マティッチがケガでセルビア代表を離脱…《UEFAネーションズリーグ》2018.10.10 01:05 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドは9日、MFネマニャ・マティッチがUEFAネーションズリーグ(UNL)2018-19に臨むセルビア代表から離脱したことを発表した。

▽マティッチは6日に行われたプレミアリーグ第8節ニューカッスル戦にフル出場。その後、セルビア代表のキャンプに合流していたが筋肉系の負傷が発覚。なお、同選手はすでにユナイテッドの練習場に戻り、クラブのメディカルスタッフとともにリハビリを行っている。

▽セルビアは11日にUNL3戦目のモンテネグロ代表戦を、14日に同4戦目のルーマニア代表戦を戦う。
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッドとアーセナルがヘルタの” クロース2世”に関心か

▽マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルが、ヘルタ・ベルリンに所属するU-21ドイツ代表MFアルネ・マイアー(19)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『サン』の情報を引用してイギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽ヘルタ下部組織出身のマイアーは、広い視野と足元の技術を生かしたプレーを武器にアンカーを主戦場にするプレーメーカ―だ。2016-17シーズンにトップチームデビュ―を果たし、翌年にはブンデスリーガ17試合に出場。今シーズンはリーグ戦全試合にフル出場を果たしており、"クロース2世"と評されるほど評価を高めている。 ▽ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督はフランス代表MFポール・ポグバ(25)ら中盤のプレーヤーに不満を募らせていることから新戦力として、そのマイアーに興味を示しているようだ。また、アーセナルのウナイ・エメリ監督も、公式戦21試合無敗と好調を保っているが、チームの強化を望み、マイアーに目を光らせているという。 ▽一方で、ヘルタはマイアーの契約解除金を1500万ポンド(約21億3000万円)に設定している模様。しかし、獲得するにはそれ以上の移籍金を支払わなければならない可能性が高いとみられる。 2018.12.11 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ポグバ、今冬退団も…? モウリーニョとの関係が最悪な状態に

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(25)が、来年1月の移籍市場で退団する可能性があるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽9月に副キャプテンをはく奪され、ジョゼ・モウリーニョ監督との確執が取り沙汰されたポグバ。一時は鎮火したかに思われたが、1日に行われたプレミアリーグ第14節サウサンプトンを2-2で終えた後、モウリーニョ監督がフル出場していたポグバを“ウイルス”と罵倒したという情報が、各紙を駆け巡った。 ▽そして、5日の第15節アーセナル戦でポグバは途中出場からの15分間のプレーに留まり、続く8日の第16節フルアム戦ではベンチで90分間を見守っている。 ▽『デイリー・メール』によると、モウリーニョ監督は自身の戦術に適応できないポグバに呆れているという。ユナイテッドの上層部に売却の意思がないことも伝えられているが、今冬の退団も十分にあり得るシチュエーションとみなされている。 ▽なお、候補に挙がっているのは、以前から関心が伝えられているバルセロナと古巣のユベントス。8900万ポンド(現在のレートで約126億円)もの移籍金で2016年夏に到着したワールドカップ覇者は、退団を選ぶことになるのだろうか。 2018.12.11 13:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ダルミアン、少年時代を過ごしたミランに感謝「すべてを学んだ人生の学校だった」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するDFマッテオ・ダルミアンが、9日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、ミラン時代を振り返った。<br><br>ミランの下部組織出身のダルミアンは、パドヴァやパレルモ、トリノを経て2015年夏にマンチェスター・ユナイテッドに移籍した。ユナイテッドのサイドバックは少年時代から19歳まで過ごしたミランについて語った。<br><br>「人生の学校だった。入ったときは10歳で子供だったが、出たときは19歳になっていた。すべてを教わったよ。クラブには常に感謝している。僕が選手になれたのは、彼らのおかげでもあるからね。ただ僕がトップチームに顔を出し始めた頃、ミランは最強だった。自分の居場所を見つけるのは簡単ではなかった。それでもあんな王者たちと一緒に試合でプレーできて本当に誇らしかったし、さらに上を目指す力を与えてくれた。(退団の道を選んだことに)後悔はない。信じてほしい。僕はとても若かったし、出場機会が欲しかった。クラブが決断を下したように、僕も自分の決断を下した」<br><br>またユナイテッドのサイドバックは、現在ミランで監督を務めるジェンナーロ・ガットゥーゾの当時の様子を振り返りつつ、指揮官としての手腕を称えた。<br><br>「練習中からカリスマ性や意志など、現在、彼が指揮官として伝えている要素が見て取れた。だが指揮官ガットゥーゾはこれだけではない。素晴らしい哲学を持っていることを証明し、素晴らしい仕事をしていると思う」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.11 06:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ダロトなら新たなギャリー・ネビルに…モウリーニョが期待

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督がU-21ポルトガル代表DFジオゴ・ダロトの将来性に太鼓判を押した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽19歳のダロトは今夏、ポルトから加入。シーズン開幕当初こそ出番が限られたが、プレミアリーグ第14節のサウサンプトン戦でリーグ戦デビューを飾ると、ここ2試合でスタメン起用され、鋭いクロスで一定のインパクトを残した。 ▽モウリーニョ監督はそのダロトについて、クラブ公式チャンネル『MUTV』で次のように言及。かつてユナイテッドの右サイドバックとして活躍した元イングランド代表DFギャリー・ネビル氏の後継者になり得る存在だと語った。 「彼の素晴らしいポテンシャルは誰もが知っていること。比較はしたくないが、トップチームに昇格して間もない頃のギャリー・ネビルに似ているかもしれない」 「彼ならユナイテッドの右サイドバックとして10年以上、ネビルの後継者として活躍できるだろう。もちろん、改善していければだがね。彼はまだ19歳なのだから」 「彼はまだ少年だ。一貫性を求めることはダメだ。それを忘れないことが重要になってくる」 2018.12.10 14:35 Mon
twitterfacebook
thumb

敵地ユナイテッド戦でまた敗戦のフルアム、最後の勝利は稲本潤一ゴールの2003年…

▽フルアムは8日にオールド・トラフォードで行われたマンチェスター・ユナイテッド戦に1-4で大敗した。『@OptaJoe』が伝えるところによれば、この敗戦によってフルアムはオールド・トラフォードでの公式戦22戦未勝利(21敗1分け)という結果になった。 ▽クラウディオ・ラニエリ新監督の下で浮上のキッカケを掴みたい最下位のフルアムは、リーグ4戦未勝利のユナイテッドのホームに乗り込んだ。しかし、序盤からペースを握られて前半を3点ビハインドで終えると、後半にPKから1点を返すも最終的に1-4で大敗した。 ▽この結果、敵地オールド・トラフォードでの戦いを極端に苦手とするフルアムは、直近の対ユナイテッドの公式戦22試合目で21敗目を喫することになった。 ▽なお、フルアムがオールド・トラフォードで最後に勝利をしたのは2003年10月のプレミアリーグでの対戦。同試合ではDFリオ・ファーディナンドやMFライアン・ギグス、FWクリスティアーノ・ロナウド、FWルート・ファン・ニステルローイ、FWディエゴ・フォルランらが先発したユナイテッドに対して、フルアムがMFリー・クラーク、MFスティード・マルブランク、MF稲本潤一のゴールによって3-1の快勝を収めていた。 2018.12.09 15:03 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース