産能大DF河西真、福島への来シーズン加入内定! 「少しでも早く貢献できるように」2018.10.09 16:14 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
▽福島ユナイテッドFCは9日、産業能率大学に所属するDF河西真(22)の来シーズン加入内定を発表した。▽河西は、前橋育英高校から産業能率大学に入学。身長177㎝、体重70㎏のディフェンダーだ。

▽福島への加入が内定した河西は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆DF河西真
「この度、福島ユナイテッドFCに加入することになりました河西 真です」

「幼い頃からの自分の夢であったプロサッカー選手になることができ、とても嬉しく思います。今の自分があるのは家族、指導者、チームメイトをはじめとする今まで支えてくださったすべての方々のおかげです。本当に感謝しています。これからも感謝の気持ちを忘れずにプレーし、結果で恩返ししていけるように頑張ります。福島ユナイテッドFCに少しでも早く貢献できるよう日々努力していきます。応援よろしくお願いいたします」
コメント
関連ニュース
thumb

鳥取退団のDF奥田裕貴、新天地はJFLのテゲバジャーロ宮崎に

ガイナーレ鳥取は21日、昨シーズン限りでクラブを退団したDF奥田裕貴(26)の新天地がJFLのテゲバジャーロ宮崎に決定したことを発表した。 奥田は2018年にY.S.C.C.横浜から鳥取に完全移籍。昨シーズンは公式戦に21試合出場したが、シーズン終了時に契約満了で退団していた。 宮崎への加入が決定した奥田は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆テゲバジャーロ宮崎 「この度、ガイナーレ鳥取から新加入する事になりました奥田裕貴です。宮崎という素晴らしい地に来る事ができ、未来へ大きな希望があるチームに加入出来た事を幸せに思います。必ず結果を残せるよう、日々精進します。是非スタジアムに足を運んで頂き、共に闘い、最後にはJ3昇格を果たして一緒に喜びを分かち合いましょう! 応援よろしくお願いします」 ◆ガイナーレ鳥取 「リリースが大変遅くなりご心配おかけしてすみません。2019シーズンはテゲバジャーロ宮崎でプレーする事になりました。鳥取の素晴らしいサポーターの皆様と共に闘えた事は僕の誇りであり、一生忘れない最高の思い出です。鳥取で成長させて頂いた事を、宮崎の地で発揮します! チームは離れますが、これからも必ず応援して下さい!笑 宮崎で待ってます!1年間ありがとうございました」 2019.02.21 13:10 Thu
twitterfacebook
thumb

八戸、FC今治退団のFW佐保昴兵衛を獲得! 「常に全緑でチームの為に戦います」

ヴァンラーレ八戸は21日、昨シーズン限りでFC今治を退団したFW佐保昴兵衛(さほ こうへい/25)を獲得したことを発表した。 佐保は九州産業大学を卒業後、2016年にFC今治に入団。昨シーズンはJFLで10試合1ゴールを記録した。 八戸への加入が決定した佐保は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度ヴァンラーレ八戸に加入することになりました佐保昴兵衛です。新たなステージに挑戦する機会を頂いた事に感謝し、常に全緑でチームの為に戦います。応援よろしくお願いします」 2019.02.21 12:10 Thu
twitterfacebook
thumb

山口の元日本代表FW工藤壮人が負傷により約6週間離脱…

レノファ山口FCは20日、元日本代表FW工藤壮人(28)の右第2、3、4、中手骨骨折と橈骨茎状突起骨折を発表した。 なお、負傷した日などは発表されておらず。復帰までは6週間程度の加療が予定されている。 柏レイソル下部組織出身の工藤は2009年にトップチーム昇格後、プロ2年目から点取り屋として頭角を現すと、2013年に日本代表初招集。2016年からメジャーリーグ・サッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスに活躍の場を移した後、2017年に広島入りした。だが、在籍2年間は定位置争いを強いられ、昨シーズンは明治安田生命J1リーグ12試合1得点に留まった。 2019.02.20 15:50 Wed
twitterfacebook
thumb

YS横浜に痛恨…DF中西規真&FW大泉和也が長期離脱で開幕絶望

Y.S.C.C.横浜は18日、DF中西規真とFW大泉和也の負傷を発表した。 中西は1月30日のトレーニングで負傷。右外側半月板損傷と診断され、全治は4カ月の見込み。2月下旬に手術をする予定のようだ。一方の大泉は、1月25日のトレーニングで負傷。右足関節前方・後方インピジメント症候群と診断され、全治は3カ月。中西同様、2月下旬に手術をする予定だ。 中西は2014年に日本体育大学からYS横浜に入団。昨シーズンは明治安田生命J3リーグに22試合出場した。大泉は2014年に桐蔭横浜大学からYS横浜に入団。昨シーズンはJ3リーグで31試合4ゴールを記録した。 YS横浜は3月10日にJ3リーグ開幕節のガイナーレ鳥取戦を迎えるが、両選手ともに出場が絶望的となった。 2019.02.18 18:40 Mon
twitterfacebook
thumb

盛岡退団のMF益子義浩、プロ選手引退を決断…来季から東京都2部のスペリオ城北でプレー

いわてグルージャ盛岡は18日、昨シーズン限りで契約満了となったMF益子義浩(31)がプロ生活を終えることを発表した。引退後は、東京都2部のスペリオ城北でプレーすることが決定している。 益子は国士舘大学卒業後、2010年に当時JFLだったアルテ高崎に入団。その後、東北1部の福島ユナイテッドFCに加入し、JFL昇格、J3参入に貢献した。2015年からはいわてグルージャ盛岡に加入。昨シーズンは明治安田生命J3リーグに3試合出場した。 キャリア通算では、J3リーグで70試合6得点、JFLで75試合8得点、東北1部で12試合9得点、天皇杯で13試合3得点を記録した。 プロサッカー選手を引退する決断を下した益子は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、プロサッカー選手を引退することを決めました。たくさん悩みましたが、今の自分の身体の状態と、これからの人生を考えて、『第一線でプレーを続けるというのは難しい』という決断に至りました」 「サッカーを通して、たくさんの人と出会い、たくさんの経験ができました」 「特に東日本大震災後に福島、岩手と、原発や津波の被害が大きく、未だにその影響が残るこの東北地方のチームで、誰かの為にと思いながらプレーできたことは、自分の人生の中でとても大きな財産になりました」 「小学1年生、太子堂SCでサッカーを始め、横浜FマリノスJr.ユース、都立駒場高校、国士舘大学、アルテ高崎、福島ユナイテッドFC、いわてグルージャ盛岡と、サッカーを続けてくることができました」 「苦しいことも多々ありましたが、それ以上に大きな喜びと感動をたくさん味わえました。自分が思い描いていたサッカー人生にはなりませんでしたが、それでもサッカーを続けてきてよかったなと心から思います」 「今まで自分に関わって下さったすべての方々と、支えてくれた家族に心から感謝したいと思います。今まで本当にありがとうございました。そしてこれからも頑張りますので、引き続きご声援のほど、よろしくお願いいたします」 2019.02.18 18:25 Mon
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース