負傷者続出のイタリア代表、前日の3名に加えてザザの離脱も発表… ラザーニャが追加招集《UEFAネーションズリーグ》2018.10.10 01:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イタリアサッカー連盟(FIGC)は9日、UEFAネーションズリーグ(UNL)と国際親善試合を戦うイタリア代表メンバーからトリノFWシモーネ・ザザが負傷により離脱したことを発表した。

▽FIGCによると、ザザは8日に行われたトレーニングで左ふくらはぎを負傷。その後、メディカルスタッフと話し合いの結果、ザザはケガの治療のためイタリア代表を離れる決断に至ったようだ。

▽イタリア代表では、ミランDFアレッシオ・ロマニョーリ、同FWパトリック・クトローネ、インテルDFダニーロ・ダンブロージオが負傷がすでに負傷離脱を強いられており、バレンシアDFクリスティアーノ・ピッチーニ、サンプドリアDFロレンツォ・トネッリの2選手が追加招集されていた。

▽加えて、ザザの離脱が決定したため、FIGCはウディネーゼFWケビン・ラザーニャの追加招集を発表。初招集となるラザーニャは、ウディネーゼでレギュラーを務めるセンターフォワードで今季はここまでセリエA全試合に出場し1ゴールを記録している。

▽なお、先月行われたUNLでポーランド代表に引き分け、ポルトガル代表に敗れたイタリアは、10日にウクライナ代表と国際親善試合を戦い、14日にUNL3戦目でポーランド代表とのアウェイ戦を戦う。

コメント

関連ニュース

thumb

ベイル&ラムジー欠くウェールズ、敵地でアイルランドに勝利し暫定首位に《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ・リーグB・グループ4、アイルランド代表vsウェールズ代表が16日に行われ、0-1でウェールズが勝利した。 ▽3日前に行われたUNL2戦目のデンマーク代表戦を0-0で引き分けて1分け1敗となったアイルランドは、デンマーク戦のスタメンから2選手を変更。ヘンドリックやマクレーン、アーターといった主力が引き続きスタメンとなった一方、ロングはベンチスタートとなった。 ▽一方、先月行われたUNLの2戦を1勝1敗としたウェールズは、5日前に行われた国際親善試合のスペイン代表戦を1-4と大敗した。その試合のスタメンから5選手を変更。ラムジーが負傷欠場となり、ベイルも引き続き欠場となった。 ▽ウェールズにポゼッションを譲る展開としたアイルランドは9分、ハイプレスをかけて敵陣でボールを奪い、クリスティーがシュートに持ち込んだが、GKヘネシーの好守に阻まれる。 ▽その後もカウンターを狙うアイルランドは37分、右CKからダフィーのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKの守備範囲に飛び、前半をゴールレスで終えた。 ▽後半もウェールズがボールを持つ中、アイルランドは56分にオブライエンに代えてロングを投入する。 ▽しかし58分、ウェールズが均衡を破った。ボックス手前右で得たFKをリバプールが保有権を持つウィルソンが直接ゴール左に強烈なシュートを叩き込んだ。 ▽失点を受けて前がかるアイルランドは66分、ヘンドリックが枠内シュートを浴びせるもGKにセーブされる。終盤にかけてもアイルランドが攻勢に出たが、ウェールズが逃げ切り。デンマークを交わして暫定首位に立っている。 2018.10.17 06:09 Wed
twitterfacebook
thumb

ウクライナがUNL3連勝でリーグA昇格を決める!《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ2018-19・リーグB・グループ1のウクライナ代表vsチェコ代表が16日に行われ、1-0でウクライナが勝利した。 ▽10日に行われたイタリアとの親善試合を1-1の引き分けに終わったウクライナは、コノプリャンカやマリノフスキー、ヤルモレンコらが先発となった。 ▽一方、グループA昇格には勝利が絶対条件のチェコは、シックや、ゲブレ・セラシェ、ヤンクトといった主力がスタメンとなった。 ▽試合は前半終了間際に動く。43分、カラヴァイェフのクロスをペナルティアークで受けたヤレムチュクが落とすと、最後は走り込んだマリノフスキーが正確なミドルシュートをゴール右隅に突き刺した。 ▽後半も一進一退の展開となったが、試合は1-0のまま試合終了のホイッスル。UNL3連勝を飾ったウクライナが、最終戦のスロバキア代表戦を残してリーグA昇格を決めた。 2018.10.17 06:05 Wed
twitterfacebook
thumb

世界王者フランスがグリーズマンの2発で元王者のドイツに逆転勝利で首位堅守《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ1、フランス代表vsドイツ代表が16日に行われ、2-1でフランスが勝利した。 ▽先月行われたUNLの2戦を1勝1分けで終え、5日前に行われたアイスランド代表との国際親善試合を2-2と引き分けたフランスは、その試合のスタメンから4選手を変更。ムバッペやカンテ、マテュイディにリュカとワールドカップ優勝メンバーがスタメンに戻った。 ▽一方、3日前に行われたUNL2戦目のオランダ代表戦を0-3と完敗して1分け1敗となったドイツは、その試合のスタメンから5選手を変更。ミュラーやJ・ボアテングらに代えてザネやニャブリ、ジューレらがスタメンとなった。 ▽フラットな[4-4-2]を採用したフランスは2トップにグリーズマンとジルー、両サイドにムバッペとマテュイディ、センターにポグバとカンテを配した。 ▽対するドイツは[3-4-3]を採用。3トップに右からザネ、ニャブリ、ヴェルナー、右サイドにケーラー、左にN・シュルツ、中盤センターにクロースとキミッヒ、3バックの中央にズーレを据えた。 ▽立ち上がりからホームチームのフランスがポゼッションする流れとなった中、13分にドイツがPKを獲得する。ボックス右からザネの上げたクロスがキンペンベのハンドを誘った。このPKをキッカーのクロースがゴール右隅に決めてドイツが先制した。 ▽その後もフランスがポゼッションする流れが続いたが、カウンターとセットプレーで応戦するドイツが牽制し、主導権を渡さない。結局、前半のうちにフランスは同点に迫るシーンを作れず1点ビハインドのままハーフタイムに入った。 ▽迎えた後半、攻め込むフランスは52分、ムバッペがスルーパスに抜け出してボックス左からシュートを放つも、GKノイアーの好飛び出しのセーブに阻まれる。それでも62分、左サイドからのリュカの鋭いクロスをグリーズマンがヘッドで合わせてゴール右にシュートを流し込み、同点に持ち込んだ。 ▽その後、67分のニャブリの強烈なミドルシュートをGKロリスがセーブしたフランスが攻勢を続けると、79分にPKを獲得する。ポグバのスルーパスに反応したマテュイディがボックス中央に侵入したところでフンメルスに倒された。これをキッカーのグリーズマンがゴール右に決めてフランスが逆転した。 ▽失点を受けてブラント、ミュラーを投入したドイツだったが、フランスが2-1で勝利。2勝1分けとし、首位を堅守している。一方、敗れたドイツは1分け2敗と最下位に沈み、リーグBへの降格が迫っている。 2018.10.17 05:57 Wed
twitterfacebook
thumb

3年ぶりに代表戦ゴールのスターリング、「僕にとってはたくさんの意味がある」

▽15日にUEFAネーションズリーグ・リーグAグループ4、スペイン代表vsイングランド代表が15日に行われ、イングランドが3-2で勝利した。同試合でイングランドを勝利に導く2ゴールを記録したマンチェスター・シティFWラヒーム・スターリングが自身3年ぶりの代表戦ゴールを喜んでいる。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽スペイン相手に敵地で32年ぶりの勝利を目指したイングランドは、前半にスターリングの2ゴールと、FWマーカス・ラッシュフォードのゴールで3点を先行。その後、追いすがるスペインにFWパコ・アルカセル、DFセルヒオ・ラモスのゴールで点差を詰められるも、最終的に3-2で勝利。敵地で32年ぶりの勝利と共に今大会初白星を手にした。 ▽ラッシュフォード、ケインのアシストから見事に2ゴールを記録したスターリングだが、今回のゴールは2015年10月9日のユーロ2016予選のエストニア代表戦以来、3年ぶりのゴールだった。代表46試合目で通算4ゴール目を記録した23歳は、「たくさんの意味がある」と自身のゴールを噛み締めている。 「(最初のゴールに関して)美しい瞬間だったよ。ボックス内に入っていくこと、ゴールを挙げるという部分に関して自分自身に強いプレッシャーをかけていたんだ」 「それは時にうまくいくこともあるし、そうではないときもある。だけど、僕はゴールを決めるべきポジションにいるし、それを続けていく必要があるんだ」 「3年ぶりのゴールという部分で僕にとってはたくさんの意味がある。同時にこういった試合ではとても意味があるものだったと思うよ」 ▽さらに、スターリングは強豪スペイン相手に見せたチームのパフォーマンスに関しても満足感を示している。 「素晴らしいチームパフォーマンスだった。僕たちは最初から真っ向勝負に打って出て、とりわけ前半は決定的なプレーができた」 「この前の試合(クロアチア戦)では要所で良いフットボールができていたけど、今日は試合を通してうまくプレーすることができ、必要な時間帯にチャンスを決め切れたと思っているよ」 ▽また、スターリングが3年ぶりにゴールを挙げた一方、7戦連続でゴールを奪えなかったトッテナムFWハリー・ケインは、2アシストを筆頭にゴール以外で見せた自身の貢献に満足しているようだ。 「多くの人はいつもゴールのことばかり話す。僕がゴールを挙げられなければ、良いプレーではなかったと言う人もいる。だけど、個人的にはチームに貢献できたと感じているよ。そして、それこそが自分にとって重要なことなんだ。もちろん、自分がゴールすることも好きだけど、それよりも勝利は格別さ」 2018.10.16 14:55 Tue
twitterfacebook
thumb

「イングランド史上最高の前半」地元記者がスペイン戦勝利に大興奮

スペイン代表に勝利したイングランド代表について、同国記者が絶賛している。<br><br>15日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグA第3節で、敵地でスペインと対戦したイングランド。ホームで敗れた相手に対し、前半の内に3点を奪うなど素晴らしいパフォーマンス見せ、後半に2失点を喫するも、なんとかリードを維持して勝利を収めた。<br><br>欧州屈指の強豪相手に見せたパフォーマンスに、国内の記者も感銘を受けたようだ。英『Times』のチーフライターを務めるヘンリー・ウィンター記者は、前半終了直後に自身のSNSで「最高の前半だった」と称賛している。<br><br>「おそらく、2002年W杯ベスト16・デンマーク戦以来(前半で3点リード)、イングランド史上最高の前半だろう。そして、スペインはデンマークより優れている」<br><br>そして試合後には、選手たちのパフォーマンスを絶賛している。<br><br>「素晴らしい勝利だ。すべてが最高のパフォーマンスだった。ラヒーム・スターリングはゴールだけでなく、守備貢献もトップだった。(マーカス)ラッシュフォードもだ。(ハリー)ケインはとてもクリエイティブだった」<br><br>「4-3-3の前半は、(エリック)ダイアーは絶大的な存在だった。多くの人が(セルヒオ)ラモスへのチャレンジを楽しめるだろうね」<br><br>これでグループ4の3試合を終え、1勝1分1敗と勝ち点4で2位につけるイングランド。首位スペインとは2ポイント差であり、来月に行われる最終節にグループ突破の望みを繋いでいる。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.16 13:20 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース