途中出場ムバッペの活躍でフランスが2点差を追いつきアイスランドにドロー《国際親善試合》2018.10.12 06:56 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランス代表は11日、国際親善試合でアイスランド代表をホームに迎え、2-2で引き分けた。

▽5日後にUEFAネーションズリーグ3戦目のドイツ代表戦を控えるフランスは、フラットな[4-4-2]を採用。2トップにグリーズマンとジルー、右サイドにトヴァン、左にデンベレを配し、中盤センターにポグバとエンゾンジを据えた。

▽4日後にUNL3戦目のスイス代表戦を控えるアイスランドに対し、フランスが一方的に敵陣でプレーする展開となると、19分にディーニュの左クロスからグリーズマンのヘディングシュートで先制点に近付いた。

▽その後も22分にポグバのコントロールシュートでゴールに迫ったフランスだったが、30分に一瞬の隙を突かれて先制される。キンペンベのボールロストからビャルナソンにコントロールシュートを決められた。

▽失点を喫したフランスは38分、CKからR・シグルドソンのヘディングシュートが枠を捉えたが、ここはGKロリスがビッグセーブで阻んだ。

▽1点ビハインドで迎えた後半、54分にデンベレの左クロスからグリーズマンのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKハルドルソンのファインセーブに阻止された。

▽すると58分、左CKからニアサイドのアルナソンにヘッドで合わせられたシュートがゴール右上に決まってしまい、フランスは2点を追う展開を強いられる。

▽ムバッペを投入して反撃を狙うフランスは、79分にボックス右に侵入したムバッペがシュートに持ち込んだが、GKにセーブされた。それでも86分、ボックス右で仕掛けたムバッペの鋭いクロスがGKの手を弾いてDFに当たりゴールに吸い込まれた。

▽さらに89分、CKの流れでシグソールソンのハンドを誘ってPKを獲得したフランスは、キッカーのムバッペが決めて何とか2-2の引き分けに持ち込んでいる。
コメント
関連ニュース
thumb

PSG、ラビオとの延長交渉打ち切りへ

▽パリ・サンジェルマン(PSG)が、所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)との延長交渉を打ち切ったようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽PSGとの契約が今シーズン限りとなっているラビオ。ここ数ヵ月間は同選手側がクラブからの延長オファーを拒み続けていることが伝えられており、今冬もしくは来夏の退団が濃厚とみられている。 ▽ラビオについて問われたPSGのスポーツディレクター(SD)のアンテロ・エンリケ氏は、以下のようにコメント。もはや慰留に向けた働きかけをする気がないことを明かした。 「現時点で、私たちに(アドリアン・ラビオとの)交渉を継続する意思はない」 「これは、ラビオに関しての数々の会議を経て下された決断だ。彼は契約にサインしないだろうし、今シーズンの終わりにフリーでこのクラブを出て行きたがっている」 「選手に対して、これは非常に明確な結果をもたらす。彼はいつまでもベンチに残されることになるだろう」 ▽PSG下部組織出身のラビオは、今シーズンここまで公式戦20試合に出場して2ゴール2アシストを記録。この若きフランス代表に対しては、バルセロナを筆頭とした数々のビッグクラブが熱視線を注いでいる。 2018.12.18 08:40 Tue
twitterfacebook
thumb

“問題児”デンベレの夜更かしを管理! 電話オフ禁止令

▽バルセロナが、所属するフランス代表FWウスマーヌ・デンベレに電話の電源を切ることを禁じたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽昨夏にドルトムントから加入し、今シーズンここまで公式戦20試合9ゴール5アシストのハイパフォーマンスを見せているデンベレ。しかし、遅刻癖など素行の悪さが度々伝えられており、懐疑的な意見も投げかけられている。 ▽『マルカ』によると、バルセロナはデンベレの更生に執心しているようで、連絡が取れないことが無いように夜間に携帯電話の「電源オフ」と「サイレントモード」を禁止。これにより、私生活の乱れが正されることが期待されている。 ▽デンベレの私生活での問題点として主に挙げられているのが、夜更かしだ。同選手はビデオゲームやテレビ番組に時間を費やしており、早朝まで画面に釘付けになっていることだ。就寝時間を管理することで、寝坊を防ぎ、遅刻の減少が願われている。 2018.12.15 19:30 Sat
twitterfacebook
thumb

バロンドールに手が届かず…グリーズマン、落胆の色

▽アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが2018年のバロンドール授賞式後、落胆の色をうかがわせた。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は3日、2018年のバロンドール受賞者を発表。モドリッチが欧州サッカー連盟(UEFA)、国際サッカー連盟(FIFA)の年間最優秀選手賞に続き、初のバロンドールにも輝いた。 ▽ヨーロッパリーグ(EL)とワールドカップ(W杯)を制したグリーズマンだが、モドリッチやユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに及ばずの3位。自ら待望視してきたバロンドール受賞を逃した。 ▽そのグリーズマンは式典後、次のようにコメント。やや不満げな様子をみせつつ、悔しさを滲ませた。 「世界チャンピオンとして表彰台に上がったことは大きな誇りだ」 「いつかルカのポジションに立てるように、クラブや代表で頑張るよ」 「僕はELとW杯を優勝した。他に何が必要だ? わからないね」 2018.12.04 08:55 Tue
twitterfacebook
thumb

【バロンドール2018最終順位】モドリッチがバロンドールを初受賞! UEFA&FIFA年間最優秀選手賞との個人三冠を達成!!

▽フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は3日、レアル・マドリー所属のクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(33)が2018年度の“バロンドール”を受賞したことを発表した。また、バロンドール2018の最終順位を併せて発表している。 ▽見事にバロンドールに輝いたモドリッチは、所属するレアル・マドリーで史上初のチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を達成。また、ロシア・ワールドカップ(W杯)ではキャプテンとしてクロアチア代表を準優勝に導き、個人でも大会MVPに輝いている。 ▽また、歴代最多タイとなる5度のバロンドールを獲得しているユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドが2位に選出された。C・ロナウドは、昨季まで所属していたレアル・マドリーで史上初のチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を達成。また個人としてはCLで15得点を記録して5年連続となる得点王に輝いていた。 ▽その最多タイとなっているメッシは5位に選出された。メッシは、所属するバルセロナでコパ・デル・レイ3連覇を達成。また個人としてはリーガエスパニョーラで38得点を記録して得点王に。この数字で、C・ロナウドと並び最多4度目のヨーロッパ・ゴールデンシューにも輝いている。 ▽3位に入ったのは、アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン。グリーズマンは、フランス代表としてロシア・ワールドカップ(W杯)全試合に出場し、チーム最多タイの4ゴールをマーク。同国を20年ぶり2度目の優勝に導いた。 ▽そのほかでは、今年から新設されたコパ・トロフィー(21歳以下の最優秀選手賞)を獲得したパリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペが4位。C・ロナウドと並び最多5度のバロンドールを獲得しているバルセロナ所属のリオネル・メッシが5位。レアル・マドリーで史上初のCL3連覇に加え、フランス代表のロシアW杯を制覇にも貢献したDFラファエル・ヴァランが7位にランクインした。 ▽『フランス・フットボール』が1956年にスタートした同賞は、2010年にFIFA年間最優秀選手賞と統合されたが、昨年から再びフランス・フットボール誌の単独主宰となった。候補者は旧制度の23名から30名に変わり、3名の最終候補発表は廃止されている。また、投票者もFIFA共同時代の代表チームの監督&キャプテンが外れ、世界中のジャーナリスト173人のみに回帰している。なお、今回発表された最終順位は以下の通り。 ◆<span style="font-weight:700;">2018年度バロンドール最終順位</span> 1.<span style="font-weight:700;">ルカ・モドリッチ</span>(クロアチア/レアル・マドリー) 2.<span style="font-weight:700;">クリスチアーノ・ロナウド</span>(ポルトガル/ユベントス) 3.<span style="font-weight:700;">アントワーヌ・グリーズマン</span>(フランス/アトレティコ・マドリー) 4.<span style="font-weight:700;">キリアン・ムバッペ</span>(フランス/パリ・サンジェルマン) 5.<span style="font-weight:700;">リオネル・メッシ</span>(アルゼンチン/バルセロナ) 6.<span style="font-weight:700;">モハメド・サラー</span>(エジプト/リバプール) 7.<span style="font-weight:700;">ラファエル・ヴァラン</span>(フランス/レアル・マドリー) 8.<span style="font-weight:700;">エデン・アザール</span>(ベルギー/チェルシー) 9.<span style="font-weight:700;">ケビン・デ・ブライネ</span>(ベルギー/マンチェスター・シティ) 10.<span style="font-weight:700;">ハリー・ケイン</span>(イングランド/トッテナム) 11.<span style="font-weight:700;">エンゴロ・カンテ</span>(フランス/チェルシー) 12.<span style="font-weight:700;">ネイマール</span>(ブラジル/パリ・サンジェルマン) 13.<span style="font-weight:700;">ルイス・スアレス</span>(ウルグアイ/バルセロナ) 14.<span style="font-weight:700;">ティボー・クルトワ</span>(ベルギー/レアル・マドリー) 15.<span style="font-weight:700;">ポール・ポグバ</span>(フランス/マンチェスター・ユナイテッド) 16.<span style="font-weight:700;">セルヒオ・アグエロ</span>(アルゼンチン/マンチェスター・シティ) 17.<span style="font-weight:700;">ガレス・ベイル</span>(ウェールズ/レアル・マドリー) 17.<span style="font-weight:700;">カリム・ベンゼマ</span>(フランス/レアル・マドリー) 19.<span style="font-weight:700;">ロベルト・フィルミノ</span>(ブラジル/リバプール) 19.<span style="font-weight:700;">イバン・ラキティッチ</span>(スペイン/バルセロナ) 19.<span style="font-weight:700;">セルヒオ・ラモス</span>(スペイン/レアル・マドリー) 22.<span style="font-weight:700;">エディソン・カバーニ</span>(ウルグアイ/パリ・サンジェルマン) 22.<span style="font-weight:700;">サディオ・マネ</span>(セネガル/リバプール) 22.<span style="font-weight:700;">マルセロ</span>(ブラジル/レアル・マドリー) 25.<span style="font-weight:700;">アリソン・ベッカー</span>(ブラジル/リバプール) 25.<span style="font-weight:700;">マリオ・マンジュキッチ</span>(クロアチア/ユベントス) 25.<span style="font-weight:700;">ヤン・オブラク</span>(スロベニア/アトレティコ・マドリー) 28.<span style="font-weight:700;">ディエゴ・ゴディン</span>(ウルグアイ/アトレティコ・マドリー) 29.<span style="font-weight:700;">イスコ</span>(スペイン/レアル・マドリー) 29.<span style="font-weight:700;">ウーゴ・ロリス</span>(フランス/トッテナム) 2018.12.04 06:58 Tue
twitterfacebook
thumb

フランスで赤ん坊に「グリーズマン・ムバッペ」と命名?! 政府が禁止を検討

▽フランス政府が、赤ん坊への「グリーズマン・ムバッペ」という命名の禁止に動いているようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)でフランス代表の優勝に大きく貢献したアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマンと、パリ・サンジェルマン(PSG)FWキリアン・ムバッペ。今では、フランス国民の英雄となっている。 ▽しかし、英雄視しすぎるあまり、フランス南部のブリーブという街に住むある夫妻が、ロシアW杯後に生まれた息子に「グリーズマン・ムバッペ」と命名。これが論争を呼び、「子供の利益を害する」としてフランス政府が同様の命名を禁止する可能性が検討されているという。 ▽なお、当該の夫妻は、裁判所に命じられて名前の変更を選択することとなりそうだ。 ▽また、フランスではヘーゼルナッツが流行っていた2015年にも、ヘーゼルナッツ風味のチョコレート菓子の商品名『ヌテラ(Nutella)』をある夫妻が子供に命名。その際には、裁判所から『エラ(Ella)』に変更するようにとの命令が下されていた。 2018.12.01 18:55 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース