活動解禁まであとわずか! エバートンがナスリ獲得考慮2018.10.12 11:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エバートンが、無所属の元フランス代表FWサミル・ナスリ(31)獲得を検討しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

▽かつてアーセナルやマンチェスター・シティでプレーしていたナスリは、セビージャに所属していた2016年冬に点滴静脈注射を受け、これが世界アンチ・ドーピング機関(WADA)の規則に反する違反行為に抵触。欧州サッカー連盟(UEFA)は2018年2月、同選手に対する6ヶ月のフットボール活動禁止処分を下していた。

▽さらに、今年8月初めにUEFAの倫理委員により禁止期間が不十分と判断され期間が12ヶ月間延長。合計で18ヶ月間のフットボール活動が禁じられている。そのため、ナスリは処分開始日とされる昨年7月1日から来年の1月31日まで試合に出ることが許されていない。今年1月には所属していたアンタルヤシュポルを退団しており、現在でもフリーの状態だ。

▽しかし、今年11月1日からはトレーニングの再開が許可。記事によると、エバートンは今シーズン公式戦7試合4ゴールを記録しているFWリシャルリソンと、9試合5ゴール1アシストのMFシグルドソンのバックアップとなるクリエイティブな選手を求めており、ナスリ獲得を考慮しているそうだ。

▽才能を高く評価されながらも、粗暴な言動で自らの首を絞めてきたナスリ。屈指のテクニシャンとして返り咲くことはできるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

「再び関心を抱いてくれるように…」グイエ、実現しなかったPSG移籍を諦めず

エバートンに所属するセネガル代表MFイドリサ・グイエ(29)が、パリ・サンジェルマン(PSG)への移籍を希望しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』がフランス『レキップ』を引用して伝えている。 グイエは2016年夏、アストン・ビラからエバートンに加入。今シーズンはここまで公式戦24試合に出場し、豊富な運動量と球際の強さを生かしたボール奪取能力を武器に、チェルシーMFエンゴロ・カンテらと共にリーグ屈指のボールハンターとして評価されている。 そんなグイエに対して、守備的MF獲得が急務となっていたPSGが今冬の移籍市場で獲得を目指していた。これに対して、同選手もトランスファーリクエストを提出したことが伝えられていたが、エバートン側が拒絶。最終的に実現しなかった。 エバートンを率いるマルコ・シウバ監督は、この状況にもグイエが失望することはないと主張していたが、グイエ自身は今でもPSGへの移籍を諦めていないようだ。 「夢が実現しなかったことは残念だ。選手というのは、チャンピオンズリーグに出場するために、ベストなチームに加わるために努力していくものだ。そして、光栄なことに、PSGは僕に興味を持ってくれたんだ」 「ヨーロッパのビッグクラブに加入する準備はできている。彼らが再び関心を抱いてくれるように働き続けるよ」 2019.02.18 16:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ラポルテ&ジェズスのAT弾で連勝のシティが暫定首位に浮上!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第27節のエバートンvsマンチェスター・シティが6日に行われ、0-2でシティが勝利した。 シティが24日に行われるEFLカップ(カラバオカップ)の決勝戦に出場するため、前倒しでの開催となった今回の一戦。3日に行われた第25節のアーセナル戦をアグエロのハットトリックで快勝したシティは、その試合から先発を2人変更。スターリングとデ・ブライネに代えてザネとストーンズが先発で起用された。 一方、2日に行われたウォルバーハンプトン戦で3失点を喫し敗れたエバートンは、その試合から先発を5人変更。リシャルリソンやシグルドソン、ベインズらに代えてキャルバート=ルーウィンやアンドレ・ゴメス、ディーニュらが先発に名を連ねた。 立ち上がりからボールを保持するシティは3分、右CKのこぼれ球をボックス手前で拾ったザネが胸トラップから左足でシュート。しかし、これはわずかに枠の右に逸れる。 主導権を握るシティは16分、ギュンドアンの左CKからゴール右前のラポルテがヘッドで合わせたが、これもゴール右に外れる。さらに19分には、ザネのパスからボックス左深くまで侵入したシルバの折り返しをギュンドアンが合わせたが、これはクロスバーを直撃した。 その後も攻勢を続けるシティだったが、決定機を活かすことができず。このまま前半終了かに思われたが、アディショナルタイム2分にバイタルエリア左で獲得したFKからラポルテが頭で叩き込み、シティが先制に成功した。 後半も主導権を握るシティは58分、スルーパスで右サイド深くまで侵入したギュンドアンのクロスにベルナルド・シウバが飛び込むも、これは飛び出したGKがブロック。さらにこぼれ球をアグエロがバイシクルシュートで狙ったが、これはゴール右に逸れた。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続く。試合も終盤に差し掛かりこのまま試合終了かと思われたが、後半アディショナルタイムにスコアが動く。 97分、デ・ブライネのスルーパスで相手DFの裏に抜け出したガブリエウ・ジェズスがゴール前まで持ち込みシュート。これは飛び出したGKピックフォードに当たったが、こぼれ球を頭でゴールに流しこんだ。 結局、試合はそのまま終了のホイッスル。エバートンにシーズンダブルを達成したシティが、リバプールをかわし暫定首位に浮上した。 2019.02.07 06:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ルーニー「僕はまだプレミアリーグでもプレー可能」

DCユナイテッド(MLS)の元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(33)が、自身が未だ高いレベルにあると自負している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 昨年夏にエバートンからアメリカに活躍の場を移したルーニー。2004年夏から13年間在籍したマンチェスター・ユナイテッドでは公式戦559試合253得点を誇り、5度のプレミアリーグ優勝や1度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇など数々の栄光を手にした。イングランド代表としても歴代最多53得点を誇っており、まさに英国フットボールを象徴する人物だ。 DCユナイテッドに移ってからのルーニーは、シーズン途中での加入ながらリーグ20試合12ゴール1アシストを記録。MLS年間ベストイレブンに選出され、新人賞でもロサンゼルス・ギャラクシーFWズラタン・イブラヒモビッチに肉薄するなど、新たなスターとしての役割を果たしている。 新シーズン開幕前にインタビューに応じたルーニーは、自身へ抱いている期待の大きさを語った。 「正直なところ、僕は自分のクオリティを分かっている。まだプレミアリーグでもプレー可能だ」 「僕は分かっているんだ。いつも自信を持っているし、自分自身に大きな期待を寄せている」 「もちろん、ここで上手くやっていければいい。それぞれ見解を持つ人々には(MLS移籍は)驚きだったとは思う。それ(人々が意見を持つこと)は十分にフェアだと思うけど、僕は決して自分を疑わない」 2019.02.06 10:20 Wed
twitterfacebook
thumb

黒猫が勝利をお届け? ウルブス監督「生まれのポルトガルだと…」

世界の多くで縁起が悪く不吉、不運の象徴として扱われがちな黒猫だが、その言い伝えはやはり迷信に過ぎないのかもしれない。黒猫の横切りを「幸運の兆し」とするイギリス『BBC』が報じた。 2連勝中のウォルバーハンプトンは2日に敵地で行われたプレミアリーグ第25節で連勝を狙うエバートンと対戦。追いつかれたウォルバーハンプトンだったが、前半終了間際に勝ち越すと、後半に追加点を奪い、3-1で勝利した。 その試合の後半、66分に3点目を挙げた直後、一匹の迷いし黒猫がグディソン・パークのピッチに乱入。ウォルバーハンプトンの押せ押せムードに水を差すかのごとくピッチ上を駆け巡り、試合は数分間にわたり中断した。 結果、イギリスの言い伝えどおり、黒猫が幸運を運ぶ形で勝利したウォルバーハンプトンのヌーノ・エスピリト・サント監督は試合後、「私の生まれたポルトガルだと、黒猫は不吉の象徴なんだ。だから、もう遭遇したくないね」と話した。 2019.02.03 11:25 Sun
twitterfacebook
thumb

エバートン復帰のボラシエがアンデルレヒトに即レンタル

アンデルレヒト(ベルギー)は2月1日、DRコンゴ代表MFヤニク・ボラシエ(29)がエバートンからのレンタルで加入することを発表した。期限は今シーズン終了まで。 爆発的なスピードを持つウインガーのボラシエは、2012年から2016年まで在籍したクリスタル・パレスで活躍。今シーズンは、エバートンからアストン・ビラにレンタル移籍し、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)21試合2ゴール5アシストと主力としてプレーしていた。 しかし、チームは28試合を終えたリーグ戦で13位に沈み、昇格が厳しい状況に。先日にはエバートンへの復帰が発表されていたが、すぐにベルギーの地に活躍の場を移すこととなった。 2019.02.01 13:35 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース