シルク・ドゥ・ソレイユがメッシの半生を基にしたショーの制作を発表!2019年公演予定2018.10.11 22:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽世界的エンターテイメント集団『シルク・ドゥ・ソレイユ』が、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの半生を基にしたショーを製作することを発表した。スペイン『アス』が伝えている。▽1984年にカナダで設立されたシルク・ドゥ・ソレイユ。今ではアメリカを中心に日本や中国などでもショーが開かれ、世界から注目を集めているエンターテイメント集団だ。

▽今回の発表に際し、メッシは自身のインスタグラムで「シルク・ドゥ・ソレイユとパートナーシップを結ぶことが出来て光栄だ。2019年、僕の人生やフットボールへの情熱を基にした全く新しいショーが誕生するよ」とコメント。さらに「クレイジーでインクレディブルだ。シルク・ドゥ・ソレイユは家族のお気に入りなんだ。いつもそうであるように、このショーが世界中の人々を驚かせることは間違いないよ」と興奮を露わに。

▽また、シルク・ドゥ・ソレイユは公式サイトで「レオ・メッシとポップアート・ミュージックと共同してこれまでにないショーを製作します。我々は本当に感動しています。このショーは信じられない才能と、偉業を成し遂げたフットボールの生ける伝説からインスピレーションを受けて描かれるものです」と説明している。

▽これまで、シルク・ドゥ・ソレイユではマイケル・ジャクソンやビートルズを題材にしたショーが演じられたことはあるものの、スポーツ選手にフィーチャーしたのは今回が初めて。ポップアート・ミュージックの共同創立者であるセルヒオ・ラヴィ氏は「メッシがフットボールでそうしてきたように、このショーもすべての記録を打ち破るだろう」と強気のコメントを残した。

▽2019年に公開予定となっているが、そのほかのの詳細は明らかにされていない。

コメント

関連ニュース

thumb

バルセロナ、2019年夏のアジアツアー実施が決定!日本でイニエスタと再会あるか…

バルセロナが、2019年のサマーツアーで日本と中国を訪れることが決定した。クラブが公式に発表している。<br><br>クラブは、来年夏のアジアツアーについての趣旨を「世界で最もファンが集中しているアジア太平洋市場への関わりを再確認」するためとし、日本と中国について以下のように述べている。<br><br>「バルセロナは世界の他のどの地域よりもアジアのファンが集中しており、アジア太平洋地域(APAC)市場のパートナーとファンのために、中国と日本は世界で最も戦略的に重要な2カ国だ。バルセロナはその地域のサッカーファンの中で最も愛され続けている」<br><br>「サッカーは中国や日本のような国でも急成長を遂げている。すでにソーシャルネットワークを通じて構築してきたつながりと、その国の言語でウェブサイトを提供することを超えて、よりパーソナライズされた体験を提供することにより、チームツアーと選手の存在は、より地元ファンに近づくだろう」<br><br>今回の発表に際し、バルセロナの公式ツイッターでは「バルサがやって来る!」というテキストが入った選手の画像を添えて、「アジアへ、会いに行くよ!」と投稿している。<br><br>日本では、今夏に元スペイン代表のアンドレス・イニエスタがバルセロナからヴィッセル神戸に移籍。チケットが完売する試合が続出するなど、イニエスタ・フィーバーが巻き起こっている。果たしてイニエスタとバルセロナの再会が日本で実現するのか、注目だ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.17 03:01 Wed
twitterfacebook
thumb

アルデルヴァイレルト巡りユナイテッドとバルセロナが争奪戦か

▽バルセロナはトッテナムに所属するベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(29)の獲得を画策しているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』の情報をもとにスペイン『fichajes』が伝えた。 ▽バルセロナはフランス代表DFサミュエル・ユムティティとベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンが負傷離脱を強いられ、センターバックが手薄な状態に。この状況下の中、新戦力補強が急務となっている同クラブはアルデルヴァイレルトの獲得に興味を示しているという。 ▽アルデルヴァイレルトとトッテナムの現行契約は今シーズン限りまでとなっており、クラブ側は1年間の契約延長オプションを持っているが、そのオプションを行使した場合、来夏に2800万ユーロ(約36億円)の金額で移籍を許可しなければならない条項が組み込まれている。そのため、来シーズンでの退団が有力視されている。 ▽ただ、バルセロナの他にマンチェスター・ユナイテッドも以前から関心を寄せているため争奪戦になる可能性があるようだ。 ▽なお、昨季は負傷明けのシーズン終盤戦でベンチを温める機会が多かったアルデルヴァイレルトだが、今季はここまでプレミアリーグ7試合に出場している 2018.10.16 22:57 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、今冬にイバノビッチのレンタル移籍画策か

▽バルセロナが今冬の移籍市場でゼニトのセルビア代表DFブラニスラフ・イバノビッチ(34)のレンタル移籍を画策しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ▽現在、フランス代表DFサミュエル・ユムティティとベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンが負傷離脱するなど、センターバックの選手層に問題を抱えているバルセロナ。今冬の移籍市場ではアヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)の獲得を目指すが、アヤックスはシーズン途中の移籍を拒否する構えだ。 ▽そのため、バルセロナは当面の急場を凌ぐためにゼニトとセルビア代表で主力を担うベテランDFを今季終了までの契約でレンタルしたい考えのようだ。 ▽その一方で、テクニカル・ディレクターを務めるラモン・プラナス氏はヘタフェ時代の昨夏にシント=トロイデンから獲得したトーゴ代表DFジェネ・ダコナム(26)や、以前からクラブが関心を示すアスレティック・ビルバオのU-21スペイン代表DFウナイ・ヌニェス(21)にも関心を示しているようだ。 2018.10.16 19:36 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナに痛手…ヴェルメーレンが右ハムストリング負傷で全治6週間

▽バルセロナは15日、ベルギー代表DFトーマス・ヴェルメーレンが右ハムストリングの負傷で全治6週間と診断されたことを発表した。 ▽ヴェルメーレンは12日、ベルギー代表の一員としてUEFAネーションズリーグ(UNL)・リーグA・グループ2第3節のスイス代表戦に臨み、2-1で勝利。しかし、センターバックとして先発出場していたヴェルメーレンは73分にハムストリングを痛めて負傷交代していた。 ▽今回のケガによってヴェルメーレンの復帰は12月初旬となる模様だ。したがって、レアル・マドリーやアトレティコ・マドリー、セビージャら上位陣と対峙するリーガエスパニョーラ数試合に加え、チャンピオンズリーグ(CL)のインテルとの連戦を欠場する見込みだ。 ▽なお、バルセロナではフランスDFサミュエル・ユムティティもケガの治療に専念しており、トップチームで起用可能な本職のセンターバックはフランス人DFクレマン・ラングレと元スペイン代表DFジェラール・ピケのみと今後の過密日程を前に苦しい台所事情を強いられる。 2018.10.15 19:32 Mon
twitterfacebook
thumb

アヤックスの有望株デ・リフト、“気候で選ぶなら”「バルセロナ」

▽アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)が記者の誘導尋問により、“マンチェスター・ユナイテッドよりバルセロナ”の意思を表明した。『フットボール・エスパーニャ』が報じた。 ▽デ・リフトは、当時17歳の2016年にアヤックスでトップチームデビュー。昨シーズンはエールディビジ33試合3得点2アシストの成績を収め、バルセロナを筆頭に多くの有力クラブが目を光らせていることで注目を集めている。 ▽そのデ・リフトは現在、今月の代表ウィークに向けたオランダ代表に合流中。13日に行われたUEFAネーションズリーグのドイツ代表戦にフル出場を果たしており、3-0の勝利に貢献している。 ▽同試合後、「バルセロナ、ユナイテッドの中で移籍先を選ぶとすれば?」という記者の質問を次のような返答で交わして見せたデ・リフトだが、気候を交えた次の問いで攻め込まれると、「バルセロナ」と回答した。 「(バルセロナ、ユナイテッドで選ぶなら?) アヤックス! 新聞は記事を書く必要がある。だから、普通のことだね」 「(どっちの気候が好きか?) バルセロナだね。僕は太陽が好きだから」 2018.10.15 10:55 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース