ランパードがジョン・テリーの監督業転身に太鼓判! 「彼はリーダー」2018.10.09 13:50 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽現役引退を発表したジョン・テリー氏の監督業転身に、盟友のフランク・ランパード監督が太鼓判を押した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。▽主にチェルシーで活躍したテリー氏は、21年間に渡って同クラブを支え公式戦通算702試合に出場。その間、5度のプレミアリーグ制覇や1度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝を含む「15」のタイトルをもたらした。

▽7日に現役引退を発表したテリー氏に関して、2001年から2014年までをチェルシーで共にしたランパード監督(現ダービー・カウンティ)がマネジメント業向きだと語った。

「間違いなく、彼は既にそう(マネジメント業に進むと)話していると思う」

「ジョン(・テリー)のキャラクターや人格面は然り、僕ら皆がそれを知っていると思う」

「彼はピッチ内外でリーダーだった。彼はコーチとして、監督としてもリーダーになるだろう。何をすべきか選択し上手くやるべきだと望むならね」

「彼は試合について学ぼうとしているし、既に豊富な経験と知識を獲得している」

「彼がコーチングとマネジメントの道に進むであろうことを確信している。ジョンは私がそう思う人々の1人なんだ。彼はプロフェッショナルなタイプの人物で、それ(監督やコーチング業)を仕事にするだろう」

▽テリー氏には、現役最後のクラブとなったアストン・ビラでコーチングスタッフを務める可能性が浮上している。チャンピオンシップ(イングランド2部相当)で、かつてのチームメイト同士の激突が見られることになるかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシー安堵…サッリ、ヴィディ戦で負傷交代のモラタは「深刻ではない」

▽ヴィディ戦で負傷交代したチェルシーのスペイン代表FWアルバロ・モラタは、重傷ではないようだ。イギリス『Four Four Two』が伝えている。 ▽チェルシーは13日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループH最終節でヴィディと対戦。この日先発出場したモラタだったが、40分に右サイドからのクロスをニアサイドで合わせた際に左ヒザを負傷し、前半のうちに途中交代した。なお、試合は2-2の引き分けに終わっている。 ▽試合後、チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督は、モラタの状態について「深刻ではない」と明かしている。 「医者による最初の印象では、そこまで悪くなく、深刻でもないようだ」 「とはいえ明日ケガの具合をチェックする必要がある。それまでは待たなければならない」 2018.12.14 11:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ELラウンド32進出チームが決定! 日本勢は長谷部、南野、乾にCL3位敗退組の長友の4クラブに!

▽13日にヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ全日程が終了した。この結果、ラウンド32に進出する全32チームが決定した。 ▽例年、番狂わせの目立つELグループステージだが、今季は優勝候補に挙がるチェルシー、アーセナルのロンドン勢、同大会に相性が良いスペイン勢のビジャレアル、セビージャ、昨季上位に進出したザルツブルクやラツィオなどの強豪チームが順当に突破を決めた。 ▽その一方で、優勝候補のミラン、昨季準優勝チームのマルセイユ、昨季チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16のベシクタシュら強豪チームが敗退する波乱も起こった。 ▽合計5人が参戦した日本人選手の所属クラブではMF南野拓実のザルツブルク、MF長谷部誠のフランクフルト、MF乾貴士のベティスが揃って首位通過を決めた。一方、前述のマルセイユに所属するDF酒井宏樹、アンデルレヒトに所属するMF森岡亮太の2選手は共に最下位での敗退となった。 ▽なお、来年2月に開催されるラウンド32には今回グループステージを勝ち抜いた24チームと、今季CLグループステージの各グループを3位で終えた8チームの合計32チームが出場する。 ▽また、CL3位敗退チームを含めたラウンド32進出チームを国別に分けると、ベティス、ビジャレアル、セビージャ、バレンシア(CL敗退組)の4チームが勝ち残ったスペイン勢が最多に。続いてラツィオ、インテル(CL敗退組)、ナポリ(CL敗退組)の3チームが残ったイタリアが次点となっている。 ▽CL3位敗退チームの一覧および各グループの最終順位の一覧は以下の通り。 ◆CL3位敗退チーム クラブ・ブルージュ(ベルギー) インテル(イタリア) ナポリ(イタリア) ガラタサライ(トルコ) ベンフィカ(ポルトガル) シャフタール(ウクライナ) ビクトリア・プルゼニ(チェコ) バレンシア(スペイン) ◆ELグループステージ順位表 【グループA】 1.レバークーゼン(ドイツ) 2.チューリッヒ(スイス) ――決勝T進出―― 3.AEKラルナカ(キプロス) 4.ルドゴレツ(ブルガリア) 【グループB】 1.ザルツブルク(オーストリア) 2.セルティック(スコットランド) ――決勝T進出―― 3.RBライプツィヒ(ドイツ) 4.ローゼンボリ(ノルウェー) 【グループC】 1.ゼニト(ロシア) 2.スラビア・プラハ(チェコ) ――決勝T進出―― 3.ボルドー(フランス) 4.コペンハーゲン(デンマーク) 【グループD】 1.ディナモ・ザグレブ(クロアチア) 2.フェネルバフチェ(トルコ) ――決勝T進出―― 3.スパルタク・トルナバ(スロバキア) 4.アンデルレヒト(ベルギー) 【グループE】 1.アーセナル(イングランド) 2.スポルティング・リスボン(ポルトガル) ――決勝T進出―― 3.ヴォルスクラ(ウクライナ) 4.カラバフ(アゼルバイジャン) 【グループF】 1.ベティス(スペイン) 2.オリンピアコス(ギリシャ) ――決勝T進出―― 3.ミラン(イタリア) 4.デュドランジュ(ルクセンブルク) 【グループG】 1.ビジャレアル(スペイン) 2.ラピド・ウィーン(オーストリア) ――決勝T進出―― 3.レンジャーズ(スコットランド) 4.スパルタク・モスクワ(ロシア) 【グループH】 1.フランクフルト(ドイツ) 2.ラツィオ(イタリア) ――決勝T進出―― 3.アポロン・リマソル(キプロス) 4.マルセイユ(フランス) 【グループI】 1.ヘンク(ベルギー) 2.マルメ(スウェーデン) ――決勝T進出―― 3.ベシクタシュ(トルコ) 4.サルプスボリ(ノルウェー) 【グループJ】 1.セビージャ(スペイン) 2.FCクラスノダール(ロシア) ――決勝T進出―― 3.スタンダール・リエージュ(ベルギー) 4.アクヒサル(トルコ) 【グループK】 1.ディナモ・キエフ(ウクライナ) 2.レンヌ(フランス) ――決勝T進出―― 3.アスタナ(カザフスタン) 4.ヤブロネツ(チェコ) 【グループL】 1.チェルシー(イングランド) 2.BATEボリソフ(ベラルーシ) ――決勝T進出―― 3.ヴィディ(ハンガリー) 4.PAOK(ギリシャ) 2018.12.14 07:13 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー、ウィリアン&ジルーのFK弾もGS最終節はドロー…グループHはチェルシーとBATEが突破《ヨーロッパリーグ》

▽チェルシーは13日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループH最終節でヴィディと対戦し、2-2で引き分けた。 ▽ここまで5戦全勝で首位突破をすでに決めているチェルシー。先週末に行われたプレミアリーグ第16節のマンチェスター・シティ戦に勝利し、それまでリーグ3試合で2敗していた嫌な流れから一気に復調してきた。チェルシーにとって消化試合となる今回のヴィディ戦には、スタメンをシティ戦からウィリアンを除く10選手変更。カバジェロやエメルソン、アンパドゥ、ロフタス=チーク、ハドソン=オドイ、モラタらが先発に起用された。 ▽予想通りチェルシーがボールを支配する展開になるものの、ゴール前に人数を固めるヴィディの守備をなかなか攻略できない。試合が動いたのは30分、ゴール正面でFKを獲得したチェルシー、ウィリアンがこれを直接決めて先制点を奪った。 ▽しかしその2分後、ヴィディの右CKの場面でアンパドゥがオウンゴールを献上。すぐに追いつかれてしまった。42分にもカウンターを許したチェルシーはネゴに枠内シュートを飛ばされ危ない場面に。だが、ここはGKカバジェロが掻きだして何とか回避した。 ▽前半アディショナルタイムに負傷したモラタを下げてジルーを投入したチェルシーは、56分にはウィリアンを下げてペドロをピッチへ。しかしその直後、試合を動かしたのはヴィディだった。 ▽56分、相手のパスミスを自陣で奪ったヴィディは少ないタッチ数で一気に縦に突破。G・ミラノフがドリブルで左サイドを駆け抜けると、ボックス手前の速い段階でクロスを供給。これをファーサイドにいたネゴが見事なダイレクトボレーシュートを叩き込み、逆転に成功した。 ▽まさかの逆転を許してしまったチェルシーは72分に敵陣でボールを奪ってショートカウンターを発動。左に開いたハドソン=オドイのクロスをペドロが胸トラップからシュートにつなげるが、惜しくも枠の左に外れた。 ▽チェルシーが押し込む展開が続く中迎えた75分、前半同様にチェルシーはゴール正面でFKを獲得。これをジルーが左上隅に沈めて同点に追いついた。 ▽その後も主導権を握ったチェルシーだったが、勝ち越し弾を奪うまでには至らず2-2で試合終了。グループHはチェルシーが首位突破、2位通過はBATEとなった。 2018.12.14 04:53 Fri
twitterfacebook
thumb

「人種差別は非常に不快な行為」サッリがチェルシーファンによるスターリングへの愚行を非難

チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督は、自クラブサポーターによるマンチェスター・シティのラヒーム・スターリングへの人種差別行為について言及した。<br><br>8日にスタンフォード・ブリッジで行われたマンチェスター・C戦で、3、4名のチェルシーサポーターがスターリングに対して人種差別的な暴言を吐いた問題が発覚。クラブと地元警察が捜査に乗り出す事態にまで発展している。<br><br>そして、13日のヨーロッパリーグ ヴィデオトン戦前の会見で、サッリ監督は自クラブサポーターによるスターリングへの人種差別行為について口を開いた。「まず最初に言いたいことはいかなる種類の差別を私は強く非難する。そのような行為は到底受け入れられない。ただ、調査も行われているからこれ以上のことは言えない。あれらの行為は本当に不快なものだ」<br><br>チェルシーは既に差別行為に及んだ人物を特定し、スタジアム入場禁止等の処分を科している。その一方で、ビッグマッチでのイングランド代表選手への人種差別ということもあり、イングランド国内では大きな波紋を呼んでいる。<br><br>一方、ヨーロッパリーグにおいては既に首位での決勝トーナメント進出が決まっている。そのため、グループステージ最終節のヴィデオトン戦は実質的な消化試合となり、この試合には主力を休ませる考えをサッリ監督は明らかにした。「前回の試合では得点を挙げるのにとても苦労した。彼らはグループ突破のために、勝利をを目指して戦うことになるから前回とは違う試合になるだろう」<br><br>「まだ、スタメンを決めていないが、先週に6日間で3試合を戦った選手たちはこの試合を欠場することになる。ケパ、(アントニオ・)リュディガー、(セサル・)アスピリクエタ、(エンゴロ・)カンテ、(エデン・)アザールについての話だ。それに(マテオ・)コバチッチ、(ギャリー)ケイヒル、(ビクター・)モーゼスは負傷中だ。残りの選手で戦うことになる」<br><br>提供:goal.com 2018.12.13 15:35 Thu
twitterfacebook
thumb

モラタがバルサに売り込み⁉

▽チェルシーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(26)が、バルセロナに売り込みをかけているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が、スペインのラジオ局『RAC1』での放送を引用して伝えている。 ▽レアル・マドリー下部組織出身のモラタは2010-12シーズンのサラゴサ戦でトップチームデビューを飾った。しかし、モラタの務めるセンターフォワードには元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、元アルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアインが在籍していたため、出場機会に恵まれずにユベントスに移籍。その後、一度はマドリー復帰を果たしたものの、その際もポジションを奪い切ることはできず、2017年夏に推定移籍金6500万ユーロ(現在のレートで約83億円)+ボーナスでチェルシーへ加入していた。 ▽加入初年度となった昨シーズンは、アントニオ・コンテ前監督のもと、公式戦48試合で11ゴールを記録。さらに、マウリツィオ・サッリ新監督になった今シーズンも、プレミアリーグ14試合で5ゴールとまずまずの数字を残している。しかし、大一番でスタメンから外されることもあり、絶対的な信頼は得られていない。 ▽今回伝えられるところによれば、モラタ側がウルグアイ代表FWルイス・スアレス(31)の後継者の獲得を目指しているバルセロナに売り込みをかけた模様。しかし、バルセロナは移籍市場でのフォワードの動向に注意を払っているものの、現時点でのモラタ獲得は最優先事項とならないことも伝えられている。 2018.12.12 20:48 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース