ハメス1G1A! コロンビアがアメリカとのシーソーゲーム制す《国際親善試合》2018.10.12 10:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コロンビア代表は12日、国際親善試合アメリカ代表戦に臨み、4-2で勝利した。

▽アルトゥロ・レジェス暫定監督の指揮が続くコロンビアは、ベストメンバーを揃えて試合をスタート。2トップをファルカオ、バッカが務め、中盤にハメス・ロドリゲスらを起用する[4-4-2]の布陣を採用した。

▽一方のアメリカは、トップ下にグリーン、サイドハーフにウェアらを配置。ウッドが最前線に構える[4-2-3-1]の形で試合に入った。

▽立ち上がりから優勢に試合を運ぶコロンビアに対し、アメリカはややハードな守備でゴールを死守。序盤は決め手を欠く展開が続く。

▽しかし36分、コロンビアのエースが独力で均衡を崩す。ボックス右でボールを持ったハメス・ロドリゲスは、細かいタッチでアメリカDFを翻弄し左足を振り抜く。すると、鋭い回転のかかったシュートがゴール左上隅を射抜いた。

▽コロンビアが1-0でリードして迎えた後半、アメリカが早々に巻き返す。50分、左サイドからクロスが上がると駆け上がったあコスタが右足でボレーシュートを放つ。これがネットを揺らし、スコアを同点とした。

▽さらに53分、コロンビアが再びリードを奪おうと前がかりになったところでアメリカのカウンターが発動。左サイドのウェアからのラストパスにウッドが反応し、スコアを2-1とする。

▽それでも、直後の56分に今度はコロンビアが決定機を掴む。右サイドでのスローインから深い位置まで侵攻したアリアスが、中央にグラウンダーのボールを折り返す。反応したバッカが確実に決め切り、再び同点に。

▽その後もしばらく一進一退の攻防が続き、再び試合が動いたのは74分。コロンビアのカウンターの場面で、右サイドでボールを持ったキンテロがボックス手前中央にスルーパスを送る。ハーフウェイライン付近から駆け上がっていたファルカオがダイレクトで合わせ、スコアを3-2とする。

▽そして80分、ハメス・ロドリゲスがボックス右でボールを保持。山なりのクロスがファーに供給されると、途中出場のM・ボルハがバイシクルシュートでリードを広げた。

▽結局、試合は4-2のスコアで終了。打ち合いを制したコロンビアは17日に国際親善試合コスタリカ代表戦を、敗れたアメリカはペルー代表戦を戦う。
コメント
関連ニュース
thumb

ルーニー「僕はまだプレミアリーグでもプレー可能」

DCユナイテッド(MLS)の元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(33)が、自身が未だ高いレベルにあると自負している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 昨年夏にエバートンからアメリカに活躍の場を移したルーニー。2004年夏から13年間在籍したマンチェスター・ユナイテッドでは公式戦559試合253得点を誇り、5度のプレミアリーグ優勝や1度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇など数々の栄光を手にした。イングランド代表としても歴代最多53得点を誇っており、まさに英国フットボールを象徴する人物だ。 DCユナイテッドに移ってからのルーニーは、シーズン途中での加入ながらリーグ20試合12ゴール1アシストを記録。MLS年間ベストイレブンに選出され、新人賞でもロサンゼルス・ギャラクシーFWズラタン・イブラヒモビッチに肉薄するなど、新たなスターとしての役割を果たしている。 新シーズン開幕前にインタビューに応じたルーニーは、自身へ抱いている期待の大きさを語った。 「正直なところ、僕は自分のクオリティを分かっている。まだプレミアリーグでもプレー可能だ」 「僕は分かっているんだ。いつも自信を持っているし、自分自身に大きな期待を寄せている」 「もちろん、ここで上手くやっていければいい。それぞれ見解を持つ人々には(MLS移籍は)驚きだったとは思う。それ(人々が意見を持つこと)は十分にフェアだと思うけど、僕は決して自分を疑わない」 2019.02.06 10:20 Wed
twitterfacebook
thumb

引退表明のGKティム・ハワードがスールシャールを絶賛! 「サー・アレックスを彷彿」

今シーズン限りでの現役引退を表明したコロラド・ラピッズ(MLS)に所属する元アメリカ代表GKティム・ハワード(39)が、古巣の新指揮官を称賛している。イギリス『メトロ』が報じた。 母国のインペリアルズでキャリアをスタートし、国内複数クラブを経て、2003年にマンチェスター・ユナイテッドに加入したハワード。2005年に元オランダ代表GKエドウィン・ファン・デル・サール氏が加入したことで出場機会を失って2006年7月に退団したものの、引退が間近に迫った今でも古巣への愛は持ち続けているようだ。 ハワードは、ユナイテッド新指揮官のオレ・グンナー・スールシャール監督を以下のように称賛している。 「オレ・グンナー(・スールシャール)がやって来て明らかにプレースタイルがとても親しみのあるものになった。どこかサー・アレックス・ファーガソンの考えを彷彿させるものだ。前に向かってプレーし、前にパスをする。チームを地に足の着いたものにして、アグレッシブにした」 「それを実行できるプレーヤーが居て、彼らには足枷を外す必要があったんだ」 「オレ・グンナーは、彼らの蘇らせた」 ユナイテッドは、昨年末にジョゼ・モウリーニョ前監督を解任し、スールシャール監督を今シーズン限りの暫定指揮官として招へい。すると、スールシャール監督は初陣からの公式戦7試合で全勝を飾り、見事にクラブを復活させている。 2019.01.23 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

アメリカ代表、元アメリカ代表DFのバーホルター氏が新監督に就任!

▽アメリカサッカー連盟(USSF)は2日、今季までメジャーリーグサッカー(MLS)のコロンバス・クルーを率いていた元アメリカ代表DFのグレッグ・バーホルター氏(45)を新監督に招へいしたことを発表した。なお、契約に関する詳細は現地時間4日に行われる就任会見で明かされる見込みだが、任期は2022年カタール・ワールドカップ(W杯)までとなるようだ。 ▽今年のロシアW杯で1968年以来初めて出場を逃したアメリカ代表は、昨年10月にブルース・アリーナ前監督が辞任。ここまでデイヴ・サラチャン氏が暫定指揮官を務めてきた。ここ最近では前レアル・マドリー指揮官のフレン・ロペテギ氏らが新指揮官候補に挙がっていたものの、USSFは代表のOBであり、MLSで実績を残しているバーホルター氏の招へいを決断した。 ▽1994年にオランダのズウォレでプロキャリアをスタートしたバーホルター氏は、スパルタ・ロッテルダム、カンブールを経て2001年にイングランドのクリスタル・パレスに加入。その後はコットブス、1860ミュンヘンとドイツのクラブを渡り歩き、2011年にロサンゼルス・ギャラクシーで現役を終えた。 ▽また、1994年にデビューを飾ったアメリカ代表では屈強なセンターバックとして通算44試合に出場。2002年の日韓W杯ではラウンド16のメキシコ代表戦、準々決勝のドイツ代表戦でプレーしていた。 ▽現役引退後は古巣LAギャラクシーでアシスタントコーチを務めた後、スウェーデンのハンマルビーで監督初挑戦。そして、2013年から直近までアメリカ国内のコロンバス・クルーを率いていた。 2018.12.03 16:13 Mon
twitterfacebook
thumb

ロペテギ代理人、アメリカ代表指揮官就任の噂を否定

▽前レアル・マドリー指揮官のフレン・ロペテギ氏(52)の代理人が先日報じられた同氏のアメリカ代表監督就任の噂を否定した。『ESPN』が伝えている。 ▽ロペテギ氏は、今シーズン初めからレアル・マドリーで指揮を執っていたが、成績不振により10月29日に解任。ロシア・ワールドカップ(W杯)直前にも、発表されていたマドリー指揮官就任の報にスペインサッカー連盟(RFEF)のルイス・ルビアレス会長が激怒したことで、スペイン代表指揮官を解任されており、約5か月間で2度も職を失うこととなった。 ▽だが、スペイン『アス』は以前からロペテギ氏の育成手腕を評価しているアメリカサッカー連盟(USSF)が同氏をアメリカ代表の新指揮官として招へいを検討していると報じていた。さらに、一部ではすでに交渉が決裂しているのではないかとも報じられていた。 ▽一連の報道を受けて、同氏の代理人を務めるカルロス・ブセロ氏は『ESPN』でこの噂を否定している。 「一連の報道は正しくない。フレンはいかなるポジションに関するオファーを受け取っていない」 「彼がレアル・マドリーを去ってからまだわずかな日数しか経っていない。今は彼自身が心身を回復する段階にあるし、新たな目標に向けて学習をしていく時期でもある」 ▽一方、今回招へいの検討が伝えられているアメリカ代表は、今年のロシアW杯で1968年以来初めて出場を逃しており、昨年10月にブルース・アリーナ前監督が辞任。現在まで、デイヴ・サラチャン氏が暫定で指揮を執る状態が続いている。 2018.11.22 18:48 Thu
twitterfacebook
thumb

アメリカ代表がロペテギ招へいを検討! 若手起用の実績を評価

▽アメリカサッカー連盟(USSF)が、フレン・ロペテギ氏(52)の招へいを検討しているようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽ロペテギ氏は、今シーズン初めからレアル・マドリーで指揮を執っていたが、成績不振により10月29日に解任。ロシア・ワールドカップ(W杯)直前にも、発表されていたマドリー指揮官就任の報にスペインサッカー連盟(RFEF)のルイス・ルビアレス会長が激怒したことで、スペイン代表指揮官を解任されており、約5か月間で2度も職を失うこととなった。 ▽しかし、幸いなことにロペテギ氏の評判は落ちておらず。『アス』によると、スペイン代表でロシアW杯までトップレベルのチームを作り上げていたことや、U-21スペイン代表指揮官時代に多くの若手の才能を引き出していた手腕は、高い評価を保っているようだ。また、マドリーの低迷の責が同氏にあると考えている関係者は少なく、複数のクラブや各国協会が関心を示しているという。 ▽今回、招へいの検討が伝えられているアメリカ代表は、今年のロシアW杯で1968年以来初めて出場を逃しており、昨年10月にブルース・アリーナ前監督が辞任。現在まで、デイヴ・サラチャン氏が暫定で指揮を執る状態が続いている。 ▽しかし、その状況とは裏腹にドルトムントMFクリスティアン・プリシッチ(20)やパリ・サンジェルマン(PSG)FWティモシー・ウェア(18)など期待の若手を多く現れており、その点で実績のあるロペテギ氏に白羽の矢が立ったようだ。 2018.11.21 15:30 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース