モウリーニョへの新たな嫌味? ポグバがキャプテンについて語る2018.10.11 12:55 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバが、自身のリーダー感について口にした。

ポグバは今シーズン、マンチェスター・ユナイテッドのキャプテンの一人としてジョゼ・モウリーニョ監督から指名されていた。しかし、ポグバの姿勢に不満を持ったとみられるモウリーニョ監督は、その後にポグバから副キャプテンの地位をはく奪した。

現在、インターナショナルマッチウィークでフランス代表に合流しているポグバは、同国のキャプテンを担うことを望むかと問われ、「フランス代表としてはこれまでキャプテンとしてプレーしてきたわけではない。ここにいることが大きなことだ。リーダーというのは必ずしもアームバンドを巻く必要はない」と、フランス『レキップ』でコメント。以下のように続けた。

「ピッチ上ではリーダーとして会話することはできる。ただ、そのような会話を(率先して)あまりしないでも、リーダーと呼べるような選手もいる。たとえば、(ユベントス時代のチームメイトだった)アンドレア・ピルロはリーダーだった。でも、ロッカールームで多くを語ることはなかった。彼はピッチ上でみんなを牽引していた。本物のリーダーだった」

「アームバンドを巻くことがゴールではない」

今回の発言に関して、多くのイギリスメディアが、「間接的にモウリーニョに対して意見している」ことを示唆している。

提供:goal.com

コメント



ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース