ロシアW杯後に代表引退を表明した“イランの逸材”アズムーン、代表復帰へ2018.10.09 09:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)終了後にイラン代表引退を表明していたルビン・カザンのFWサルダール・アズムーン(23)が、代表に復帰するようだ。

▽“イランのメッシ”とも称され、将来を嘱望されるアタッカーのアズムーン。これまで代表通算36試合23ゴールを誇り、ロシアW杯でも全3試合に出場した。しかし、イラン代表はグループステージ敗退。これにより同国は批判を浴びることとなった。すると、この批判はアズムーンの母親にも及び、これが原因で同選手は大会終了後に自身のインスタグラム(sardar_azmoun)で代表引退を表明していた。

▽そんな中、イラン・イスラム共和国サッカー連盟(FFIRI)は今月3日、16日にボリビア代表との国際親善試合を戦うイラン代表メンバーを発表。そのメンバーリストの中にはアズムーンの名が含まれていた。また、アムズーンが所属するルビン・カザンも7日、クラブ公式サイトで同選手がイラン代表に向かったことを報告している。
コメント
関連ニュース
thumb

コロンビア代表、元イラン代表指揮官カルロス・ケイロス氏を招へい! 3月に日本と早くも再戦

コロンビアサッカー協会(FCF)は6日、コロンビア代表監督にポルトガル人のカルロス・ケイロス氏(65)が就任することを発表した。7日に就任記者会見が行われる。 これまでポルトガル、UAE、南アフリカ、イランといった代表チームやスポルティング・リスボン、名古屋グランパス、レアル・マドリーといったクラブチームの指揮官を歴任してきたケイロス氏。2011年からはイラン代表で長期政権を築き、2014年ブラジル大会、2018年ロシア大会と2大会連続でワールドカップ(W杯)本大会出場に導いてきた。 先日に行われたアジアカップでは、グループステージを全勝で突破するなど、5試合で12得点無失点と圧倒的な強さでベスト4進出。しかし、準決勝で日本代表に0-3で敗れ、カルロス・ケイロス監督(65)は試合後、退任を明言していた。 一方、コロンビア代表監督は、2012年1月から指揮してきたアルゼンチン人のホセ・ペケルマン監督がロシアW杯終了後の9月に退任して以降、空位に。これまではU-20コロンビア代表で監督を務めるアルトゥロ・レジェス氏が臨時監督を務めていた。 コロンビア代表は、3月22日(金)に日産スタジアムで日本代表と対戦。早くもケイロス監督と日本代表の再戦が実現する。 2019.02.07 15:15 Thu
twitterfacebook
thumb

イラン代表、元サウジ&豪州監督のファン・マルバイク氏招へいか

元オーストラリア代表監督のベルト・ファン・マルバイク氏(66)にイラン代表監督への就任の可能性が浮上している。『FOXスポーツ』が伝えた。 イラン代表は先日に行われたアジアカップでグループステージを全勝で突破するなど、5試合で12得点無失点と圧倒的な強さでベスト4進出。しかし、準決勝で日本代表に0-3で敗れ、カルロス・ケイロス監督(65)は試合後、退任を明言していた。既報ではコロンビア代表監督に就任する見通しのようだ。 そんな中、イラン代表指揮官の後任はファン・マルバイク氏が務めることになる模様。ドルトムントやフェイエノールト、オランダ代表監督を指揮した経験を持つ同氏は、2015年にサウジアラビア代表監督に就任し、同国をロシア・ワールドカップに導いた。しかしその後、契約を延長せず、ロシアW杯ではオーストラリア代表を率いていた。 2019.02.07 12:45 Thu
twitterfacebook
thumb

オイペンで豊川雄太と同僚のイラン代表DFプーラリガンジがカタールに移籍

カタールのアル・アラビは31日、オイペンからイラン代表DFムルタザ・プーラリガンジ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。 プーラリガンジは、母国のナフト・テヘランでプロキャリアをスタート。2015年2月に中国スーパーリーグの天津泰達へと完全移籍。2016年1月にカタールのアル・サッドへと加入すると、2018年8月にオイペンへと移籍していた。 初の欧州挑戦となったオイペンでは、ジュピラー・プロ・リーグで6試合に出場し2ゴールを記録。しかし、メンバー外になる事が多く、出場機会に恵まれていなかった。 イラン代表としても2015年からプレーし、これまで34試合に出場。2015年のアジアカップや2018年のロシア・ワールドカップにも出場。ロシアW杯ではグループステージの3試合にフル出場していた。 また、今月UAEで行われているアジアカップにもイラン代表として出場。準決勝の日本代表戦を含む5試合にフル出場し、4試合の無失点に貢献していた。 アル・アラビはカタール・スターズリーグで現在15試合を終えて6位に位置している。 2019.01.31 20:45 Thu
twitterfacebook
thumb

長友佑都、イラン代表選手との後日談を報告 「乱闘は腹立ったけど…」

ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都がイラン代表選手たちとのわだかまり解消を報告した。 日本代表は28日に行われたAFCアジアカップ2019準決勝でイラン代表と対戦。3-0で快勝した日本代表が決勝進出を果たした。 だが、苛立ったイラン代表FWサルダール・アズムーンが試合中に日本代表選手数名に愚行を働き、終了間際に乱闘沙汰に発展した。 長友は自身のツイッター(@YutoNagatomo5)を通じて、乱闘騒ぎになったイラン代表選手との後日談を次のように明かした。 「終了間際の乱闘は腹立ったけど、さっきエレベーターでイランの選手と一緒になり、昨日はごめんねって謝ってきた。自分も挑発したから謝った。熱くなってたものがすっと消えた。ピッチ上は国を背負いプライドがぶつかり合う。ピッチ外では同じ人間で仲間だ。スポーツの素晴らしさを感じた瞬間」 2019.01.29 19:40 Tue
twitterfacebook
thumb

【アンケート結果】アジア最強を撃破した日本代表、アジア奪還まであと1勝

超WS有料版で実施した29日に行われたAFCアジアカップ2019決勝トーナメント準決勝のイラン代表戦におけるユーザー採点アンケート結果を発表します。 最強の相手イランと対峙した森保ジャパンは、56分にFW南野拓実のクロスからFW大迫勇也がヘディングで合わせ、今大会無失点のイラン守備陣の牙城を崩すことに成功。その後、南野が相手のハンドを誘発して獲得したPKを大迫が沈め、試合終了間際にはMF原口元気のゴールも生まれ、終わってみれば3-0の快勝という形になりました。一方、MF遠藤航、DF酒井宏樹が負傷交代してしまったことが決勝戦に向けて不安材料になりました。 最高点は2ゴールと"半端ない"活躍を見せた大迫が「7.1」。次点で相手エースを封じ込めたDF冨安健洋が「6.7」と高評価となっています。 ◆イラン戦のユーザー採点結果 GK 権田修一 5.5 DF 酒井宏樹 5.8 →室屋成 5.6 冨安健洋 6.7 吉田麻也 6.3 長友佑都 5.8 MF 遠藤航 6.0 →塩谷司 5.8 柴崎岳 6.1 堂安律 5.7 →伊東純也 - 南野拓実 6.6 原口元気 6.3 FW 大迫勇也 7.1 監督 森保一 6.2 ◆皆様の声(一部) ・メンバー全員が始めから集中していた試合を久々に見た! あと1試合を集中して勝利を掴みとってください! ・大迫半端なかった!冨安も半端なく素晴らしかった! ・相手のラフプレーにも落ち着いて対処していて、安心して応援出来ました ・2位じゃダメなんです! ・イラン相手に完勝は本当に素晴らしい! が、ここで緩まず優勝を勝ち取って欲しい ・ディフェンスラインの連携完璧でした ・大迫流石! このまま優勝 2019.01.29 19:03 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース