名古屋GKランゲラックに長男誕生!「将来はグランパスのキーパーに」2018.10.11 21:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽名古屋グランパスは11日、オーストラリア代表GKランゲラックに第一子となる長男が5日に誕生したことを発表した。▽クラブは母子ともに健康であることを伝えている。長男が誕生したランゲラックは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「代表チームから名古屋に戻り、息子を抱きしめたいです。父として新たな目標にチャレンジします」

「新たな子供の誕生にワクワクしています。私のようなゴールキーパーになって、将来はグランパスのキーパーになってほしいです」

▽ランゲラックは、2018年にレバンテから名古屋に加入。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグに27試合出場している。
コメント
関連ニュース
thumb

【J1クラブ通信簿】J1での再出発、浮き沈みの中で掴んだ残留《名古屋グランパス》

▽優勝争いから残留争いまで手に汗を握る接戦、熱戦が続いた2018シーズンの明治安田生命J1リーグ。超ワールドサッカー編集部は、J1全18クラブの通信簿(トピックやチームMVP、補強成功度、総合評価)をお届けする。第4弾は15位の名古屋グランパスを総括! <span style="font-weight:700;">◆シーズン振り返り</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181213_grampus_2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div>▽風間体制2年目の成熟、超大物ストライカーのジョー(コリンチャンス)加入などによって開幕前は一桁順位フィニッシュ、ACL出場権争いも期待されたが、昨季J1昇格プレーオフを制してJ1“18番目”のチームとして参戦した再出発のシーズンは非常に厳しいものとなった。 ▽ジョーの評判通りの活躍などによって開幕3試合を2勝1分けと最高のスタートを切ったが、そこからまさかの8連敗を含む13戦未勝利(11敗2分け)の最下位でロシア・ワールドカップ(W杯)開催に伴う中断期間を迎えることになった。同期間では風間スタイルのアキレス腱である守備力の問題に加え、指揮官が志向する攻撃的なパスサッカーも鳴りを潜め浮上のキッカケが全く見えなかった。 ▽それでも、中断期間にJリーグ屈指の資金力を生かして最終ラインにDF中谷進之介(柏レイソル)、DF丸山祐市(FC東京)、DF金井貢史(横浜F・マリノス)とJ1チームの主力クラスを獲得し大幅なテコ入れを敢行。再開明けの2試合で未勝利も、第19節のベガルタ仙台戦で16戦ぶりの勝利を挙げると、ここから自慢の攻撃スタイルを武器に破竹の7連勝。一気に降格圏から11位までステップアップを果たした。しかし、この爆発力を維持することはできず、最後の10試合では3勝6敗1分けと大幅に黒星が先行する形となり、J1参入プレーオフ決定戦圏内の16位で湘南ベルマーレとの最終節を迎えるも同試合を2点ビハインドからジョーのPKによる2ゴールで辛くもドローに持ち込んだ結果、他会場の結果によって15位に浮上しギリギリでのJ1残留を成し遂げた。 <span style="font-weight:700;">◆チームMVP</span> FWジョー(31) 明治安田生命J1リーグ33試合出場(先発30試合)/24得点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181213_grampus_3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTO<hr></div>▽今季の名古屋がギリギリでJ1残留を果たせた最大の要因は、加入1年目でリーグ得点王に輝いた元セレソンの活躍に尽きる。マンチェスター・シティ、エバートン、ガラタサライなど欧州の強豪クラブを渡り歩き、昨季は母国のコリンチャンスでリーグ得点王、MVPを受賞した大物ストライカーはシーズンを通してその実力を発揮した。 ▽開幕戦のガンバ大阪戦でJデビュー弾を記録して以降、今季最長の5試合連続無得点というプチスランプを経験も、判定基準を含めたJリーグへの順応、周囲との連係構築によって着実にゴールを重ねた。とりわけ、中断期間を経て臨んだ後半戦では新戦力補強による最終ラインの安定、MF前田直輝(松本山雅FC)らの加入によってようやくストライカーの仕事に専念できるようになると、第19節のベガルタ仙台戦から第26節のサガン鳥栖戦まで出場試合7戦連続ゴールを含む14ゴールを記録。逆転での残留において重要過ぎる7連勝に貢献。 ▽さらに、降格圏で迎えたシーズン最終盤の2試合でも3ゴールを記録するなど、エースストライカーに相応しい活躍を見せつけた。また、24ゴールの内訳を見ると、利き足の左足で10ゴール、右足で9ゴール、頭で5ゴールとどんな形からもゴールを奪えていたことがわかる。加えて、アシスト数こそ「4」にとどまったが、確度の高い絶妙なポストプレーで周囲のアタッカー陣を生かすなど、その貢献度は絶大だった。 <span style="font-weight:700;">◆補強成功度《A》</span>※最低E~最高S<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181213_grampus_4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTO<hr></div>▽今季終盤戦の主力を担った昨季からの所属選手がMF和泉竜司、MF小林裕紀、FWガブリエル・シャビエル、FW玉田圭司だったことを考えれば、今夏の途中加入組を含めて新戦力の稼働率が非常に高かったことがわかる。DFホーシャ、DF畑尾大翔(大宮アルディージャに期限付き移籍)を除き新加入選手のほとんどが主力としてプレーしており、形振り構わず資金を投下したシーズン途中の補強が残留の大きな要因だったと言える。もちろん、守護神ミッチェル・ランゲラック、主砲FWジョーを除き開幕前に目立った補強がなかったことが最下位に沈んだ前半戦の一因となっており、大いに反省すべきポイントではあるだろう。 ▽選手個々に目を向けると、前述のランゲラック、ジョーの貢献度は絶大でいずれも途中加入で最終ラインの問題を改善した中谷、丸山のセンターバックコンビ、7連勝をけん引した前田、金井の活躍も見事だった。さらにFW相馬勇紀(早稲田大学)、MF児玉駿斗(東海学園大学)ら特別指定選手の活躍も素晴らしかった。 <span style="font-weight:700;">◆総合評価《D》</span>※最低E~最高S<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181213_grampus_5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽“18番目”のチームとしてJ1での再出発を切った中、最終的に15位で残留を決めたことは最低限のノルマを果たせたと言っていいだろう。その一方でジョー加入などによって一桁順位フィニッシュ、ACL出場権争いに絡むことが期待されていただけに、ある意味で失敗のシーズンと捉える向きもあるだろう。 ▽シーズン全体の評価としては昨季J2時代から課題に挙げられていた最終ラインの補強に踏み切らず、新守護神ランゲラックを除きJ2仕様でシーズン前半戦に臨んだことが痛恨だった。J2では圧倒的だったポゼッションスタイルは球際の強さや個人戦術で勝るJ1の相手チームに対して機能せず、前半は脆弱な守備陣が相手の鋭いカウンターやセットプレーから再三ゴールを奪われる場面が目立った。 ▽それでも、後半戦に向けて最終ラインのてこ入れを図ると、以降は後方からのビルドアップの安定、被カウンター時のリスク管理など課題の守備に目に見える改善が見られると、チームとして後ろを気にせず、前向きなプレーが増え始め、チーム最大のストロングポイントである攻撃陣の躍動に繋がった。とりわけ、後半戦の7連勝時の魅力的なアタッキングフットボールは間違いなくJ1屈指の破壊力だった。シーズン終盤はやや尻すぼみの形で終わったものの、J1仕様となった後半戦のスカッドを維持できれば、風間体制3年目はタイトル争いに絡めるはずだ。 ▽その一方、物議を醸した功労者・玉田の退団を含め、GK楢崎正剛、FW佐藤寿人と苦しい時期に精神的な支柱を担ってきたベテランの退団が決定的となっており、小林や和泉といった中堅選手たちのリーダーシップが重要となるはずだ。 2018.12.13 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

名古屋DF中谷進之介が入籍「残留を決めてから報告しようと思っていました」

▽名古屋グランパスは11日、DF中谷進之介が入籍したことを発表した。 ▽入籍日は11月吉日。なお、お相手が一般の方であるため、氏名などの公表は差し控えられている。 ▽中谷は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 ◆DF中谷進之介 「ファン・サポーターの皆さま、今シーズンたくさんの応援ありがとうございました! 」 「私事ですが、2年ほどお付き合いしていた女性と11月に入籍いたしました。残留を決めてから皆さんに報告しようと思っていましたので、このタイミングとなってしまい申し訳ありません。これからは名古屋のゴールと家庭をしっかり守れるように今まで以上に責任感を持ち頑張ります」 「どうぞ応援よろしくお願いします! 」 ▽柏レイソルの下部組織で育った中谷は、今年夏に名古屋に加入。公式戦17試合に出場し、クラブの明治安田生命J1リーグ残留に貢献した。 2018.12.11 12:22 Tue
twitterfacebook
thumb

名古屋FW玉田圭司が契約満了で退団「とても刺激的な2年間でした」

▽名古屋グランパスは6日、元日本代表FW玉田圭司(38)との契約満了を発表した。 ▽玉田は習志野高校から1999年に柏レイソルへと入団。2006年に名古屋へと移籍すると、9シーズン在籍。2015年にセレッソ大阪へと移籍するも、2017年に復帰。チームのJ1昇格に貢献していた。 ▽今シーズンは、明治安田生命J1リーグで24試合に出場し3得点を記録。終盤戦は残留争いをするチームを助けていた。玉田はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンでチームを離れることになりました。とても刺激的な2年間でしたし、僕にとってすごくいい経験をさせていただいたと思っています。グランパスでの経験を今後も活かしたいです。サポーターの皆さん、どんな時も支えていただきありがとうございました」 2018.12.06 12:47 Thu
twitterfacebook
thumb

名古屋FW玉田圭司が退団を明言…「労いの言葉がなかった」クラブの対応に落胆も感謝

▽名古屋グランパスに所属する元日本代表FW玉田圭司(38)が今シーズン限りでの退団を明言している。 ▽玉田は、2006年から2014年まで名古屋でプレーし、セレッソ大阪での2年間のプレーを経て、2017年に復帰。昨シーズンは明治安田生命J2リーグで28試合6ゴールを記録してチームのJ1復帰に貢献すると、今シーズンは明治安田生命J1リーグで24試合3ゴールの成績を残し、J1残留への力となった。 ▽そんな玉田は6日、自身のインスタグラム(keijitamada_official)を更新し、今シーズン限りでの退団が決定したことを明言。そんな中、「労いの言葉の1つもなかったことにがっかりしました」と胸中を明かしながらも、前向きな姿勢を見せている。 「今シーズンで退団することになりました。あまりにも突然だったので正直、頭を整理するのに少し時間がかかりました…。2014年に1度退団し、その2年後に帰ってきて名古屋グランパスに誠心誠意を持ってやってきましたが、契約しないと伝えられた時には労いの言葉の1つもなかったことにはがっかりしました」 「しかし、とても刺激的な2年間でしたし、僕にとってすごくいい経験をさせて頂いたと思っています。シーズン終了後に皆さんから来年度の僕のユニフォームを予約してくださったとの声を頂いて、来年にむけて頑張ろうと思っていたので、それを無駄にしないためにも前を向いていきたいです!ありがとうございます!」 2018.12.06 08:30 Thu
twitterfacebook
thumb

名古屋、U-18所属DF藤井陽也の来季トップチーム昇格を発表! 「夢を与える存在に」

▽名古屋グランパスは5日、U-18所属のDF藤井陽也(17)の来シーズントップチーム昇格を発表した。 ▽幼少期から名古屋提携クラブで育ち、U-12から順調にステップアップした藤井は、世代別日本代表の経験の持ち主。今年3月には2種登録され、トップチームにも在籍していた。 ▽来シーズンから正式にトップチームに加わることとなった藤井は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「このたび、トップチームに昇格することが決まり、大変嬉しく思います。幼稚園から始めたスクール、グランパス三好、ジュニア、ジュニアユース、ユースと約14年間、名古屋グランパスという偉大なクラブに育ててもらいました。長い間お世話になったたくさんのグランパス関係者の皆様に深く感謝致します」 「そして次は自分がトップチームで活躍することで、グランパススクールやアカデミーでプレーする選手に夢を与える存在にならなければなりません。そのことがクラブへの恩返しになると思います。たくさんのことを教えてくださった指導者の方々、大好きなチームメイト、どんな時でも熱い応援で後押ししてくださるサポーターの方々、学校の先生、友人など僕を支えてくださったすべての皆様のおかげで今の自分があると思います。本当にありがとうございます」 「これからはプロという厳しい世界でプレーすることになります。1日1日を大切に、自分に何が必要かを常に考えて行動し、もっともっと成長していきます。そして、グランパスの勝利に貢献できるように精一杯頑張ります。ご声援よろしくお願い致します」 2018.12.05 17:45 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース