ハメス1G1A! コロンビアがアメリカとのシーソーゲーム制す《国際親善試合》2018.10.12 10:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽コロンビア代表は12日、国際親善試合アメリカ代表戦に臨み、4-2で勝利した。

▽アルトゥロ・レジェス暫定監督の指揮が続くコロンビアは、ベストメンバーを揃えて試合をスタート。2トップをファルカオ、バッカが務め、中盤にハメス・ロドリゲスらを起用する[4-4-2]の布陣を採用した。

▽一方のアメリカは、トップ下にグリーン、サイドハーフにウェアらを配置。ウッドが最前線に構える[4-2-3-1]の形で試合に入った。

▽立ち上がりから優勢に試合を運ぶコロンビアに対し、アメリカはややハードな守備でゴールを死守。序盤は決め手を欠く展開が続く。

▽しかし36分、コロンビアのエースが独力で均衡を崩す。ボックス右でボールを持ったハメス・ロドリゲスは、細かいタッチでアメリカDFを翻弄し左足を振り抜く。すると、鋭い回転のかかったシュートがゴール左上隅を射抜いた。

▽コロンビアが1-0でリードして迎えた後半、アメリカが早々に巻き返す。50分、左サイドからクロスが上がると駆け上がったあコスタが右足でボレーシュートを放つ。これがネットを揺らし、スコアを同点とした。

▽さらに53分、コロンビアが再びリードを奪おうと前がかりになったところでアメリカのカウンターが発動。左サイドのウェアからのラストパスにウッドが反応し、スコアを2-1とする。

▽それでも、直後の56分に今度はコロンビアが決定機を掴む。右サイドでのスローインから深い位置まで侵攻したアリアスが、中央にグラウンダーのボールを折り返す。反応したバッカが確実に決め切り、再び同点に。

▽その後もしばらく一進一退の攻防が続き、再び試合が動いたのは74分。コロンビアのカウンターの場面で、右サイドでボールを持ったキンテロがボックス手前中央にスルーパスを送る。ハーフウェイライン付近から駆け上がっていたファルカオがダイレクトで合わせ、スコアを3-2とする。

▽そして80分、ハメス・ロドリゲスがボックス右でボールを保持。山なりのクロスがファーに供給されると、途中出場のM・ボルハがバイシクルシュートでリードを広げた。

▽結局、試合は4-2のスコアで終了。打ち合いを制したコロンビアは17日に国際親善試合コスタリカ代表戦を、敗れたアメリカはペルー代表戦を戦う。

コメント

関連ニュース

thumb

フィルミノにネイマール! チッチ続投のブラジルがアメリカに快勝《国際親善試合》

▽ブラジル代表は日本時間8日、国際親善試合でアメリカ代表とアウェイで対戦し、2-0で勝利した。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)で優勝が期待されながらもベスト8敗退に終わったブラジル。チッチ監督続投で仕切り直しとなる一戦に向けて、GKアリソン、最終ラインに右からファビーニョ、マルキーニョス、チアゴ・シウバ、フィリペ・ルイス、中盤にカゼミロ、フレッジ、コウチーニョ、最前線に右からドグラス・コスタ、フィルミノ、ネイマールを並べた。 ▽一方のアメリカは、ニューカッスルのイェドリン、ヴォルフスブルクのブルックス、シャルケのマッキーニー、ハンブルガーSVのウッドらが先発に名を連ねた。 ▽試合は序盤から攻勢に出るブラジルが11分に先制。最終ラインから敵陣中央右でボール受けたドグラス・コスタが一気にスピードを上げて相手最終ラインを突破。ボックス右に侵攻して中央へ折り返すと、最後はフィルミノが落ち着いてゴールへ流し込んだ。 ▽幸先良いスタートを切ったブラジルは、その後も試合のペースを握って試合を進める。しかし、前半終盤にかけてはアメリカの反撃を受ける。33分には左サイドからのクロスにミアズガに合わせられるもこれはゴールの上。さらにその1分後には、相手の右CKがニアサイドの混戦を抜けてゴール前左のマッキーニーにボールが渡ってしまう。しかし、ここはGKアリソンが体を張ったセーブでゴールを許さない。 ▽危ない場面を迎えたブラジルは39分、左サイドからの攻撃から最後はこぼれ球を拾ったファビーニョがボックス右手前から強烈なミドルシュート。ここはGKステファンにパンチングで逃げられた。 ▽それでもブラジルは42分、ボックス右外でのパス回しからボールを受けたファビーニョがボックス右で仕掛けて相手のファウルを誘い、PKを獲得。これをキッカーのネイマールが冷静にGKとの駆け引きを制してゴール右へ流し込んだ。 ▽2-0でリードして試合を折り返したブラジルは51分、カウンターからボックス右手前のドグラス・コスタにボールが渡る。粘り強いキープからカットインし、ボックス左へスルーパス。フリーで走り込んだネイマールがシュートを放つと、GKステファンに弾かれるもボールはゴール方向へ。しかし、ギリギリのところでミアズガにクリアされてしまい、3点目とはならない。 ▽その後、追加点が欲しいブラジルはその後アルトゥール、ウィリアン、初招集のリシャリソンなどを投入して攻勢を強めたが、2-0のまま試合終了。チッチ監督続投のブラジルが快勝している。 アメリカ 0-2 ブラジル 【ブラジル】 フィルミノ(前11) ネイマール(前42[PK]) 2018.09.08 11:29 Sat
twitterfacebook
thumb

“アメリカの英雄”デンプシー、現役引退…プレミア&代表同国史上最多得点者

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のシアトル・サウンダーズは29日、アメリカ代表MFクリント・デンプシー(35)が現役を引退することを発表した。 ▽テキサス州出身のデンプシーは、2004年にMLSのニューイングランド・レボリューションに入団してプロキャリアをスタート。2007年1月にフルアムに加入すると、すぐさま主力に定着する。その後、6年間のプレーを経てトッテナムへ。その1年後にシアトル・サウンダーズに加入して母国復帰を果たし、2014年にはMLSのオフ期間を利用して、古巣フルアムで2カ月間の短期レンタルでプレーしたことを除き、約3年間半プレーしてきた。今シーズンは公式戦17試合2得点3アシストを記録していた。 ▽また、アメリカ代表ではプロキャリアをスタートさせた2004年にデビュー。ワールドカップ(W杯)にはドイツ大会、南アフリカ大会、ブラジル大会の3大会に出場。2009年のコンフェデレーションズカップでは、3ゴールを記録してアメリカの決勝進出に貢献した。 ▽自身が挑戦したプレミアリーグでは通算57得点を記録。また、アメリカ代表としても57得点を記録しており、どちらも同国史上最多記録となっている。 ▽現役引退を決断したデンプシーは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「多くのことを考え、今回がピッチから退く最適な時だと思い、家族みんなで決断した」 「キャリアを通じて共に働いたチームメイト、監督、スタッフ全員に感謝したい。プロ選手として成功することは、私が常に抱いていた夢だった。ここまで続けてこれて本当に感謝している。ニューイングランド・レボリューション、フルアム、トッテナム、シアトル・サウンダーズ、そしてアメリカ代表、どのクラブも常にホームのような感覚を与えてくれた。それはこれからも忘れない」 2018.08.30 08:55 Thu
twitterfacebook
thumb

2026W杯は、アメリカ・メキシコ・カナダによる初の三カ国共同開催!

▽国際サッカー連盟(FIFA)は13日、2026 FIFAワールドカップ(W杯)が、アメリカ、メキシコ、カナダによる3カ国共同開催となることを決定した。 ▽これまで、アメリカ・メキシコ・カナダによる3カ国共催案と、モロッコ開催の一騎打ちとなっていたが、13日の総会での投票の結果、前者が2026年W杯開催地として選ばれた。 ▽FIFAによると、200票のうち134票が3カ国、65票がモロッコ、残りの1票はどちらにも投票されず、圧倒的多数で3カ国共同開催が決定したようだ。 ▽W杯が共同開催となるのは、2002年の日韓W杯以来史上2度目のこととなる。3カ国共同は初めてのことだ。 2018.06.13 20:20 Wed
twitterfacebook
thumb

頭部激突で流血…フランスFWジルーは6針、アメリカDFミアズガは15針

▽試合中に互いの頭部が激突したフランス代表FWオリヴィエ・ジルーと、アメリカ代表DFマット・ミアズガのケガの程度についてフランス『レキップ』とアメリカ『ESPN』が伝えている。 ▽フランス代表とアメリカ代表は9日に国際親善試合で対戦。フランス代表にとってはロシア・ワールドカップ(W杯)本大会前最後の一戦となった。そんな中、55分過ぎにフランスのセットプレー時にゴール前でジルーとミアズガが競り合いの際に頭部を接触。共に頭部から激しく流血し、両選手は大事を取って直後に味方との交代でピッチを後にした。 ▽フランス『レキップ』によると、ジルーは5センチの裂傷のため、6針を縫ったとのこと。一方、アメリカ『ESPN』はミアズガが15針の縫合を受けたことを伝えている。 2018.06.10 09:43 Sun
twitterfacebook
thumb

トランプ大統領がW杯開催に向け他国を牽制「我々を支持しない国々を…」

▽様々な発言が注目を集めているアメリカ合衆国のドナルド・トランプ大統領。自身のツイッター(@realDonaldTrump)でサッカーにも口を出してきた。 ▽アメリカは、2026年のワールドカップ開催でカナダ、メキシコとの3カ国共催で立候補をした。開催地は6月13日にモスクワで国際サッカー連盟(FIFA)により正式発表されるが、モロッコも名乗り上げている。 ▽当初はアメリカ、カナダ、メキシコの3カ国共催が本命だったが、移民政策など政治的な影響もありモロッコにも支持が集まっているとのこと。そのことを受け、トランプ大統領が自身のツイッターで牽制した。 「アメリカは2026年のワールドカップ開催のため、カナダとメキシコとの共催で強力な入札を行った。我々がいつも支援している国がアメリカの立候補に反対したならば、それは残念だ。我々を支持しない国々を支援する必要はあるのだろうか?」 ▽政治不介入とは言われているものの、思い切り口を出したトランプ大統領。1994年以来となる開催となれば、国としても多いなスポーツイベントとなるだけに、口を出さずには居られなかったのだろう。 2018.04.28 12:05 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース