途中出場ムバッペの活躍でフランスが2点差を追いつきアイスランドにドロー《国際親善試合》2018.10.12 06:56 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランス代表は11日、国際親善試合でアイスランド代表をホームに迎え、2-2で引き分けた。

▽5日後にUEFAネーションズリーグ3戦目のドイツ代表戦を控えるフランスは、フラットな[4-4-2]を採用。2トップにグリーズマンとジルー、右サイドにトヴァン、左にデンベレを配し、中盤センターにポグバとエンゾンジを据えた。

▽4日後にUNL3戦目のスイス代表戦を控えるアイスランドに対し、フランスが一方的に敵陣でプレーする展開となると、19分にディーニュの左クロスからグリーズマンのヘディングシュートで先制点に近付いた。

▽その後も22分にポグバのコントロールシュートでゴールに迫ったフランスだったが、30分に一瞬の隙を突かれて先制される。キンペンベのボールロストからビャルナソンにコントロールシュートを決められた。

▽失点を喫したフランスは38分、CKからR・シグルドソンのヘディングシュートが枠を捉えたが、ここはGKロリスがビッグセーブで阻んだ。

▽1点ビハインドで迎えた後半、54分にデンベレの左クロスからグリーズマンのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKハルドルソンのファインセーブに阻止された。

▽すると58分、左CKからニアサイドのアルナソンにヘッドで合わせられたシュートがゴール右上に決まってしまい、フランスは2点を追う展開を強いられる。

▽ムバッペを投入して反撃を狙うフランスは、79分にボックス右に侵入したムバッペがシュートに持ち込んだが、GKにセーブされた。それでも86分、ボックス右で仕掛けたムバッペの鋭いクロスがGKの手を弾いてDFに当たりゴールに吸い込まれた。

▽さらに89分、CKの流れでシグソールソンのハンドを誘ってPKを獲得したフランスは、キッカーのムバッペが決めて何とか2-2の引き分けに持ち込んでいる。

コメント

関連ニュース

thumb

ベンゼマ友人が誘拐に恐喝未遂…自称代理人が被害

▽レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマの友人が、誘拐及び恐喝未遂で捜査されているようだ。フランス『Mediapart』の情報を基にスペイン『マルカ』が報じた。 ▽その事件はパリのバーで7日に発生した。被害に遭ったのは“自称”ベンゼマの代理人と名乗るレオ・ディ・ソウザ氏だ。動機は、ベンゼマが受け取る権利があった5万ユーロ(約644万円)を同氏が懐に収めたためであると見られている。ディ・ソウザ氏は、誘拐、監禁、暴力に関してベンゼマの友人を起訴した。 ▽なお、その5万ユーロは、ベンゼマが今夏にモロッコへ旅行した際にスポンサーが支払おうとしたものだった模様。だが、同選手には渡らなかったようだ。 ▽ベンゼマの弁護士を担当するシルヴァン・コルミエ氏は、ディ・ソウザ氏が虚言を吐いているとして非難した。また、コルミエ氏は、ディ・ソウザ氏がベンゼマの代理人だったことは一度もないと主張している。 2018.10.19 16:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ムバッペ「東京五輪に出たい」

▽パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペが2020年の東京オリンピック出場に強い意欲を示した。フランス『RMC Sport』が報じた。 ▽モナコでプロデビュー以降、移籍先のPSGやフランス代表でも異彩を放ち続け、スター街道まっしぐらのムバッペ。19歳だが、既にバロンドール候補にノミネートされるほど評価を高めている。 ▽ロシア・ワールドカップでもヤングベストプレーヤー賞に輝く活躍でフランス代表を優勝に導いた今、ムバッペは次なる目標の1つとして、2020年に日本で行われる東京オリンピック出場を切望した。 「僕にはまだまだやるべきことがあって、全てのことを成し遂げたい。フランス代表でヨーロッパを制したいし、オリンピックにも出たい。PSGの一員としても、チャンピオンズリーグも優勝したいね」 2018.10.19 09:05 Fri
twitterfacebook
thumb

世界王者フランスがグリーズマンの2発で元王者のドイツに逆転勝利で首位堅守《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ1、フランス代表vsドイツ代表が16日に行われ、2-1でフランスが勝利した。 ▽先月行われたUNLの2戦を1勝1分けで終え、5日前に行われたアイスランド代表との国際親善試合を2-2と引き分けたフランスは、その試合のスタメンから4選手を変更。ムバッペやカンテ、マテュイディにリュカとワールドカップ優勝メンバーがスタメンに戻った。 ▽一方、3日前に行われたUNL2戦目のオランダ代表戦を0-3と完敗して1分け1敗となったドイツは、その試合のスタメンから5選手を変更。ミュラーやJ・ボアテングらに代えてザネやニャブリ、ジューレらがスタメンとなった。 ▽フラットな[4-4-2]を採用したフランスは2トップにグリーズマンとジルー、両サイドにムバッペとマテュイディ、センターにポグバとカンテを配した。 ▽対するドイツは[3-4-3]を採用。3トップに右からザネ、ニャブリ、ヴェルナー、右サイドにケーラー、左にN・シュルツ、中盤センターにクロースとキミッヒ、3バックの中央にズーレを据えた。 ▽立ち上がりからホームチームのフランスがポゼッションする流れとなった中、13分にドイツがPKを獲得する。ボックス右からザネの上げたクロスがキンペンベのハンドを誘った。このPKをキッカーのクロースがゴール右隅に決めてドイツが先制した。 ▽その後もフランスがポゼッションする流れが続いたが、カウンターとセットプレーで応戦するドイツが牽制し、主導権を渡さない。結局、前半のうちにフランスは同点に迫るシーンを作れず1点ビハインドのままハーフタイムに入った。 ▽迎えた後半、攻め込むフランスは52分、ムバッペがスルーパスに抜け出してボックス左からシュートを放つも、GKノイアーの好飛び出しのセーブに阻まれる。それでも62分、左サイドからのリュカの鋭いクロスをグリーズマンがヘッドで合わせてゴール右にシュートを流し込み、同点に持ち込んだ。 ▽その後、67分のニャブリの強烈なミドルシュートをGKロリスがセーブしたフランスが攻勢を続けると、79分にPKを獲得する。ポグバのスルーパスに反応したマテュイディがボックス中央に侵入したところでフンメルスに倒された。これをキッカーのグリーズマンがゴール右に決めてフランスが逆転した。 ▽失点を受けてブラント、ミュラーを投入したドイツだったが、フランスが2-1で勝利。2勝1分けとし、首位を堅守している。一方、敗れたドイツは1分け2敗と最下位に沈み、リーグBへの降格が迫っている。 2018.10.17 05:57 Wed
twitterfacebook
thumb

高いor安い? マテュイディとのランチ会食権が約100万円で落札

▽ユベントスに所属するフランス代表MFブレーズ・マテュイディとランチを共にできる権利が7200ユーロ(約93万6000円)で落札された。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽今回のランチ会食権は、フランス人の環境活動家ヤン・アルトゥー=ベルトラン氏が代表を務める環境保全や人道支援を目的に設立された『GoodPlanet foundation』の活動資金を得るためのチャリティーオークションで出品されたものだった。 ▽そして、サンテチェンヌやパリ・サンジェルマン、ユベントスで活躍するロシア・ワールドカップ王者の一員と1度ランチを共にできる会食権は、最終的に7200ユーロで一般人によって落札されたようだ。 ▽玄人好みのマテュイディとの会食権に約100万円を支払うのは高いか、安いか判断しかねるところだ。ただ、参考までにかつてプロテニスの世界ランキングで最高12位に入った元プロテニスプレーヤーのポール=アンリ・マテュー氏(37)に全仏オープンの会場であるスタッド・ローラン・ギャロスで個人レッスンを受けられる権利に関しては2000ユーロ(約26万円)で落札されている。 2018.10.16 16:07 Tue
twitterfacebook
thumb

トヴァンが仏代表離脱…練習中に右足負傷

▽フランスサッカー連盟(FFF)は15日、マルセイユに所属するFWフロリアン・トヴァンの負傷離脱を発表した。 ▽トヴァンは、トレーニング中に右足を負傷。治療のため、代表から離れ、マルセイユに戻ったという。 ▽日本代表DF酒井宏樹の僚友であるトヴァン。今シーズンもここまで公式戦10試合7得点4アシストと活躍している。 ▽フランス代表は、16日にサンドニで行われるUEFAネーションズリーグでドイツ代表と対戦する。 2018.10.16 08:15 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース