キャリック、アーセナル移籍をセスクに阻まれていたことを告白2018.10.11 16:20 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元イングランド代表MFマイケル・キャリック氏が、2004年にアーセナル移籍に迫っていたことを告白した。イギリス『メトロ』が伝えている。▽遡ること2004年、当時ウェストハムに所属していたキャリック氏は、ある日突然アーセナルからの電話が鳴り、アーセン・ヴェンゲル監督の家に招待されたという。その時のことをこう振り返っている。

「私はアーセン・ヴェンゲルの家で座っていた。身がはち切れそうだったよ。『何が起こってるんだ?! 相手はアーセナルだぞ!』ってね」

▽2004年のアーセナルと言えば、ティエリ・アンリやデニス・ベルカンプ、パトリック・ヴィエラ、ロベール・ピレスを擁し、2003-04シーズンにはプレミアリーグ無敗優勝を成し遂げた、通称“インビンシブルズ”として讃えられた最強のチームだった。その指揮官であるヴェンゲルと直々に話をするなど、緊張しない方が無理というもの。

「我々は1時間ほどフットボールの話をしたんだ。ヴェンゲルは週末にマンチェスター・ユナイテッドとのコミュニティ・シールドを控えていた。それなのに私に1時間も費やしてくれたんだ。彼は自分に興味があるのか? 『また会おう』ヴェンゲルはそう言って別れたんだ」

「試合の日、私は自宅でアーセナルの試合を見ていた。自分のチームになる試合をね。そこでセスク・ファブレガスというまだ17歳だった少年を見たんだ」

「ファブレガスは素晴らしい活躍を見せたけど、そこまで重要な選手になるとは思っていなかった。試合の日の夜、私は連絡を待った。待ち切れなかった」

「だが、待てど暮らせど電話は一向に来なかった。次の日、私はウェストハムの練習に行かなければならなかったから、代わりにデイビッド(代理人)が電話をしたんだ。そしたらデイビッド・デイン(当時のアーセナル副会長)からこう言われた。『すまない、監督がマイケルは必要ないと言っている。ファブレガスがいるから。本当にすまない』とね。ファブレガスはヴェンゲルの気持ちを変えてしまったんだ」

「本当に落ち込んだよ。心はすでにアーセナルにあったからね。私は気持ちの整理がつかなくなった。どうしたらいいかわからなくなっていたんだ」

▽アーセナル移籍があと一歩のところで実現しなかったキャリックはその年にアーセナルの最大のライバルであるトッテナムに加入。その2年後、マンチェスター・ユナイテッドへ移籍を果たしたキャリックの活躍は言うまでもない。
コメント
関連ニュース
thumb

ビッグクラブ注目のニコラ・ペペの新天地はCL出場可能な“赤い”チーム?

今夏のビッグクラブ移籍が決定的なリールのコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)の新天地はチャンピオンズリーグ(CL)出場可能な“赤い”チームになるのかもしれない。フランス『SO FOOT』が伝えている。 昨季、残留を争ったリールの1部残留に貢献したペペは今季センターフォワードから本職の右ウイングに固定されると、圧倒的なスプリント能力、ドリブルテクニックを武器に躍動。ここまでリーグ戦25試合に出場し16ゴール10アシストの圧巻の数字を記録。 より推進力に長けたストライカーながらレンヌ時代のMFウスマーヌ・デンベレを想起させるレフティに関しては、マンチェスター勢やバルセロナ、バイエルン、チェルシー、リバプール、アーセナル、パリ・サンジェルマンなど多くのビッグクラブが関心を示す。 そのペペの新天地に関してリールを率いるクリストフ・ガルティエ監督が移籍先のヒントを明かした。 「ニコラ・ペペは素晴らしいシーズンを送っており、彼はさらに成長していくはずだ」 「彼はチャンピオンズリーグでプレーするようなクラブに行く必要があると思っている。個人的には中堅クラブで段階を踏む必要はなくできるだけ高いレベルのステージに行くべきだと思っている。赤(ユニフォーム)でプレーしているようなクラブにね」 今回の発言に関しては確定事項ではなくあくまでガルティエ監督の助言という形だが、恩師の助言を受けてペペ本人がCL出場可能な“赤い”チームへの移籍を意識している可能性はありそうだ。 なお、ここまで噂が出ているクラブで条件を満たすのは、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、リバプール、アーセナルの4チームだ。ただ、ユナイテッドとアーセナルに関しては来シーズンのCL出場権を獲得できるか微妙なところだ。 2019.02.21 02:37 Thu
twitterfacebook
thumb

次のビッグマッチへ向かうロバートソン「ホームのユナイテッドは全く違うチーム」

リバプールに所属するスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンが、次の試合に頭を切り替えている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 リバプールは19日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでバイエルンをホームに迎え、0-0で引き分けた。決してネガティブな結果ではないものの、アンフィールドでの試合を苦手とする相手をねじ伏せることは出来ていない。 そして、そのビッグマッチを終えたリバプールには、休む間もなく次の激戦が控えている。24日に行われるプレミアリーグ第27節のマンチェスター・ユナイテッド戦だ。 プレミア第26節終了時点でのリバプールの順位は、勝ち点65の2位。同勝ち点で首位に立つマンチェスター・シティの方が1試合多く消化しているとはいえ、1試合も落とせない状況であることに変わりはない。 ユナイテッドの成績は、オーレ・グンナー・スールシャール暫定監督が指揮権を委譲されて以来、公式戦13試合11勝1分け1敗。直近ではFA杯5回戦のチェルシー戦も2-0で制しており、ビッグマッチをものにする力も取り戻している。 苦しい日程の中で好調ユナイテッドの本拠地オールドトラッフォードに乗り込まなくてはならない状況に、ロバートソンは気を引き締め直した。 「前回の試合とは少し違ったものになると思う。あの新しい監督の下で彼ら(マンチェスター・ユナイテッド)は上がってきてるし、特にホームでは全く違うチームだ」 「とてもタフなタスクになるだろうね。僕らのゲームに持ち込む必要がある。もしそれが出来れば、上手くいけば十分に勝てると思う」 2019.02.20 19:30 Wed
twitterfacebook
thumb

過去にポグバ酷評のキャラガーが自身の非認める 「過去の発言は誤り」

リバプールで活躍した元イングランド代表DFのジェイミー・キャラガー氏が、マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバに対する過去の痛烈な批判が誤りであったことを認めた。イギリス『マンチェスタ・イブニング・ニュース』が伝えた。 ジョゼ・モウリーニョ監督の下でシーズン前半戦で深刻な不振に陥っていたユナイテッドにおいてポルトガル人指揮官との確執が噂されたポグバは思うようなパフォーマンスを見せられず。これを受けて、キャラガー氏は昨年9月のダービー・カウンティ戦後にフランス代表MFに対して以下のような辛辣なコメントをしていた。 「彼は自分が思っているほど優れたプレーヤーじゃない。彼は才能を持っているが、問題は試合を理解していないということだ。彼がユナイテッドに来て以来、問題となっておりそれは今も変わらない」 「人々はモウリーニョが問題を引き起こしていると言っている。彼はポグバからキャプテン権限を剥奪した。だが、彼は本当のキャプテンでなかった。プレー面ではどうだろうか」 しかし、モウリーニョ監督の解任後、オーレ・グンナー・スールシャール暫定監督の下ですぐさま輝きを取り戻したポグバは、絶好調のチームを牽引する圧巻のパフォーマンスを披露。18日に行われたFAカップ5回戦のチェルシー戦では2-0の勝利に導く1ゴール1アシストを記録していた。 そして、ユナイテッドに精通するイギリス人記者のスコット・パターソン氏が前述のチェルシー戦後に、ポグバに対するキャラガー氏の過去のコメントを引き合いに出してイジリを行うと、キャラガー氏はダイレクトメッセージで自身の非を認めた。 「彼はスールシャールの到着以降、ユナイテッドに啓示をもたらしている。それはスールシャールが基本的に守備のタスクを彼に与えていないからだ。それは私にとって予期していなかったものであり、その意味で過去の発言が誤りだったと認めることに問題はないよ」 「しかし、ポグバが過去2年間のモウリーニョ体制のユナイテッドでシステムや役割が何であれ、より多くの成果をもたらすべきだったという自分の考えを変えるつもりはないよ」 2019.02.19 23:41 Tue
twitterfacebook
thumb

スールシャール監督、1G1Aのポグバを大絶賛!「世界最高レベルの選手」

マンチェスター・ユナイテッドは18日、イングランド・FAカップ5回戦でチェルシーに2-0で勝利。試合後、オーレ・グンナー・スールシャール監督は活躍したポール・ポグバを絶賛するコメントを残した。<br><br>試合は31分、左サイドでボールを受けたポグバがゴール前にクロスを入れる。これに反応したアンデル・エレーラが頭で合わせ、マンチェスター・Uが先制に成功。続けて前半終了間際には、ポグバのスルーパスにマーカス・ラッシュフォードが抜け出す。ラッシュフォードが右サイドからクロスを入れ、走り込んだポグバがダイビングヘッドでネットを揺らした。このままリードを守りきったマンチェスター・Uが2-0で勝利を収めた。<br><br>スールシャール監督は、12日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のパリ・サンジェルマン戦の敗戦から立ち直り、見事に1ゴール1アシストの活躍をしたポグバに最大限の賛辞を送った。<br><br>「ポグバにとってPSGとの試合は難しいものだった。しかし、それでも彼は我々のベストプレイヤーだ。今日は、世界最高の守備的MFの1人である(ヌゴロ)カンテと対峙したが、素晴らしい出来だった。彼はプレーのビジョンを持っている。アンデル(エレーラ)にアシストしたクロスや、自分で決めたゴールもファンタスティックだった。世界最高レベルの選手だよ。<br><br>もちろん、称賛に値するのはポグバだけではない。サブを含めた選手全員が素晴らしかったね」<br><br>提供:goal.com 2019.02.19 20:05 Tue
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、犬猿の仲ヴェンゲルに“胸熱”ビデオレター

ジョゼ・モウリーニョ氏(56)がアーセン・ヴェンゲル氏(69)を認めた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 モウリーニョ氏とヴェンゲル氏は長年にわたり、プレミアリーグが誇る名監督としてテクニカルエリア内のみならず、その外での舌戦で多くの名勝負を展開してきた“犬猿の仲”。かつてモウリーニョ氏がヴェンゲル氏を「失敗のスペシャリスト」として揶揄したことも記憶に新しい。 ローレウス賞授賞式に出席したそのヴェンゲル氏は、在任期間の初期にイングランドサッカー界に革新をもたらす功績を築いたとして生涯功労賞を受賞すると、ビデオメッセージにモウリーニョ氏が登場。胸熱くなるメッセージを送った。 「いくつかのエピソードがある。だが、私は自分のことしか話さない。本当に争いを楽しませてもらったし、そこに真の尊敬があった」 「彼は1つのフットボールクラブで数多の歴史を築き上げた。インビジブルズという愛称がそれそのものさ。監督としての哲学、ほぼ完璧なチーム、アメージングだった」 「彼はフットボール史で最もベストな監督の1人だ」 両者は現在、無所属。フットボールファンとしては、またどこかのリーグで凌ぎを削り合う両者の姿を見たいところだ。 2019.02.19 19:00 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース