ウディネーゼ、イタリア代表に追加招集されたFWラザーニャと2023年まで契約延長2018.10.10 02:20 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ウディネーゼは9日、イタリア代表FWケビン・ラザーニャ(26)と2023年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽レフティーのストライカーであるラザーニャは、2017年の冬にカルピからウディネーゼに移籍。2016-17シーズンはカルピにレンタルで残留し、セリエBで42試合に出場し14ゴールをマーク。

▽ウディネーゼに復帰した昨シーズンは、セリエAで29試合に出場し12ゴールを記録。今季もここまで絶対的エースとしてセリエA全試合に出場し、1ゴールを記録している。

▽なお、ラザーニャはウディネーゼでの印象的なパフォーマンスが評価され、イタリア代表を負傷離脱したFWシモーネ・ザザの代わりに追加招集されている。
コメント
関連ニュース
thumb

一時2点のリードを追い付かれるもミリク&メルテンス弾でナポリが3戦ぶり勝利!《セリエA》

ナポリは17日、セリエA第28節でウディネーゼをホームに迎え、4-2で勝利した。 前節サッスオーロ戦を終盤のインシーニェ弾で何とか1-1で引き分けた2位ナポリ(勝ち点57)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のザルツブルク戦を1-3と敗れたものの、1stレグのアドバンテージを生かしてベスト8進出を決めた。そのザルツブルク戦のスタメンから6選手を変更。ミリクやメルテンス、カジェホンにアランらが引き続きスタメンとなって、出場停止だったクリバリとマクシモビッチが先発に戻った。 15位ウディネーゼ(勝ち点15)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだナポリは2トップにメルテンスとミリク、右にカジェホン、左にユネスを並べた。 そのナポリがポゼッションする入りとなる中、16分にCKの流れからクリバリがGKを強襲するシュートを浴びせると、1分後に先制する。 メルテンスのパスを受けたボックス左のユネスがインシーニェを彷彿とさせるゴール右へのカットインシュートを流し込んだ。 セリエA初スタメンのユネスが結果を残したナポリは続く26分、スルーパスに抜け出したボックス左のメルテンスの折り返しをカジェホンが押し込んで効率よく加点した。 しかし30分、スルーパスに抜け出したラザーニャに1点を返されると、36分に試合を振り出しに戻される。 遅攻の流れからフォファナに中央で起点を作られて右サイドへ展開される。そして、テル・アフェストの折り返しを受けたボックス中央のフォファナにDFを外されてシュートを流し込まれた。 まさかの同点とされてしまったナポリは41分にアクシデント。開始5分にブセットの足が頭部にバッティングしていたGKオスピナが意識を失い、突如ピッチに倒れてしまった。救護隊が慌てて気道を確保する事態となり、ここでプレー続行不可能となったオスピナに代わってメレトが投入された。 ナポリにとって悪い流れで迎えた後半だったが、57分に勝ち越した。カジェホンの右CKからミリクがヘッドで押し込んだ。 その後も敵陣で試合を進めたナポリは69分、右サイドから中にカットインしたメルテンスがボックス右から左足でシュートを流し込んで勝負を決定付ける。 メルテンスの78日ぶりとなるゴールで4-2としたナポリは、試合終盤にかけては危なげなく時間を消化。3試合ぶりの勝利でユベントスとの勝ち点差を15ポイントとしている。 2019.03.18 04:02 Mon
twitterfacebook
thumb

若手起用で4発快勝に大満足のアッレグリ…CLアトレティコ戦は「敗退したとしても失敗ではない」

ユベントスは8日、セリエA第27節でウディネーゼと対戦し、4-1で勝利。マッシミリアーノ・アッレグリ監督が試合を振り返った。<br><br>ユベントスは12日にチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリーとの第2戦が控えており、主力のクリスティアーノ・ロナウドらを温存し、ウディネーゼ戦に臨んだ。試合は11分に19歳のモイーズ・キーンが先制点を決めると、39分に再びキーンが2点目を叩き込む。さらに64分にエムレ・ジャン、71分にブレーズ・マテュイディがネットを揺らし4-0に。ウディネーゼが84分に1点を返すものの、そのまま試合終了し4-1でユベントスが勝利した。<br><br>試合後アッレグリ監督は、2ゴールを記録したキーンや、デビューを飾った18歳MFニコルッシ・カビリャら若手の活躍について口にした。<br><br>「4-1で素晴らしい試合をした。若い選手達と共に戦い、キーンは2ゴールを決めて、ニコルッシ・カビリャは今日デビューを飾った。素晴らしい夜だったよ。火曜の夜にアトレティコ・マドリーと戦うまではまだ時間がある」<br><br>先月20日にアウェイで行われたCLのアトレティコ・マドリーとの第1戦で0-2で敗戦したユベントス。12日にホームで戦う第2戦は厳しい戦いになることが予想されている。アッレグリ監督はアトレティコ・マドリー戦について以下のように語った。<br><br>「CLの総合レベルは上がってきている。火曜日は我々のベストを尽くすよ。勝ち抜けることができたら素晴らしいことだ。しかし、もしそうでなくても、来年またチャレンジだけさ」<br><br>「ユベントスがもし敗退したとしてもそれは失敗ではないんだ。もし突破することができたら良いけど、そうでなかったとしてもこれはただのフットボールの試合だ。またチャレンジすればいい」<br><br><br>提供:goal.com 2019.03.12 12:20 Tue
twitterfacebook
thumb

“アジアのベイル”がMLSのバンクーバーへレンタル移籍 今季はアタランタへレンタルも半年で終了…

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスは11日、ウディネーゼからイラク代表DFアリ・アドナン・カディム(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 母国のバグダッドFCでプロキャリアをスタートさせたアドナンは、185cmという恵まれたサイズに加え、パワフルかつ高精度の左足を兼備した攻撃的な左サイドバック。2013年にトルコで開催されたFIFA・U-20ワールドカップで“アジアのベイル”と評されるなど、印象的な活躍を披露した同選手は、同大会終了後にトルコのチャイクル・リゼスポルに移籍すると、2015年の夏にウディネーゼへ完全移籍。 ウディネーゼでは、在籍3シーズンで公式戦70試合に出場し1ゴール4アシストをマーク。今季はアタランタへ1年間のレンタルで加入していたが、ここまで公式戦5試合の出場にとどまっていた。この状況を受けて、ウディネーゼとアタランタは半年を残してのレンタル終了で合意した。 弱冠18歳でイラクのフル代表デビューを飾ったアリ・アドナンは、公式戦46試合に出場。1月に行われたアジアカップ2019では、全試合に出場し同代表の決勝トーナメント進出に貢献した。 2019.03.12 00:05 Tue
twitterfacebook
thumb

主力温存もケアンのドッピエッタなどで4ゴールを奪ったユベントスがアリアンツ・スタジアム200試合目を勝利で飾る!《セリエA》

ユベントスは8日、セリエA第27節でウディネーゼとホームで対戦し、4-1で勝利した。 ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのアトレティコ・マドリー戦を控える首位のユベントスは、前節のナポリ戦から先発を6人変更。C・ロナウドやマンジュキッチ、出場停止のピャニッチらの主力に代えてケアンやベンタンクール、ルガーニ、カセレスら控えメンバー中心で試合に臨んだ。 ユベントスは最前線にケアン、シャドーにベルナルデスキとマテュイディを配置した[3-4-2-1]の布陣を採用。試合は自陣で堅固な守備ブロックを敷くウディネーゼに対して、立ち上がりからボールを保持するユベントスは11分、相手のパスミスをカットしたA・サンドロが左サイドを持ち上がりGKとDFの間に鋭いボールを供給。これをゴール前に走り込んだケインがワンタッチで流し込み、先制に成功した。 先制点で攻勢を強めるユベントスは、17分にもショートコーナーを受けたベンタンクールの左クロスからルガーニがヘディングシュートを狙ったが、これはわずかにゴール右に逸れた。 すると25分、両チームにアクシデント。ユベントスは負傷したバルザーリを下げてボヌッチをスクランブル投入。一方のウディネーゼは、プレー中に左ふくらはぎを痛め、ピッチに倒れ込んだヌイティンクに代えてオポクを緊急投入した。 するとユベントスは39分、相手の最終ラインでのパスミスを奪ったケアンがカウンター。ドリブルでボックス左から侵入すると、右足アウトサイドで冷静にゴール左隅に流し込み、追加点を奪った。 2点を追うウディネーゼは、後半頭からウィルモットを下げてラザーニャを投入。しかし、後半も主導権を握るユベントスは66分、ベンタンクールのロングパスに反応したケアンがボックス内でオポクと入れ替わったると、後ろからのタックルで引っかけられ、PKを獲得。このPKをジャンがゴール中央に沈め、3点目。 さらにユベントスは、71分にもベンタンクールの右クロスからゴール前に走り込んだマテュイディがヘディングシュートを叩き込んだ。 その後、85分にラザーニャのゴールで1点を返されたユベントスだが、試合は4-1のまま終了のホイッスル。19歳ケアンのドッピエッタなどで4ゴールを奪ったユベントスが、アリアンツ・スタジアム200試合目という節目の一戦を勝利で飾った。 2019.03.09 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

CL控えるユーベ、アッレグリはC・ロナウド温存を示唆…19歳ケーンにチャンスか

ユベントスの指揮官マッシミリアーノ・アッレグリが7日、ウディネーゼ戦の前日記者会見に出席した。FWクリスティアーノ・ロナウドのベンチスタートを予告したほか、自身の去就について言及した。<br><br>ユベントスは8日、セリエA第27節においてウディネーゼをホームに迎えるが、アッレグリは12日にチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリーとの第2戦が控える中、C・ロナウドらを温存する方針を固めた。<br><br>「明日は(ジョアン)カンセロと(ミラレム)ピャニッチは出場停止だ。(マリオ)マンジュキッチとC・ロナウドの状態は良いし、(パウロ)ディバラも良くなってきている。(ドウグラス)コスタも明らかな回復を見せており、明日は無理だがアトレティコ戦に間に合うだろう。(レオナルド)ボヌッチと(ジョルジョ)キエッリーニはプレーしない。(19歳のモイゼ)ケーンの出場チャンスは99%と言える。C・ロナウドはベンチスタートになるだろう」<br><br>■アッレグリはユーベ残留を強調現段階において、来シーズンの去就が不透明となっているユーベ指揮官だが、アンドレア・アニエッリ会長と面会し、両者の意見が一致していることを明かした。<br><br>「会長とは昨夜、会った。これまで書かれてきた&ldquo;冗談&rdquo;はさておき、契約の更新については、シーズン終了後に話し合うことを決めた。会長とは、将来についても完全に意見が一致している。私はユーベから立ち去りたいと言ったことは一度もないし、会長も監督を変えたいと言ったことは一度もない。つまり相思相愛、同意見だ」<br><br>しかし巷では、来シーズンに向けて、元ユーベ指揮官のアントニオ・コンテやOBのジネディーヌ・ジダンが新監督候補として浮上している。だがアッレグリは噂話を一蹴した。<br><br>「ジダンやコンテの噂? 全く気にしていない。クラブとは完全に意見が一致している。ユーベはリーグ戦で16ポイントの差をつけて首位であり、CLでは決勝トーナメントを戦っている。監督を変えなければならないと思うか?」<br><br><br>提供:goal.com 2019.03.08 21:10 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース