ベイリーがジャマイカ代表デビューへ! イングランド、ドイツ、ベルギー入りの報道も最終的に母国を選択2018.10.10 14:41 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レバークーゼンに所属するFWレオン・ベイリー(20)がジャマイカ代表デビューを飾ることになるようだ。海外版『goal.com』が伝えている。

▽ジャマイカ出身のベイリーは過去にU-23ジャマイカ代表としてプレー経験がある。しかし、代理人で義理の父親であるクレイグ・バトラー氏とジャマイカサッカー協会の確執の影響もあり、以前からフル代表招集を固辞し続けていた。

▽その一方で、祖先にイギリス人を持つベイリーはキャリア当初に在籍していたヘンク時代に数年間住んでいたベルギー、レバークーゼン加入以降生活しているドイツの3カ国の代表入りの可能性が伝えられていた。

▽しかし、国際サッカー連盟(FIFA)の現行のレギュレーションでは国籍変更を行う場合、18歳以降の時点から継続5年間の居住が必要となっており、ベルギー国籍取得の可能性が消滅。また、国籍取得が義務付けられるドイツ代表に関しては8年以上の居住が必要となり、移籍市場における人気株の同選手が同国に留まり続けられるかは現実的ではない。

▽その中でルーツのあるイングランドが最も可能性があると伝えられていたが、ベイリーの実の両親や祖父母がイギリス生まれではないことで、先日にこの可能性も除外。そのため、現時点で同選手がプレー可能な代表はジャマイカのみとなっていた。

▽そして、今回の代表ウィークではジャマイカ代表からの招集を受け入れたベイリーは、14日に予定されるCONCACAFネーションズリーグ予選のボネール代表戦でフル代表デビューを飾る見込みだ。

コメント

関連ニュース

thumb

レバークーゼンFWベイリーがジャマイカ代表デビュー戦の出場を拒否!

▽レバークーゼンに所属するFWレオン・ベイリー(21)が自身のジャマイカ代表デビュー戦となるはずだった14日のCONCACAFネーションズリーグ予選ボネール代表戦でのプレーを拒否した。海外版『goal.com』が伝えている。 ▽代理人で義理の父親であるクレイグ・バトラー氏とジャマイカサッカー協会の確執の影響もあり、ジャマイカのフル代表招集を固辞してきたベイリー。それでも、国籍変更などによってプレーできる可能性があったベルギー、ドイツ、イングランドでのプレーが規則上難しいことから先日にジャマイカ代表招集を受け入れていた。 ▽しかし、ベイリーはジャマイカ代表デビュー戦となるはずだったボネール戦の出場を拒否した。 ▽伝えられるところでは、ベイリーが今回の代表招集を受け入れる決断をした理由のひとつに、弟のMFカイル・バトラー(20)を同じくフル代表に招集させるという取り決めがあったという。だが、ジャマイカサッカー協会はこの取り決めを反故にし、カイルがトライアルをパスした場合のみ招集することを通知。これに激怒したベイリーはボネール戦の出場を直前に拒否したようだ。 ▽ベイリーは今回の一件に関して以下のようなコメントを残している。 「僕は間違いなくジャマイカ代表でプレーするためにここに来た。僕は協会との話し合いの合意に伴い、ここに来ることを受け入れた。だけど、ここに来た時には全く異なるシナリオがあった。彼らは最終的に約束を守らず、だから僕もプレーしないことを決めた」 「ただ、11月までに彼らが僕たちの求めたものを叶えるべく動きを見せてくれれば、代表チームでプレーするつもりだ」 ▽なお、今回の代表ウィーク中にジャマイカ代表デビューとならなかったベイリーだが、前述の問題が解決すれば、11月17日に予定されるスリナム代表戦がデビュー戦になるはずだ。 2018.10.15 14:47 Mon
twitterfacebook
thumb

ジャマイカを振り切ったアメリカが6度目の優勝!《CONCACAFゴールドカップ》

▽27日(現地時間26日)にCONCACAFゴールドカップの決勝が行われ、アメリカ代表vsジャマイカ代表は2-1でアメリカが勝利。2大会ぶり6度目の優勝を飾った。 ▽今大会の決勝は、グループBを首位で通過し、準々決勝でエルサルバドル代表(2-0)、準決勝でコスタリカ代表(2-0)を下して決勝に駒を進めた開催国のアメリカと、グループCを2位で通過し、準々決勝でカナダ代表(2-1)、準決勝でメキシコ代表(1-0)を下して決勝に駒を進めたジャマイカの一戦となった。 ▽試合は序盤からアメリカが攻勢をかける。19分、アルティドールがボックス手前から強烈なミドルシュート。これはGKブレイクが鋭い反応でセーブすると、こぼれ球にアコスタが詰めるも、ジャマイカの守備陣が守り切って得点を許さない。 ▽その後もペースを握るアメリカは35分、ボックス手前でFKを獲得するとアルティドールが直接シュート。壁の上を越えたシュートが弧を描いてゴール左上を突くと、GKブレイクがわずかに触るもネットを揺らし、アメリカが先制する。 ▽先制を許してしまったジャマイカだったが、後半に入り反撃。50分、右CKからのクロスをファーサイドでワトソンがダイレクトボレー。これが決まり、ジャマイカが後半早々にスコアをタイに戻す。 ▽同点に追いつかれたアメリカは63分、左サイドからのクロスをボックス内でアリオラがヘッドで合わせるもGK正面。73分にはモリスボックス手前からシュートを放つも、GKが鋭い反応でセーブする。 ▽さらに攻め立てるアメリカは75分、またしても左サイドから決定機。クロスをボックス内でデンプシーがヘッド。しかし、またしてもGKがわずかに触れると、シュートは左ポストに嫌われ得点とはならない。 ▽攻めるアメリカ、守るジャマイカの構図が続く中88分、遂にアメリカがこじ開ける。右サイドからのザルデスのクロスをDFがクリア。しかし、これがモリスに渡ると、ボックス内から強烈なシュート。これが決勝点となり、アメリカがジャマイカとの激闘を制し、6度目のゴールドカップ制覇を成し遂げた。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アメリカ代表 2</span>-1 ジャマイカ代表 【アメリカ】 アルティドール(前45) モリス(後43) 【ジャマイカ】 ワトソン(後5) 2017.07.27 14:17 Thu
twitterfacebook
thumb

失意のウルグアイがジャマイカに勝利締め《コパ・アメリカ》

▽14日に行われたコパ・アメリカ センテナリオのグループC最終節、ウルグアイ代表vsジャマイカ代表は、ウルグアイが3-0の快勝で締めくくった。 ▽2戦全敗でグループステージ敗退が確定している失意のウルグアイと、こちらも連敗で決勝トーナメントの可能性が消滅しているジャマイカが相まみえた。前節の試合中に指揮官との衝突が報じられたスアレスは、この最終節も先発から外れた。 ▽試合は比較的ウルグアイのペースで進むと、21分に動く。左サイドを起点とした攻撃からロデイロが最終ラインのスペースにラストパスと通す。これに反応したアベル・エルナンデスがボックス右から冷静にシュートを沈めた。 ▽その後、受けに回るシーンが増えたウルグアイだったが、GKムスレラを中心とした守りで反撃を許さない。すると、1点リードで迎えた66分、左サイドから入れたロデイロのクロスがゴール前でA・エルナンデスの対応に入ったワトソンのオウンゴールを誘発した。 ▽リードを広げることに成功したウルグアイはシュートチャンスこそあるものの、空砲続くカバーニを中心に試合を決定付けにかかると、88分に右サイドを抜け出したコルホがダメ押し。失意のウルグアイが意地の1勝を手にして今大会を去ることになった。 2016.06.14 13:26 Tue
twitterfacebook
thumb

チチャ弾含む2発のメキシコが連勝で決勝Tへ…ウルグアイのGS敗退決まる《コパ・アメリカ》

▽10日に行われたコパ・アメリカ センテナリオのグループC第2節のメキシコ代表vsジャマイカ代表は、メキシコが2-0の勝利で飾り、2連勝でグループステージ突破を決めた。 ▽開幕節でウルグアイ代表を下したメキシコと、ベネズエラに敗れたジャマイカが相まみえた。勝てば決勝トーナメント進出が決まるメキシコは、エースのエルナンデスを引き続き先発起用。対するジャマイカはレスター・シティ主将のモーガンをスタート起用した。 ▽先に決定機をつくりだしたのはジャマイカ。6分、ハイラインを保つメキシコの背後へスルーパスが出されると、これに反応したドナルドソンがそのまま抜け出してシュートを放つ。グラウンダーの鋭いシュートが枠内に向かっていくが、惜しくもゴール左に外れた。 ▽立ち上がりに肝を冷やしたメキシコだったが、徐々に試合の流れをコントロールしていくと、18分にチャンス。右サイドからヒメネスがクロスを送ると、ファーサイドにいたヘスス・コロナの下へ渡り、再び折り返されたボールを中央のエルナンデスが頭で押し込んだ。 ▽その後もボールを動かしながら試合のペースを握ったメキシコだったが、終盤にジャマイカの圧力を受け始める。自陣左サイドを破られてピンチを迎えるが、ボックス内から許したヘクターのシュートは、GKオチョアが決死のセーブで阻止する。 ▽迎えた後半も攻勢に出たメキシコは、その立ち上がりからエルナンデスやヒメネス、J・コロナが積極的にシュートを放っていくが、追加点を奪うには至らない。すると、今後はジャマイカも決定機をつくりだすが、ドナルドソンのシュートは精度を欠く。 ▽その後も一進一退の攻防が続くもやや停滞感が漂い始めると、メキシコは78分にこの試合の先制弾を記録したエルナンデスがお役御免。すると81分、そのエルナンデスと交代で入ったペラルタが味方との見事な連係から左足のシュートを沈めて試合を決定付けた。 ▽エルナンデス、ペラルタのゴールで勝ち切ったメキシコは前節のウルグアイ戦に続く白星で2連勝。ベネズエラとともに、最終節を残して決勝トーナメント進出を決めた。この結果、連敗のウルグアイはわずか2試合で大会を去ることが確定した。 2016.06.10 13:09 Fri
twitterfacebook
thumb

ベンチスタートは「簡単じゃない」と語るレスター主将

ジャマイカ代表DFウェズ・モーガンは、ベンチスタートとなったことを嘆いている。もっとコンディションを上げなければいけないと実感しているようだ。<br><br>レスターの主将を務めるモーガンは、プレミアリーグの優勝祝賀パーティーなどもあったため、コパ・アメリカ・センテナリオに出場するチームへの合流が遅れていた。5日のベネズエラ戦ではベンチスタートとなっている。 <div id="ad"></div> 0&minus;1で試合を終えた後、モーガンはこのように話した。<br><br>「どんなプロ選手でも、すべての試合でプレーしたいものだ。それは僕だって同じさ。試合を見るのは簡単なことじゃない。でも、僕たちには良い選手がいる。自分のチャンスを待つことになって満足しているよ」<br><br>ジャマイカ代表のシェーファー監督は試合前、モーガンが疲労を抱えているため、初戦は欠場させるつもりだと話していた。ただし、ベネズエラ戦では負傷者が出たため、前半40分からモーガンが投入されている。<br><br>提供:goal.com 2016.06.06 12:34 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース