グリーズマン再三の願いは届くか?! 「バロンドールはフランス人に」2018.10.09 20:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが、同郷人のバロンドール獲得を熱望している。スペイン『マルカ』が、『フランス・フットボール』での発言を基に伝えた。▽『フランス・フットボール』は8日、『2018バロンドール』の候補者30名を発表。ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドやバルセロナFWリオネル・メッシらクラブで圧倒的な実績を残す常連に加え、ロシア・ワールドカップ(W杯)を制したフランス代表からは5名が選出されている。

▽その中でも有力候補の1人であるグリーズマンは、対象期間にヨーロッパリーグ(EL)、UEFAスーパーカップ、W杯を獲得。しかし、W杯ゴールデンボール(最優秀選手賞)、UEFA欧州最優秀選手賞、FIFA最優秀選手賞といった個人賞を、全てレアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチに獲得されており、フランス代表からの選出でないことに度々苦言を呈してきた。

▽最後にして最大の個人賞であるバロンドールに関して、『フランス・フットボール』のインタビューに応じたグリーズマンは、「バロンドールはフランス人が勝ち取らなければならない」とコメント。W杯優勝国の中心選手としてプライドを示している。

▽サッカー界最高の栄誉を手にするのはどの選手か。発表は12月3日に行われる。

コメント

関連ニュース

thumb

アザール、マドリーの2名をバロンドールに推す

▽チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、バロンドール候補筆頭にレアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチを挙げている。スペイン『アス』が伝えた。 ▽『フランス・フットボール』により8日に発表された『2018バロンドール』の候補者30名。ロシア・ワールドカップ(W杯)でベルギー代表を3位に導いたチェルシーFWアザール、準優勝したクロアチア代表とチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を成し遂げたレアル・マドリーの中心で輝いたMFルカ・モドリッチらが名を連ねた。もちろん、W杯とCL両方をレギュラーとして制したマドリーのフランス代表DFラファエル・ヴァランも候補になっている。 ▽過去10年間に渡り同賞を分け合っているバルセロナFWリオネル・メッシ、ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド以外からの受賞も予想される今回のバロンドール。有力候補の1人であるアザールは、モドリッチの受賞が妥当だと語っている。 「僕が勝ち獲れるだろうとは考えていないよ。僕の見解ではモドリッチが相応しい」 「(候補には)3人か4人の選手がいる。(ラファエル・)ヴァランもあり得るね。彼はあまりにも多く勝利した。同様に僕もあり得るだろう、嘘じゃないよ」 「でも、真剣にモドリッチが勝つだろうと思う。チャンピオンズリーグ(CL)と決勝に到達したワールドカップ(W杯)で素晴らしいシーズンを過ごした。彼の賞になるだろう」 ▽モドリッチは今年、W杯ゴールデンボール(最優秀選手賞)を初め、UEFA欧州最優秀選手賞、FIFA最優秀選手賞を既に受賞。12月3日に発表されるバロンドールを獲得すれば個人賞を総なめすることになるが、果たして2018年を“モドリッチ・イヤー”として締めくくることはできるのだろうか。 2018.10.13 15:50 Sat
twitterfacebook
thumb

モドリッチこそメッシ&C・ロナウド以上! ガットゥーゾが主張

▽ミランのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が、レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチを称賛している。『UEFA.com』で語った内容をスペイン『マルカ』が伝えた。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)3連覇中のマドリーで“チームの心臓”と称されるモドリッチ。今夏に行われたロシア・ワールドカップでは母国を準優勝にまで引っ張り上げ、大会最優秀選手にも輝いた。 ▽今月8日、『フランス・フットボール』が『2018バロンドール』の候補者30名を発表。過去10年間はユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナFWリオネル・メッシが分け合っているタイトルだが、今年は久々にその2名以外からの受賞者が出るのではないかと各所沸き立っている。 ▽当然ながら最も期待されているのは、UEFA欧州最優秀選手賞、FIFA最優秀選手賞も獲得したモドリッチであり、それに関してガットゥーゾ監督も同じ考えのようだ。 「誰もがクリスティアーノ・ロナウドか(リオネル・)メッシとのプレーを望むと言うだろうが、私は(ルカ・)モドリッチとのプレーを好む」 「モドリッチは信じられないような選手だ。ゲームの捉え方、プレーの仕方どちらに関してもだ」 ▽例年以上に注目を集めている『2018バロンドール』。発表は12月3日に行われる。 2018.10.13 09:10 Sat
twitterfacebook
thumb

カゼミロのバロンドール推しはモドリッチでなく…?

▽レアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロが、バロンドールに元チームメイトを推している。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽2008年から昨年までの10年間、バロンドールはユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナFWリオネル・メッシが独占している。しかし、今年はロシア・ワールドカップ(W杯)で最優秀選手に輝いたマドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチの受賞を求める声も大きい。 ▽マドリーの同僚であるMFイスコやフレン・ロペテギ監督もモドリッチの選出を望むと公言している。だが、カゼミロは今夏にマドリーを退団してユベントスに移籍した元エースの名前を挙げた。 「バロンドールを(ルカ・)モドリッチに? 」 「今年はルカにとって素晴らしい年になったと思うよ。けど、僕はクリスティアーノ・ロナウドに与えたい」 ▽また、カゼミロは19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループG第1節ローマ戦についてもコメント。3-0の勝利を喜んだ。 「僕らは非常に良いプレーをした。昨シーズン、セミ・ファイナルに進んだチームに対して、試合全体を通して支配したんだ」 「僕らは多くのチャンスを作った。あんなに守備が良いチームから30回も(決定機を)作るなんて、強烈な印象だよ」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 14:45 Fri
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 7月29日は、モナコで株急上昇中! ロシアW杯にも出場したフランス代表SB

◆ジブリル・シディベ 【Profile】 国籍:フランス クラブ:モナコ 誕生日:1992年7月29日 ポジション:DF 身長:182㎝ 体重:71㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 7月29日は、フランス代表DFジブリル・シディベだ。 ▽マリ出身の両親から生まれたシディベ。サッカーは8歳の頃、フランスのトロワで始めた。2010年にトップチームデビューを果たし、2011-12シーズンにはトロワのリーグ・アン昇格に貢献した。 ▽その後2012年夏に、リールにステップアップしたシディベはリーグ・アンデビューとなったニース戦でゴール。公式戦通算119試合で11ゴール7アシストを記録している。 ▽2016年夏に現在のモナコに移籍。すぐにサイドバックでレギュラーを掴むと、ここ2シーズンで公式戦82試合に出場し6ゴール17アシストを記録。この活躍が認められロシア・ワールドカップにもフランス代表として出場。グループステージのデンマーク代表戦でフル出場を果たした。 ※誕生日が同じ主な著名人 せんだみつお(タレント) 秋吉久美子(女優) 高木美保(女優) ちゅうえい(お笑い芸人/流れ星) フェルナンド・アロンソ(レーシングドライバー) 兵藤慎剛(サッカー選手/北海道コンサドーレ札幌) 岡副麻希(フリーアナウンサー) 2018.07.29 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【バロンドール2017最終順位】C・ロナウドが2年連続5度目の受賞でメッシと並び史上最多タイ!

▽フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は8日、レアル・マドリー所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)が2017年度の「バロンドール」を受賞したことを発表した。また、バロンドール2017の最終順位を併せて発表している。 ▽見事にバロンドールに輝いたC・ロナウドは、所属するレアル・マドリーで5シーズンぶりのリーグ優勝や史上初のチャンピオンズリーグ(CL)連覇を達成。また、個人記録としても史上初のCL5年連続得点王を獲得した。2008年と2013年、2014年(2010年以降はFIFAバロンドール)、2017年に同賞を受賞しているC・ロナウドは、2年連続の受賞となり、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと最多5回で並んでいる。 ▽また、その最多タイとなっているメッシは2位に選出された。メッシは、所属するバルセロナでコパ・デル・レイ3連覇を達成。また個人としてはリーガエスパニョーラで38得点を記録して得点王に。この数字で、C・ロナウドと並び最多4度目のヨーロッパ・ゴールデンシューにも輝いている。 ▽3位に入ったのは、パリ・サンジェンルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール。ネイマールは、昨シーズンまでバルセロナに所属していたが、史上最高金額の2億2200万ユーロでPSGに移籍している。 ▽そのほかでは、先月イタリア代表からの引退を発表したユベントスのGKジャンルイジ・ブッフォンが、ゴールキーパーとして最上位の4位に入った。2016-17シーズンはCLで史上初の6試合連続無失点を達成。さらに、国内ではセリエAとコパ・イタリアのシーズン2冠を達成している。また、チームのリーグ・アン優勝に大きく貢献しCL準決勝進出の原動力となるなど、躍進モナコの象徴となった現・PSGのフランス代表FWキリアン・ムバッペが7位にランクインした。 ▽『フランス・フットボール』が1956年にスタートした同賞は、2010年にFIFA年間最優秀選手賞と統合されたが、昨年から再びフランス・フットボール誌の単独主宰となった。候補者は旧制度の23名から30名に変わり、3名の最終候補発表は廃止されている。また、投票者もFIFA共同時代の代表チームの監督&キャプテンが外れ、世界中のジャーナリスト173人のみに回帰している。なお、今回発表された最終順位は以下の通り。 ◆<span style="font-weight:700;">2017年度バロンドール最終順位</span> 1.<span style="font-weight:700;">クリスティアーノ・ロナウド</span>(ポルトガル/レアル・マドリー) 2.<span style="font-weight:700;">リオネル・メッシ</span>(アルゼンチン/バルセロナ) 3.<span style="font-weight:700;">ネイマール</span>(ブラジル/パリ・サンジェルマン) 4.<span style="font-weight:700;">ジャンルイジ・ブッフォン</span>(イタリア/ユベントス) 5.<span style="font-weight:700;">ルカ・モドリッチ</span>(クロアチア/レアル・マドリー) 6.<span style="font-weight:700;">セルヒオ・ラモス</span>(スペイン/レアル・マドリー) 7.<span style="font-weight:700;">キリアン・ムバッペ</span>(フランス/パリ・サンジェルマン) 8.<span style="font-weight:700;">エンゴロ・カンテ</span>(フランス/チェルシー) 9.<span style="font-weight:700;">ロベルト・レヴァンドフスキ</span>(ポーランド/バイエルン) 10.<span style="font-weight:700;">ハリー・ケイン</span>(イングランド/トッテナム) 11.<span style="font-weight:700;">エディンソン・カバーニ</span>(ウルグアイ/パリ・サンジェルマン) 12.<span style="font-weight:700;">イスコ</span>(スペイン/レアル・マドリー) 13.<span style="font-weight:700;">ルイス・スアレス</span>(ウルグアイ/バルセロナ) 14.<span style="font-weight:700;">ケビン・デ・ブライネ</span>(ベルギー/マンチェスター・シティ) 15.<span style="font-weight:700;">パウロ・ディバラ</span>(アルゼンチン/ユベントス) 16.<span style="font-weight:700;">マルセロ</span>(ブラジル/レアル・マドリー) 17.<span style="font-weight:700;">トニ・クロース</span>(ドイツ/レアル・マドリー) 18.<span style="font-weight:700;">アントワーヌ・グリーズマン</span>(フランス/アトレティコ・マドリー) 19.<span style="font-weight:700;">エデン・アザール</span>(ベルギー/チェルシー) 20.<span style="font-weight:700;">ダビド・デ・ヘア</span>(スペイン/マンチェスター・ユナイテッド) 21.<span style="font-weight:700;">ピエール=エメリク・オーバメヤン</span>(ガボン/ドルトムント) 21.<span style="font-weight:700;">レオナルド・ボヌッチ</span>(イタリア/ミラン) 23.<span style="font-weight:700;">サディオ・マネ</span>(セネガル/リバプール) 24.<span style="font-weight:700;">ラダメル・ファルカオ</span>(コロンビア/モナコ) 25.<span style="font-weight:700;">カリム・ベンゼマ</span>(フランス/レアル・マドリー) 26.<span style="font-weight:700;">ヤン・オブラク</span>(スロベニア/アトレティコ・マドリー) 27.<span style="font-weight:700;">マッツ・フンメルス</span>(ドイツ/バイエルン) 28.<span style="font-weight:700;">エディン・ゼコ</span>(ボスニア・ヘルツェゴビナ/ローマ) 29.<span style="font-weight:700;">フィリペ・コウチーニョ</span>(ブラジル/リバプール) 29.<span style="font-weight:700;">ドリエス・メルテンス</span>(ベルギー/ナポリ) 2017.12.08 05:32 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース