ウディネーゼ、イタリア代表に追加招集されたFWラザーニャと2023年まで契約延長2018.10.10 02:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウディネーゼは9日、イタリア代表FWケビン・ラザーニャ(26)と2023年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽レフティーのストライカーであるラザーニャは、2017年の冬にカルピからウディネーゼに移籍。2016-17シーズンはカルピにレンタルで残留し、セリエBで42試合に出場し14ゴールをマーク。

▽ウディネーゼに復帰した昨シーズンは、セリエAで29試合に出場し12ゴールを記録。今季もここまで絶対的エースとしてセリエA全試合に出場し、1ゴールを記録している。

▽なお、ラザーニャはウディネーゼでの印象的なパフォーマンスが評価され、イタリア代表を負傷離脱したFWシモーネ・ザザの代わりに追加招集されている。

コメント

関連ニュース

thumb

ファビアン・ルイスの移籍後初弾など3発のナポリが快勝でユーベを追走《セリエA》

▽ナポリは20日、セリエA第9節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。 ▽前節サッスオーロ戦では大半の主力をベンチスタートとした中、ウナスのセリエA初ゴールとインシーニェのビューティフル弾で2-0と快勝した2位ナポリ(勝ち点18)は、4日後にチャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン戦を控える中、インシーニェが欠場となり、ハムシクがベンチスタートとなった。 ▽3連敗中の15位ウディネーゼ(勝ち点8)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだナポリは、2トップにミリクとメルテンス、右サイドにカジェホン、左にヴェルディを配した。 ▽そのナポリは開始2分にアクシデント。ヴェルディが負傷交代を強いられ、ファビアン・ルイスを投入せざるを得なくなった。それでもウディネーゼを押し込むと、10分にカジェホンがミドルシュートでオンターゲットを記録。 ▽すると、攻勢に出ていたナポリが14分に先制した。敵陣でボールをカットしたファビアン・ルイスがボックス手前左から右足でゴール右に流し込んだ。 ▽緊急出場のファビアン・ルイスの移籍後初ゴールで先手を取ったナポリは、23分にラザーニャに単騎突破から枠内シュートを浴びるも、GKカルネジスが何とかセーブ。 ▽試合をコントロールするナポリは、ハーフタイムにかけて追加点に迫る好機は生み出せなかったものの、1点をリードして前半を終えた。 ▽迎えた後半、ウディネーゼの圧力を受けたナポリだったが、凌いでペースを明け渡さずに時間を進めていく。 ▽後半半ばを過ぎてミリクに代えてハムシクを投入したナポリは、75分にジエリンスキのシュートで追加点に迫るも、ゴールライン前にいたDFにブロックされてしまう。 ▽それでも79分、カジェホンのシュートがボックス内のオポクの手に当たってPKを獲得。これをメルテンスが決めて勝負を決定付けた。 ▽さらに86分、1分前に投入されていたログにもゴールが生まれて3-0としたナポリが快勝。首位ユベントスとのポイント差を4に縮めている。 2018.10.21 05:29 Sun
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ、デンマーク代表DFラーセンと2022年まで契約延長

▽ウディネーゼは18日、デンマーク代表DFイェンス・ストリガー・ラーセン(27)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。 ▽デンマークのブレンビー出身のストリガー・ラーセンは右サイドバックを本職とするDF。両サイドバックや両サイドハーフでもプレー可能な同選手は、母国のブレンビーやノアシェラン、オーストリア・ウィーンを経て、2017年の夏にウディネーゼに加入。 ▽加入初年度の昨季は、右サイドバックを主戦場にセリエAで30試合に出場。今季もここまでセリエA全試合フル出場している。また、昨年8月にデビューを飾ったデンマーク代表では、これまで19キャップを数えている。 2018.10.19 03:15 Fri
twitterfacebook
thumb

負傷者続出のイタリア代表、前日の3名に加えてザザの離脱も発表… ラザーニャが追加招集《UEFAネーションズリーグ》

▽イタリアサッカー連盟(FIGC)は9日、UEFAネーションズリーグ(UNL)と国際親善試合を戦うイタリア代表メンバーからトリノFWシモーネ・ザザが負傷により離脱したことを発表した。 ▽FIGCによると、ザザは8日に行われたトレーニングで左ふくらはぎを負傷。その後、メディカルスタッフと話し合いの結果、ザザはケガの治療のためイタリア代表を離れる決断に至ったようだ。 ▽イタリア代表では、ミランDFアレッシオ・ロマニョーリ、同FWパトリック・クトローネ、インテルDFダニーロ・ダンブロージオが負傷がすでに負傷離脱を強いられており、バレンシアDFクリスティアーノ・ピッチーニ、サンプドリアDFロレンツォ・トネッリの2選手が追加招集されていた。 ▽加えて、ザザの離脱が決定したため、FIGCはウディネーゼFWケビン・ラザーニャの追加招集を発表。初招集となるラザーニャは、ウディネーゼでレギュラーを務めるセンターフォワードで今季はここまでセリエA全試合に出場し1ゴールを記録している。 ▽なお、先月行われたUNLでポーランド代表に引き分け、ポルトガル代表に敗れたイタリアは、10日にウクライナ代表と国際親善試合を戦い、14日にUNL3戦目でポーランド代表とのアウェイ戦を戦う。 2018.10.10 01:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ベンタンクールの加入後初弾とC・ロナウド弾でユベントスが開幕8連勝《セリエA》

▽ユベントスは6日、セリエA第8節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 ▽前節ナポリとのビッグマッチをC・ロナウドとマンジュキッチの活躍で逆転勝利を飾ったユベントスは、開幕7連勝とした。そして、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のヤング・ボーイズ戦ではC・ロナウドが出場停止で不在の中、ディバラのハットトリックで快勝した。開幕以降、公式戦全勝のチームはヤング・ボーイズ戦のスタメンから4選手を変更。ベルナルデスキやベナティア、クアドラードらに代えてC・ロナウドやキエッリーニ、カンセロといった主力が先発に戻った。 ▽2連敗中のウディネーゼに対し、C・ロナウドとマンジュキッチの2トップの後方にディバラを配す[4-3-3]で臨んだユベントスは、7分にC・ロナウドがミドルシュートを浴びせて牽制する。 ▽ユベントスユース出身で本職中盤のマンドラゴーラを2トップの一角に据えてきたウディネーゼを徐々に押し込む流れとしたユベントスは、19分にピャニッチが際どいミドルシュートを浴びせると、33分に先制した。 ▽ディバラが中盤でうまくターンした流れから、ベンタンクールが右サイドのカンセロにスルーパスを送ると、リターンクロスをゴール前に飛び込んだベンタンクールがヘディングシュートで叩き込んだ。 ▽昨季から所属するベンタンクールの加入後初ゴールで先制したユベントスは36分に追加点のチャンス。ボヌッチの正確なフィードをボックス右深くのカンセロが折り返し、マンジュキッチがシュート。ゴール至近距離からのシュートだったが、GKスクフェットのファインセーブに阻まれた。 ▽それでも37分、ロングボールをマンジュキッチが落とし、ボックス左のC・ロナウドが左足でゴール右へ強烈なシュートを蹴り込んでウディネーゼを突き放した。 ▽2点をリードして迎えた後半、マテュイディに代えてジャンを投入したユベントスは50分にピンチ。FKからボックス左のラザーニャにプッシュされるが、ゴールライン前のアレックス・サンドロがクリアして逃れた。 ▽ウディネーゼの攻勢を許す入りとなったユベントスだったが、流れを渡さずに試合を進めると、66分にディバラをお役御免とし、ベルナルデスキを投入する。 ▽すると70分、C・ロナウドのパスを受けたボックス右のベルナルデスキが強烈なシュート。だが、GKスクフェットの好守に阻まれた。 ▽終盤にかけてはウディネーゼの反撃を許さずに2-0のままクローズ。難なく開幕8連勝としている。 2018.10.07 02:53 Sun
twitterfacebook
thumb

アチェルビ&コレアの移籍後初弾でラツィオがウディネーゼに辛勝で4連勝《セリエA》

▽ラツィオは26日、セリエA第6節でウディネーゼとのアウェイ戦に臨み、2-1で辛勝した。 ▽前節ジェノア戦をインモービレのドッピエッタなどで4-1と快勝して3連勝としたラツィオは、ジェノア戦のスタメンから4選手を変更。週末にローマ・ダービーを控える中、インモービレとルーカス・レイバの主力をベンチスタートとし、L・アルベルトやコレア、バデリらが先発となった。 ▽2勝2分け1敗のウディネーゼに対し、慎重な入りを見せたラツィオは、相手にボールを持たせる展開とすると、20分にデ・パウルの直接FKでゴールを脅かされる。しかし、GKストラコシャがセーブ。 ▽前半半ば以降も慎重な戦いに終始したラツィオはゴール前にボールを運ぶシーンすら作れず前半をゴールレスで終えた。 ▽後半開始1分、ラツィオはボックス中央に侵入したフォファナに決定的なシュートを打たれるも、GKストラコシャがビッグセーブで凌ぐ。 ▽劣勢が続くラツィオは56分、カイセドに代えてエースのインモービレを投入。すると61分、L・アルベルトのFKをGKカルネジスが弾いたルーズボールをアチェルビが押し込んで先制した。 ▽さらに66分、ボックス左で仕掛けたコレアが得意のドリブルでDFを抜き去ってシュートを突き刺し、リードを広げた。 ▽終盤の80分、FKからヌイティングに華麗なバイシクル弾を浴びたラツィオだったが、ウディネーゼの猛攻を凌いで逃げ切り。アチェルビとコレアの移籍後初弾でリーグ戦4連勝とし、次節のローマ・ダービーに臨むこととなった。 2018.09.27 03:56 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース