【2018バロンドール候補⑤】W杯MVP&FIFA最優秀選手のモドリッチやメッシが選出2018.10.09 02:44 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランス『フランス・フットボール』は8日、現地時間午前8時(日本時間15時)から『2018バロンドール』の候補者30名のリストを5名ずつ順次発表している。▽現地時間19時に発表された第5回の候補には、ロシア・ワールドカップ(W杯)でクロアチア代表の準優勝に貢献してW杯MVPとなり、今年のFIFA最優秀選手に選出された大本命のMFルカ・モドリッチ(33)や、昨季のリーガエスパニョーラ得点王で過去に5度同賞を受賞しているバルセロナFWリオネル・メッシ(31)、ロシアW杯でフランス代表の優勝に貢献したMFポール・ポグバ(25)、ブラジル代表とパリ・サンジェルマンの絶対的エースであるFWネイマール(26)、アトレティコ・マドリーの守護神ヤン・オブラク(25)が選出された。

◆2018バロンドール候補⑤
21.FWリオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン)
22.MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/クロアチア)
23.FWネイマール(パリ・サンジェルマン/ブラジル)
24.GKヤン・オブラク(アトレティコ・マドリー/スロベニア)
25.MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド/フランス)

※既出◆2018バロンドール候補
1.FWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ/アルゼンチン)
2.GKアリソン・ベッカー(リバプール[ローマ]/ブラジル)
3.MFガレス・ベイル(レアル・マドリー/ウェールズ)
4.FWカリム・ベンゼマ(レアル・マドリー/フランス)
5.FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/ウルグアイ)

6.GKティボー・クルトワ(レアル・マドリー[チェルシー]/ベルギー)
7.FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス[レアル・マドリー]/ポルトガル)
8.MFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/ベルギー)
9.FWロベルト・フィルミノ(リバプール/ブラジル)
10.DFディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー/ウルグアイ)

11.FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー/フランス)
12.MFエデン・アザール(チェルシー/ベルギー)
13.MFイスコ(レアル・マドリー/スペイン)
14.FWハリー・ケイン(トッテナム/イングランド)
15.MFエンゴロ・カンテ(チェルシー/フランス)

16.ウーゴ・ロリス(トッテナム/フランス)
17.マリオ・マンジュキッチ(ユベントス/クロアチア)
18.サディオ・マネ(リバプール/セネガル)
19.マルセロ(レアル・マドリー/ブラジル)
20.キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/フランス)

()内左から所属チーム、国籍
コメント
関連ニュース
thumb

モドリッチが契約延長を決断した5つの理由

レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(33)が残留を決断した背景として、5つの理由が挙げられている。スペイン『アス』が主張した。 2012年にトッテナムから加入して以降、エル・ブランコの絶対的な司令塔として活躍を続けるモドリッチ。昨夏にはクラブとの確執も取り沙汰され、インテル移籍の可能性も伝えられた。 しかし、ファイナルまで闘ったロシア・ワールカップ(W杯)での疲労を色濃く感じさせたパフォーマンスは徐々に向上。サンティアゴ・ソラーリ新監督下で“マドリーの心臓”と呼ばれる存在感を再び取り戻し、先日の『アス』では遂に新契約締結を決断したことが報じられた。 そして、一時期には退団やむなしとも伝えられたモドリッチが一転して残留を決めた背景には、様々な要素があったようだ。 ◆バロンドール<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190205_29_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>モドリッチは昨年にバロンドールを受賞。チャンピオンズリーグ(CL)3連覇やW杯準優勝を評価される形で、ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナFWリオネル・メッシが10年間独占していた最高の個人賞を勝ち取った。『アス』によると、モドリッチはこの受賞がレアル・マドリーでプレーしていた影響が大きいと認識。W杯でのパフォーマンスは印象的だったが、同大会で活躍がフォーカスされた背景には、CL3連覇チームを牽引していたことによるメディア露出に依る部分があったと考えているようだ。 ◆家族との安住<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190205_29_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>天候や人々からの寵愛、食事などを含め、モドリッチはマドリッドの街でとても快適に過ごしているという。それは同選手の家族も同様であり、妻のヴァニャさん、イヴァン君、エマちゃん、ソフィアちゃんの3人の子どもたちも、スペイン生活に慣れ親しんでいる。大黒柱であるモドリッチは私生活の安定性を重視しており、その面についてもマドリーに留まることが最良だと感じているとのことだ。 ◆先人の功績を引き継ぐ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190205_29_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>モドリッチは、ジネディーヌ・ジダン氏、ラウール・ゴンザレス氏、シャビ・アロンソ氏、サンティアゴ・ソラーリ現指揮官といったクラブのレジェンドたちから脈々と受け継いでいるものを、とても強く意識。そういった選手たちと同じような役割を果たすためにも、マドリー残留が前向きな選択肢となるようだ。また、残りのキャリアを全てマドリーに捧げ、よりクラブとの結び付きを強めることも考慮されているという。 ◆給与改善<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190205_29_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>モドリッチは昨夏にインテルから魅力的な提案をされたが、マドリーに対してそれに張り合うような要求は決してせず。さらに、同時期のミーティングで契約更新を急ぐ気はないと伝えたそうだ。しかし、現在ではクラブ側がモドリッチの給与改善を主張。また、選手側もその愛情を高く評価しているようだ。 ◆クラブ幹部との関係<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190205_29_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>モドリッチは、フロレンティーノ・ペレス会長、ホセ・アンヘル・サンチェス理事長というクラブの2トップと素晴らしい関係を築いている。会長たちは同選手のパフォーマンスと人柄をかなり高く評価。また、ロッカールームでもあらゆるチームメートからのリスペクトを集めており、名実ともに最も欠かせない選手としての立場を確立している。<hr>2012年にトッテナムからマドリーに加入したモドリッチは、それ以来の公式戦通算287試合で16ゴール44アシストを記録し、4度のCL制覇など数々の栄光をクラブにもたらした。既にレジェンドと称しても差し支えない背番号10の、契約延長の正式発表が待たれている。 2019.02.05 18:40 Tue
twitterfacebook
thumb

SNSでの侮辱発言に処分、ロブレンがクロアチア代表として1試合の出場停止

UEFA(欧州サッカー連盟)は11日、リバプールのクロアチア代表DFデヤン・ロブレンに対して、1試合の出場停止処分を下すことを発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』など複数メディアが報じている。 今回の処分の対象となったのは、2018年11月に行われたUEFAネーションズリーグに関わる一件。クロアチア代表はスペイン代表と対戦し、3-2で勝利したものの、ロブレンが自身のインスタグラム(dejanlovren06)に不適切な内容を投稿した事で調査が行われていた。 「ハッピーだ。僕はヒジで奴(セルヒオ・ラモス)を殺してやった、殺してやったんだ」 「セルヒオ・ラモスは僕よりもミスが多いし、(ラファエル・)ヴァランの方が良い。でも、レアル・マドリーでプレーしているからミスしても5-1か5-2で勝つし、誰も気にしないんだ」 ロブレンは、レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスを罵倒し、スペイン代表チームへの侮辱的な発言を行っていた。また、スペイン側はこの投稿に対し「失礼な態度」だと主張していた。 UEFAは、ロブレンの行為が「侮辱的であり、そのほかの方法での適切な行為の基本原則に違反している」とし、懲戒規則の条項に違反していると発表。クロアチア代表として1試合の出場停止処分を下すことを発表した。 なお、クロアチア代表の次の試合は、3月に予定されているアゼルバイジャン代表とのユーロ2020予選となる。 2019.01.11 21:45 Fri
twitterfacebook
thumb

モドリッチ、クラブと代表での今後のキャリア語り「レアル・マドリーで終えるのが理想」

レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチは、クロアチアのアスリート・オブ・ザ・イヤーの授賞式に出席するため、ザグレブへと帰省。そこで地元メディアの取材に応じた。<br><br>モドリッチは今年ロシア・ワールドカップでのMVPを始め、バロンドールなど数多くの個人賞に恵まれた。そしてクロアチアで最高のアスリートにも輝き、「トロフィーを飾る棚が一つあるけど、もう少し必要だね」と笑わせながら、感慨深い思いを口にした。<br><br>「僕の少年時代を知る多くの人々が僕から学ぶことができる。僕は常に自分を信じ、批判を気に留めなかった。そういったストーリーだけが僕を強くしていったんだ」<br><br>また、今後のキャリアについても言及。クラブと代表、両方について語っている。<br><br>「個人的な願いはレアル・マドリーでキャリアを終えること。それが理想のシナリオだよ。でもそれを成し遂げるためにはトップレベルを維持しなければならないし、簡単なことではないね」<br><br>「クロアチア代表は、多くの人々はワールドカップを終えた後に引退していれば、ベストだったと言うだろう。でも、僕の心がとどまり、プレーを続けると決めたんだ。だから必要とされる限りプレーを続けたいね」<br><br> <br>提供:goal.com 2018.12.27 23:11 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴァラン、W杯時からモドリッチのバロン受賞に太鼓判

▽レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、同僚のフランス代表DFラファエル・ヴァランとの会話を回想している。フランス『テレフット』のインタビューを、スペイン『マルカ』が抜粋して伝えている。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)3連覇の立役者となり、ロシア・ワールドカップ(W杯)でも獅子奮迅の活躍で母国をファイナルに導いたモドリッチ。タイトルではW杯を制したフランス代表不動のディフェンダーを務めるヴァランに及ばないものの、印象的なパフォーマンスで今年度のバロンドールを獲得した。 ▽『テレフット』の取材に応じたモドリッチは、バロンドール投票を7位で終えたヴァランから、W杯で太鼓判を押されていたことを明かした。 「彼(ラファエル・ヴァラン)は世界最高の選手の1人でありながら、僕のバロンドール受賞を祝福してくれたよ」 「彼自身が勝ち取れなかったことを悲しんではいなかった」 「ワールドカップのあの日(ファイナル)に彼が僕に言ったことを最近思い出したよ。ワールドカップで優勝できなくても、少しの運があれば僕がバロンドールを受賞するだろうってね」 ▽また、モドリッチがトッテナムからマドリーに移籍した2012年夏には、パリ・サンジェルマン(PSG)も獲得を画策。同選手は、その当時を以下のように振り返っている。 「レアル・マドリーからの関心を聞いて、他の全てが重要ではなかった」 「PSGやその他のクラブを攻撃するわけじゃないけど、レアル・マドリーが僕を欲してくれた時はそれが唯一の選択肢だった」 2018.12.11 08:40 Tue
twitterfacebook
thumb

苦境でこそ輝きを! マドリーの救世主足り得る“バロンドーラー”モドリッチ/編集部コラム

▽2018年のバロンドールに、レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが輝いた。圧倒的な“数字”を残してきたユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド、バルセロナFWリオネル・メッシの独占を崩したのは、昨シーズンの公式戦43試合で2ゴール8アシストの成績だったゲームメーカーだ。 ◆哲学を貫くレアル・マドリーのNo.10<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181204_26_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽トッテナムで名声を高めていたモドリッチがマドリーに入団したのは、2012年夏の移籍市場が閉まる直前のこと。前年に4シーズンぶりのリーガエスパニョーラ制覇を成し遂げていたジョゼ・モウリーニョ監督(現マンチェスター・ユナイテッド)の、3年目のシーズンだ。 ▽モドリッチは、入団直後に行われたスーペルコパ第2戦バルセロナ戦でデビューを果たす。クラシコという大舞台で83分から途中投入され、早速初タイトルを獲得した。 ▽しかし、恐れずに記述するのであれば、加入当初のモドリッチのプレーに違和感を感じたことを覚えている。モウリーニョ監督の下、世界屈指のカウンターを磨きに磨いていたマドリーの中で、モドリッチはボールプレーを重視。美しいスキルに感嘆させられる一方で、周囲とのズレが懸念された。 ▽だが、結果から見ればその心配は杞憂に終わっている。スペイン『マルカ』の読者投票による「2012-13シーズン最悪の補強」に選ばれたモドリッチは、その後も自らの美学を決して変えず。失意後の2013-14シーズンに始まったカルロ・アンチェロッティ政権でレギュラーを奪取すると、その年のチャンピオンズリーグ(CL)決勝アトレティコ・マドリー戦では、0-1のビハインドで迎えた後半アディショナルタイムにCKからセルヒオ・ラモスの得点をアシスト。延長戦に持ち込み、4-1での“ラ・デシマ”(10度目の欧州制覇)達成に導いた。 ▽その後もモドリッチの快進撃は続き、2015-16シーズンからのジネディーヌ・ジダン政権では前人未到のCL3連覇を経験。今となっては“レアル・マドリーの心臓”と評されており、比較できない程に重要な選手となっている。 ▽このキャリアの中で最も驚くべき点は、モドリッチが自らの志向するプレーを変えていないということだ。各国のスター選手が目まぐるしく入れ替わるマドリーでは、あのC・ロナウドでさえ、得点に特化する形に自らを作り変えた。2007年のバロンドーラーであり、主役としてプレーしてきたカカは、ポテンシャルを十分に発揮することができずにクラブを去った。 ▽しかしながら、モドリッチは周囲にリズムを伝播させ、加入当初に感じさせた違和感を消して見せた。マドリーというクラブで、これほど背番号10に相応しい仕事をする人物は稀有な存在だ。 ◆W杯奮闘の代償<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181204_26_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽今年のロシア・ワールドカップ(W杯)にクロアチア代表として参戦したモドリッチは、獅子奮迅の活躍を披露し、母国をファイナルに導いた。多くのタレントを擁するフランス代表に敗れて優勝には手が届かなかったものの、ゴールデンボール(W杯MVP)に輝いている。さらに、モドリッチはバロンドールのみならず、UEFA欧州最優秀選手賞、FIFA最優秀選手賞といったあらゆる個人賞を総なめ。現代最高のMFとしての名を欲しいままにしている。 ▽しかし、注目の幕開けを迎えた今シーズン、マドリーは低迷。リーガエスパニョーラ第14節終了時点で7勝2分け5敗と戦績は凄惨そのものであり、方々で指摘されている通りジネディーヌ・ジダン監督とC・ロナウドの退団が重なったことは大きな原因だろう。 ▽だが、それだけでなく主力選手たちのパフォーマンスが昨シーズンから落ちているのも確かだ。世間からの称賛を浴びるモドリッチも例外ではない。極上のプレーは鳴りを潜め、とりわけ守備面で例年のような奮闘はみられず、W杯の疲労を残していることがありありと見て取れる。 ◆困難な時こそ輝きを<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181204_26_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽もちろん、補強を怠ったフロントが選手以上に批判に晒されるのは当然のことだ。それでも、苦しければ苦しい試合でこそ輝きを放ってきたモドリッチの、復調を期待せずにはいられない。 「キャリアを通して、難しい仕事や困難に直面しても努力を続けていくことが才能を発揮する土台になっている」 「僕には好きなフレーズがある。『最高なことは決して簡単にできない』という言葉さ。僕がこうやって全てを勝ち取るために、簡単なことは何もなかった」 ▽モドリッチがバロンドールの授賞式で発した言葉だ。プロキャリアの中で、モドリッチにとって今シーズンのマドリーほど苦しい時があっただろうか。 ▽一選手の力でチーム全体に変化をもたらすことは、とても困難だ。だが、突出した技術を持ちながらも味方のために汗をかけるモドリッチだけが、周囲の質を引っ張り上げられる存在かもしれない。そして、それは既にマドリーで、クロアチア代表で目にした光景だ。サッカー界全体に新たなサイクルをもたらしたこの小柄な選手に、今後も期待せずにはいられない。 《超ワールドサッカー編集部・上村迪助》 2018.12.04 21:00 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース