札幌DF菊地直哉がトレーニングゲーム中に故障…今季J1で出場なし2018.10.11 13:55 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽北海道コンサドーレ札幌は11日、DF菊地直哉の負傷を発表した。▽今シーズンのここまで明治安田生命J1リーグで出番のない菊池は、6日のトレーニングゲーム中に右外側ハムストリングを肉離れ。全治は明らかにされていない。

▽札幌は現在、J1リーグ12勝8分け8敗の5位(1試合未消化)。20日に行われるJ1第30節で13位に位置する湘南ベルマーレのホームに乗り込む。
コメント
関連ニュース
thumb

徳島新戦力のジエゴが手術…全治最低4カ月

徳島ヴォルティスは22日、DFジエゴの負傷離脱を発表した。 水戸ホーリーホックから今シーズン加入のジエゴは1月28日、以前から負傷を抱える左ヒザを手術。手術日より、全治約4〜5カ月の見込みだ。 徳島は24日に開幕する明治安田生命J2リーグ第1節で鹿児島ユナイテッドFCのホームに乗り込む。 2019.02.22 14:40 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FM、昇格1年目の椿直起が手術 全治3〜4カ月の見込み

横浜F・マリノスは22日、MF椿直起の負傷離脱を発表した。 椿は16日の練習試合で左反復性肩関節を脱臼。川崎市内の病院で手術を受け、全治3〜4カ月の見込みだ。 椿は横浜FM下部組織出身。今シーズンからトップチーム昇格を果たした。 横浜FMは23日に行われる明治安田生命J1リーグ第1節でガンバ大阪とのアウェイゲームに臨む。 2019.02.22 09:45 Fri
twitterfacebook
thumb

山口の元日本代表FW工藤壮人が負傷により約6週間離脱…

レノファ山口FCは20日、元日本代表FW工藤壮人(28)の右第2、3、4、中手骨骨折と橈骨茎状突起骨折を発表した。 なお、負傷した日などは発表されておらず。復帰までは6週間程度の加療が予定されている。 柏レイソル下部組織出身の工藤は2009年にトップチーム昇格後、プロ2年目から点取り屋として頭角を現すと、2013年に日本代表初招集。2016年からメジャーリーグ・サッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスに活躍の場を移した後、2017年に広島入りした。だが、在籍2年間は定位置争いを強いられ、昨シーズンは明治安田生命J1リーグ12試合1得点に留まった。 2019.02.20 15:50 Wed
twitterfacebook
thumb

昨季トップチームデビューのG大阪GK谷晃生が左肩関節前方脱臼…J3では21試合出場

ガンバ大阪は20日、GK谷晃生(18)が左肩関節前方脱臼と診断されたことを発表した。 クラブの発表によると、谷は13日の練習中に負傷。 G大阪下部組織出身の谷は、2018年にトップチーム昇格。昨シーズンはYBCルヴァンカップ第5節に出場し、トップチームデビューを飾った。また、U-23チームの一員として明治安田生命J3リーグに21試合出場した。 2019.02.20 11:08 Wed
twitterfacebook
thumb

YS横浜に痛恨…DF中西規真&FW大泉和也が長期離脱で開幕絶望

Y.S.C.C.横浜は18日、DF中西規真とFW大泉和也の負傷を発表した。 中西は1月30日のトレーニングで負傷。右外側半月板損傷と診断され、全治は4カ月の見込み。2月下旬に手術をする予定のようだ。一方の大泉は、1月25日のトレーニングで負傷。右足関節前方・後方インピジメント症候群と診断され、全治は3カ月。中西同様、2月下旬に手術をする予定だ。 中西は2014年に日本体育大学からYS横浜に入団。昨シーズンは明治安田生命J3リーグに22試合出場した。大泉は2014年に桐蔭横浜大学からYS横浜に入団。昨シーズンはJ3リーグで31試合4ゴールを記録した。 YS横浜は3月10日にJ3リーグ開幕節のガイナーレ鳥取戦を迎えるが、両選手ともに出場が絶望的となった。 2019.02.18 18:40 Mon
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース