途中出場ムバッペの活躍でフランスが2点差を追いつきアイスランドにドロー《国際親善試合》2018.10.12 06:56 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランス代表は11日、国際親善試合でアイスランド代表をホームに迎え、2-2で引き分けた。

▽5日後にUEFAネーションズリーグ3戦目のドイツ代表戦を控えるフランスは、フラットな[4-4-2]を採用。2トップにグリーズマンとジルー、右サイドにトヴァン、左にデンベレを配し、中盤センターにポグバとエンゾンジを据えた。

▽4日後にUNL3戦目のスイス代表戦を控えるアイスランドに対し、フランスが一方的に敵陣でプレーする展開となると、19分にディーニュの左クロスからグリーズマンのヘディングシュートで先制点に近付いた。

▽その後も22分にポグバのコントロールシュートでゴールに迫ったフランスだったが、30分に一瞬の隙を突かれて先制される。キンペンベのボールロストからビャルナソンにコントロールシュートを決められた。

▽失点を喫したフランスは38分、CKからR・シグルドソンのヘディングシュートが枠を捉えたが、ここはGKロリスがビッグセーブで阻んだ。

▽1点ビハインドで迎えた後半、54分にデンベレの左クロスからグリーズマンのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKハルドルソンのファインセーブに阻止された。

▽すると58分、左CKからニアサイドのアルナソンにヘッドで合わせられたシュートがゴール右上に決まってしまい、フランスは2点を追う展開を強いられる。

▽ムバッペを投入して反撃を狙うフランスは、79分にボックス右に侵入したムバッペがシュートに持ち込んだが、GKにセーブされた。それでも86分、ボックス右で仕掛けたムバッペの鋭いクロスがGKの手を弾いてDFに当たりゴールに吸い込まれた。

▽さらに89分、CKの流れでシグソールソンのハンドを誘ってPKを獲得したフランスは、キッカーのムバッペが決めて何とか2-2の引き分けに持ち込んでいる。
コメント
関連ニュース
thumb

バロンドールに手が届かず…グリーズマン、落胆の色

▽アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが2018年のバロンドール授賞式後、落胆の色をうかがわせた。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は3日、2018年のバロンドール受賞者を発表。モドリッチが欧州サッカー連盟(UEFA)、国際サッカー連盟(FIFA)の年間最優秀選手賞に続き、初のバロンドールにも輝いた。 ▽ヨーロッパリーグ(EL)とワールドカップ(W杯)を制したグリーズマンだが、モドリッチやユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに及ばずの3位。自ら待望視してきたバロンドール受賞を逃した。 ▽そのグリーズマンは式典後、次のようにコメント。やや不満げな様子をみせつつ、悔しさを滲ませた。 「世界チャンピオンとして表彰台に上がったことは大きな誇りだ」 「いつかルカのポジションに立てるように、クラブや代表で頑張るよ」 「僕はELとW杯を優勝した。他に何が必要だ? わからないね」 2018.12.04 08:55 Tue
twitterfacebook
thumb

【バロンドール2018最終順位】モドリッチがバロンドールを初受賞! UEFA&FIFA年間最優秀選手賞との個人三冠を達成!!

▽フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は3日、レアル・マドリー所属のクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(33)が2018年度の“バロンドール”を受賞したことを発表した。また、バロンドール2018の最終順位を併せて発表している。 ▽見事にバロンドールに輝いたモドリッチは、所属するレアル・マドリーで史上初のチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を達成。また、ロシア・ワールドカップ(W杯)ではキャプテンとしてクロアチア代表を準優勝に導き、個人でも大会MVPに輝いている。 ▽また、歴代最多タイとなる5度のバロンドールを獲得しているユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドが2位に選出された。C・ロナウドは、昨季まで所属していたレアル・マドリーで史上初のチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を達成。また個人としてはCLで15得点を記録して5年連続となる得点王に輝いていた。 ▽その最多タイとなっているメッシは5位に選出された。メッシは、所属するバルセロナでコパ・デル・レイ3連覇を達成。また個人としてはリーガエスパニョーラで38得点を記録して得点王に。この数字で、C・ロナウドと並び最多4度目のヨーロッパ・ゴールデンシューにも輝いている。 ▽3位に入ったのは、アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン。グリーズマンは、フランス代表としてロシア・ワールドカップ(W杯)全試合に出場し、チーム最多タイの4ゴールをマーク。同国を20年ぶり2度目の優勝に導いた。 ▽そのほかでは、今年から新設されたコパ・トロフィー(21歳以下の最優秀選手賞)を獲得したパリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペが4位。C・ロナウドと並び最多5度のバロンドールを獲得しているバルセロナ所属のリオネル・メッシが5位。レアル・マドリーで史上初のCL3連覇に加え、フランス代表のロシアW杯を制覇にも貢献したDFラファエル・ヴァランが7位にランクインした。 ▽『フランス・フットボール』が1956年にスタートした同賞は、2010年にFIFA年間最優秀選手賞と統合されたが、昨年から再びフランス・フットボール誌の単独主宰となった。候補者は旧制度の23名から30名に変わり、3名の最終候補発表は廃止されている。また、投票者もFIFA共同時代の代表チームの監督&キャプテンが外れ、世界中のジャーナリスト173人のみに回帰している。なお、今回発表された最終順位は以下の通り。 ◆<span style="font-weight:700;">2018年度バロンドール最終順位</span> 1.<span style="font-weight:700;">ルカ・モドリッチ</span>(クロアチア/レアル・マドリー) 2.<span style="font-weight:700;">クリスチアーノ・ロナウド</span>(ポルトガル/ユベントス) 3.<span style="font-weight:700;">アントワーヌ・グリーズマン</span>(フランス/アトレティコ・マドリー) 4.<span style="font-weight:700;">キリアン・ムバッペ</span>(フランス/パリ・サンジェルマン) 5.<span style="font-weight:700;">リオネル・メッシ</span>(アルゼンチン/バルセロナ) 6.<span style="font-weight:700;">モハメド・サラー</span>(エジプト/リバプール) 7.<span style="font-weight:700;">ラファエル・ヴァラン</span>(フランス/レアル・マドリー) 8.<span style="font-weight:700;">エデン・アザール</span>(ベルギー/チェルシー) 9.<span style="font-weight:700;">ケビン・デ・ブライネ</span>(ベルギー/マンチェスター・シティ) 10.<span style="font-weight:700;">ハリー・ケイン</span>(イングランド/トッテナム) 11.<span style="font-weight:700;">エンゴロ・カンテ</span>(フランス/チェルシー) 12.<span style="font-weight:700;">ネイマール</span>(ブラジル/パリ・サンジェルマン) 13.<span style="font-weight:700;">ルイス・スアレス</span>(ウルグアイ/バルセロナ) 14.<span style="font-weight:700;">ティボー・クルトワ</span>(ベルギー/レアル・マドリー) 15.<span style="font-weight:700;">ポール・ポグバ</span>(フランス/マンチェスター・ユナイテッド) 16.<span style="font-weight:700;">セルヒオ・アグエロ</span>(アルゼンチン/マンチェスター・シティ) 17.<span style="font-weight:700;">ガレス・ベイル</span>(ウェールズ/レアル・マドリー) 17.<span style="font-weight:700;">カリム・ベンゼマ</span>(フランス/レアル・マドリー) 19.<span style="font-weight:700;">ロベルト・フィルミノ</span>(ブラジル/リバプール) 19.<span style="font-weight:700;">イバン・ラキティッチ</span>(スペイン/バルセロナ) 19.<span style="font-weight:700;">セルヒオ・ラモス</span>(スペイン/レアル・マドリー) 22.<span style="font-weight:700;">エディソン・カバーニ</span>(ウルグアイ/パリ・サンジェルマン) 22.<span style="font-weight:700;">サディオ・マネ</span>(セネガル/リバプール) 22.<span style="font-weight:700;">マルセロ</span>(ブラジル/レアル・マドリー) 25.<span style="font-weight:700;">アリソン・ベッカー</span>(ブラジル/リバプール) 25.<span style="font-weight:700;">マリオ・マンジュキッチ</span>(クロアチア/ユベントス) 25.<span style="font-weight:700;">ヤン・オブラク</span>(スロベニア/アトレティコ・マドリー) 28.<span style="font-weight:700;">ディエゴ・ゴディン</span>(ウルグアイ/アトレティコ・マドリー) 29.<span style="font-weight:700;">イスコ</span>(スペイン/レアル・マドリー) 29.<span style="font-weight:700;">ウーゴ・ロリス</span>(フランス/トッテナム) 2018.12.04 06:58 Tue
twitterfacebook
thumb

フランスで赤ん坊に「グリーズマン・ムバッペ」と命名?! 政府が禁止を検討

▽フランス政府が、赤ん坊への「グリーズマン・ムバッペ」という命名の禁止に動いているようだ。イギリス『BBC』が報じた。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)でフランス代表の優勝に大きく貢献したアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマンと、パリ・サンジェルマン(PSG)FWキリアン・ムバッペ。今では、フランス国民の英雄となっている。 ▽しかし、英雄視しすぎるあまり、フランス南部のブリーブという街に住むある夫妻が、ロシアW杯後に生まれた息子に「グリーズマン・ムバッペ」と命名。これが論争を呼び、「子供の利益を害する」としてフランス政府が同様の命名を禁止する可能性が検討されているという。 ▽なお、当該の夫妻は、裁判所に命じられて名前の変更を選択することとなりそうだ。 ▽また、フランスではヘーゼルナッツが流行っていた2015年にも、ヘーゼルナッツ風味のチョコレート菓子の商品名『ヌテラ(Nutella)』をある夫妻が子供に命名。その際には、裁判所から『エラ(Ella)』に変更するようにとの命令が下されていた。 2018.12.01 18:55 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、カンテとの契約延長を正式発表! 2023年までの5年間「このクラブが好きだ」

▽チェルシーは23日、フランス代表MFエンゴロ・カンテ(27)との契約延長を発表した。新たな契約は、2023年までの5年契約となる。 ▽また、先日にイギリスのロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』など複数メディアが報じたところでは、新たな週給は29万ポンド(約4200万円)。クラブ史上最高額の給与となる。 ▽カンテは、クラブ公式サイトを通じて以下のように契約延長を喜んでいる。 「チェルシーでの時間を延長することができて幸せだ。2年間の美しい時を過ごして、(そういった時が)さらに訪れることを望む」 「入団して以来、僕は完全に選手として改善してきたし、自分自身に挑戦し、決して考えなかったいくつかの賞を手にした」 「この街が好きで、このクラブが好きだ。ここにもっと居られて幸せだ」 ▽2016年夏にレスター・シティから加入したカンテは、これまでチェルシーでの公式戦通算105試合に出場。驚異的な守備能力や運動力を武器に、2016-17シーズンのプレミアリーグ優勝、昨シーズンのFAカップ優勝に貢献している。また、2016-17シーズンには、PFA年間最優秀選手賞、FWA年間最優秀選手賞、プレミアリーグ最優秀選手賞の個人賞三冠を達成していた。また、フランス代表としても、今年のロシア・ワールドカップ(W杯)で優勝メンバーとなっている。 2018.11.23 17:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ラポルテ、“ベストCB”セルヒオ・ラモス超えを目指す!

▽マンチェスター・シティに所属するフランス代表DFアイメリク・ラポルテが「世界最高のセンターバック」になることを目標に掲げた。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じた。 ▽24歳のラポルテは今年1月、アスレティック・ビルバオからシティに加入。プレミアリーグ挑戦2年目の今シーズンはジョゼップ・グアルディオラ監督の信頼を勝ち取り、イングランド代表DFジョン・ストーンズと共に主力センターバックとして、プレミアリーグ12試合(1得点)に出場している。 ▽今後のさらなる活躍に期待がかかるラポルテは、欧州最高のセンターバックとしてレアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの名前を挙げ、高みを目指した。 「(ヨーロッパ最高のDFになりたいか?) もちろんだ。どんなDFであってもそう言うはずさ」 「(ベストだと思う選手?) セルヒオ・ラモスだ。僕らが知る限りだと、彼が現時点で世界最高のセンターバックだろうね」 「そうなるためには、彼のスタンダードに追いつかなくちゃいけないし、質を高めなくちゃいけない」 2018.11.22 13:10 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース