第99回天皇杯決勝、新国立競技場で元日開催…この一戦がこけら落とし2018.10.11 18:05 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本サッカー協会(JFA)は11日、2020年1月1日に行われる第99回全日本サッカー選手権大会決勝を新国立競技場で行うことを発表した。

▽国立競技場での決勝は第93回大会以来6年ぶり。東京都内での開催は第95回大会の味の素スタジアム以来4年ぶりとなる。

▽現在建設中の新国立競技場は、2019年11月末に完成予定。第99回大会の決勝が新国立競技場を使用する初のスポーツ競技になるという。

▽なお、同年の東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の運営準備に向けたオペレーションの確認も行われる予定だ。
コメント
関連ニュース
thumb

負傷を押しての出場となった浦和MF柏木陽介「必要だったのはタイトルを獲ること」《天皇杯》

▽今年最後の国内主要タイトルとなる第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝が9日に埼玉スタジアム2002で開催。1-0でベガルタ仙台を退けた浦和レッズが優勝で飾り、来シーズンのACL出場権を獲得した。 ▽優勝した浦和のMF柏木陽介が試合後のミックスゾーンで取材陣に応対。試合を振り返り、今シーズン足りなかったものを語った。 ◆MF柏木陽介(浦和レッズ) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181209_kashiwagi_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ──カップを掲げた時の気持ちは 「本当今年一年やって来て良かったと思いますし、苦しい時期もあったけどその苦しさも無駄じゃなかったなと思います」 「決勝はなかなか自分の思った様にはいかなかったですけど、みんなに助けてもらえて良かったです。最高でした」 ──太ももの裏の状態は 「最後にケガをしたくなかったというのもありましたし、元々太もも裏はヤバいと監督にも伝えていたので、無理して頑張ってチームに迷惑をかけるより、フレッシュな選手が入って頑張れた方がいいかなと自分で判断しました。チームと信じてやっていたので、それに懸けたという感じです」 ──セットプレーからの得点が続いていますが 「正直、内容自体が良かったという試合は終盤に関してはなかったと思います。けど、勝ち切る強さは身についたと思います」 「何よりも必要だったのはタイトルを獲ること、そしてACLにも出場したい、それだけだったので、勝ちにこだわってやった結果だと思います。苦しい時間帯も多かったですけど、1人1人が我慢し続けた結果勝てたと思います」 「チームとしては一段階成長できたというか、来年は自分たちの良さも出せていけたらと思います」 2018.12.10 02:36 Mon
twitterfacebook
thumb

オリヴェイラ監督への信頼を明かした浦和FW興梠慎三「付いていけば間違いない」《天皇杯》

▽今年最後の国内主要タイトルとなる第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝が9日に埼玉スタジアム2002で開催。1-0でベガルタ仙台を退けた浦和レッズが優勝で飾り、来シーズンのACL出場権を獲得した。 ▽優勝した浦和のFW興梠慎三が試合後のミックスゾーンで取材陣に応対。試合を振り返り、鹿島アントラーズ時代にも指導を受けたオズワルド・オリヴェイラ監督についても語った。 ◆FW興梠慎三(浦和レッズ) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181209_koroki_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ──今日も前線で体を張っていましたが足首の状態は 「痛かったですけど、こういった舞台なので、それを感じさせないぐらい良い雰囲気を作ってくれました。あまり良くなかったですが、今日は勝つことが前提なので良かったです」 ──良い時間に点が入りました 「セットプレーのこぼれ球でウガ(宇賀神)が決めました。練習でも毎回やっていたことが出たと思いますし、鹿島戦と今日にセットプレーで勝てたということは、練習して来たことの成果だと思います」 ──前日練習からサポーターを含めて雰囲気は良かったと思うが 「ホームでできるということで、条件としてはうちの方が確実に有利だったと思います。良い時間帯に1点が入って、2点目が取れれば、3点、4点と取れたと思います。2点目を取れないということには物足りなさを感じます。でも、ゼロで抑えているので、1-0で勝ち切ることは凄く良いことだと思いますし、内容でもっと上回れる様にしたいです」 ──オリヴェイラ監督と天皇杯を獲りました。来シーズンはリーグもカップもありますが 「オリヴェイラは鹿島の時もそうですが、毎年タイトルを獲って来た人なので。来てすぐタイトルを獲って、持ってる人だなと思います。あの人に付いていけば間違いないですし、来年はACLがあるので、楽しみが1つ増えたなと思います」 2018.12.10 02:29 Mon
twitterfacebook
thumb

監督交代も天皇杯制覇の理由を語る浦和DF槙野智章「30代の選手が支えた」《天皇杯》

▽今年最後の国内主要タイトルとなる第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝が9日に埼玉スタジアム2002で開催。1-0でベガルタ仙台を退けた浦和レッズが優勝で飾り、来シーズンのACL出場権を獲得した。 ▽優勝した浦和のDF槙野智章が試合後のミックスゾーンで取材陣に応対。試合を振り返り、涙した理由を明かす。 ◆DF槙野智章(浦和レッズ) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181209_makino_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ──大事な試合でプレッシャーが掛かると思うが、それが力になるか 「懐かしい感じはしました。こういった難しい状況とか、サポーターがタイトル、タイトルということに関して、去年のアジアチャンピオンの時もそれだけの雰囲気や時間を作ってくれたことを思い出しました」 「バスでスタジアムに来るときや、サポーターが練習場に来た時もそうですが、懐かしいなとみんなで思いました。選手たちも自信はあったし、苦しい時も声とかで助けられたし、一歩出ました。自分たちには経験があったのが良かったです」 ──去年は監督が代わってACLを、今年は監督が代わって天皇杯を獲った。監督が代わるとカオスになると思うが、なぜうまく行ったか 「まずはしっかりとチーム内でベースがしっかりあったのは1つです。他のチームにない、良くも悪くも平均年齢が高いです。若い選手もちらほら居ますけど、支えているのは30代で、そこがブレなかったことが、監督が代わってもブレなかったのかなと思います」 「今シーズンは苦しみましたけど、監督が代わっても中心となる30代の選手が支えたというのはあるかなと思います」 ──来シーズンはACLの戦いが始まるが 「このタイトルを獲ればそのグループに入るというのは分かっていましたが、2017年のアジアチャンピオンというのにもう一度返り咲くためにも、チャレンジャーとしてやりたいと思います。楽しみたいと思います」 2018.12.10 02:25 Mon
twitterfacebook
thumb

浦和MF阿部勇樹、サポーターに感謝「一緒になれば、抑え切れないぐらい大きなチームになる」《天皇杯》

▽今年最後の国内主要タイトルとなる第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝が9日に埼玉スタジアム2002で開催。1-0でベガルタ仙台を退けた浦和レッズが優勝で飾り、来シーズンのACL出場権を獲得した。 ▽優勝した浦和のMF阿部勇樹が試合後のミックスゾーンで取材陣に応対。試合を振り返り、涙した理由を明かした。 ◆MF阿部勇樹(浦和レッズ) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181209_abe_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ──前半から我慢の時間が長かったと思うが 「仙台が凄く良い入りをしたと思うんですが、その中でも慌てずに徐々に自分たちのペースに持っていければいいかなと思って居ました」 「何回打ったらあれが入るのかなという様な凄いシュートをウガ(宇賀神)が決めてくれたので、先に点を取ることが重要だと思っていたので入って良かったなと」 「そのあとは仙台も得点を取りに来て難しい試合でしたが、耐えるときは耐えて、ゲーム中もみんながそれぞれ話して居ました。そういったことをもっと増やしていければ、今年は試合が終わったのであれですが、来シーズン以降はもっと良い試合ができるかなと思います」 ──今日は先発して、メンバーも変わっていた試合だったが 「どのメンバーが出てもやっていかなくてはいけないですし、今年いるメンバーでやるのは今日が最後なので、ラストのつもりで戦いました。最後にみんなで大勢のサポーターの方も含めて喜べて良かったと思います」 ──どのポジションで出るか定まらない試合だったと思うが準備などは 「特別なものはないです。おとといは風呂に入って、サウナに入りましたし(笑)」 ──ハーフタイムにスタジアムの雰囲気を確かめて居た様だったが 「前半終わっただけでまだ何も終わってないから。後半の入りですぐに失点してしまった試合もあったので、相手も来ると思って居ましたし。深呼吸してスタジアムの雰囲気を感じて落ち着きたいなという感じでした」 ──試合後は泣いていた様にも見えました 「優勝できたので。前回決勝に行ったときは負けて優勝したチームを見ていたので。今回は優勝して、あの時のことを思い出して、リベンジできたので嬉しかったですね。ここ数試合もその前も、多くサポーターが大原に足を運んでくれて、横断幕張ってくれて、ここ日本なのかな?という雰囲気を出してくれました」 「サポーターの方と浦和レッズが一緒になれば、抑え切れないぐらい大きなチームになると思っているので、そういった意味で今日の結果は大事でしたし、お互いにとって最高の結果になったと思います」 ──オリヴェイラ監督と仕事をしてみていかがですか 「難しいシーズンの1つではあったかなと思いますが、その中でもチームの目標は変えずにやって来たので。勝って終わるのと負けて終わるのは違うと経験して来ました。勝って終わって良かったです」 2018.12.10 02:23 Mon
twitterfacebook
thumb

古巣を退け天皇杯制覇の浦和FW武藤雄樹「勝利こそが意味のあること」《天皇杯》

▽今年最後の国内主要タイトルとなる第98回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝が9日に埼玉スタジアム2002で開催。1-0でベガルタ仙台を退けた浦和レッズが優勝で飾り、来シーズンのACL出場権を獲得した。 ▽優勝した浦和のFW武藤雄樹が試合後のミックスゾーンで取材陣に応対。古巣との決勝について振り返った。 ◆FW武藤雄樹(浦和レッズ) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181209_muto_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 「勝つか負けるかは本当に大きな違いですし、勝つことだけが本当に意味のあることなので、優勝できてホッとしていますし、サポーターの皆さんが喜ぶ様なプレゼントをあげられて良かったです」 ──ケガをおしての試合だったが状態は 「ピッチに立つからにはしっかりプレーしようと思っていましたが、昨日は練習ができなかったですし、今日もアップの段階で痛くてそこから注射を打ったりしました。ピッチに立つためにドクターやトレーナー陣が凄く力を出してくれたので、ピッチに立てることを感謝してますし、結果を出せて良かったです」 2018.12.10 02:20 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース