岡崎慎司にガラタサライ関心報道2018.10.11 12:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司(32)にガラタサライ移籍の可能性が急浮上した。トルコ『Haber Turk』が報じた。

▽2015年夏にレスター・シティ入りした岡崎。その加入初年度にプレミアリーグ優勝を経験したが、近年は故障にも苛まれ、今シーズンのプレミアリーグでここまで4回の途中出場にとどまっている。その岡崎は今シーズン限りでレスターとの契約が満了の見込み。そのため、去就が慌ただしくなりつつある。

▽その中、日本代表で同僚のDF長友佑都も籍を置くガラタサライがファティ・テリム監督の意向を受け、岡崎に関心。既にコンタクトを図ったという。なお、現在の岡崎であれば、推定200万ユーロ(約2億5000万円)で契約可能とみられる。

▽年齢的に古巣の清水エスパルスを含め、2010年以来のJリーグ帰還にも期待が集まり始める岡崎。ガラタサライ側はモロッコ代表MFユネス・ベルアンダを売却して獲得に乗り出す気概だというが、果たして…。
コメント
関連ニュース
thumb

長友フル出場のガラタサライ、ポルトに敗戦もロコモティフも敗れてEL出場へ《CL》

▽ガラタサライは11日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループD最終節でポルトとホームで対戦し、2-3で敗戦した。ガラタサライのDF長友佑都はフル出場している。 ▽前節、ポルトの首位通過、シャルケの2位通過が確定したグループD。勝利すればヨーロッパリーグ(EL)に回れる3位を死守できるガラタサライ(勝ち点4)は、長友が[4-3-3]の左サイドバックで先発となった。 ▽試合は序盤、ガラタサライがゴールに迫る。10分にはわずかにオフサイドに阻まれたものの、FKの流れからデルディヨクが決定的なシュートを浴びせると、直後にもG・ロドリゲスがGKを強襲するシュートを放っていく。さらに14分にもフェグリの右クロスからデルディヨクが決定的なチャンスを迎えたが、スライディングシュートは枠を捉えきれなかった。 ▽すると17分、ポルトに先制を許す。右サイド絞った位置からのアレックス・テレスのFKをデルディヨクのマークを外してフリーとなっていたフェリペにヘッドで流し込まれた。 ▽痛い失点を喫したガラタサライは40分、マリアーノがボックス内でマレガを倒してPKを献上。これをマレガに決められてリードを広げられてしまった。 ▽それでも45分、スルーパスに抜け出したG・ロドリゲスがボックス左でフェリペに倒されてPKを獲得。フェグリが決めて1点差に戻し、前半を終えた。 ▽1-2で迎えた後半、ガラタサライが攻勢に出る流れとなると、56分にはフェグリの右クロスからオニェクルがダイレクトで合わせるも枠の上に外してしまう。 ▽すると直後、味方がボールを失った流れから長友の背後のスペースを取られ、最後はセルジオ・オリベイラに決められてしまった。 ▽前半同様、チャンスを決めきれず再び失点したガラタサライは65分、G・ロドリゲスの右クロスからデルディヨクが決めて再び1点差に詰め寄ると、直後にはスルーパスでボックス内に侵入したG・ロドリゲスがM・ペレイラに倒されてPKを獲得。しかし、この試合2本目のPKとなったフェグリがシュートをバーに当ててしまい、同点には追い付けなかった。 ▽結局、2-3のままガラタサライは敗戦。それでも、最下位ロコモティフ・モスクワがシャルケとのアウェイ戦を0-1で敗れたため、3位が確定。ELに回ることとなった。 2018.12.12 04:51 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ガラタサライで躍動の若手DFカバクに興味か

▽マンチェスター・ユナイテッドが、ガラタサライに所属するU-18トルコ代表オズカン・カバク(18)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『サン』の情報を引用して、イギリス『talkSPORT』が伝えた。 ▽ガラタサライ下部組織出身のカバクは、足元の技術に加えて優れたカバーリングが武器のセンターバックだ。昨シーズンのトルコリーグ第33節のコンヤスポル戦でトップチームデビューを果たし、プロ2年目となった今シーズンもトルコリーグ第5節のカスムパシャ戦で初先発。以降、安定したプレーを披露し、スタメンの座を勝ち取っている。 ▽ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、来年1月の移籍市場でセンターバックの獲得を切願。これに対し、ガラタサライはカバクに移籍金2000万ポンド(約28億円)の評価を下していると言われている。しかし、国外移籍限定の契約解除金700万ポンド(約10億円)が設定されているという噂も流れているようだ。 ▽とはいえ、ガラタサライも同選手の契約延長に動いており、契約解除金も3000万ポンド(約43億円)に引き上げることを望んでいるようだ。 ▽また、カバクに関しては、ユナイテッドのほかにアーセナルやローマ、インテルが関心を抱いているようだ。 2018.12.08 21:55 Sat
twitterfacebook
thumb

長友もびっくり! ダービーマッチ前日にガラタサライサポ4万人が集結!

▽ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都が、ダービーマッチ前に行った公開練習での光景に驚愕している。 ▽トルコ・スーパーリーグで現在3位に位置するガラタサライ(勝ち点24)は2日、6位・ベシクタシュ(勝ち点21)とのダービーマッチを迎える。この一戦に向けてガラタサライは、ホームスタジアムでの公開練習を実施。すると、スタジアムは4万人以上のファン・サポーターで埋め尽くされ、多くの発煙筒で真っ赤に染まった。 ▽これには長友も驚きを隠せず。自身のツイッター(@YutoNagatomo5)でその光景と共に「試合前日の公開練習に4万人のファンが集まった。熱量が異次元。選手冥利に尽きる」と投稿している。 <blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">試合前日の公開練習に4万人のファンが集まった。<br>熱量が異次元。<br>選手冥利に尽きる。<br>Hepinize çok teşekkürler,mükemmel bir anı oldu hepimiz için...Thanks to all,was a perfect memory for all of us...<a href="https://twitter.com/Galatasaray?ref_src=twsrc%5Etfw">@Galatasaray</a> <a href="https://twitter.com/GalatasaraySK?ref_src=twsrc%5Etfw">@GalatasaraySK</a> <a href="https://t.co/yFTulyJ9pg">pic.twitter.com/yFTulyJ9pg</a></p>&mdash; Yuto Nagatomo | 長友佑都 (@YutoNagatomo5) <a href="https://twitter.com/YutoNagatomo5/status/1068945053463257088?ref_src=twsrc%5Etfw">2018年12月1日</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2018.12.02 08:50 Sun
twitterfacebook
thumb

長友2カ月ぶり出場もガラタサライはロコモティフに敗戦…グループDはシャルケとポルトが突破《CL》

▽長友佑都が所属するガラタサライは28日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループD第5節で、ロコモティフ・モスクワとアウェイで対戦し、0-2で敗れた。 ▽ここまでのリーグ戦1勝1分け2敗で3位に位置しているガラタサライ。負ければグループステージ敗退が決まる中、長友がおよそ2カ月ぶりに出場。先発に名を連ねた。そのほか、ムスレラやP・エンディアイエ、オニェクルらがスタメンに起用された。 ▽まずは4分、ロコモティフ・モスクワのワントップに入ったスモロフがボックス左の深い位置から左ポスト直撃のシュートを放つ。対するガラタサライは6分、左サイドの長友がゴール前にクロスを上げるも相手DFのクリアに遭う。 ▽その後はしばらく膠着状態が続く。互いに中盤のクオリティが出せない試合は、取っては奪われ奪われては取り返しての拮抗した展開に。そんな中、ゴールに迫ったのはガラタサライ。22分に右サイドからのグラウンダーのクロスをオニェクルがダイレクトシュート。これは相手にブロックされてしまうものの、直後にデルディヨクもシュートに持ち込んだ。 ▽するとロコモティフも24分にファルファンがボックス中央からシュートを放つなど、氷点下10度の凍えるピッチに徐々に熱がこもっていく。30分を過ぎた頃、エンジンが温まり始めたガラタサライはG・ロドリゲスがボックスの外からトライ。 ▽しかし、試合を動かしたのはホームのロコモティフだった。43分、長友のサイドを突破したファルファンのクロスをクリホヴィアクが左足でシュート。これがドングに当たってコースが変わり、GKムスレラの逆を突く形でゴールに吸い込まれた。 ▽迎えた後半、1点ビハインドのガラタサライはさらに厳しい状況に追い込まれてしまう。54分、前半の失点同様、再び左サイドを崩されボックス左のスモロフにボールが入ると、そのパスを受けたイグナティエフにゴール前でチェックを躱されゴールを許してしまった。 ▽その後は、交代策を講じて打開を試みるも、ガラタサライに反撃の力は残っておらずそのまま試合終了。ガラタサライのグループステージ敗退が決まった。 ▽グループDもう一試合、ポルトvsシャルケは3-1でポルトが勝利した。 ▽すでに決勝トーナメント進出が決まっている両者の一戦は、前半はポルトが優勢に試合を進めていたもののゴールレスで折り返した。後半に入り、ポルトは一気に攻勢を強めた。 ▽まずは52分、左CKをファーサイドで受けたオリベル・トーレスのクロスをミリトンが頭で合わせ先制。さらにその3分後、今度は右サイドからブラヒミとのワンツーでボックス右に侵入したヘスス・コロナがGKを躱すチップキックで追加点。 ▽その後もシャルケに反撃の隙を与えないポルトだったが、迎えた88分、右サイドから上がったクロスをシャルケのルディがトラップしようとした際に、ボールがオリベル・トーレスの手に当たってPKを献上。ベンタレブに1点を返される。 ▽しかし後半アディショナルタイムに、ポルトはマレガがトドメの1発を決めて試合終了。3-1でポルトが勝利した。 ▽この結果、グループDは最終節を残してポルトの首位通過およびシャルケの2位突破が決定。CL敗退が決まったガラタサライは最終節でポルトと対戦する。 2018.11.29 07:47 Thu
twitterfacebook
thumb

長友佑都の起用は? ガラタサライ指揮官「誰が出るかはユウト含め明日決めるが…」

▽ガラタサライを率いるファティー・テリム監督が、日本代表DF長友佑都のロコモティフ・モスクワ戦での起用について言及した。クラブ公式サイトが前日会見の内容を伝えている。 ▽長友は、10月24日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のシャルケ戦(0-0のドロー)に左サイドバックで先発したが、82分に呼吸困難でピッチに倒れ込み、そのまま交代した。その後の検査で肺気胸と診断され、手術を経て、復帰を待っていた。 ▽そんな中、長友は23日に行われたトルコ・スーパーリーグ第13節のコンヤンスポル戦でベンチ入り。出場はなかったが、完全復帰への期待が高まった。 ▽ガラタサライは、28日に迎えるチャンピオンズリーグ(CL)・グループD第5節でロコモティフ・モスクワとのアウェイ戦に臨む。前日会見に出席した長友は、「とても良い状態にある。プレーすることも問題ない」と自身の状態について説明。一方、共に出席したテリム監督は、同一戦での起用について慎重な姿勢を見せている。 「誰が出るかはユウトを含めて明日決める。もしかしたら出ないかもしれない。チームドクターとユウトの担当医にも『寒さだけには注意が必要だ』と言われている。そのため、慎重になる必要がある」 2018.11.28 14:15 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース