大分、U-21日本代表GK小島亨介の来季加入内定を発表! 「東京五輪に出場することも目指します」2018.10.12 11:56 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽大分トリニータは12日、早稲田大学ア式蹴球部所属のU-21日本代表GK小島亨介(21)が来シーズンからの加入で内定したことを発表した。▽愛知県出身の小島は、U-15年代から早稲田大学入学まで名古屋グランパスの下部組織に所属。各年代の日本代表にも選出されており、今年のアジア競技大会でも準優勝に貢献した183cm、80kgのゴールキーパーだ。

▽大分は公式サイト上で小島を「抜群の反射神経を武器に、シュートストップやハイボールの対応に優れる。また、足元の技術が高く、ビルドアップの起点となり、攻撃のリズムを作り出せる選手」と評している。

▽小島は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。

◆GK小島亨介
「初めまして。来シーズンから大分トリニータに加入することになりました小島亨介です。私は、幼い頃にサッカーを始めてから常に成長を求めて取り組んできました。トリニータに練習参加した際に、クラブに携わる皆様が目標に向かって同じ方向を向いている真摯な姿勢に心を打たれ、私もこのクラブでサッカー選手としても社会人としても成長したいと思いました」

「また、県民、企業、行政の皆様に大きな力を頂いているトリニータと、これまで多くの方々に助けて頂いて成長してきた自分との境遇が重なりました。私が活躍することで、関わる皆様への恩返しをしたい。そして、トリニータの一員として、東京オリンピックに出場することも目指します。クラブ関係者の皆様、ファン・サポーターの皆様、どうぞよろしくお願いいたします」

コメント

関連ニュース

thumb

大分、MF高畑奎汰の来季トップ昇格内定を発表

▽大分トリニータは9日、MF高畑奎汰(18)が来シーズンにトップチーム昇格することが内定したと発表した。 ▽大分県出身の高畑は、U-15年代から大分に在籍している。また、2016年にはU-16日本代表にも選出された期待のレフティーだ。 2018.10.09 17:40 Tue
twitterfacebook
thumb

小手川2発で逆転の大分が暫定首位浮上! 新体制移行の町田は山形とドローで4戦勝利なし《J2》

▽明治安田生命J2リーグ36節の6試合が7日に各地で行われた。 ▽大分銀行ドームで行われた大分トリニータvs京都サンガF.C.は、ホームの大分が2-1で逆転勝利した。 ▽4連勝で暫定ながら自動昇格圏内の2位に浮上した大分(勝ち点63)が、ホームに連勝中の19位京都(勝ち点34)を迎えた一戦。今節の勝利で首位浮上となる大分だったが、いきなり出鼻を挫かれる。開始6分、仙頭の左クロスのクリアボールをボックス右で拾ったカイオに左足のシュートで流し込まれた。 ▽早い時間帯に先制を許した大分だが13分には相手GK清水の自陣深くからのショートパスが味方に引っかかると、このこぼれ球に反応した小手川が無人のゴールへ左足の浮き球シュートを流し込み、相手のミスから同点に追いつく。これで完全に勢いに乗ったホームチームは京都をポゼッションで押し込み、再三のゴールチャンスを創出。だが、三平のゴールが直前の味方のファウルで取り消しになるなど前半のうちに試合を引っくり返すことはできず。 ▽迎えた後半、先にチャンスを作ったのは京都。54分、石櫃のFKをゴール前の闘莉王がドンピシャのタイミングのヘッドで枠に飛ばすが、これはGK高木のビッグセーブに阻まれる。すると66分、ハーフウェイライン付近の岩田からの縦パスを伊佐がワンタッチで前線のスペースに流すと、これに抜け出した小手川がボックス内まで持ち込み冷静な左足シュートで逆転ゴールを奪った。 ▽その後、残留争い真っ只中の京都はレンゾ・ロペス、岩崎と攻撃的なカードを次々に切って、試合終盤には闘莉王やレンゾ・ロペスを目がけた決死のパワープレーで勝ち点1獲得を目指す。だが、チーム一丸となった守備でこの反撃を凌ぎ切った大分が2-1で逆転勝利。破竹の5連勝を飾った大分は勝ち点66で並んだ松本山雅を得失点差で抜き暫定首位に浮上した。 ▽町田市立陸上競技場で行われたFC町田ゼルビアvsモンテディオ山形は、0-0のドローに終わった。 ▽先日に株式会社『サイバーエージェント』の経営権取得が発表された3位の町田(勝ち点61)が、9位の山形(勝ち点50)をホームで迎え撃った一戦。今季中のJ1ライセンス取得は叶わなかったものの、新体制移行でムード一新の町田だが、立ち上がりは阪野と古巣対戦の南を起点とする山形の攻撃に対して受け身の時間が続く。 ▽それでも時間の経過と共に持ち味の鋭い攻守の切り替えから主導権を奪い返した町田は、前半終盤にかけて攻勢を強めていく。40分には右サイド深くに侵攻した大谷のクロスからニアの中村祐が絶妙なファーストタッチで相手DFを外して右足シュートも、これは角度がなく枠の左に外れた。 ▽ゴールレスで折り返した試合は引き続き拮抗した展開が続く。互いに球際で激しくやり合うも、共に攻撃面でのアイデア不足が顕著で相手の集中した守備を崩し切れず、セットプレーやミドルシュート以外でなかなかフィニッシュの形を作り出せない。 ▽その後、互いに選手交代で流れに変化を加えようと腐心したものの、最後まで決定機を作れないままタイムアップの笛を聞くことになった。この結果、2戦連続ドローの町田は4試合未勝利という結果となった。 ▽また、J1自動昇格、プレーオフ出場を目指す6位の横浜FC(勝ち点59)と、8位の徳島ヴォルティス(勝ち点54)の2チームは、それぞれ15位の栃木SC(勝ち点44)と、13位のツエーゲン金沢(勝ち点46)と対戦し、横浜FCはゴールレスドロー、徳島は0-3で大敗と共に勝ち点を取りこぼす結果となった。なお、横浜FCは2戦未勝利で7位に転落し、徳島は6戦ぶりの敗戦となった。 ▽J2残留争いでは21位のロアッソ熊本(勝ち点27)、20位のFC岐阜(勝ち点33)が、それぞれ16位のジェフユナイテッド千葉(勝ち点42)、11位のレノファ山口(勝ち点48)と対戦し、熊本が1-3のスコア、岐阜が1-4のスコアで共に敗戦。互いに連敗を喫して勝ち点を積み上げることができなかった。 ◆明治安田生命J2リーグ第36節 ▽10/7(日) 栃木SC 0-0 横浜FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">レノファ山口 4</span>-1 FC岐阜 徳島ヴォルティス 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ツエーゲン金沢</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大分トリニータ 2</span>-1 京都サンガF.C. ロアッソ熊本 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ジェフユナイテッド千葉</span> FC町田ゼルビア 0-0 モンテディオ山形 ▽10/6(土) 松本山雅FC 0-0 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アルビレックス新潟 2</span>-1 カマタマーレ讃岐 東京ヴェルディ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 ヴァンフォーレ甲府</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 2</span>-1 水戸ホーリーホック アビスパ福岡 1-1 ファジアーノ岡山 2018.10.07 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

キング城後2発の福岡が大宮撃破で暫定4位浮上! 藤本4戦連発の大分が4連勝で暫定2位浮上!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第35節の4試合が29日に各地で行われた。 ▽レベルファイブスタジアムで行われたアビスパ福岡vs大宮アルディージャは、ホームの福岡が3-1で勝利した。 ▽共に勝ち点57で並ぶ7位福岡と5位大宮によるJ1自動昇格、プレーオフ出場圏を懸けた重要な直接対決。台風24号接近によって開催が危ぶまれた中、無事開催の運びとなった一戦はキックオフ直後に電光石火のゴールが生まれる。開始40秒過ぎ、ハーフウェイライン付近で篠原がヘディングでクリアしたボールに反応した城後がボックス手前で右足を振り抜くと、これがゴール左隅の絶妙なコースに決まった。 ▽敵地で早々に失点した大宮はすぐさま反撃を開始。7分には移籍後初のレベスタでのゲームとなった三門がミドルシュートも枠の右。11分には大山の右CKをゴール前の畑尾が頭で合わすが、これはGK杉山の横っ飛びのセーブに遭う。 ▽その後は一進一退の攻防が続く中、31分には右サイド深くで絶妙な切り返しでDFを外した駒野がサイドネットを叩く左足のシュートを放つ。一方、大宮は幾度かカウンターチャンスを掴んだものの、マテウスの強引な仕掛けが目立ち攻め切れない場面が続いた。 ▽ホームチームの1点リードで折り返した試合は後半も立ち上がりにゴールが生まれる。左サイド深くでボールを持ったマテウスが丁寧にマイナスのクロスを入れると、これをボックス中央の大前が左足のダイレクトシュートで流し込み、2試合連続となる今季21点目で大宮がエースの一撃で早々に追いついた。 ▽1-1の振り出しに戻った試合はここから徐々にヒートアップしていく。互いにボックス付近までボールを運びシュートチャンスに結び付けていく中、先にスコアを動かしたのはまたしてもホームチーム。71分、ボックス手前左で切り返してDFを外した石津がシュート性のクロスを入れると、これをゴール前に飛び込んだ城後が泥臭くワンタッチで流し込んだ。 ▽再び追う展開となった大宮は古巣対戦の酒井、ダビド・バブンスキー、ロビン・シモヴィッチと攻撃的なカードを次々に投入していくが、84分には相手のカウンターからレオミネイロのシュートのこぼれ球を途中出場の山瀬に冷静に流し込まれ、痛恨の3失点目を喫する。その後、シモヴィッチを目がけた決死のパワープレーで反撃を試みたが、粘り強いホームチームのゴールを最後までこじ開けることはできず。7戦ぶりに先発となった城後の2ゴールと山瀬の今季初ゴールと頼れるベテランの活躍が光った福岡が大宮とのシックスポインターを制し、暫定4位に浮上した。 ▽また、ケーズデンキスタジアム水戸で行われた水戸ホーリーホックvs大分トリニータは、アウェイの大分が2-1で勝利した。 ▽先日に初めてJ1ライセンス交付を受けた11位水戸(勝ち点47)が、3連勝で自動昇格圏内に肉薄する3位大分(勝ち点60)をホームに迎えた一戦。試合は勢いで勝るアウェイの大分が序盤から完全にホームチームを押し込んでいく。幾度となくボックス内でフィニッシュの場面を作り出すと、35分には右CKの二次攻撃からうまくDFと入れ替わった三平がボックス右で折り返すと、DFに当たって浮いたルーズボールをゴール前の伊佐がダイビングヘッドで合わせ、良い時間帯に先制に成功した。 ▽その後も大分ペースで進んだ試合はアウェイチームの1点リードで後半に突入。立ち上がりの星の決定機を凌いだ水戸は徐々に相手を押し返す。60分にはボックス右の木村祐が意表を突いた右足のコントロールシュートを枠の右に飛ばすが、これはGK高木の好守に遭う。その直後にはバティスタと黒川を同時投入し、攻撃に変化を加える。すると76分には黒川のラストパスからボックス右の茂木に決定機もシュートは再びGK高木に阻まれる。 ▽一方、藤本、馬場と攻撃的なカードを切って追加点を目指す大分は80分、相手陣内中央で相手の横パスをカットした伊佐がボックス左に持ち込んで折り返すと、これを藤本が冷静にワンタッチで流し込み、自身4試合連続ゴールとした。その後、後半アディショナルタイムには水戸がジエゴの加入後初ゴールで一矢報いるも、試合はこのままタイムアップ。藤本の4試合連続ゴールが決勝点となった大分が4連勝で暫定ながら自動昇格圏内の2位に浮上した。 ▽また、同日行われたファジアーノ岡山vsアルビレックス新潟、愛媛FCvsジェフユナイテッド千葉の2試合は、それぞれ新潟と愛媛が勝利した。なお、ターレスの土壇場弾で2-1で競り勝った新潟は今季初のリーグ4連勝を飾っている。 ◆明治安田生命J2リーグ第35節 ▽9/29(土) 水戸ホーリーホック 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 大分トリニータ</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">愛媛FC 1</span>-0 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 3</span>-1 大宮アルディージャ ファジアーノ岡山 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> ▽9/30(日) 《14:00》 モンテディオ山形 vs 松本山雅FC 栃木SC vs 東京ヴェルディ 横浜FC vs レノファ山口FC ツエーゲン金沢 vs FC岐阜 《16:00》 ロアッソ熊本 vs 京都サンガF.C. ▽延期(代替日程未定) カマタマーレ讃岐 vs FC町田ゼルビア 徳島ヴォルティス vs ヴァンフォーレ甲府<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.29 21:50 Sat
twitterfacebook
thumb

大分のブラジル人大型DFウイリアン・エンリケ・アントゥネスが練習中に肉離れ…全治6週間

▽大分トリニータは23日、ブラジル人DFウイリアン・エンリケ・アントゥネスが左大腿四頭筋の肉離れを起こし、受傷日より全治6週間と診断されたことを発表した。 ▽ウイリアンは、21日のトレーニング中に負傷。大分市内の病院で検査した結果、今回の離脱が判明した。今後の予定としては、経過を見ながらリハビリを開始することが伝えられている。 ▽190cm、85kgと恵まれた体格を持つウイリアンは、グレミオやポンチ・ブレッタ、クルゼイロといったブラジルの複数クラブを渡り歩き、今年8月に大分に到着。なお、大分でのデビューは未だ果たしていない。 2018.09.23 17:40 Sun
twitterfacebook
thumb

大分FW三平和司に長男が誕生! 「頑張ってくれた奥さんに感謝」

▽大分トリニータは5日、FW三平和司に第一子となる長男が2日に誕生したことを発表した。 ▽神奈川県出身の三平は、2008年に湘南ベルマーレでプロ入り。2011年、2012年に大分へのレンタル加入を経験すると、京都サンガF.C.を経て、2015年に3年ぶりの大分復帰を果たした。 ▽三平は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆三平和司 「最高です。頑張ってくれた奥さんに感謝します。分娩室では活躍できなかったので、サッカーで頑張ります」 ▽三平は今シーズン、明治安田生命J2リーグ19試合6ゴールの活躍を披露している。 2018.09.05 15:14 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース