バルサ戦負傷のゲデス、ポルトガル代表離脱…ベンフィカのラファ・シウバを追加招集《UEFAネーションズリーグ》2018.10.09 14:10 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ポルトガルサッカー連盟(FPF)は8日、バレンシアに所属するFWゴンサロ・ゲデスが負傷により、同国代表を辞退することを発表した。また、ベンフィカに所属するMFラファ・シウバを追加招集することも併せて伝えている。

▽ゲデスは7日、リーガエスパニョーラ第8節のバルセロナ戦に先発出場。しかし、開始11分で負傷交代していた。バレンシアは8日に診断した結果、左足の内転筋を負傷したことを発表している。

▽ポルトガル代表は11日にUEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ3の2戦目でポーランド代表と対戦。14日にはスコットランド代表との国際親善試合を戦う。

コメント

関連ニュース

thumb

主力温存のポルトガルが敵地でスコットランドに3発快勝《国際親善試合》

▽ポルトガル代表は14日、国際親善試合でスコットランド代表とアウェイで対戦し、3-1で勝利した。 ▽11日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)のポーランド代表戦を勝利し、UNL2連勝を飾ったポルトガル。チームを率いるフェルナンド・サントス監督は、ポーランド戦のスタメンからルベン・ジアス以外の10人を変更。エデルやエウデル・コスタ、ブルマ、ブルーノ・フェルナンデスらサブ組がスタメンに名を連ねた。 ▽立ち上がりから一進一退の膠着状態が続く中、最初の決定機はホームのスコットランド。37分、右サイドでボールを受けたフォーレストのクロスをネイスミスがダイビングヘッドで合わせたが、これは僅かにゴール左に外れた。 ▽ピンチを凌いだポルトガルは41分、セルジオ・オリベイラとのパス交換でボックス内に侵入したブルマのパスを中央で受けたエデルが反転から右足を振り抜いたが、このシュートはGKゴードンが正面でセーブ。 ▽0-0のまま前半終了かと思われたが、43分に試合が動く。ブルマのパスで左サイド深くまで切り込んだセドリックがダイレクトで折り返すと、ゴール前に走り込んだエウデル・コスタが滑り込みながらゴールに押し込んだ。 ▽迎えた後半も、先にチャンスを作ったのはスコットランドだった。53分、J・マッギンの左CKからボックス中央でフリーとなったマッケンナがダイビングヘッドを狙ったが、ボールはゴール左に外れた。 ▽対するポルトガルは74分、バイタルエリア手前でFKを獲得すると、レナト・サンチェスのFKからエデルがヘディングを叩き込み、追加点を奪う。 ▽さらに84分には、ジェドソン・フェルナンデスのロングパスで抜け出したブルマがボックス左から侵入。カットインからゴール右にシュートを突き刺し、リードを広げた。 ▽試合終了間際の94分にネイスミスのゴールで1点を返されたポルトガルだが、試合はそのまま3-1で終了。主力を温存しながらも敵地で完勝のポルトガルが、インターナショナルマッチ3連勝と好調を維持している。 2018.10.15 03:07 Mon
twitterfacebook
thumb

ベルナルド&アンドレ・シウバ弾などでポルトガルがポーランドに逃げ切り勝利で2連勝スタート《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ2018-19・リーグA・グループ3のポーランド代表vsポルトガル代表が11日に行われ、2-3でポルトガルが逃げ切った。 ▽先月行われた初戦のイタリア代表戦を1-1で引き分けたポーランドは、代表戦通算100試合目の出場となるエースのレヴァンドフスキが、ジェノアでゴールを量産しているピョンテクと2トップを形成した。 ▽一方、初戦のイタリア代表戦を1-0で勝利したポルトガルは、引き続きC・ロナウドが選外となった中、ベルナルド・シウバやアンドレ・シウバ、ペペにカンセロらがスタメンとなった。 ▽[4-3-3]を採用したポルトガルは3トップに右からベルナルド・シウバ、アンドレ・シウバ、ラファと並べ、中盤アンカーにネヴェス、インサイドにW・カルバーリョとピッツィを配置した。 ▽ホームチームのポーランドが積極的な入りを見せてきた中、7分にポルトガルがゴールに迫る。左CKのショートコーナーからニアサイドのアンドレ・シウバがヒールシュートでゴールを脅かした。 ▽ひやりとしたポーランドだったが、18分に先制した。右CKをファーサイドのピョンテクがヘッドで叩き込んだ。 ▽ブレイク中のストライカーのゴールで先制したポーランドだったが、32分にポルトガルが同点に追いつく。ボックス右深くでスルーパスを受けたピッツィのクロスをアンドレ・シウバがボレーで蹴り込んだ。 ▽直後にもピッツィのミドルシュートで逆転弾に迫ったポルトガルが攻勢に出ると、42分に逆転した。ロングボールに抜け出したボックス中央のラファが見事なトラップでGKを交わしてゴールに流し込んだ。 ▽迎えた後半、開始4分にFKからペペのボレーシュートでゴールに迫ったポルトガルは52分に3点目を奪い切る。ベルナルド・シウバが右サイドからのカットインシュートを見事に決め切った。 ▽2点を追う展開となったポーランドは、ブワシュチコフスキとグロシツキの両アタッカーを投入して反撃を狙うと、75分にFKからベドナレクのヘディングシュートがわずかに枠を外れた。 ▽それでも77分、代わって入った2選手が仕事を果たす。右サイドからグロシツキの上げたクロスのルーズボールをボックス手前左のブワシュチコフスキがボレーシュートでゴール右下に叩き込んだ。 ▽しかし、終盤は途中出場のレナト・サンチェスが4点目に迫るなど、攻め手を緩めなかったポルトガルが3-2で逃げ切り勝利。2連勝スタートとしている。 ▽勝利したポルトガルは14日にスコットランド代表との親善試合を戦い、敗れたポーランドは14日にUNL3戦目のイタリア代表戦う。 2018.10.12 06:31 Fri
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドの不運は古巣マドリーの陰謀にあり! 代表不参加は結託するUEFAへの抗議か

▽ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドはここ最近自身の周りで起こっている不運な出来事の原因が、古巣レアル・マドリーの陰謀だと考えているようだ。イタリアの著名ジャーナリスト、タンクレディ・パルミエリ氏がイタリア『Tutto Mercato Web』で主張した。 ▽パルミエリ氏はC・ロナウドの関係者筋の情報として、C・ロナウドの信じているマドリー陰謀論に関して言及した。 ▽C・ロナウドはクラブの反対を押し切って今夏、レアル・マドリーからユベントスに移籍したことが発端で、フロレンティーノ・ペレス会長をはじめとするマドリー陣営が自身の評判を貶める動きをしていると考えているようだ。 ▽そして、先日にロンドンで行われたザ・ベストFIFAアワード2018で自身が男子最優秀選手賞を受賞できず、元同僚MFルカ・モドリッチが受賞した一件に関してはマドリーからの要請で欧州サッカー連盟(UEFA)が不当に圧力をかけたと考えているという。 ▽同時にC・ロナウドは当初、モンテカルロから自身のプライベートジェットで授賞式に出席する準備を進めていたものの、直前に自身の受賞がないことを知ったことで、マドリーとUEFA側への抗議で参加を見送ったようだ。 ▽さらに、C・ロナウドは先日行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループH第1節のバレンシア戦で自身が不可解な判定で一発退場になった一件に関しても、単なる不運ではなくマドリーやUEFA側の関与を疑っているという。 ▽そして、ロシア・ワールドカップ以降、ポルトガル代表の活動を辞退している理由に関しては、先日から盛んに報じられている自身の強姦疑惑の影響によるものではなく、UEFA側への抗議という意味合いでの行いだという。 ▽C・ロナウドはサッカー界のスーパースターの1人である自身が参加をボイコットすることで、UEFAネーションズリーグを失敗に導きたいと考えているようだ。 ▽今回発表された一連の陰謀論はパルミエリ氏がC・ロナウドの関係者筋の情報を基にされたものであり、真偽のほどは確かではないが、C・ロナウドとマドリー、UEFAの関係が最悪なものであることは確かなようだ。 2018.10.10 18:26 Wed
twitterfacebook
thumb

強姦疑惑C・ロナウドを家族がサポート! 「正義のために」

▽ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの家族が、強姦疑惑が騒がれている同選手を支援するキャンペーンを開始した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽アメリカ人モデルのキャスリン・マヨルガさんからの告発により、2009年に強姦した疑いが浮上しているC・ロナウド。当人は容疑を否定しているものの、ラスベガス警察が調査に動き出したことが報じられている。 ▽サッカー界最高のスーパースターに沸いた不祥事は、世界中のファンに激震を走らせた。罪は確定していないものの、SNS上などではC・ロナウドへ過激な誹謗中傷を浴びせるユーザーも少なくない。 ▽一方で、C・ロナウドの母親であるドローレスさんと、姉のカティアさんが無実を訴えるべく行動を開始。SNS上で、C・ロナウドがスーパーマンの格好をしている合成画像を添付し、以下のようなメッセージを掲載した。 「一週間この画像をプロフィールに載せる勇気のある人を見たい。そして彼に連鎖しますように…。ポルトガルのために、彼のために、私たちや結束する人々のため、そして正義のために。彼はそれに値する」 ▽また、姉のカティアさんは自身のインスタグラム上で実際にC・ロナウドの画像をプロフィールに設定。協力の呼びかけは、1時間で1万5000件のイイネを獲得したそうだ。 2018.10.09 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントス、強姦疑惑C・ロナウド擁護の姿勢を表明! 「ユベントスの誰からも高く評価されている」

▽ユベントスが、所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを巡る騒動について、擁護する考えを表明した。クラブ公式ツイッター(@juventusfc)に投稿している。 ▽被害者からの告発により、2009年にアメリカ人女性を強姦した疑いが浮上しているC・ロナウド。当人は容疑を否定しているものの、ラスベガス警察が調査に動き出したことが報じられている。 ▽また、この一件に関してC・ロナウドの個人スポンサーである大手スポーツブランド『ナイキ』や、『EA Sports』は、静観する構えと同時に「不安」な思いを抱えていると吐露。大スターに沸いたデリケートな話題だけに、周囲の対応も注目を集めている。 ▽そんな中、5日にツイッターを更新したユベントスは、C・ロナウドの潔白を信じる姿勢を明かした。 「クリスティアーノ・ロナウドはここ数か月間に渡り偉大なプロフェッショナリズムと献身性を示している。それはユベントスの誰からも高く評価されている」 「ほぼ10年前にも遡るその出来事がこの考えを変えることはない。この偉大なチャンピオンと接した誰もが、(この意思を)共有している」 ▽容疑がかけられている段階ではあるが、万が一の場合や被害者の心情を慮ればビッグクラブとしては非常に慎重な対応が求められる今回の一件。ユベントスが立場を明らかにした一方で泥沼化も予想されるが、果たしてどのような決着を迎えるのだろうか。 2018.10.05 17:50 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース