選手は監督に公に意見すべきではない…ポグバとモウリーニョの問題にOBの元フランス代表FW 「ポグバは間違った」2018.10.10 12:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
元フランス代表FWルイ・サハ氏が、古巣のマンチェスター・ユナイテッドで取りざたされたジョゼ・モウリーニョ監督とフランス代表FWポール・ポグバの問題について言及した。

マンチェスター・Uでは今季、モウリーニョ監督とポグバの不仲問題が取りざたされた。チームが不調の中、ポグバはプレミアリーグ第6節、ドローで終わったホームでのウォルバーハンプトン戦後に、「攻撃、攻撃、攻撃だ」とコメントし、モウリーニョ監督への戦術批判ととれる発言を残した。

直近のニューカッスル戦では好パフォーマンスで0-2のビハインドからの大逆転に大きく貢献したポグバだが、今季のモウリーニョ監督との一連の問題について、2003-04シーズンから5シーズンにわたってマンチェスター・Uでプレーしたサハ氏は「ポグバはわざとそのような態度を取ったと思う。私は彼が正しいとは思わない」と『AFDP』の中でコメント。同胞の後輩に以下のように苦言を呈した。

「それは間違ったコミュニケーションだった。監督にプレッシャーをかけたことになる。そういう話は、ドレッシングルームで監督と直接話し合うものだ。これは私の意見だ。私はそれを彼にも言ったよ」

「また私は、“何かを言うのは違う。なぜなら、君は監督ではないからだ”とも言った。時折、私は(選手たちの)エゴが行き過ぎているように見える。一人のファンとしては気がかりだ。選手たちが監督以上の何かを出してはならない」

提供:goal.com

コメント



ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース