ホアキン、マドリー移籍目前まで迫っていた2018.10.09 22:25 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ベティスに所属する元スペイン代表MFホアキン・サンチェスが、過去にレアル・マドリー移籍が近付いていたことを明かした。スペイン『マルカ』が伝えている。▽今年で37歳ながら、今シーズンもここまで公式戦8試合1ゴール1アシストを記録しているホアキン。未だトップレベルのパフォーマンスを続けており、既にクラブの伝説の1人として称賛を集めている。

▽そんなホアキンだが、過去にマドリー行きを望んでおり実際に移籍が近付いたことがあったという。以下のように語った。

「レアル・マドリーと契約を結び、メディカルチェックを受ける準備ができていた」

「あの時、(元ベティス会長の)ロペラは僕の腹づもりを知っていた。彼に対して、僕はレアル・マドリーを欲していると常に明確にしてきたからね。あれは素晴らしい機会だったよ」

「彼(ロペラ)はフロレンティーノ(・ペレス会長)と話す度に信じられないような巨額を要求したんだ。それは高すぎると言われたよ」

▽2000年にベティスでトップチームデビューを飾ったホアキンは、ロペラ氏が在職中の2006年にバレンシアへ移籍。その後、マラガ、フィオレンティーナへの旅を経て、2015年にベティスに帰還した。
コメント
関連ニュース
thumb

南野先発のザルツブルク、難所セルティックパークを攻略しGS全勝を達成!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ最終節が13日に欧州各地で行われた。 ▽グループBで首位通過を決めているMF南野拓実の所属するザルツブルクは、敵地でセルティックと対戦し、2-1で勝利した。南野は74分までプレーした。 ▽南野を2トップの一角に起用したザルツブルクは17分、ウルマーの左CKを相手DFがクリアし切れずにすらすとファーサイドのライナーが頭で合わせたが、これはクロスバーを叩いた。さらに31分には、相手のバックパスを奪ったヴォルフがGKとの一対一を迎えたが、これを決めきれず。 ▽試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半。ザルツブルクは67分、ライナーの右クロスをゴール前でダブールがヘディングで叩き込んだ。 ▽先制したザルツブルクは、74分に南野を下げてグルブランドセンを投入。すると78分、相手GKのミスパスをボックス内でカットしたグルブランドセンがこぼれ球をそのまま無人のゴールに流し込んだ。 ▽リードを広げたザルツブルクは、試合終了間際にPKのこぼれ球をエンチャムに押し込まれ、1点を返されたが2-1のまま試合終了した。 ▽この結果、ザルツブルクはGS全勝で首位通過。また、同時刻開催のライプツィヒvsローゼンボリがドローに終わったため、セルティックが2位通過を決めている。 ▽グループFで首位に立つベティスは、敵地でデュドランジュと対戦した。インサイドハーフで先発した乾は、フル出場したが見せ場は作れず0-0の引き分けに終わった。敵地で勝ち点1を積み上げたベティスは、グループFを首位で通過している。 ▽そのほかの日本人所属チームでは、グループHで首位通過を決めているMF長谷部誠の所属するフランクフルトが、敵地でラツィオと対戦し、2-1で勝利。長谷部は左モモ裏を負傷し31分に交代した。同じグループHに所属する酒井宏樹所属のマルセイユは、ホームでアポロン・リマソルと対戦し、1-3で敗戦。酒井宏はフル出場した。 ▽また、グループD所属するアンデルレヒトは、敵地でディナモ・ザグレブと対戦し0-0でタイムアップ。MF森岡亮太は今季初のフル出場を果たしている。 2018.12.14 07:25 Fri
twitterfacebook
thumb

DFシジネイの60m爆走ゴールでベティスがラージョに勝利! 乾は出番なし《リーガエスパニョーラ》

▽乾貴士が所属するベティスは9日、リーガエスパニョーラ第15節でラージョと対戦し、2-0で勝利した。乾の出場機会はなかった。 ▽現在5勝4分け5敗で11位に付けているベティス。リーグ戦ここ5試合は2勝1分け2敗といまいち調子の上がらない中、ヨーロッパリーグやコパ・デル・レイが重なったここ3試合は3連勝を収めた。この勢いのまま連勝を伸ばしたいベティスは、スタメンにはカナレスやロ・セルソ、ウィリアム・カルバーリョ、バルトラなど主力を並べた。乾はベンチスタートとなった。 ▽コパ・デル・レイのラシン戦から中2日という過密日程の中、細かくパスをつなぎながら相手を崩しにかかるベティスに対し、運動量で勝るラージョも必死に抵抗する。 ▽ここまでシュートチャンスがない両チーム。24分にベティスはロ・セルソのパスミスを狙われアルバロ・ガルシアにボックス内からのシュートを許す。危ないシーンだったが、ここはGKパウ・ロペスがファインセーブで死守。これがこの試合のファーストシュートとなった。 ▽ポゼッションでは大きく上回るものの、まだシュート0本のベティスは37分に左サイドのクロスをロレンが合わせたがオフサイドの判定。前半終了間際にCKからW・カルバーリョがヘディングシュートを放つも枠の上へ外れた。 ▽前半とは打って変わり、後半は8分間でサナブリアとロレンがシュートを放ったベティスは56分にロレンがアマトに足を蹴られたプレーでPKを獲得。これをロ・セルソが決めて先制した。 ▽ベティスの先制で始まった後半はオープンな展開となる。68分にベティスはサナブリアがドリブルでボックス左に侵入しシュートに持ち込む。対してラージョは70分、左サイドのクロスに途中出場のデ・トーマスがヘディングシュートを見舞うが、GKパウ・ロペスがここでも好セーブを見せた。 ▽76分にベティスに追加点が生まれる。3バックの左を務めるシジネイにボールが渡るとドリブルで左サイドを侵攻。相手のマークが来ないとみるや、そのままボックス左に侵入。さらにはシザースフェイントでDF2人を躱し右足を振り抜いてゴールを奪った。 ▽60mを爆走したシジネイのスーパーゴールでリードを広げたベティス。すでにホアキンを途中投入していたベティスは、セルヒオ・レオンとハビ・ガルシアをピッチに送り交代カード3枚を使い切った。 ▽後半アディショナルタイムにラージョのベベに直接FKを枠に飛ばされるも、GKパウ・ロペスが楽々とキャッチ。まもなく試合終了し、ベティスが2-0で勝利、公式戦4連勝となった。 2018.12.10 06:32 Mon
twitterfacebook
thumb

フル出場の乾が決定機逸もベティス、ラシンに4発快勝でベスト16進出《コパ・デル・レイ》

▽ベティスは6日、コパ・デル・レイ4回戦2ndレグでラシンをホームに迎え、4-0で快勝した。この結果、2戦合計スコア5-0でベティスがベスト16進出を決めている。ベティスのMF乾貴士はフル出場している。 ▽11月1日に敵地で行われた1stレグを乾のPK獲得で1-0と辛勝していたベティスは、乾がそのラシン戦以来となる公式戦7試合ぶりの先発となった。 ▽3部で首位に立つラシンに対し、乾が[4-1-4-1]の左MFスタートしたベティスは開始2分、乾がカットインシュートを狙う。続く4分にFKからバラガンのヘディングシュートが枠を捉えたベティスは、14分にも乾がミドルシュートを狙ったが、枠を捉えきれない。 ▽その後もベティスがボールを持つ展開となると、32分に均衡を破った。左CKをニアのテージョがヘッドで逸らし、ファーサイドのバラガンがボレーで押し込んだ。ハーフタイムにかけてもベティスがボールを保持。39分にはカナレスのミドルシュートがGKを強襲するなど主導権を握ったまま前半を終えた。 ▽迎えた後半もベティスが押し込むと、57分にPKを獲得する。CKの流れからロ・セルソの左クロスに飛び込んだフェダルが相手選手に倒された。このPKをサナブリアが決めてベティスがリードを広げた。 ▽さらに69分、左CKからニアサイドのセルヒオ・レオンがヘッドで流し込んで3-0。余裕の展開としたベティスは78分、乾にビッグチャンスが訪れる。だが、セルヒオ・レオンのパスをボックス中央で受けた乾はGKとの一対一を決めきれず、シュートを枠の右に外してしまった。 ▽それでも89分にロ・セルソが4点目を奪ったベティスが2戦合計スコア5-0で圧勝。危なげなくベスト16進出を決めた。 2018.12.07 06:36 Fri
twitterfacebook
thumb

ベティス主将グアルダードが1カ月の離脱へ

▽ベティスのメキシコ代表MFホセ・アンドレス・グアルダードが1カ月ほど戦列を離れるようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽グアルダードは2日に行われたリーガエスパニョーラ第14節レアル・ソシエダ戦で先発するも、左足ハムストリングを負傷して19分に交代していた。グアルダードは10月にも同個所を痛めていた。 ▽ベティスでキャプテンを務めるグアルダードは今季リーガで11試合に先発。チームの中心として活躍している。 ▽ベティスは年内、リーガでラージョやエスパニョール、エイバルと対戦する。 2018.12.06 02:30 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ、バルトラの買い戻しを検討か

▽バルセロナが、ベティスに所属するスペイン代表DFマルク・バルトラ(27)の買い戻しを検討しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。 ▽バルセロナでは、不動のセンターバックを務めていたユムティティが左ヒザの負傷により離脱し続けている。先日には、保存療法による治療をカタールのドーハで行うことが伝えられており、早期復帰が期待できない状況だ。 ▽そういった状況の中で冬の移籍市場でのセンターバックの確保を検討しているバルセロナだが、かねてよりメインターゲットに挙げられているアヤックスDFマタイス・デ・リフト(19)だが推定移籍金が7000万ユーロ(約90億円)と高額。さらに、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメントに進出したアヤックスを離れるとは考え難く、今冬ではなく来夏の獲得を目指すという。 ▽そこで、連れ戻しが検討されているのがバルトラだ。『ムンド・デポルティボ』によれば、ベティスと2023年まで契約を残す同選手の解除金は6000万ユーロ(約77億円)に設定されている。バルセロナは、半額以下になるのであれば、クラブの哲学を良く知るセンターバックの獲得に動くようだ。 ▽バルセロナ下部組織出身のバルトラは、2009-10シーズンのアトレティコ・マドリー戦でプロデビュー。しかし、主戦場のセンターバックには、元アルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノ(現河北華夏)と元スペイン代表DFジェラール・ピケがスタメンとして出場していたため、出場機会には恵まれなかった。その後、ドルトムントを経て、2018年1月にベティスに加入。今シーズンはリーガエスパニョーラ14試合に出場している。 2018.12.04 18:38 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース