仙台、成立学園高の長身CB照山颯人の加入内定を発表2018.10.10 15:25 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ベガルタ仙台は10日、成立学園高校のDF照山颯人(18)の来季加入内定を発表した。

▽照山は柏レイソルユースから成立学園高校に進学。182㎝の長身センターバックで、今年はキャプテンを務めている。プロの舞台が目標だったと語る照山はクラブの公式サイトで以下のようなコメントを残している。

「プロの舞台で活躍することが幼いころからの目標だったので、そのスタートラインに立てることになり、とてもうれしいです。内定をいただいたことに満足することなく、1日でも早くベガルタ仙台の勝利に貢献できる選手になるために日々全力でがんばります。応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

海外組のシュートを経験…GKシュミット・ダニエル、1番パワーがあるのは「吉田麻也」《キリンチャレンジカップ2018》

▽日本代表は13日、16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に向け、トレーニングを再開した。 ▽トレーニング終了後、GKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)がメディア陣による取材に応対し、今回海外組のシュートを受けたことで「反応の速さ」が足りないことを自覚。その中でDF吉田麻也(サウサンプトン)のシュートが速いことを明かした。 ◆GKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台) ──課題について 「代表のGKに求められるのは一番にシュートストップ。今回の合宿では海外組のシュートも受けていますけど、まだまだ反応の速さが足りないと感じました」 ──海外組でシュートが速いのは 「パワーがあるのは(吉田)麻也さんですね。重いし、速いです」 ──GK東口順昭(ガンバ大阪)やGK権田修一(サガン鳥栖)から学ぶところは 「シュートを打たれる時の準備というか、毎回ちゃんと自分の形を持っています。ただ、自分はそういう部分がバラバラだったりします。あとはここ一番の集中力が足りないなと思います」 ──ウルグアイ代表戦へ 「チャンスがあってもなくても毎日の練習でしっかりと成長できると思います。チャンスがあればそのチャンスを生かしたいですし、なければ観て学ぶこともあると思います。あと3日頑張っていきたいです」 2018.10.13 15:10 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台、桐生第一高からMF田中渉の加入内定を発表

▽ベガルタ仙台は11日、桐生第一高校MF田中渉(18)の2019シーズン加入内定を発表した。 ▽群馬県出身の田中は、前橋SCジュニアユースから桐生第一に進学したレフティーのMF。 ▽仙台加入を受けて、田中はクラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「幼いころからの夢であったプロサッカー選手になることが決まり、とてもうれしいです。家族や今まで自分を指導していただいた方々への感謝の気持ちを忘れずに、ユアテックスタジアム仙台のピッチで、ベガルタ仙台の中心選手としてチームの勝利に貢献できるように努力し続けます。これから応援よろしくお願いいたします」 2018.10.11 18:44 Thu
twitterfacebook
thumb

J1第31節の札幌vs仙台、会場は札幌ドームに

▽Jリーグは11日、11月4日に行われる明治安田生命J1リーグ第31節の北海道コンサドーレ札幌vsベガルタ仙台の会場決定を発表した。 ▽未定だった会場は札幌ドームに。ただ、他の興行の開催状況(荒天時の延期等)により、会場が札幌厚別公園競技場に変更となる可能性もあるという。 ▽なお、試合は14時にキックオフを迎える。 2018.10.11 13:45 Thu
twitterfacebook
thumb

板倉弾の仙台と橋岡プロ初弾の浦和…勝ち点同数対決は痛み分け《J1》

▽7日にユアテックスタジアム仙台で行われた明治安田生命J1リーグ第29節のベガルタ仙台(勝ち点41/8位)vs浦和レッズ(同41/6位)は、1-1のドローに終わった。 ▽2連敗中の仙台は、5失点の敗戦を喫した前節の横浜F・マリノス戦から奥埜と富田に代えて、梁勇基と椎橋を起用。今シーズン2度目の連勝でACL争いに殴り込みの浦和は、先の柏レイソルと同じ11名をスタメンに並べた。 ▽試合は、ホーム5連勝を目指す仙台が立ち上がりからボールの主導権を握りにかかる。だが、より効率的にゴールに迫ったのは浦和。セットプレーや柏木のパスからシュートの形を作っていき、一進一退の攻防に持ち込む。 ▽その中で、24分に均衡が破れる。左サイドの長澤がルックアップから最終ラインの背後にクロス。猛進の橋岡が頭で合わせると、これが前がかった相手GKの頭上を越えてゴールマウスに吸い込まれ、浦和が先制に成功する。 ▽橋岡にプロ初得点を許した仙台。その後も劣勢が続くが、40分に敵陣左サイドで得たFKのチャンスを生かす。野津田のクロスにニアサイドの板倉がヘット。これがゴールに決まり、攻めあぐね続けてきた仙台が追いつく。 ▽リードを失った浦和は迎えた後半、立ち上がりから仙台の勢いにある攻めに我慢の時間が続く中、60分にアクシデント。野津田のシュートブロックに入った青木がプレーに戻れず、阿部勇樹との負傷交代を強いられる。 ▽後半の半ばもじりじりした展開の中、仙台は梁、阿部拓馬に代えて、奥埜、ハモン・ロペスを立て続けに投入。一方、受けの回る浦和も興梠を下げてアンドリュー・ナバウトをピッチに送り込み、攻撃の活性化を図る。 ▽続く84分、それぞれ最後の交代枠で永戸、柴戸を投入した両クラブだが、最後まで勝ち越しゴールは生まれず、痛み分けで終了。両者の一戦は、ともにACL出場権獲得に向けて手痛い結果に終わった。 2018.10.07 15:07 Sun
twitterfacebook
thumb

前節大量失点も招集を受けた仙台GKシュミット・ダニエル「少しでも成長して帰ってきたい」《キリンチャレンジカップ》

▽日本サッカー協会(JFA)は4日、キリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバー23名を発表した。 ▽ベガルタ仙台のGKシュミット・ダニエルは、12日(金)にデンカビッグスワンスタジアム(新潟)でパナマ代表と、16日(火)に埼玉スタジアム2002(埼玉)でウルグアイ代表と対戦する日本代表に招集。「少しでも成長して帰ってきたい」と意気込みを語った。 「チームで結果を残せていない状況にもかかわらず、選出していただきとても光栄です。いつも応援してくれているみなさんの期待に応えられるように、日本代表の勝利に貢献し、少しでも成長して帰ってきたいと思います」 2018.10.04 15:07 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース