【2018バロンドール候補⑤】W杯MVP&FIFA最優秀選手のモドリッチやメッシが選出2018.10.09 02:44 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランス『フランス・フットボール』は8日、現地時間午前8時(日本時間15時)から『2018バロンドール』の候補者30名のリストを5名ずつ順次発表している。▽現地時間19時に発表された第5回の候補には、ロシア・ワールドカップ(W杯)でクロアチア代表の準優勝に貢献してW杯MVPとなり、今年のFIFA最優秀選手に選出された大本命のMFルカ・モドリッチ(33)や、昨季のリーガエスパニョーラ得点王で過去に5度同賞を受賞しているバルセロナFWリオネル・メッシ(31)、ロシアW杯でフランス代表の優勝に貢献したMFポール・ポグバ(25)、ブラジル代表とパリ・サンジェルマンの絶対的エースであるFWネイマール(26)、アトレティコ・マドリーの守護神ヤン・オブラク(25)が選出された。

◆2018バロンドール候補⑤
21.FWリオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン)
22.MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/クロアチア)
23.FWネイマール(パリ・サンジェルマン/ブラジル)
24.GKヤン・オブラク(アトレティコ・マドリー/スロベニア)
25.MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド/フランス)

※既出◆2018バロンドール候補
1.FWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ/アルゼンチン)
2.GKアリソン・ベッカー(リバプール[ローマ]/ブラジル)
3.MFガレス・ベイル(レアル・マドリー/ウェールズ)
4.FWカリム・ベンゼマ(レアル・マドリー/フランス)
5.FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/ウルグアイ)

6.GKティボー・クルトワ(レアル・マドリー[チェルシー]/ベルギー)
7.FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス[レアル・マドリー]/ポルトガル)
8.MFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/ベルギー)
9.FWロベルト・フィルミノ(リバプール/ブラジル)
10.DFディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー/ウルグアイ)

11.FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー/フランス)
12.MFエデン・アザール(チェルシー/ベルギー)
13.MFイスコ(レアル・マドリー/スペイン)
14.FWハリー・ケイン(トッテナム/イングランド)
15.MFエンゴロ・カンテ(チェルシー/フランス)

16.ウーゴ・ロリス(トッテナム/フランス)
17.マリオ・マンジュキッチ(ユベントス/クロアチア)
18.サディオ・マネ(リバプール/セネガル)
19.マルセロ(レアル・マドリー/ブラジル)
20.キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/フランス)

()内左から所属チーム、国籍

コメント

関連ニュース

thumb

決め手を欠いたロシアW杯準決勝再現カードはゴールレスドロー《UEFAネーションズリーグ》

▽UEFAネーションズリーグ2018-19・リーグA・グループ4のクロアチア代表vsイングランド代表が12日に行われ、0-0で引き分けた。 ▽先月行われたUNL初戦のスペイン代表戦を0-6と惨敗したクロアチアは、モドリッチやラキティッチ、ペリシッチにロブレンといった主力がスタメンとなった。 ▽一方、同じくUNL初戦となったスペイン戦を1-2と競り負けたイングランドは、ケインやスターリング、ラッシュフォードにストーンズら主力がスタメンとなった。 ▽ロシア・ワールドカップ準決勝再現カードとなった一戦。クロアチアは[4-3-3]のシステムを採用し、3トップに右からクラマリッチ、レビッチ、ペリシッチ、トップ下にモドリッチ、中盤2センターにラキティッチとコバチッチを配した。 ▽対するイングランドも[4-3-3]を採用。3トップに右からスターリング、ケイン、ラッシュフォード、中盤アンカーにダイアー、インサイドにヘンダーソンとバークリーを配した。 ▽コバチッチとラキティッチのボランチを起点にクロアチアがポゼッションする展開で推移した。互いになかなかゴールに迫れない中、クロアチアは19分にペリシッチが枠内シュートを浴びせるも、GKピックフォードの正面を突く。 ▽その後も膠着状態が続いた中、クロアチアが37分に決定機。左サイドを上がったピバリッチのクロスをボックス中央のモドリッチがダイレクトでボレー。しかし、枠の右を捉えたシュートはGKピックフォードにセーブされた。 ▽対するイングランドは44分にビッグチャンス。右CKからニアサイドのダイアーがヘッドで合わせたシュートが左ポストを直撃した。 ▽ゴールレスで迎えた後半、クロアチアは49分にボックス手前左からペリシッチのミドルシュートがGKピックフォードを強襲。対するイングランドは51分、右サイド低い位置のFKからケインのヘディングシュートがバーを直撃した。 ▽後半半ばを過ぎてペリシッチに代えてピアツァを投入したクロアチアは、70分に決定機。ボックス手前左からのレビッチのコントロールシュートがわずかに枠の右上に外れた。 ▽やや劣勢のイングランドは78分に代表デビューとなるサンチョをスターリングに代えて右ウイングに投入。しかし、終盤にかけては互いにチャンスを作り出せずに0-0で終了。勝ち点1を分け合っている。 ▽クロアチアは15日にヨルダン代表との国際親善試合を戦い、イングランドは15日にUNL3戦目となるスペイン代表とのアウェイ戦を戦う。 2018.10.13 05:57 Sat
twitterfacebook
thumb

【2018バロンドール候補】CL3連覇のレアル・マドリーから最多8選手、W杯優勝のフランスから5選手選出

▽フランス『フランス・フットボール』は8日、『2018バロンドール』の候補者30名を発表した。 ▽最多選出となったのは前人未到のチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を果たしたレアル・マドリーの8選手。続いてロシア・ワールドカップで優勝したフランス代表から5選手が選出され、準優勝のクロアチア代表と3位のベルギー代表からそれぞれ3選手が選ばれている。また、CL準優勝のリバプールからも3選手が選ばれた。発表は12月3日に行われる。その他の候補者は以下の通り。 ◆2018バロンドール候補 1.FWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ/アルゼンチン) 2.GKアリソン・ベッカー(リバプール[ローマ]/ブラジル) 3.MFガレス・ベイル(レアル・マドリー/ウェールズ) 4.FWカリム・ベンゼマ(レアル・マドリー/フランス) 5.FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/ウルグアイ) 6.GKティボー・クルトワ(レアル・マドリー[チェルシー]/ベルギー) 7.FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス[レアル・マドリー]/ポルトガル) 8.MFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/ベルギー) 9.FWロベルト・フィルミノ(リバプール/ブラジル) 10.DFディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー/ウルグアイ) 11.FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー/フランス) 12.MFエデン・アザール(チェルシー/ベルギー) 13.MFイスコ(レアル・マドリー/スペイン) 14.FWハリー・ケイン(トッテナム/イングランド) 15.MFエンゴロ・カンテ(チェルシー/フランス) 16.GKウーゴ・ロリス(トッテナム/フランス) 17.FWマリオ・マンジュキッチ(ユベントス/クロアチア) 18.FWサディオ・マネ(リバプール/セネガル) 19.DFマルセロ(レアル・マドリー/ブラジル) 20.FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/フランス) 21.FWリオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン) 22.MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/クロアチア) 23.FWネイマール(パリ・サンジェルマン/ブラジル) 24.GKヤン・オブラク(アトレティコ・マドリー/スロベニア) 25.MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド/フランス) 26.MFイバン・ラキティッチ(バルセロナ/クロアチア) 27. DFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリー/スペイン) 28.FWモハメド・サラー(リバプール/エジプト) 29.FWルイス・スアレス(バルセロナ/ウルグアイ) 30.DFラファエル・ヴァラン(レアル・マドリー/フランス) ()内左から所属チーム、国籍 2018.10.09 04:24 Tue
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 10月8日は、ミランの黄金期を支えた元クロアチア代表の10番

◆ズボニミール・ボバン 【Profile】 国籍:クロアチア 誕生日:1968年10月8日 現役時代所属クラブ:ディナモ・ザグレブ、ミランetc ポジション:MF 身長:183㎝ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 10月8日は、元クロアチア代表MFズボニミール・ボバン氏だ。 ▽ユーゴスラビア出身のボバン氏は、ディナモ・ザグレブでプロデビュー。19歳時にはすでにキャプテンを務めていた。1991年にミランへ加入後、1年間はバーリヘレンタル移籍。復帰後は、外国人枠に苦戦しながらも徐々に主力へ定着し、1993-94シーズンにはセリエA優勝とチャンピオンズリーグ優勝の2冠達成に貢献した。1995-96シーズンにもスクデットを獲得すると、1998-1999シーズンから10番を背負い、同シーズンもリーグ優勝。また、同年に開催されたフランス・ワールドカップでもクロアチア代表の10番を着用し、3位入賞に導いている。 ▽ボバン氏は、その後2001年にセルタに移籍。同年に現役を退いた。同氏はユーゴスラビア紛争を経験しており、「サッカーを戦争だと言う者は、本当の戦争を知らない」という名言も残している。 ▽同氏の母国への貢献は現在のクロアチア人選手にも多大な影響を与えている。その証拠にレアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチは、今年の年間最優秀選手に選出された際「ボバン氏は僕に大きなインスピレーションをもたらしてくれた」と語っている。 ※誕生日が同じ主な著名人 澤上竜二(サッカー選手/セレッソ大阪) アルマン・トラオレ(サッカー選手/チャイクル・リゼスポル) 児玉新(元サッカー選手) 伊藤理々杏(アイドル/乃木坂46) 高梨沙羅(スキージャンプ選手) 平野綾(声優) ブルーノ・マーズ(歌手) ウエンツ瑛士(俳優) マット・デイモン(俳優) 室伏広治(元陸上競技選手) 2018.10.08 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

偽証罪の疑いを掛けられたモドリッチ、裁判所は棄却

▽クロアチアの裁判所は、レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチに対する偽証罪について、棄却したことを発表した。イギリス『BBC』が報じた。 ▽モドリッチは2017年6月、古巣ディナモ・ザグレブの元ディレクターであるズドラフコ・マミッチ氏の裁判に証人として出廷。トッテナム移籍当時の詳細で虚偽の証言をした容疑がかけられている。 ▽トッテナム移籍の契約書において、移籍金を選手とクラブが半分ずつ受け取る条項が付加。モドリッチは出廷時、2004年7月のサインを証言したが、実のところ、2008年に作成されたとみられ、ズレが生じているという。 ▽マミッチ氏は、複数の横領と脱税の罪のほか、モドリッチが2008年にトッテナムに移籍した際の移籍金の大部分を着服した容疑を掛けられているが、ボスニア・ヘルツェゴヴィナへ逃げている状況だ。 ▽クロアチアメディアによると、ザグレブの刑事裁判所は、判決そのものが最終的なものではなく、モドリッチに対する偽証罪が時期尚早であるとの見解だと報じている。 ▽有罪となれば、最長で5年の懲役刑が下される可能性もあったモドリッチだが、一旦は棄却。しかし、上訴することが可能であり、この先も争いが続くことになるかもしれない。 2018.10.04 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

クロアチア代表、イングランドとのUNLに向けた招集メンバー26名を発表!《UEFAネーションズリーグ》

▽クロアチアサッカー協会(HNS)は28日、来月のUEFAネーションズリーグ2018-19と国際親善試合に向けたクロアチア代表メンバー26名を発表した。 ▽今月行われたネーションズリーグを1勝1敗で終え、リーグA・グループ4の3位に位置するクロアチアは、国際サッカー連盟(FIFA)の男子最優秀選手賞を受賞したMFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)、MFマテオ・コバチッチ(チェルシー)、MFイバン・ラキティッチ(バルセロナ)など、今月と同じメンバー26名を選出した。 ▽クロアチアは、10月12日にホームでUEFAネーションズリーグ2018-19のリーグA・グループ4のイングランド代表戦、同15日にホームでヨルダン代表との国際親善試合を戦う。今回発表されたクロアチア代表メンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆クロアチア代表メンバー26名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ロヴレ・カリニッチ</span>(ヘント/ベルギー) <span style="font-weight:700;">カルロ・レティツァ</span>(クラブ・ブルージュ/ベルギー) <span style="font-weight:700;">ドミニク・リヴァコビッチ</span>(ディナモ・ザグレブ) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">アントニオ・ミリッチ</span>(アンデルレヒト/ベルギー) <span style="font-weight:700;">マテイ・ミトロビッチ</span>(クラブ・ブルージュ/ベルギー)</span> <span style="font-weight:700;">ヨシプ・ピバリッチ</span>(ディナモ・キエフ/ウクライナ) <span style="font-weight:700;">ドマゴイ・ヴィダ</span>(ベシクタシュ/トルコ) <span style="font-weight:700;">ボルナ・バリシッチ</span>(レンジャーズ/スコットランド) <span style="font-weight:700;">デヤン・ロブレン</span>(リバプール/イングランド) <span style="font-weight:700;">シメ・ヴルサリコ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ティン・イェドバイ</span>(レバークーゼン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">フィリップ・ブラダリッチ</span>(カリアリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マリオ・パシャリッチ</span>(アタランタ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルコ・ログ</span>(ナポリ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルセロ・ブロゾビッチ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ミラン・バデリ</span>(ラツィオ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マテオ・コバチッチ</span>(チェルシー/イングランド) <span style="font-weight:700;">イバン・ラキティッチ</span>(バルセロナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ルカ・モドリッチ</span>(レアル・マドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">イバン・ペリシッチ</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">マルコ・ピアツァ</span>(フィオレンティーナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">アンドレイ・クラマリッチ</span>(ホッフェンハイム/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アンテ・レビッチ</span>(フランクフルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ドゥイエ・チョップ</span>(バジャドリー/スペイン) <span style="font-weight:700;">イバン・サンティニ</span>(アンデルレヒト/ベルギー) <span style="font-weight:700;">マルコ・リバヤ</span>(AEKアテネ/ギリシャ) 2018.09.29 02:30 Sat
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース