10試合未勝利のモナコ、ジャルディム監督解任でアンリ氏招へいか?2018.10.10 05:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽モナコがレオナルド・ジャルディム監督(44)の後任としてティエリ・アンリ氏(41)の招へいを考え始めているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。

▽2014年夏からモナコで指揮を執るジャルディム監督は、フランス代表FWキリアン・ムバッペやポルトガル代表MFベルナルド・シウバら多くの将来有望な若手を発掘。加えて、攻撃的なサッカーを展開して2016-17シーズンにモナコを17年ぶりとなるリーグ優勝に導き、チャンピオンズリーグ(CL)では13年ぶりとなる準決勝進出を果たしていた。

▽昨シーズンを2位で終え、王者奪還を目標に臨んだ今シーズンだったが、リーグ・アン開幕節のナント戦こを勝利したが、以降の公式戦10試合では格下相手に金星を献上するなど、7敗3分けと泥沼の不振に陥っている。この成績不振を受けて、クラブ首脳は早くもジャルディム監督の解任に動き始めているようだ。

▽『レキップ』が伝えるところによれば、ジャルディム監督の解任はほぼ確実で、すでに後任候補のリストアップに動いている模様。その中でアンリ氏が第一候補に挙がっているという。

▽現在ベルギー代表のアシスタントコーチを務めるアンリ氏には、今夏にボルドーの指揮官就任の噂が流れたが金銭面で合意に至らず破談。しかし、イギリス『デイリー・メール』によれば、同氏は3日にスティーブ・ブルース前監督の解任を発表したアストン・ビラの後任候補にも挙げられており、すでにオーナーのナセフ・サウィリス氏と会談を行ったと伝えられていた。

コメント

関連ニュース

thumb

モナコ初陣で黒星スタートのアンリ監督、「ネガティブな結果だが、ポジティブさを保ちたい」

▽モナコは20日、リーグ・アン第10節でストラスブールと対戦し、1-2で敗戦した。同試合後、監督としての初陣を落としたティエリ・アンリ監督が初采配試合を振り返った。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽開幕戦での勝利以降、10戦未勝利でレオナルド・ジャルディム監督を解任したモナコは、代表ウィーク期間中にクラブOBで元フランス代表FWのアンリ監督を新指揮官に招へいした。 ▽そして、アンリ監督は初采配試合としてストラスブールとのアウェイゲームに臨んだ。立ち上がりの17分に相手FWのA・トマソンの正面を突いたヘディングシュートをGKセイドゥ・シーが痛恨のファンブル。いきなりビハインドを背負った中、37分にはキャプテンのFWファルカオが負傷交代を強いられる。 ▽さらに67分には途中投入のFWグランサーが不必要なファウルで一発退場に。その後、相手のカウンターから追加点を献上すると、試合終了間際にMFティーレマンスのPKで1点を返すも1-2の敗戦。モナコはアンリ監督の初陣を飾ることができず、公式戦11試合未勝利となった。 ▽同試合後、アンリ監督は数々の苦難に見舞われた自身の初陣を振り返っている。 「簡単ではなかった。最初は取り組んできたことを形にしようとしたが、その後にあんな失点をしてしまった。とりたてて説明する必要のない、個人のミスだった。ただ、誰であろうとプレーヤーを非難するようなことはしたくない」 「そこから流れを変えようと奮闘したが、残念ながらグランサーが退場となり、その後はさらに難しくなった。しかしプレーヤーたちは頑張ってプレーし続けた」 「確かにネガティブな結果だが、ポジティブさを保ちたい。こちらの流れになっていた可能性もあったが、実際は違った。ファルカオを早い段階で失ったのも想定外だった」 ▽なお、アンリ体制初勝利を目指すモナコは24日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループ第3節でクラブ・ブルージュと対戦する。 2018.10.21 21:30 Sun
twitterfacebook
thumb

吉田にも影響? サウサンプトンがモナコ解任のジャルディムに関心

▽サウサンプトンが今月初めにモナコを解任されたレオナルド・ジャルディム氏(44)の招へいに興味を示しているようだ。イギリス『sportsmole』が伝えている。 ▽サウサンプトンは今年5月にマーク・ヒューズ監督と新たな3年契約を結んでいるが、今季は開幕8試合で1勝5敗2分けという低調な戦績に加え、8試合でわずかに6得点という深刻な得点力不足に悩まされている。 ▽クラブはこの不振の一端がヒューズ監督の采配にあると考えており、今後の数試合で目に見える改善がない場合、解任に踏み切ることも視野に入れているようだ。そして、クラブはヒューズ監督の解任に備えてジャルディム氏の招へいに動き始めているようだ。 ▽ブラガ、オリンピアコス、スポルティング・リスボンでの指揮を経て2014年からモナコを率いたジャルディム氏。2016-17シーズンにモナコを17年ぶりとなるリーグ優勝に導き、チャンピオンズリーグ(CL)では13年ぶりとなる準決勝進出を果たした。 ▽さらに、卓越した育成能力を持つポルトガル人指揮官はMFベルナルド・シウバやFWキリアン・ムバッペ、MFトマ・レマル、MFファビーニョら若手逸材を一人前に育て上げ、その高額な売却益をクラブにもたらした。 ▽しかし、今季は度重なる主力流出が響き開幕から公式戦11試合でわずかに1勝と、就任以来最も厳しいスタートを強いられると、今月11日に成績不振を理由に解任されることになった。 2018.10.20 18:41 Sat
twitterfacebook
thumb

監督デビュー控えるアンリ、低迷モナコで気を吐くファルカオを称賛「カリスマ的リーダー」

モナコ新指揮官ティエリ・アンリが、チームのエースであるFWラダメル・ファルカオを称賛した。<br><br>現役時代はアーセナルやバルセロナ、フランス代表で点取り屋として活躍したアンリ監督。引退後はベルギー代表のアシスタントコーチを務めた後、先日レオナルド・ジャルディム前監督が去ったモナコの新指揮官に就任し、選手時代にトップチームデビューを果たした古巣で監督としてのキャリアをスタートさせた。<br><br>そんなアンリ監督が、初采配を振るう21日のリーグ・アン第10節ストラスブール戦を前に、称賛したのが主将のファルカオ。第9節を終えて18位と苦しむチームの中で4ゴールと気を吐くエースを、「カリスマ的リーダー」と賛辞を送った。<br><br>「ファルカオは我々のゴールスコアラーであり、カリスマ的なリーダーだ。彼が今まで何をこのチームに示してきたかは、誰もが知っていることだろう。次節ストラスブール戦で良い結果を残すために、彼が戻ってきてくれて幸せだ」<br><br>開幕戦で白星を挙げたものの、それ以降公式戦で3分7敗と、10試合勝利から見放されるモナコ。苦しい状況で就任したアンリ監督だが、次節への意気込みを語っている。<br><br>「勝利が簡単ではないことはわかっている。前節(レンヌ戦1-2)では勝利を掴むことができなかったが、次は良い試合を見せれると思う。我々は何をできるか、そこで示そう」<br />アンリ監督の初陣となる9位ストラスブール戦は、日本時間10月21日に行われる。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.10.19 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

モナコで監督キャリアをスタートさせるアンリ「手本はペップ」

▽古巣モナコで監督キャリアをスタートさせるティエリ・アンリ監督が、恩師であるジョゼップ・グアルディオラ監督について語っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽バルセロナ移籍2年目の2008-09シーズン、グアルディオラ監督にとって初の監督挑戦となったシーズンでアンリはアーセナル時代の輝きを取り戻して活躍。バルセロナの3冠に貢献していた。 ▽アンリはグアルディオラ監督について次のように語っている。 「ペップは私にとっての手本だよ。私はバルセロナで試合をプレーする方法を学んだ。ペップは試合について語ることができ、寝る間すら惜しんでいた。こっちが眠っていてもまだ話していたね(笑)。彼は幾つかの戦術を生み出した。そして試合で起こることを予見できていたんだ」 ▽また、8シーズンを過ごし、自身の能力を開花させたアーセン・ヴェンゲル監督については次のように述べている。 「アーセンはプロとはいかなるものかを理解させてくれた監督だった。そして何を実行するべきかを教えてくれた。内面を大きく変えてくれたよ。監督一人一人から学ぶことがあったんだ」 ▽アンリ監督の初陣は20日に行われるリーグ・アン第10節ストラスブール戦となる。 2018.10.18 03:12 Thu
twitterfacebook
thumb

モナコのアンリ新監督、古巣アーセナルに自身の援護を依頼? 逸材MFのレンタルを打診か

▽モナコの新指揮官に就任したティエリ・アンリ監督が古巣アーセナルの逸材MFのレンタル移籍を希望しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽13日にレオナルド・ジャルディム前監督の後任としてモナコと3年契約にサインしたアンリ監督。古巣で監督キャリアをスタートすることになった同監督は、同じく古巣アーセナルからの援護を期待しているようだ。 ▽『デイリー・メール』が伝えるところによれば、アンリ監督はアーセナルのU-19イングランド代表MFエミル・スミス=ロウ(18)を今冬の移籍市場でレンタル移籍させることを希望しているという。 ▽今季の公式戦3試合でプレーさせるなどアーセナルのウナイ・エメリ監督は逸材MFを高く評価しており、今シーズン中にレンタル移籍させることに否定的な構えを見せる。だが、ドルトムントMFジェイドン・サンチョ、アーセナルからホッフェンハイムにレンタル中のFWレイス・ネルソンと同世代のイングランド人プレーヤーが国外のクラブでチャンスを掴み急成長を見せていることから、スミス=ロウはアカデミー時代に指導を受けたアンリ監督の下での武者修行を選ぶかもしれない。 ▽また、モナコはスミス=ロウ同様にチェルシーからMFカラム・ハドソン=オドイのレンタル移籍を画策しているようだ。なお、現在モナコでは元チェルシーのマイケル・エメナロ氏がテクニカル・ディレクターを務めている。また、チェルシーのウェールズ代表DFイーサン・アンパドゥの父親であるクワメ・アンパドゥ氏もアンリ監督のアシスタントとして入閣しており、息子のレンタルに踏み切る可能性もあるかもしれない。 2018.10.15 14:15 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース