超ワールドサッカー

堂安が21歳未満対象の年間最優秀選手候補10名に選出《コパ・トロフィー》2018.10.09 03:09 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランス『フランス・フットボール』は8日、新設された2018年のコパ・トロフィーの候補者10名を選出した。その候補者にフローニンヘンの日本代表MF堂安律(20)が選出されている。

▽コパ・トロフィーは、21歳未満の選手を対象に存命の歴代バロンドール受賞選手が審査員となって年間最優秀選手が決められる。

▽堂安は昨季、エールディビジで29試合に出場して9ゴール4アシストを記録していた。

▽堂安の他に候補者となっているのはロシア・ワールドカップでフランス代表の優勝に貢献したFWキリアン・ムバッペ(19)や、昨季のチャンピオンズリーグ準優勝に貢献したリバプールDFトレント・アレクサンダー=アーノルド(20)、ミランの守護神を務めるGKジャンルイジ・ドンナルンマ(19)らとなり、発表は12月3日に行われる。。その他の候補者は以下の通り。

◆コパ・トロフィー候補
MF堂安律(フローニンヘン/日本)
FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/フランス)
MFフセム・アワール(リヨン/フランス)
GKジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン/イタリア)
FWパトリック・クトローネ(ミラン/イタリア)
DFトレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール/イングランド)
FWジャスティン・クライファート(ローマ/オランダ)
FWクリスティアン・プリシッチ(ドルトムント/アメリカ)
MFアマドゥ・ハイダラ(ザルツブルク/マリ)
FWロドリゴ(サントス/ブラジル)

コメント

関連ニュース

thumb

負傷で辞退の鹿島FW鈴木優磨に代わりC大阪FW杉本健勇が日本代表に追加招集《キリンチャレンジカップ2018》

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、キリンチャレンジカップ2018のベネズエラ代表戦、キルギス代表戦に臨む日本代表に、セレッソ大阪のFW杉本健勇を追加招集することを発表した。 ▽当初招集されていた鹿島アントラーズのFW鈴木優磨が、AFCチャンピオンズリーグのペルセポリス戦で負傷。そのため代表招集を辞退し、代わりに杉本が招集された。 ▽杉本は、9月に行われたコスタリカ代表戦に臨む日本代表に招集。森保ジャパンの初陣のメンバー入りを果たしていたが、トレーニング中に負傷し途中離脱していた。なお、試合出場となれば今年3月に行われたベルギー遠征のウクライナ代表戦以来となる。 ▽今シーズンの杉本は、ここまで明治安田生命J1リーグで28試合に出場し5得点を記録。10日に行われた川崎フロンターレ戦でもゴールを記録していた。 2018.11.13 14:25 Tue
twitterfacebook
thumb

鈴木優磨、鹿島初制覇のACL決勝でケガ…初招集の代表辞退

▽鹿島アントラーズは13日、FW鈴木優磨の負傷離脱を発表した。 ▽鈴木は、10日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018決勝第2戦のペルセポリス戦の78分に負傷交代。チームドクターの検査を受けたところ、右足関節ねん挫で約2週間の治療期間を要する見込みだという。これにより、初招集を受けた日本代表も辞退が決まった。 ▽2015年に鹿島下部組織出身からトップチームに昇格の鈴木は今シーズン、明治安田生命J1リーグ30試合に出場してキャリアハイの11得点を記録。クラブとして初制覇したACLでも全14試合に出場して2得点を挙げ、日本人選手4人目のMVPに輝いた。 2018.11.13 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

なでしこ対ノルウェーで思い出した選手/六川亨の日本サッカーの歩み

▽アジアのクラブNo1チームを決めるACL決勝第2戦が10日にテヘランのアザディ・スタジアムで行われ、第1戦を2-0で勝っていた鹿島は、第2戦もペルセポリスに0-0で引き分け、初のアジア王者に輝いた。 ▽国内タイトル19冠と日本最強クラブと言ってもいい鹿島にとって、唯一足りないのがACLのタイトルだった。Jリーグの黎明期である93年から95年は無冠に終わったものの、その後は黄金時代を築く。4-4-2の布陣から堅守速攻というスタイルは25年間変ることがない。むしろACLを勝ち抜くには格好のスタイルだとも思っていた。それがなぜかACLでは早い段階で脱落してきた。 ▽しかし今大会は準決勝のアウェー水原戦で1-3から同点に追いつく粘りを見せた。準々決勝からの6試合で5ゴールを稼いだ途中加入のセルジーニョの活躍が示すように、今大会は持ち味である堅守よりも攻撃的な姿勢が実を結んだと言える。 ▽12月12日からUAEで開催されるFIFAクラブW杯での活躍が楽しみだが、その前に鹿島は来シーズンのACL出場権獲得のためのリーグ戦と、天皇杯の準々決勝という負けられない試合も残っている。これまでも過密日程の中でACLを勝ち上がってきただけに、今回の優勝がプラスと出るのか、選手のメンタリティーにも注目したい。 ▽翌11日は鳥取のとりぎんバードスタジアムでなでしこジャパン対ノルウェーの親善試合が開催された。現コーチで、中学生でL(女子)リーグにデビューした天才少女の大部由美さんが鳥取出身のため地元での開催となったのだろう。 ▽試合は横山のFKから先制すると、岩渕も2ゴールをあげる活躍で4-1の大勝を飾った。ノルウェーは北欧のスウェーデンと並んで女子サッカーが盛んな国だ。95年の第1回女子W杯で優勝すると、00年シドニー五輪では金メダルに輝いた。過去の対戦成績は4勝3敗とほぼ互角。日本は96年アトランタ五輪、99年第3回W杯はいずれも0-4と大敗した。 ▽しかし07年の親善試合で初勝利(1-0)を奪うと、その後のなでしこジャパンは澤や宮間、永里らが中心選手となってチームを牽引しノルウェーに3連勝と立場は逆転する。そして08年の北京五輪ではベスト4に進出するなど、後のW杯制覇やロンドン五輪銀メダルの礎を築いた。 ▽前出した大部コーチが現役時代にデビューしたチームは日興證券ドリームレディースという名のチームだったが、そのチームで忘れられない選手がいる。ノルウェー代表として152試合出場64ゴールを記録したリンダ・メダレンという選手だ。92年に来日すると、いきなり最多ゴール、最多アシストの記録を達成。95年の第1回女子W杯でも優勝の原動力となっていた。 ▽そんな彼女の本職は婦人警官で、フルタイムで働きつつ、空き時間をサッカーに費やしていた。来日後は5ヶ月ほどLリーグでプレーすると、帰国後の7ヶ月は母国での警察官という生活を送っていたものの、94年からは日興證券ドリームレディースのプロ選手としてプレーし、96年にはチームを初優勝に導いた。 ▽96年から日本人選手もプロとなり、日興證券ドリームレディースはリーグ3連覇を果たしたものの、社業の業績悪化のため絶頂期である98年のシーズン中に廃部を決定。大部を始めサッカーを続ける選手は他チームへの移籍を余儀なくされた。 ▽98年といえば、横浜フリューゲルスの出資会社の1つである佐藤工業が本業の経営不振のためクラブ運営からの撤退を表明。さらに親会社の全日空も赤字に陥ったことで、単独でクラブを支えることができない窮地に陥った。クラブを消滅させないためにJリーグが下した決断は、横浜マリノスとの合併だった。LとJで2つのクラブが消滅した98年でもあった。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.11.12 19:00 Mon
twitterfacebook
thumb

広島MF青山敏弘が右ヒザ痛で日本代表辞退…川崎FのMF守田英正が追加招集

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、11月のキリンチャレンジカップ2018に臨む日本代表メンバーからサンフレッチェ広島のMF青山敏弘がケガのため辞退することを発表した。また、川崎フロンターレのMF守田英正を追加招集することも併せて伝えている。 ▽クラブの発表によると、青山は右ヒザ痛のために代表参加を辞退するとのこと。 ▽日本代表は今月16日(金)に大分スポーツ公園総合競技場でベネズエラ代表と、20日(火)に豊田スタジアムでキルギス代表と対戦する。 2018.11.12 13:55 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿島MF遠藤康ら多くのJリーガーを輩出した小幡忠義氏が本音で語る育成理論が書籍に!

「だから日本ではイニエスタが育たない」 ▽そう語るのは、日本中から視察者が訪れるスポーツクラブ「塩釜FC」の理事長を務めた小幡忠義氏だ。 ▽小幡氏は、宮城県サッカー協会会長も務めた人物。人口わずか5万6千人の宮城県塩釜市から、悲願のアジアチャンピオンに王手をかけた鹿島アントラーズで活躍するMF遠藤康や、モンテディオ山形、ガンバ大阪などJリーグで活躍した佐々木勇人氏ら、多くのJリーガーを輩出してきた。 ▽「育成」の強化が叫ばれる昨今のサッカー界。そんな中、自身の信念をブラさずに育成指導に長年携わってきた小幡氏が、日本サッカーの持つ問題点に本音で切り込んだ一冊『小幡忠義の子供とともに育つそれが私のサッカー』が、Kindleストアで電子書籍として発売中だ。 ▽ヴィッセル神戸で活躍する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを例に挙げ、なぜ日本ではイニエスタの様な選手が育たないのか。高いポテンシャルを持つ子供たち、原石と言われる選手たちが大成しない理由は…。 ▽子供たちと向き合い、苦難を乗り越えてきた小幡氏からのメッセージを是非感じていただきたい。 『小幡忠義の子供とともに育つそれが私のサッカー』 Kindleストアにて好評発売中! 価格:¥1,000 頁数:61ページ <div style="text-align:center;" id="cws_ad">↓↓購入はコチラ↓↓ <a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://amzn.to/2EJ8ycc&c=news_obata_20181106" target="_blank"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181106_16_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></a></div> ◆購読の手順 (1)スマホ、タブレットに「Kindle」アプリを入れる (2)本書を購入する ・お使いの スマホやタブレットで <a href="http://web.ultra-soccer.jp/link.php?url=https://amzn.to/2EJ8ycc&c=news_obata_20181106" target="_blank">こちら</a>をクリックする ・「1-clickで今すぐ買う」もしくは「今すぐダウンロード」をクリックしてください。 2018.11.12 11:00 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース