メッシやアグエロ不在のアルゼンチン、ディバラが3Gに絡む活躍でイラクに快勝《国際親善試合》2018.10.12 06:10 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アルゼンチン代表は11日、国際親善試合でイラク代表とサウジアラビアで対戦し、4-0で快勝した。

▽スカローニ暫定体制のアルゼンチンはメッシやアグエロ、ディ・マリアらが招集外となっている中、ディバラやL・マルディネスらが先発となった。

▽中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]を採用したアルゼンチンは、2トップにディバラとL・マルティネス、トップ下にフランコ・バスケス、右にメサ、左にデ・パウル、アンカーにパレデスを配置した。

▽そのアルゼンチンは右サイドに流れるディバラを起点に打開を図ると、18分に先制する。ディバラのパスを受けた左サイドのアクーニャのクロスをL・マルティネスがヘディングシュートで流し込んだ。

▽さらに24分、アクーニャがミドルシュートで追加点に迫ったアルゼンチンは、迎えた後半開始4分にディバラのコントロールシュートでゴールに近づくと、54分に突き放す。ディバラの仕掛けからパスを受けたボックス左のR・ペレイラのシュートが決まった。

▽余裕のアルゼンチンは82分、ディバラの右CKからニアのサルビオがヘッドで逸らし、ファーサイドのペッゼッラがヘッドで押し込んで3-0とすると、追加タイムにはセルヴィのドリブルシュートも決まって4-0と圧勝した。

▽快勝したアルゼンチンは16日にブラジル代表と対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

サバレタ、メッシとの思い出を回想「夕食後すぐ眠る習慣があって…」

▽ウェストハムに所属する元アルゼンチン代表DFパブロ・サバレタが、バルセロナに所属する同国FWリオネル・メッシとのエピソードを明かした。イギリス『デイリー・メール』のインタビューを基に、スペイン『アス』が伝えている。 ▽2005年夏から2008年夏まで、エスパニョールに所属していたサバレタ。同クラブはバルセロナと同じ街に本拠地を置いており、サバレタはメッシと多くの時間を共有したそうだ。 ▽当時の思い出を振り返るサバレタは、メッシの夕食後の習慣について語った。 「(カタルーニャ州の州都の)バルセロナにあるエスパニョールに売られて、メッシと僕は同じ街にいたんだ。多くの余暇を共に過ごし、外食にもよく行った」 「彼には夕食後すぐに眠る習慣があったよ」 「彼はバルセロナの外のカステイダフェルスに山に囲まれた美しい家を買ったけど、(バルセロナの)街の中心部にもアパートを持っていた」 「外食に行ったある時、車に乗り込むと彼は寝てしまったんだ。『レオ、眠ってしまう前に、僕は君をどこに連れて行けばいい? 』と聞いたよ」 「彼は『カステイダフェルスにある僕の家に』と答えて眠った。そして、彼の家に着いて起こしたらこう言われたよ。『ここじゃない! 他の家って言っただろ! 』ってね」 「僕は『いや、いや…僕は気にしない。君はここで眠れるよ。でも、君が僕にそうさせる(眠らせる)ことはできない! 』と返した」 「結局、僕は彼を連れ戻したよ。僕の車の中では8000万ユーロ(約1億円)の才能が隣に座っていたんだ! 」 2018.10.19 15:30 Fri
twitterfacebook
thumb

バルセロナ広報、マラドーナの発言に「メッシはピッチ上で語る」

▽アルゼンチン代表FWリオネル・メッシを擁するバルセロナが、同国のレジェンドに反論した。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽史上最高のフットボーラーの1人に挙げられるメッシ。幼少期からプレーするバルセロナでは、チャンピオンズリーグ(CL)4回、リーガエスパニョーラ9回の優勝を経験するなど常に栄光に包まれたキャリアを送っている。 ▽しかし、アルゼンチン代表ではクラブでのような活躍は出来ず。主なタイトルは2008年のオリンピックのみであり、ロシア・ワールドカップ(W杯)でもベスト16で敗退。期待値の高さを裏返すように過激な批判に晒されることも少なくない。 ▽先日、アルゼンチンの英雄であるディエゴ・マラドーナ氏が「彼を神格化してはいけない」、「素晴らしい選手だがリーダーの資質はない」とコメント。以前は手放しでメッシを称賛していただけに、その発言は話題を呼んだ。 ▽しかし、バルセロナの広報を担当するジョゼップ・ビベス氏がマラドーナ氏に反論。メッシはプレーで周囲をけん引するリーダーだと主張した。 「言葉によって(リーダーの)資質を示す場合もある」 「私たちには、沈黙と思慮分別によって資質を表す人物が居るんだ」 「彼(メッシ)は疑いの余地がなく歴代最高の選手だし、ピッチの上で自らを語る」 2018.10.17 13:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ミランダのAT弾でブラジルがアルゼンチンとの南米クラシコを制す《国際親善試合》

▽国際親善試合、ブラジル代表vsアルゼンチン代表が16日にサウジアラビアで行われ、1-0でブラジルが勝利した。 ▽5日前に行われたイラク代表戦をディバラの3ゴールに絡む活躍で4-0と快勝したアルゼンチンは、その試合のスタメンから7選手を変更。ディバラ、オタメンディ、GKロメロらが引き続きスタメンとなって、イカルディやコレアが先発となった。 ▽一方、4日前に行われたサウジアラビア代表戦をネイマールの2アシストの活躍で2-0と勝利したブラジルは、その試合のスタメンから6選手を変更。ネイマール、コウチーニョ、ガブリエウ・ジェズス、カゼミロ、マルキーニョスが引き続きスタメンとなって、フィルミノやアルトゥール、GKアリソンらが先発となった。 ▽これまで37勝25分け37敗と全くの五分の成績となっている南米の盟主を争う両国によるクラシコ。ブラジルは[4-3-3]を採用し、3トップに右からG・ジェズス、フィルミノ、ネイマールと並べ、中盤アンカーにカゼミロ、インサイドにコウチーニョとアルトゥールを配した。 ▽対するアルゼンチンも[4-3-3]を採用し、3トップに右からディバラ、イカルディ、コレアと並べ、中盤アンカーにバッタリア、インサイドにパレデスとロ・セルソを配置した。 ▽ブラジルがポゼッションする立ち上がりとなった中、まずは8分にロ・セルソがミドルシュートを浴びせてアルゼンチンがゴールに迫る。 ▽その後もブラジルがネイマールを起点に押し込む流れが続くと、28分に決定機。FKの流れからボックス右でフリーとなっていたミランダがシュート。しかし、枠を捉えていたシュートはゴールライン前のオタメンディにカットされてしまった。 ▽劣勢のアルゼンチンは30分、ボックス手前右で得たFKをディバラが直接狙ってゴールを脅かすも、わずかに枠の右上に外れた。ハーフタイムにかけてもブラジルが押し込んだが、チャンスは作れず前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半開始3分、ロ・セルソのヘディングシュートが枠を捉えたアルゼンチンは、続く51分にはイカルディがFKのリスタートからシュートに持ち込んでブラジルを牽制。そのアルゼンチンは58分、ディバラに代えてL・マルティネスを投入する。 ▽後半に入ってチャンスを作れなくなったブラジルは65分、G・ジェズスに代えてリシャルリソンを投入した。すると70分、FKからアルトゥールのボレーシュートが枠を捉えたが、GKロメロのセーブに阻まれる。 ▽終盤にかけても攻めるブラジルは、84分にカゼミロが直接FKでゴールに迫ると、試合終了間際の追加タイム3分に均衡を破った。ネイマールの左CKからニアサイドでフリーとなっていたミランダがヘディングシュートを流し込んだ。 ▽これが決勝点となってブラジルが勝利。アルゼンチンとの南米クラシコを制し、通算成績で1勝上回ることとなった。 2018.10.17 05:46 Wed
twitterfacebook
thumb

シメオネJr.が父の愛するクラブでのプレーを希望 「アトレティコでのプレーはきっと素晴らしい」

▽フィオレンティーナに所属するアルゼンチン代表FWジョバンニ・シメオネ(23)がアトレティコ・マドリーでのプレーを希望している。同選手がアルゼンチン『FOX』で語った。 ▽アトレティコの指揮官ディエゴ・シメオネ監督を父親に持つシメオネは、母国屈指の名門、リーベルプレートでプロデビュー。その後、2016年にジェノアでヨーロッパでのキャリアをスタートし、昨季はフィオレンティーナでリーグ戦14ゴールの見事な活躍を披露。さらに、先月の代表ウィークにはグアテマラ代表戦でアルゼンチン代表デビューを飾り、デビューゴールまで決めてみせた。 ▽現在、多くのビッグクラブが関心を示す中、シメオネは尊敬する父が選手としてだけでなく監督としても活躍しているアトレティコでプレーすることを希望しているようだ。 「アトレティコのためにプレーすることはきっと素晴らしいと思うよ」 「僕はこれまで父から指導を受けるチャンスが一度もなかった。同時に彼はその可能性について僕に求めることは一度もなかったんだ」 ▽なお、シメオネ監督は以前に自分がアトレティコを率いる限り、息子が同クラブでプレーすることは“絶対”にないと主張しており、同クラブで親子共演が果たされる可能性は限りなく低い。 ▽その一方で、以前からアルゼンチン代表監督の有力候補に挙がっている同監督が、今後のアルビセレステの将来を担う息子を指導するチャンスはあるのかもしれない。 「父がアルゼンチン代表監督になるかって? 彼はいつでも正しい時期ではないと言っているよ。だけど、プレーヤーとしては父が代表監督になるところを見てみたいと思っている」 「個人的に多くのアルゼンチン国民は父の就任を希望しているんじゃないかな。偉大な監督だからね」 2018.10.15 15:48 Mon
twitterfacebook
thumb

「彼にはリーダーの資質はない」マラドーナ、メッシを批判?それとも…

▽アルゼンチンの英雄、ディエゴ・マラドーナ氏が、バルセロナのFWリオネル・メッシについて「リーダーの資質はない」と発言している。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽世界最高のフットボーラーとして、バルセロナ、そしてアルゼンチン代表をけん引しているメッシ。バルセロナでは数多のタイトルを獲得してきたものの、代表での主なタイトルは2008年のオリンピックのみ。ロシア・ワールドカップではベスト16敗退と不甲斐ない結果に終わった。 ▽代表で結果を出せていないことから度々批判の的にされるメッシ。ロシア・ワールドカップ後、ここまで代表招集を見送っているが、以前「もう代表を引退しろ」と豪語した同国のレジェンド・マラドーナ氏が今度は「リーダーの資質がない」と言い放った。 「メッシは素晴らしい選手だが、リーダーではない。こんなこと言うのは心苦しいが、試合前に20回もシャワーを浴びる男にリーダーの資質があるとは思わない」 ▽このように言い切ったマラドーナ氏だが、メッシが偉大な選手であることを強調している。 「メッシを神様のように扱うのはやめよう。彼も1人の選手なんだ。我々は彼にプレッシャーを与えてはならない」 「彼をリーダーという枠から外して、メッシにはやりたいようにやってもらいたい」 2018.10.13 19:09 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース