コンデション不良のベイル、スペイン代表との親善試合を欠場2018.10.11 00:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイルは、負傷により11日に行われるスペイン代表との国際親善試合を欠場する見込みだ。イギリス『BBC』が伝えている。

▽ベイルは、先月29日に行われたリーガエスパニョーラ第7節のアトレティコ・マドリー戦で内転筋を負傷すると、2日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のCSKAモスクワ戦を欠場。先週末に行われたリーガエスパニョーラ第8節のアラベス戦では復帰したが、同試合で再び負傷しヴィニシウスと交代していた。

▽万全のコンディションではないものの、招集を受けていたウェールズ代表に合流したベイルについて同代表を率いるライアン・ギグス監督は、「ベイルには少し筋肉疲労あり、スペイン戦には出場しないだろう」とコメント。

▽また、16日に行われるUEFAネーションズリーグのアイルランド戦についても以下のように語っている。

「数分出場できるかもしれないが、リスクを冒すつもりはない。現時点ではアイルランド戦の出場もフィフティ・フィフティだ」

コメント

関連ニュース

thumb

筋肉系の問題抱えるベイル、ウェールズ代表で1試合もプレーすることなくレアル・マドリー復帰へ

現在ウェールズ代表に合流しているMFガレス・ベイルだが、試合に参加することなくレアル・マドリーが復帰することが明らかとなった。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>ベイルは6日のリーガ・エスパニョーラ第8節アラベス戦で内転筋に違和感を抱えて交代。レアル・マドリーは「筋肉疲労」による交代で負傷はしていないことを強調し、選手はウェールズ代表に合流したものの、11日のスペイン戦ではベンチ外となるなどその状態が心配されていた。<br><br>ウェールズ代表は16日にアイルランド戦に臨む予定だが、ベイルはその試合にも出場することなく、レアル・マドリーに復帰するようだ。『マルカ』曰く、同選手はまもなくウェールズ代表から離脱し、15日よりレアル・マドリーの練習に復帰する見込みとなっている。<br><br>ベイルはレアル・マドリーの練習でコンディションを整え、20日のリーガ第9節レバンテ戦に万全の状態で出場することを目指すようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.14 23:40 Sun
twitterfacebook
thumb

絶好調アルカセルの2発でスペインがベイル不在のウェールズに4発快勝《国際親善試合》

▽国際親善試合、ウェールズ代表vsスペイン代表が11日に行われ、1-4でスペインが快勝した。 ▽5日後にUEFAネーションズリーグ3戦目のアイルランド代表戦を控えるウェールズは、コンディション不良のベイルが欠場となった中、ラムジーやジョー・アレン、B・デイビスらが先発となった。 ▽一方、4日後にUNL3戦目のイングランド代表戦を控えるスペインは、[4-3-3]を採用。3トップに右からスソ、モラタ、アルカセル、中盤アンカーにロドリゴ・エルナンデス、インサイドにセバージョスとサウールを配置した。 ▽立ち上がりからロドリゴ・エルナンデスを軸にポゼッションしたスペインは8分にあっさり先制する。サイド攻撃の流れからボックス左でルーズボールを拾ったアルカセルがゴール左上にシュートを流し込んだ。 ▽ドルトムントで絶好調のアルカセルが先制ゴールを決めたスペインは、19分に加点する。左サイド絞った位置からのサウールのFKをセルヒオ・ラモスがヘッドで流し込んだ。 ▽さらに29分、ルーズボールをボックス中央に走り込んだアルカセルがボレーで蹴り込み、3-0で前半を終えた。 ▽3点をリードして迎えた後半、スペインはセルヒオ・ラモス、サウール、GKデ・ヘアに代えてバルトラ、コケ、GKケパを投入。 ▽そのスペインが引き続きポゼッションする展開とすると、55分にアルカセルのヘディングシュートで4点目に迫った。さらに58分、枠の左上を狙ったスソのカットインシュートがバーを直撃したスペインは、74分に4-0とする。左CKからニアサイドのバルトラがヘディングシュートを流し込んだ。 ▽結局、追加タイムにボークスのゴールを許したスペインだったが、絶好調アルカセルの2発などで4-1と圧勝している。 2018.10.12 06:45 Fri
twitterfacebook
thumb

アイルランド戦に臨むウェールズ代表メンバー発表、ベイルやラムジーが選出《UEFAネーションズリーグ》

▽ウェールズサッカー協会(FAW)は4日、今月行われるUEFAネイションズリーグ(UNL)に向けた代表メンバー25名を発表した。 ▽先月行われたUNLのアイルランド代表戦(4-1)に勝利し、デンマーク代表戦(0-2)に敗れたウェールズのライアン・ギグス監督は主軸のFWガレス・ベイル(レアル・マドリー)やMFアーロン・ラムジー(アーセナル)、DFベン・デイビス(トッテナム)らを選出した。 ▽UNL・リーグB・グループ4に属するウェールズは、11日にスペイン代表との国際親善試合を戦い、16日にアウェイでUNL3戦目となるアイルランド代表戦を敵地で行う。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆ウェールズ代表メンバー25名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ウェイン・ヘネシー</span>(クリスタル・パレス/イングランド) <span style="font-weight:700;">ダニー・ウォード</span>(レスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">アダム・デイビス</span>(バーンズリー/イングランド) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">コナー・ロバーツ</span>(スウォンジー/イングランド) <span style="font-weight:700;">アシュリー・リチャーズ</span>(スウォンジー/イングランド) <span style="font-weight:700;">デクラン・ジョン</span>(スウォンジー/イングランド) <span style="font-weight:700;">クリス・メファム</span>(ブレントフォード/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジェームズ・チェスター</span>(アストン・ビラ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ポール・ダメット</span>(ニューカッスル/イングランド) <span style="font-weight:700;">アシュリー・ウィリアムズ</span>(ストーク・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ベン・デイビス</span>(トッテナム/イングランド) <span style="font-weight:700;">クリス・ガンター</span>(レディング/イングランド) <span style="font-weight:700;">イーサン・アンパドゥ</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">マシュー・マット・スミス</span>(トゥベンテ/オランダ) <span style="font-weight:700;">アンディ・キング</span>(レスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">デイビッド・ブルックス</span>(ボーンマス/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジョー・アレン</span>(ストーク・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">アーロン・ラムジー</span>(アーセナル/イングランド) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ガレス・ベイル</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">サム・ヴォークス</span>(バーンリー/イングランド) <span style="font-weight:700;">ベン・ウッドバーン</span>(シェフィールド/イングランド) <span style="font-weight:700;">タイラー・ロバーツ</span>(リーズ・ユナイテッド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ハリー・ウィルソン</span>(ダービー) <span style="font-weight:700;">トム・ローレンス</span>(ダービー/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジョージ・トーマス</span>(スカンソープ・ユナイテッド/イングランド) 2018.10.05 01:04 Fri
twitterfacebook
thumb

神童アンパドゥの代表入りを拒否したイングランドの奇妙な理由とは

▽現在ウェールズ代表として輝きを放つチェルシーDFイーサン・アンパドゥ(17)。同選手にはイングランド代表入りを拒否されていた過去があるようだ。イギリス『メトロ』が伝えている。 ▽数多いるチェルシーの若手の中で、頭一つ飛びぬけているのがアンパドゥだ。2017年にエクセター・シティからチェルシーに移り、昨年9月にEFLカップでトップチームデビュー。同年12月にはハダースフィールド戦でプレミアリーグデビューも果たした。 ▽イングランドで生まれ育ったアンパドゥは、父方の祖父はガーナ出身、同じく祖母と父はアイルランド出身、母はウェールズ出身ということもあり、代表の選択肢は多くあった。そんな中、エクセター時代のポール・ティズデール監督(現MKドンズ監督)が当時、14歳のアンパドゥをイングランド代表に推薦していたようだ。同選手について以下のように語っている。 「イーサンのような14歳は見たことがなかった。私はイングランド代表に電話して彼のことを紹介したんだ。多くの関係者に、『この男を掴んでおいた方がいい。素晴らしい選手なんだ』とね」 「当時はエクセターのU-18チームでプレーしていたんだ。14歳ながらね。それは恐ろしいピッチでひどく荒れた状態だった。そんな中で、彼はセンターFW、セントラルMF、スイーパーと1試合ですべてのポジションをこなしていたんだ。まるでルート・フリットのようだったよ」 「私は彼ら(イングランド代表)にイーサンよりも12人の優れた選手がいると言われたよ。それでも私は『彼は正確に素晴らしい判断をする。それも少ないタッチでね』と言ったんだ」 「だけど彼らはよりタッチ数の多い選手を探していたんだ」 ▽結局、アンパドゥは昨年11月のフランス代表戦でウェールズ代表デビュー。今月6日に行われたUEFAネイションズリーグのアイルランド代表戦では88%のパス成功率を誇り1アシストを記録した。スリーライオンズは大器を取り逃がしてしまったのかもしれない。 2018.09.12 16:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ベイル&ギグスがデンマーク戦の判定に苦言「ホームじゃなきゃ与えられないPK」

ウェールズ代表のライアン・ギグス監督とガレス・ベイルは、デンマーク代表戦の主審の判定に納得できないようだ。<br><br>9日に行われたUEFAネーションズリーグでデンマーク代表と対戦したウェールズ代表だが、クリスティアン・エリクセンに2ゴールを許して0-2で敗戦。中でも、2点目につながるPKの場面で、イーサン・アンパドゥがハンドを取られた判定は正当なものではなかったと、キャプテンのベイルがイギリス『スカイスポーツ』で不満をあらわにした。<br><br>「間違いなく問題になりかねないから多くのコメントはできない。しかし、僕にしてみればあれはペナルティではなかった。あまりにも優しすぎる判定だ。仮にあれが(デンマーク代表にとって)ホームの試合ではなかったら、与えられなかっただろう。0-1の場面ではまだ試合になっていたが、0-2になってしまってとても困難になった」<br><br>また、ギグス監督も「後半は本当に良い入りができていた。しかし、ペナルティの判定を下された。あれはペナルティか、イエスかノーか? 私にはわからない。でも本当に厳しい判定だった」とベイルの発言に同調した。<br><br>さらに、試合についても「彼らは前の試合を戦っていない選手ばかりだった。一方で我々の選手たちは短い期間で2試合を戦った。全体的に見れば、選手たちを責めることはできない。我々はあのペナルティの判定までは上回っていたんだ」とコメントを残した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.10 13:00 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース