昇格組のパルマに大敗したジェノアがバッラルディーニ監督を解任… 後任は3度目の指揮官就任となるユリッチ氏2018.10.10 00:44 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジェノアは9日、ダビデ・バッラルディーニ監督(54)を解任および、イバン・ユリッチ氏(43)の復帰を発表した。

▽ジェノアは昨年11月5日に、成績不振を理由にユリッチ前監督の解任を発表。その後任として、これまでカリアリやパレルモなどを率い、過去2度(2010-11,2013-14)に渡ってジェノアを率いた経験があるバッラルディーニ監督と2017-18シーズン終了までの契約を結んだ。

▽バッラルディーニ監督は、12試合を終えて1勝と18位に沈んでいたチームを立て直しに成功。最終的に11勝8分け9敗の12位でジェノアを残留に導いた。

▽この手腕が認められて今夏に1年間の契約延長を勝ち取ったバッラルディーニ監督だが、直近に行われた昇格組のパルマ戦では1-3と大敗。この敗戦を受けて、クラブはバッラルディーニ監督の解任および、ユリッチ氏の呼び戻しを決断した。

▽現在、ジェノアは4勝3敗で11位に位置している。なお、3度目指揮官就任となるユリッチ氏は、10日の14:00に就任会見を行い、その後15:30から公開で初めてのトレーニングに臨む。
コメント
関連ニュース
thumb

ジェノアがホームで土壇場逆転勝利! ラツィオは公式戦7試合複数得点なしで2連敗《セリエA》

セリエA第24節ジェノアvsラツィオが17日に行われ、ジェノアが2-1で勝利を収めた。 ナポリ、ユベントスと続いたリーグ戦の連敗から、コッパ・イタリアでインテルを下し、リーグ戦でも連勝を続けているラツィオ(勝ち点38)だったが、14日に行われたヨーロッパリーグではセビージャに敗れディスアドバンテージを背負ってアウェイでのセカンドレグに臨むことになった。その敗戦からバウンスバック及びリーグ3連勝を目指す今節は、先発を5選手入れ替えて挑んだ。 序盤からポゼッションではジェノアを上回るラツィオだが、前線にボールが入れられずなかなか攻撃の形が作れない。8分に左サイドでボールを受けたインモービレが、味方のフリーランを利用してゴール前まで運んだが、右足で放ったシュートは力なくGKの正面に。 その後もジェノアの人数をかけた守備に苦戦を強いられるラツィオは30分にピンチを迎える。右サイドのスローインからリスタートしたジェノアは、ゴール前にパスを繋いで最後はサナブリアがシュート。ゴール左上を捉えたシュートだったが、GKストラコシャが何とか外に弾きだした。 ここから激しさを増した試合は、32分にラツィオはロムロ、34分にはジェノアのサナブリアがゴールに迫るなど、攻守が素早く入れ替わるスペクタクルな展開に。そんな中迎えた44分、アンカーのパデリがドリブルで仕掛けると、インモービレとのワンツーでボックスへ侵攻。フリーで折り返しを受けたパデリはゴール右下に難なく流し込み、ラツィオが先制して試合を折り返した。 後半立ち上がりもラツィオがボールを保持。53分にコレアがフリーでゴール左下を突いたシュートを放つが、GKラドゥにセーブされる。対するジェノアは少ないチャンスながらも60分にかけてクアメと途中出場パンデフが立て続けに好機を迎えた。 徐々に攻勢を強めてきたジェノア。63分のパデリのシュートがクロスバーに助けられるなど運も味方にしたホームチームは75分、左CKをパンデフが折り返すと、途中出場のルーカス・レイバのクリアがサナブリアの膝に当たってゴールイン。ラッキーな形で同点に追いついた。 このゴールで息を吹き返し、終盤にパンデフとビラスキが積極的にトライ。後半のシュート数ではラツィオを圧倒する。しかし、勝ちに焦りすぎたか、後半アディショナルタイムにはパンデフがシミュレーションを取られイエローカードを受ける場面も。 それでもジェノアの勢いは止まらなかった。93分、右からのクロスのこぼれ球をボックス手前左からクリーシトが左足一戦。ゴール前の隙間を縫った低く抑えの効いたシュートは右ポストに当たってゴールに吸い込まれた。 その後まもなく試合終了。土壇場でジェノアがホームで逆転勝利を収めた一方で、ラツィオはこれで公式戦7試合複数得点なしに終わり、公式戦2連敗となった。 2019.02.18 01:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ジェノアにレンタル中のストゥラーロ、完全移籍に切り替え…移籍金は20億円

ユベントスは6日、イタリア代表MFステファノ・ストゥラーロ(25)がジェノアに4年契約で完全移籍したことを発表した。移籍金は1650万ユーロ(約20億円)となっており、4年分割で支払われる。 2014年夏にユベントスに加入したセントラルMFのストゥラーロは、1年間ジェノアへのレンタル移籍を経て、翌年冬から本格的にユベントスでプレー。しかし、MFミラレム・ピャニッチやMFサミ・ケディラ、MFブレーズ・マテュイディら、中盤の厚い選手層に阻まれてレギュラーを掴むには至らなかった。 そして昨年7月に、スポルティングにレンタルで加入したが、アキレス腱の負傷により出場機会を得ることはできていなかった。 そんな中、今年1月にジェノアへのレンタル移籍が発表されていたが、契約に含まれていた非公表の条件を満たしたことで完全移籍に切り替わることになった。 2019.02.06 21:29 Wed
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼ、元ブラジル代表MFサンドロを獲得 買取義務付きのレンタル

ウディネーゼは1月31日、ジェノアに所属する元ブラジル代表MFサンドロ(29)の今シーズン終了に買取義務が発生するレンタル加入を発表した。 代表通算18キャップをマークするサンドロはインテルナシオナルでプロデビュー後、トッテナム、QPR、WBA、アンタルヤシュポルでプレー。2018年1月のベネヴェント加入を経て、同年夏にジェノア入りした。 その今シーズンはここまで公式戦14試合に出場して1アシストを記録。ウディネーゼはここまでセリエA4勝6分け11敗の16位に位置している。 2019.02.01 10:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ジェノア、ボルドーからデンマーク代表MFレラガーを獲得!

ジェノアは29日、ボルドーからデンマーク代表MFルーカス・レラガー(25)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は今シーズン終了までとなる。 なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、買い取りオプションの金額は600万ユーロ(約7億5000万円)程度になる見込みだ。 母国のコペンハーゲンでキャリアをスタートしたレラガーは、ヴィボー、ズルテ・ワレヘムを経て2017年にボルドーに加入。185cmの恵まれた体躯と豊富な運動量を、献身性を武器に攻守両面で貢献できるセントラルMFとして2シーズンに渡って主力を担ってきた。今季もここまで公式戦27試合に出場していた。 また、2017年にデビューを果たしたデンマーク代表では通算8試合に出場。昨年のロシア・ワールドカップでもグループステージのフランス代表戦で途中出場していた。 2019.01.30 06:13 Wed
twitterfacebook
thumb

ジェノアがU-19ハンガリー代表MFを獲得!

ジェノアは29日、ハンガリーのMTKブダペストに所属するU-19ハンガリー代表MFアンドラス・シャーファー(19)を完全移籍で獲得した。セリエAを運営するレガ・セリエAが同選手の登録を認めた。 MTKブダペストの下部組織出身のシャーファーは両利きのセントラルMF。2016-17シーズンにトップチームデビューを飾ると、以降は同クラブの主力として活躍を続けていた。 2019.01.30 04:07 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース