モナコがジャルディム監督解任を発表!今季公式戦11試合でわずか1勝…2018.10.11 20:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽モナコは11日、レオナルド・ジャルディム監督(44)を解任したことを発表した。

▽2014年夏からモナコで指揮を執るジャルディム監督は、フランス代表FWキリアン・ムバッペやポルトガル代表MFベルナルド・シウバら多くの将来有望な若手を発掘。加えて、攻撃的なサッカーを展開して2016-17シーズンにモナコを17年ぶりとなるリーグ優勝に導き、チャンピオンズリーグ(CL)では13年ぶりとなる準決勝進出を果たしていた。

▽昨シーズンを2位で終え、王者奪還を目標に臨んだ今シーズンだったが、リーグ・アン開幕節のナント戦こそ勝利したが、以降の公式戦10試合では格下相手に金星を献上するなど、7敗3分けと泥沼の不振に陥っていた。

▽ジャルディム氏はクラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「モナコで4年以上も監督できたことに感謝しているし誇りに思っている。私は常にベストを尽くし、情熱を持って仕事をしてきた。我々は一緒に大きな勝利を収めてきた。その思い出をいつまでも私の中に残しておくよ」

▽後任に関しては伝えられていないが、フランス『レキップ』は以前から噂に上がっていたティエリ・アンリ氏の可能性が高まったと報道。モナコは20日にリーグ・アン第10節のアウェイでのストラスブール戦が控えている。
コメント
関連ニュース
thumb

シティが今季MLS最優秀GKを獲得! 加入は来夏に

▽マンチェスター・シティは11日、メジャーリーグサッカー(MLS)のコロンバス・クルーに所属するアメリカ代表GKザック・ステッフェン(23)の完全移籍での獲得を発表した。契約期間は2019年夏から2023年6月30日までの4年となり、それまではレンタルという形でコロンバスに残留する。 ▽なお、コロンバス・クルーは移籍金の詳細に関して明かしていないものの、MLSのGK史上最高額と伝えている。また、イギリス『BBC』は700万ポンド(約10億円)と推定している。 ▽現在、23歳のステッフェンは2014年から2016年までドイツのフライブルクに在籍。だが、トップチームデビューを果たすことはできず、2016年7月にコロンバス・クルーへ完全移籍した。 ▽その後、2017シーズンから同クラブの正GKに昇格したステッフェンは持ち味の身体能力を武器にブレイクを果たすと、今季はMLSベストイレブンとMLS最優秀GKに選出された。 ▽また、アメリカの世代別代表の常連だった同選手は今年初めにフル代表デビュー。同年6月に行われたフランス代表とのフレンドリーマッチでは再三の好守を披露し、1-1のドローに貢献していた。 2018.12.12 04:16 Wed
twitterfacebook
thumb

低迷ビジャレアルがカジェハ監督を解任…昨季は5位に導くも今季は残留争いに

▽ビジャレアルは10日、ハビエル・カジェハ監督(40)の解任を発表した。なお、後任は今後発表されるとのことだ。 ▽カジェハ監督は、現役時代オンダやビジャレアル、マラガ、オサスナでプレー。ビジャレアル時代には、2005-06シーズンのチャンピオンズリーグで準決勝に進出するなど選手としても功績を残していた。 ▽2012年に現役を引退すると、指導者としてビジャレアルの育成組織で監督を務める。2017年9月にはトップチームの監督に就任すると、チームをリーグ5位に導く手腕を発揮。しかし、今シーズンは開幕から3試合未勝利が続くと、その後も結果を残せず、ここまで3勝5分け7敗で17位と低迷していた。ヨーロッパリーグでは5試合を終えて1勝4分けと勝ちきれないもののグループ首位をキープ。最終節でのグループステージ突破を目指していた。 2018.12.10 21:37 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズがDFカイル・ウォーカー=ピータースと2023年まで契約延長

▽トッテナムは10日、U-21イングランド代表DFカイル・ウォーカー=ピータース(21)との契約延長を発表した。新契約は2023年までとなる。 ▽ウォーカー=ピータースは、トッテナムの下部組織出身で、2017年7月にトップチームに昇格。2017-18シーズンはプレミアリーグで3試合に出場し2アシスト、FAカップで4試合に出場し1ゴール、チャンピオンズリーグでも1試合に出場していた。 ▽今シーズンはここまでプレミアリーグで1試合に出場。チャンピオンズリーグでもベンチ入りを果たすなど、将来が期待されている若手右サイドバックだ。 ▽世代別のイングランド代表を経験し、2017年にはU-20ワールドカップの優勝に貢献していた。 2018.12.10 21:33 Mon
twitterfacebook
thumb

プレミア首位リバプール、堅守の立役者ジョー・ゴメスが長期契約締結!

▽リバプールは10日、イングランド代表DFジョー・ゴメス(21)の新契約締結を発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、新たな契約期間は5年半となる。 ▽ジョー・ゴメスは2014年にチャールトンでプロデビュー後、2015年夏からリバプールでプレー。現在は全治6週間におよぶ足首骨折で離脱中だが、今シーズンはここまで公式戦18試合に出場するなど飛躍を遂げている。 ▽正式に新契約合意に達したジョー・ゴメスはクラブ公式サイトで「僕はこのクラブが好きだ。ここで学ぶこともプレーすることもね。それを続けることができるようになり嬉しいよ」とコメントしている。 ▽今シーズンのリバプールはここまでプレミアリーグ13勝3分け無敗の首位。ジョー・ゴメスを擁する守備陣はここまで最小の6失点と鉄壁を誇り、優勝争いを演じるチームの大きな原動力になっている。 2018.12.10 19:30 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ&チェルシーで副官務めたテン・カテがUAEのアル・ワフダの新指揮官に就任

▽UAEのアル・ワフダは7日、バルセロナやチェルシーで副官を務めた経験を持つオランダ人指揮官のヘンク・テン・カテ氏(63)を新指揮官に招へいしたことを発表した。 ▽フランク・ライカールト時代のバルセロナ、アブラム・グラント時代のチェルシーでアシスタントコーチを務めた経歴を持つテン・カテ氏は以降パナシナイコスや山東魯能、直近まではUAEのアル・ジャジーラの指揮官を務めていた。 2018.12.08 12:34 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース