エデルソンが同胞のアリソンと比較「彼は一歩先にいる」2018.10.10 15:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティのブラジル代表GKエデルソンが、同胞のリバプールGKアリソン・ベッカーについて「一歩先にいる」とコメントしている。ブラジル『Globo Esporte』のインタビューを、イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

▽GKにも足元の技術が求められるモダン・フットボールにおいて、エデルソンやアリソンはその先駆けともいえる存在だ。ともにブラジル代表の2人は、それぞれシティとリバプール、同じプレミアリーグで鎬を削りあっている。

▽そんな中、エデルソンがライバル・アリソンについて言及。今夏、ローマから6700万ポンド(約99億円)の移籍金でリバプールに移籍したアリソンは、先のロシア・ワールドカップで全5試合に出場。エデルソンは自身と比較し「彼は一歩先にいる」との見解を示した。

「僕らには似たようなところがいくつもあると思う。彼はリバプールで素晴らしいスタートを切ったね」

「GKというポジションは残酷だ。プレーできるのはたった1人だからね。だけど僕らはともにイングランドでよくやっていると思う。今は彼が一歩先にいるけどね。彼はワールドカップでレギュラーだった。だけどそれは僕が怠けていたということじゃないよ」

▽また、今月行われるサウジアラビア代表戦(12日)とアルゼンチン代表戦(16日)に関して、エデルソンは以下のことを明かしている。

「昨日のトレーニングでチッチ(アデノール・レオナルド・バッチ監督)が僕ら2人を読んで、僕を最初の試合(サウジアラビア戦)、アリソンを次の試合(アルゼンチン戦)で使うことを教えてくれた」

「僕はブラジル代表でプレーする機会を貰えてとてもハッピーだよ」
コメント
関連ニュース
thumb

フラメンゴのトレーニングセンターで火災により10名が死亡

フラメンゴ(ブラジル)のトレーニングセンターで火災が発生し、10名が死亡、3名以上が負傷した。イギリス『BBC』が報じている。 火災は、現地時間8日午前5時10分にブラジル名門クラブのトレーニングセンターを襲い、同7時30分までに消化。早朝ということもあり、ユース選手たちが眠っている間に出火したと見られているが、原因は判明していない。 また、同施設は14歳~17歳までのプレーヤーが利用。負傷者は近くの病院に搬送されたが、10名の犠牲者に関しては1名の身元も判明していない。 2019.02.08 20:10 Fri
twitterfacebook
thumb

昨年の悪夢再び…ネイマール、長期離脱で今季終了の可能性も

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールの長期離脱は避けられないようだ。フランス『Le Parisien』が伝えている。 ネイマールは23日、クープ・ドゥ・フランスのラウンド32のストラスブール戦で負傷交代。昨年2月下旬に負傷し、その後のシーズンを棒に振った時と同じ負傷箇所を痛めたことで、不安が色濃く漂っている。 フランス『Le Parisien』によれば、ネイマールは第5中足骨骨折の重傷。現在、2つの治療方法が検討されているという。 1つ目は再手術で、昨シーズン同様に第5中足骨にボルトを入れるというもの。そうなれば、3カ月以上の離脱となり、今シーズンが終了する可能性がある。 そしてもう一つは、多血小板血漿(PRP)治療。痛めた部分に血小板を注入することで組織の修復を促進し、早期治癒を目指すというもので、上手くいけば2カ月ほどに離脱期間を短縮できるという。しかし、これが成功しなかった場合は、同じくシーズン終了となるようだ。 現時点でネイマールの親族は、後者を希望する見込み。現在、ブラジル代表のチームドクターはパリでPSGの医療スタッフと相談しているようだ。 ブラジル代表は今夏コパ・アメリカを控えている。今シーズン中に復帰できるのか、そして昨夏のロシア・ワールドカップ(W杯)同様、セレソンのエースが大会にベストコンディションで臨めるかどうか心配だ。 2019.01.29 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

コパ・アメリカ、ポッド分けが決定 日本代表はポッド3

南米サッカー連盟(CONMEBOL)が18日、6月に開催されるコパ・アメリカ2019のポット分けを発表した。 ブラジル開催となる今年のコパ・アメリカは6月14日〜7月7日まで開催。CONMEBOL加盟国である10カ国のほか、1999年以来2度目の出場となる日本代表とカタール代表が招待国として参戦する。 日本代表はベネズエラ代表やパラグアイと同じポッド3に。カタール代表はポッド4に入ったが、日本代表とグループステージで同組にならないという。なお、抽選会は24日に行われる。 ◆ポッド1 ブラジル代表(3位) ウルグアイ代表(7位) アルゼンチン代表(11位) ◆ポッド2 コロンビア代表(12位) チリ代表(13位) ペルー代表(20位) ◆ポッド3 ベネズエラ代表(31位) パラグアイ代表(32位) 日本代表(50位) ◆ポッド4 エクアドル代表(57位) ボリビア代表(59位) カタール代表(93位) ※カッコ内はFIFAランキング 2019.01.19 07:45 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿島、FWペドロ・ジュニオールのブラジル復帰を発表「ありがとうと伝えたい」

鹿島アントラーズは11日、ブラジル人FWペドロ・ジュニオール(31)がブラジル1部のフォルタレーザに完全移籍することを発表した。 ペドロ・ジュニオールは、2003年に母国のヴィラ・ノヴァでプロデビューを飾り、複数クラブを渡り歩いた後、2007年に大宮に加入。以降、アルビレックス新潟たガンバ大阪、FC東京、ヴィッセル神戸といったJリーグクラブを渡り歩き、2017年に鹿島入団を果たした。 すると、鹿島入団初年度には明治安田生命J1リーグ21試合に出場して7得点をマークしたが、2018シーズンはJ1リーグ7試合の出場にとどまり、シーズン途中に武漢卓爾職業足球倶楽部(中国2部)に期限付き移籍していた。 ペドロ・ジュニオールは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆FWペドロ・ジュニオール 「日本で長くプレーしてきましたが、ブラジルへ戻ることになり、最後のクラブとなった鹿島アントラーズに感謝の気持ちと、敬意と愛情を持って接してくれたサポーターの方々にありがとうと伝えたいです。フォルタレーザで素晴らしいシーズンにするため、これからも努力したいと思います」 2019.01.11 15:15 Fri
twitterfacebook
thumb

フィルミノが2018年欧州で活躍したブラジル人最優秀選手に!

▽リバプールに所属するFWロベルト・フィルミノ(27)が3日、ヨーロッパで最も活躍したブラジル人プレーヤーに贈られるサンバ・ゴールド・アワードを受賞した。 ▽同賞は2008年に創設。ヨーロッパでプレーするブラジル人プレーヤーの中から、ジャーナリストやファンを中心にオンラインユーザー投票で選考される。 ▽フィルミノは、前年の受賞者であるパリ・サンジェルマン(PSG)のFWネイマール(26)や、レアル・マドリーのDFマルセロ(30)を抑えての初受賞となる。 ◆サンバ・ゴールド・アワード最終投票結果(上位) 1位 ロベルト・フィルミノ(リバプール) 21.79% 2位 マルセロ(レアル・マドリー) 20.51% 3位 ネイマール(パリ・サンジェルマン) 18.67% 4位 アリソン(リバプール) 16.39% 5位 チアゴ・シウバ(パリ・サンジェルマン) 5.29% 2019.01.05 09:00 Sat
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース