ロシアW杯後に代表引退を表明した“イランの逸材”アズムーン、代表復帰へ2018.10.09 09:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロシア・ワールドカップ(W杯)終了後にイラン代表引退を表明していたルビン・カザンのFWサルダール・アズムーン(23)が、代表に復帰するようだ。

▽“イランのメッシ”とも称され、将来を嘱望されるアタッカーのアズムーン。これまで代表通算36試合23ゴールを誇り、ロシアW杯でも全3試合に出場した。しかし、イラン代表はグループステージ敗退。これにより同国は批判を浴びることとなった。すると、この批判はアズムーンの母親にも及び、これが原因で同選手は大会終了後に自身のインスタグラム(sardar_azmoun)で代表引退を表明していた。

▽そんな中、イラン・イスラム共和国サッカー連盟(FFIRI)は今月3日、16日にボリビア代表との国際親善試合を戦うイラン代表メンバーを発表。そのメンバーリストの中にはアズムーンの名が含まれていた。また、アムズーンが所属するルビン・カザンも7日、クラブ公式サイトで同選手がイラン代表に向かったことを報告している。
コメント
関連ニュース
thumb

イラン代表が誇る23歳のスターが代表引退を電撃表明

▽ルビン・カザンに所属するイラン代表FWサルダール・アズムーン(23)が28日に自身のインスタグラム(sardar_azmoun)を通じて、代表引退を表明した。 ▽アズムーンは、“イランのメッシ”とも称される国内屈指のタレント。代表通算36試合23ゴールを誇り、ロシア・ワールドカップでも全3試合に出場した。だが、躍進が期待されたイラン代表は、スペイン代表やポルトガル代表、モロッコ代表と同居したグループBを1勝1分け1敗で終了。グループステージ敗退が決定した。 ▽23歳の若さで代表引退を決断したアズムーンは「僕の母は重病を克服した。僕も幸せだった。でも、残念なことに、僕や僕のチームメートを侮辱する何人かのせいで、彼女の病気が悪化した。そのため、僕は難しい選択を強いられ、結果として母を選んだ」と、その経緯を説明。批判が自身の母親にも及ぶ現状を原因として挙げた。 ▽今回のロシアW杯こそグループステージで姿を消したものの、世界の舞台で勝ち点4を積み上げるなど、アジア勢屈指の力を証明したイラン代表。来年1月にAFCアジアカップを控える中、アズムーンが下した今回の衝撃的な代表引退という決断は今後、国内で波紋を呼びそうだ。 2018.06.29 16:25 Fri
twitterfacebook
thumb

イランのケイロス監督が疑問「CR7の退場回避はスターだから? 」…VARも批判

▽イラン代表のカルロス・ケイロス監督が、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)は機能していないと主張した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽イランは25日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループB第3節でポルトガル代表と対戦して1-1で引き分けた。勝てば自力での決勝トーナメント進出が決まる試合だったが、結果的にはグループ3位でフィニッシュし、大会から姿を消すこととなっている。 ▽試合の中ではVARにより何度もプレーが中断され、スタジアムは異様な雰囲気に。ポルトガルが1点をリードして迎えた後半序盤には、VARによりFWクリスティアーノ・ロナウドがPKを獲得。C・ロナウドがPKを失敗しイランは首の皮一枚を残したものの、試合を終わらせかねない判定となった。 ▽また、試合の終盤には競り合いの中でC・ロナウドがイランDFに肘を入れ、VARチェックの対象に。実際にはイエローカードが提示されたが、レッドカードでの退場が妥当だったのではないかと物議を醸している。 ▽逆に試合終了間際にはイランはVARによりPKを獲得。恩恵も受けているが、それでもケイロス監督は新システムが機能していないと切り捨てた。 「FIFAがここにいるから注意しないとね」 「彼(C・ロナウド)がペナルティーを獲得した時は少しおかしかった。何が起こっているか誰も知らなかったんだ」 「プレーを止めるまでに少し時間がかかり、5、6人の人々がスローモーションカメラでその出来事を確認した」 「監督としては、何が起こっているのか知る余地を持たせられるべきだ」 「これ以上あれに関して話したり、問題を抱えたいとは思わない。(既に)プレーは止められたし、同じことだ」 「私は昨日もそう話したし、今も繰り返す。娘が少し妊娠しているか完全に妊娠しているかなんて、知りたくないんだ」 「VARはうまくいかないし、機能してない」 「彼(C・ロナウド)が退場にならなかったのは、彼であるからなのか、フットボールのスターであるからなのか、私には分からない。それは良い疑問だ」 「しかし、何の意味もなさないというのがこれ(VAR)の全てだ。何かを確認して、イエローカードが提示された」 2018.06.26 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:イラン 1-1 ポルトガル《ロシアW杯

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループB最終節、イラン代表vsポルトガル代表が25日に、モルドヴィア・アリーナで行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、ポルトガルの2位通過が決定した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽イラン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180626_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ビランヴァンド 6.0 力のこもったPKストップでイランの士気を高めた DF 23 レザイーアン 5.5 積極的な攻め上がりで自らゴールを狙う場面も 19 マジド・ホセイニ 5.5 集中した守備を見せた 8 プーラリガンジ 5.5 守備ラインを統率。クロスをはね返し続けた 3 エーサン・ハサフィ 5.0 攻守の貢献でも乏しく、警告を受けた直後に交代となった (→ミラド・モハマディ 5.5) 終盤にはイランの攻撃に貢献 MF 6 エザトラヒ 4.5 エザトラヒの守備ではポルトガルに対する防波堤にならなかった (→アンサリファルド 5.5) 試合終了間際のPK弾であと一歩のところまで迫るが… 18 ヤハンバクフシュ 5.5 快足を生かして攻撃の中心に。イランのチャンスにはいつもこの男が顔を出していた (→ゴッドス 5.0) 途中出場も応えられず 9 イブラヒミ 5.5 前線の選手ながら守備にも貢献。そのプレーに観客から歓声も FW 17 タレミ 5.0 左サイドで相手の脅威になることは無かった 20 アズムーン 5.5 なかなか前線で起点が作れなかったものの、試合終盤にPK奪取 11 アミリ 5.0 存在感出せず 監督 カルロス・ケイロス 5.5 ポルトガルをあと少しの所まで苦しめた。熱い姿は選手の奮起を促した ▽ポルトガル採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180626_8_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 R・パトリシオ 5.5 安定したセービング。PKは仕方なし DF 21 セドリック 5.0 いつものようなプレーが見られなかった 3 ペペ 6.0 読みを利かしたディフェンスで相手の決定機を阻止 6 フォンテ 6.0 集中した守りでペペと共に高い壁を築いた 5 ラファエウ・ゲレイロ 5.5 常に高いポジションをキープし攻撃をサポート MF 20 クアレスマ 6.5 監督の采配に応える貴重な一発を沈めた (→ベルナルド・シウバ 5.5) 途中出場ながらも攻撃のアクセントに 14 W・カルバーリョ 5.5 中盤の底で構えつつ、ポゼッションにも大きく貢献 23 アドリエン・シウバ 6.0 クアレスマのスーパーゴールをアシスト 10 ジョアン・マリオ 5.5 ディフェンスの間に入り、ポルトガルの攻撃の流動性を高めた (→ジョアン・モウティーニョ -) FW 9 アンドレ・シウバ 5.0 ほとんどチャンスが回って来ず 7 C・ロナウド 4.5 決定力の低さに加え、退場になってもおかしくない愚行を冒してしまった 監督 サントス 6.0 クアレスマ抜擢が功を奏した。苦しみながらもグループステージ突破 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! クアレスマ(ポルトガル) ▽今大会初出場ながらも監督の期待に応える活躍。得意の右足アウトサイドから放たれた美しいシュートは見事というほかない イラン 1-1 ポルトガル 【イラン】 アンサリファルド(後48[PK]) 【ポルトガル】 クアレスマ(前45) 2018.06.26 05:04 Tue
twitterfacebook
thumb

ポルトガル、イランの猛攻振り切りグループB2位通過!決勝Tではウルグアイと対戦《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループB最終節、イラン代表vsポルトガル代表が25日に、モルドヴィア・アリーナで行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽勝った方がグループステージを突破できるこの一戦。初戦でスペイン代表と打ち合い、第2節でモロッコに辛勝したポルトガルは、前節からモウティーニョ、ベルナルド・シウバ、ゴンサロ・ゲデスを代えて、アドリエン・シウバ、アンドレ・シウバ、クアレスマが先発に起用された。 ▽一方のイランは初戦でモロッコに勝利し、第2戦ではスペインに惜敗。勝ち点3で3位に位置しているため、突破のためには勝利が必須。前節からの変更点は1点。アンサリファルドを代えてヤハンバクフシュを先発になった。 ▽まずはこの男がチャンスに迫る。3分、左サイドを攻めるポルトガルは、味方からパスを受けたC・ロナウドがボックス左に入りシュートを放つ。9分にはジョアン・マリオが相手のクリアミスをそのままダイレクトで打ったが枠を捉えることはできなかった。 ▽ポルトガルが攻勢を強める16分には、ポルトガルが良い位置でFKを獲得。第1節でC・ロナウドがスペインから点を獲ったポイントと同じような位置で、キッカーはもちろんC・ロナウド。しかし、シュートは壁に激突し、先制点とはならなかった。 ▽22分には逆にイランにFKのチャンス。こちらはボックス手前右の位置でキッカーはレザイーアン。ゴール左上隅を狙ったシュートは惜しくも枠を外れてしまった。さらにその直後にもイランはカウンターからゴール前に侵攻。味方のスルーパスにヤハンバクフシュが抜け出すが、GKルイ・パトリシオが決死のセーブでピンチを凌いだ。 ▽イランがここまでで最もゴールに近づいたのは35分、敵陣右サイドからのFKでヤハンバクフシュのクロスにエザトラヒが飛び込むが、ヘディングシュートはGKの正面へ飛んでしまった。 ▽互いにチャンスを作る中、ゴールレスで迎えた45分、今大会初出場の男の右足が火を吹く。アドリエン・シウバとのパス交換でボックス右に侵入したクアレスマは、そこから得意の右足アウトサイドでゴールの左上隅を貫き、ポルトガルが先制点を奪った。 ▽迎えた後半、主導権を握るポルトガルは50分、ドリブルで攻め込んだC・ロナウドがボックス内で倒される。主審は笛は吹かなかったものの、その後のビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によりPKの判定に。しかし、これをC・ロナウドが完全に読まれてしまい追加点を奪うことはできなかった。 ▽75分ごろには、カウンターを仕掛けたイランのアズムーンがW・カルバーリョに後ろから倒されたものの、笛は吹かれず試合がエキサイトする場面も。さらに83分には、C・ロナウドがプーラリガンジとの競り合いの中で小突くという愚行があり、イランはVARでレッドカードを要求したが、主審はイエローカードを提示するにとどまった。 ▽このまま終わるかに思われた後半アディショナルタイム、アズムーンの折り返しがセドリックの手に当たったとして、イランがVARを要求。するとイランにPKが与えられ、これをアンサリファルドがきっちり決めて同点に。 ▽しかし、イランの追撃はここまで。同点で終えたポルトガルが決勝トーナメント進出を決めた。また、他会場で行われていたスペイン代表vsモロッコ代表が引き分けに終わったことにより、2位通過が確定。決勝トーナメント1回戦ではグループA首位通過のウルグアイ代表と対戦する。 2018.06.26 05:03 Tue
twitterfacebook
thumb

イランに苦戦も初白星のスペイン代表イエロ監督「改善することで勝ち続ける」

▽スペイン代表のフェルナンド・イエロ監督が、20日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)グループB第2節のイラン代表戦を振り返った。『FIFA.com』がコメントを伝えた。 ▽スペインは、初戦でポルトガル代表と対戦し、終盤の失点で3-3のドローに終わっていた。 ▽今大会初勝利を目指したスペインは、前半こそイランの堅守の前に苦しい展開が続いたが、50分にジエゴ・コスタが2戦連続のゴール。1-0で今大会初勝利を収めた。 ▽イエロ監督は、イラン戦が非常に難しかったとコメント。しかし、最終戦のモロッコ代表戦で勝利できると自身をのぞかせた。 「私が言いたいことは、もう3ポイント獲れるということだ。我々は非常に難しいものになることを知っていた。そして、確かにとても難しい試合になった。非常にタフな時間が前後半とも続いた」 「ハーフタイムに我々はプランがあり、それが実行できたと思う。選手たちは、やらなければいけないことをやった」 「イランは強いチームであり、得点することはとても難しい。我々はそれがどれだけ難しいことかを分かっていた。しかし、我々の選手たちはもう一度すべてを捧げた」 「23人のグループとして、非常にコミットしている。我々は1つのチームであり、ここで全てを果たそうとしている。まだ改善する必要があると思っているが、改善が進むことで勝ち続けることを望んでいる」 2018.06.21 12:30 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース