝ち上がってきたことを考えれば、大分に力がないわけではない。しかし、クオリティの面では、まだまだ向上する必要がある。2018シーズンはリーグ最多の76得点を記録した一方で、13位タイの51失点はきになるところ。J1では昨シーズンほど攻撃力を発揮できない可能性もあり、失点を減らせなければ降格もあり得るだろう。 クオリティという点では、昨シーズンのJ2リーグで結果を残した選手たちが残留し、また今シーズンもJ2で戦うクラブから、MF小塚和季(←ヴァンフォーレ甲府)、MF小林成豪(←モンテディオ山形)といった実力者を補強。さらに、J2で22得点を記録したFWオナイウ阿道(←浦和レッズ)、ツエーゲン金沢でDFの要としてプレーしたDF庄司朋乃也(←セレッソ大阪)、水戸ホーリーホックでアタッカーとしての頭角を現したMFMF伊藤涼太郎(←浦和レッズ)と若く勢いのある選手たちをを期限付き移籍で獲得。さらに湘南ベルマーレからFW高山薫を獲得するなど、戦力の底上げも行なっている。どのような戦いを久々のJ1で見せるのか、片野坂監督のマネジメント力にも期待だ。 <span style="font-weight:700;">◆補強動向</span>《B》<span style="font-size:0.8em;">※最低E~最高S</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190216_trinita_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>◆大分トリニータ 【IN】 GKポープ・ウィリアム(24)←川崎フロンターレ/期限付き GK小島亨介(21)←早稲田大学/新加入 DF庄司朋乃也(21)←セレッソ大阪/期限付き DF岡野洵(21)←ジェフユナイテッド千葉/期限付き延長 DF三竿雄斗(27)←鹿島アントラーズ/完全 MF小林成豪(24)←ヴィッセル神戸/完全 MF伊藤涼太郎(20)←浦和レッズ/期限付き MF高畑奎汰(18)←大分トリニータユース/昇格 MF長谷川雄志(22)←宮崎産業経営大学/新加入 MF前田凌佑(24)←ヴィッセル神戸/完全 MF島川俊郎(28)←ヴァンフォーレ甲府/完全 MF小塚和季(24)←ヴァンフォーレ甲府/完全 MF坂井大将(21)←アルビレックス新潟/期限付き満了 MFティティパン(25)←バンコク・グラスFC(タイ)/期限付き FW吉平翼(20)←ブラウブリッツ秋田/期限付き満了 FWオナイウ阿道(23)←浦和レッズ/期限付き FW高山薫(30)←湘南ベルマーレ/完全 【OUT】 GK修行智仁(34)→FC今治/完全 GK兼田亜季重(28)→現役引退 DF岸田翔平(28)→水戸ホーリーホック/完全 DF那須川将大(31)→松本山雅FC/完全 DF山口真司(22)→ヴィッセル神戸/期限付き終了 DF佐藤昂洋(22)→ラインメール青森/完全 DFウイリアン・エンリケ・アントゥネス(31)→鹿児島ユナイテッドFC/完全 DF竹内彬(35)→カマタマーレ讃岐/完全 MF野上拓哉(20)→VONDS市原FC(関東リーグ1部)/育成型期限付き MF姫野宥弥(22)→ザスパクサツ群馬/期限付き MF江頭一輝(21)→グルージャ盛岡/育成型期限付き延長 MF黄誠秀(31)→現役引退 MF清本拓己(25)→江原FC(韓国)/完全 MF國分伸太郎(24)→ギラヴァンツ北九州/期限付き MF宮阪政樹(29)→松本山雅FC/期限付き満了 FW川西翔太(30)→FC岐阜/期限付き FW林容平(29)→ブラウブリッツ秋田/完全 ※年齢は発表時 <span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span> FW藤本憲明(29)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190216_trinita_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>大分の注目選手はFW藤本憲明だ。ガンバ大阪の下部組織で育ち、青森山田高校、近畿大学、JFLの佐川印刷SC(後のSP京都FC)を経て、2016年に鹿児島ユナイテッドFCへ加入。Jリーグの舞台に立った。 J3では、1シーズン目に15得点を記録し得点王に輝くと、2017年は24得点を記録し、2年連続でJ3得点王の称号を獲得。2018年にJ2で戦う大分へと加入すると、浮き沈みがあった中でチームトップタイの12得点を記録。チームのJ1昇格に大きく貢献し、JFLから着実にキャリアを積んでいる藤本が、ついに最上位のリーグに挑戦する。 得点力が持ち味の藤本だが、持ち前の運動量で前線からの激しいプレスも労を厭わない。また、馬場、三平、後藤といった前線の選手たちとのコンビネーションも確立し、ドリブルでの局面も打開できるストライカー。29歳で初のJ1挑戦となる藤本の活躍が、大分のカギを握るだろう。 <span style="font-weight:700;">◆注目の東京五輪世代!</span> MF伊藤涼太郎(21)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190216_trinita_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>2020年の東京オリンピックに推したい選手は、期限付き移籍で浦和レッズから加入したMF伊藤涼太郎だ。水戸への武者修行を経た伊藤は、2018シーズンの明治安田生命J2リーグで躍動。リーグ戦で34試合に出場し9ゴールを記録し、アタッカーとしての才能を開花させた。 攻撃に特徴を持つ大分において、期限付き移籍で加入するということは大きな期待を寄せられているということの表れでもある。J2を舞台に活躍した選手が集まる中で、J1という舞台でいかに特徴を出せるか。大分で結果を出すことが、浦和でのチャンスを得ること、そして東京オリンピックへと繋がるだろう。 2019.02.16 21:01 Sat
twitterfacebook
thumb

大分GK兼田亜季重が現役引退「サッカーで繋がった仲間は僕の財産」

大分トリニータは15日、GK兼田亜季重(28)の現役引退を発表した。 サンフレッチェ広島ユース出身の兼田は、2011シーズンに愛媛FC入りしてプロキャリアをスタート。その後、モンテディオ山形、アビスパ福岡を経て、2018シーズンから大分に在籍。昨シーズンは公式戦での出場はなかった。 通算成績はJ1リーグ1試合、J2リーグ20試合、天皇杯4試合。28歳で現役生活に幕を下ろすことを決断した兼田はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「2019年1月30日をもって11年間のプロサッカー選手を引退することに決めました。報告が遅くなりすみません」 「西深津SCという少年団を経て、サンフレッチェ広島の下部組織でサッカーだけでなく人としての大切さを学ぶことでプロサッカー選手になれました。愛媛FCにはプロとしてスタートさせてもらい、サッカー選手の初めてを多く経験できたこと感謝しています」 「モンテディオ山形に移籍し、プレーオフを勝ち抜いての昇格、天皇杯準優勝と勝ち抜くチームの団結を感じさせていただきました。アビスパ福岡ではJ1初出場、自分の選手生活の中で一番試合に出させてもらいました。サッカー専用スタジアムをホームとしてプレーできることは喜びでした」 「大分トリニータでは初めてシーズン通して試合に絡めず苦しい事しかなかったですが、自動昇格できたのが唯一の救いでした。山形や福岡ではサッカーだけでなく離れていても気にかけてくれる多くの友人ができ人の繋がりの大切さを改めて感じました」 「最後に、愛情をもって指導していただいた指導者の方々、陰ながら支えていただいた方々、ありがとうございました。サッカーで繋がった仲間は僕の財産です。そして何より、今までのサッカー生活で怪我なくやってこられたのは、丈夫な身体に産んでくれ育ててくれた両親あってです。家族の支えもあり常にサッカーだけを考えて生活できました。本当にありがとう!!」 「この決断とともに産まれてきてくれた子どもの為にもこれからの人生頑張っていこうと思います!そして、お世話になったクラブのスポンサーになれるように働いていきたいと 思います」 2019.02.15 19:26 Fri
twitterfacebook
thumb

キャラにも注目の大分FW三平和司、目標は「ゴールとアシストを足して10」

Jリーグが14日、2019Jリーグキックオフカンファレンスを開催した。 J1への復帰を果たした大分トリニータからはFW三平和司が出席。久々のJ1に「ワクワク、ドキドキ」と心境を語り、自身のキャラクターについても「ブレちゃいけない」とコメント。チームとしては「J1に定着したい」と目標を語った。 ◆FW三平和司(大分トリニータ) ──J1に昇格したシーズンですが、目標は 「意気込みとしてはJ1に定着したいなと思いますし、自分たちのサッカーをみなさんに早く見せたいと思います。個人的には凄く楽しみという気持ちがあって、ワクワク、ドキドキしています」 ──湘南ベルマーレ時代以来のJ1だと思いますが 「戻って来たという意識はあまりないですが、やっとJ1でプレーできるという感じですね。大学時代に一緒にプレーしていた選手もJ1で活躍していますし、凄く羨ましかったので、そこにやっと来れたなという感じです」 ──昨シーズンは三平選手のキャラクターも注目されましたが、そこは変わらずにやっていきますか 「そうですね。そこは、ブレちゃいけないところですね(真顔)」 ──チームとしては新しい選手が多く加入していますが、感触はいかがですか 「だいぶ浸透して来ていると思います。でも、不安なのは、ティティパンに早く日本語を覚えて欲しいということです」 ──コミュニケーションの部分は大事ですか 「プレーに関しては、みんなもう認めていると思うので、あとはコミュニケーションを試合中に取れるぐらい喋れる様になって欲しいです」 ──J1で戦う上では昨シーズンとは大きく変わると思いますが 「自分たちのサッカーがどれだけ通用するか分からないですが、1年間ブレずにやっていくことが大事だと思います。そこに対してはある程度のクオリティを上げなくてはいけないと思います」 ──特に攻撃面が特徴的でしたが、そこのクオリティも大事だと考えますか 「やっぱりクオリティを上げなくては、なかなか難しいと思います。ゴール前でのクオリティを上げないと、昨シーズンの様に得点はたくさん取れないと思います」 ──鹿島アントラーズが開幕戦の相手ですが 「本当に良い相手と開幕でできますし、注目度も高く、色々な人が見ると思います。そこで、大分のサッカーを面白いと思わせたいです」 ──ホームの開幕戦は昨シーズンも戦った松本山雅FCですが、意識する部分も多いかと思いますが 「ホーム開幕戦なので、大事ですし、勝ちたいですけど、昨シーズンは松本に2勝しているので、松本の方が負けたくないと思っていると思います。そこをなんとか跳ね返して、自分たちが勝ちたいです」 ──今シーズンの個人の目標はありますか 「個人的な目標は得点とアシストを足して10ですね。昨シーズンもそれは言いましたが、目標として頑張りたいと思います」 2019.02.14 20:48 Thu
twitterfacebook
thumb

名古屋や大分でプレーしたDFダニエルが死去…大分で共闘した片野坂監督がコメント

かつて名古屋グランパスや大分トリニータでプレーしたブラジル人DFダニエル・シルバ・ドス・サントス(36)が逝去したことを受け、大分で共に戦った片野坂知宏監督がクラブ公式サイトを通じてコメントを残した。 母国ブラジルのカボフリエンセでプロデビューしたダニエルは、2009年にヴァンフォーレ甲府へ加入すると、2011年まで同クラブに在籍。2012年からは、2シーズンにわたって名古屋でプレー。その後、一度は母国に帰国するも2014年9月に大分に加入。大分ではキャプテンを務めるなど中心選手として活躍したが、2016年にがんを患っていると診断されたため、同シーズン限りで大分を退団し、現役を引退した。 現役引退後は、がんの治療を行いながら、母国ブラジルで指導者として活動していたが、現地時間10日に息を引き取った。 2016年に大分の監督に就任し、ダニエルと共闘した片野坂監督はダニエルの訃報を受け、追悼の意を示した。 「この度、ダニエルの訃報を聞いて、あまりにも早くに逝ってしまい非常に残念で悲しく思います。心からお悔やみ申し上げます」 「大分トリニータには2014年から2016年まで在籍してもらい、私は2016年のJ3の時に一緒に戦いました。その時から病と戦いながら身体にムチ打ち、トリニータのJ3優勝へ多大な貢献してくれました。本当に感謝しております。当時の強い精神力、誰よりもチームの成果を優先にプレーしていた事、引退後もきっと病に打ち勝って回復すると思っていました。本当に残念で仕方ありません」 「ダニエルの残してくれた姿勢を胸に刻み、これからも精進し、天国で喜んでくれる成果を出せるように頑張りたいと思います。ダニエルを応援してくださった方々、ダニエルに関わる全ての方々にお悔やみ申し上げます。大分トリニータ監督 片野坂知宏」 2019.02.11 15:00 Mon
twitterfacebook
thumb

名古屋や大分でプレーしたDFダニエルが死去…2016年にがんを患い現役引退

かつて名古屋グランパスや大分トリニータでプレーしたブラジル人DFダニエル・シルバ・ドス・サントス(36)が死去した。ブラジルメディア『Globo Esporte』などが伝えている。 母国ブラジルのカボフリエンセでプロデビューしたダニエルは、2009年にヴァンフォーレ甲府へ加入すると、2011年まで同クラブに在籍。2012年からは、2シーズンにわたって名古屋でプレー。その後、一度は母国に帰国するも2014年9月に大分に加入。 大分ではキャプテンを務めるなど中心選手として活躍したが、2016年にがんを患っていると診断されたため、同シーズン限りで大分を退団し、現役を引退した。 現役引退後は、がんの治療を行いながら、母国ブラジルで指導者として活動していた。 2019.02.10 23:40 Sun
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース