オランダ代表、プレパーが負傷により辞退《UEFAネーションズリーグ》2018.10.09 00:37 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽オランダサッカー協会(KNVB)は8日、UEFAネーションズリーグ(UNL)2018-19に向けたオランダ代表メンバーからブライトンMFダヴィ・プレパーが負傷により外れたことを発表した。

▽プレパーは5日に行われたプレミアリーグ第8節のウェストハム戦で先発し、80分に交代していた。

▽先月行われたUNL初戦でフランス代表戦を敗れたオランダは、13日にUNL第2戦でドイツ代表とのホーム戦を、16日にベルギー代表との国際親善試合を戦う。

コメント

関連ニュース

thumb

「メッシだって同じプレーはできない」ヴェラッティ、クラブと代表の違いに理解求める

パリ・サンジェルマンに所属するイタリア代表MFマルコ・ヴェラッティがポーランド戦終了後、イタリア国営放送『Rai』のインタビューの中で自身をアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに例えた。<br><br>イタリアは14日、UEFAネーションズリーグ・リーグAのグループ3・第4節において、アウェイでポーランドと対戦。負ければリーグBへの降格が決定する中、イタリアは多くのチャンスを作ったがGKヴォイチェフ・シュチェスニーの好守もあってスコアが動かず。それでも後半のアディショナルタイムにDFクリスティアーノ・ビラギが決勝点を挙げて、1-0でネーションズリーグ初勝利を手にした。ヴェラッティは久々の勝利を素直に喜んだ。<br><br>「長い間、勝てていなかった。パフォーマンスには満足しているが、ようやく結果につながったことを特に嬉しく思う。(勝利を)信じ続けたことが良かったと思う。最後まで信じたからこそ、ゴールが生まれた。ワールドサッカーの頂点に返り咲けるか? 日々、取り組んでいるが、僕らはまだ新監督の下で新たなサイクルをスタートさせたばかりだ。時間が必要になる。(1-1に終わったウクライナ戦とポーランド戦の)2試合では良いパフォーマンスが出せていたと思う」<br><br>PSGの25歳MFは近年、代表戦において期待されたパフォーマンスを見せられず、しばしば批判にさらされてきた。所属先バルセロナとアルゼンチン代表でのプレーの違いを指摘されているメッシを例に挙げて反論した。<br><br>「クラブと代表でのパフォーマンスの違い? メッシも含め、誰も同じようにプレーできる選手などいないと思う。こういった議論は理解できない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.15 19:25 Mon
twitterfacebook
thumb

オランダに完敗のドイツ、キミッヒは現状に危機感「もう偶然とは呼べない」

ドイツ代表は現地時間13日に行われたUEFAネーションズ・リーグでライバルのオランダ代表に0-3と大敗。MFヨシュア・キミッヒはチームの現状に関して危機感を示した。<br><br>ロシア・ワールドカップ(W杯)でまさかのグループステージ敗退を喫した前世界王者のドイツだが、大会後の公式戦では先月現世界王者フランスとは0-0で引き分けると、W杯不出場のオランダに同国相手における史上最多点差での敗北を献上。2014年W杯・優勝者組のDFマッツ・フンメルスやGKマヌエル・ノイアー、MFトニ・クロースらはそれでも試合後、内容では必ずしも劣っていなかったと主張したことで、ドイツ国内では批判の声が高まっている。<br><br>その一方で、ボランチとしてフル出場を果たしたキミッヒは試合の流れについて「バイエルンでの状況に少し似ているかもしれない」と指摘し、次のように続けた。<br><br>「僕たちは割と上手く試合に入り込み、2~3の良い好機もつくり出せていた。しかし、セットプレーから0-1とされてしまっている。後半は試合をある程度コントロールできていたが、終盤にはさらにゴールを奪われ、0-3で敗れた」<br><br>「ここで自分たちのパフォーマンスを美化するといった過ちを犯してはいけない。いつもこんな形で敗れてしまえば、それはもう偶然とは呼べないだろう。1つのポイントはチャンスを決め切れていないこと。もう1つは、ミスを犯していることだ」<br><br>キミッヒはまたドイツ誌『キッカー』のインタビューでは、「チームが抱えている問題は深刻であり、1日で解決できるものではない」とも強調。16日に行われるフランスとの再戦の結果次第で解任される可能性もあるヨアヒム・レーブ監督がベテラン組を重宝し続けることに関しては「基本、監督が決めること。全員このチームでプレーするだけのクオリティーを持っている」とし、批判の言葉は口にしなかった。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.15 19:18 Mon
twitterfacebook
thumb

6戦ぶり勝利のイタリア、指揮官マンチーニは満足「新たな歴史が始まった」

イタリア代表指揮官のロベルト・マンチーニは、イタリア国営放送『Rai』のインタビューに応じ、6試合ぶりとなる勝利を喜んだ。<br><br>イタリアは14日、UEFAネーションズリーグ・リーグAのグループ3第4節において、アウェイでポーランドと対戦。負ければリーグBへの降格が決定する中、イタリアは多くのチャンスを作ったがGKヴォイチェフ・シュチェスニーの好守でスコアが動かず。それでも後半のアディショナルタイムにDFクリスティアーノ・ビラギが決勝点を挙げて、辛くもネーションズリーグ初勝利を手にした。<br><br>イタリアにとって、5月の親善試合サウジアラビア戦以来6戦ぶりの白星を挙げた指揮官のマンチーニはようやく安堵した。また勝利に限らず、納得できるパフォーマンスだったことを喜んだ。<br><br>「試合開始から終了まで我々が支配していた。もっと早く試合を決めなければならなかった。今日、0-0に終わっていたら、不当な結果だった。選手たちは全力を尽くそうと努力していて、素晴らしい試合になったと思う。我々はゴールに相応しかったし、そのために奮闘していた。パフォーマンスは良かった。時間はかかるが、もっと良くなっていくだろう。我慢が必要だ」<br><br>マンチーニは81分、FWフェデリコ・ベルナルデスキに代えてFWケヴィン・ラザーニャを投入し、周囲を驚かせた。昨シーズン、インテルのFWマウロ・イカルディと並び得点王に輝いたラツィオのエースFWチーロ・インモービレを起用しなかった理由を指揮官は説明した。<br><br>「インモービレよりラザーニャを好んだ理由は、彼が空中戦により強いからだ。もう少し高さが欲しかった。チームに序列はない。最終的に勝利をつかむことができた。新たな歴史が始まった。だがここに魔術師がいるわけではないからね」<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.15 18:18 Mon
twitterfacebook
thumb

ドイツ代表に追い打ち…J・ボアテングも負傷離脱

▽ドイツサッカー連盟(DFB)は14日、バイエルンに所属するDFジェローム・ボアテングの負傷離脱を発表した。 ▽J・ボアテングは、13日に行われたUEFAネーションズリーグのオランダ代表戦にフル出場。この試合でふくらはぎを痛めたという。 ▽ドイツ代表はそのオランダ代表戦で0-3の完敗。ロシア・ワールドカップの韓国代表戦を含む直近4試合中3試合で得点がない。 ▽故障離脱者も相次ぎ、苦しい戦いが続くドイツ代表。16日に行われる次戦、UEFAネーションズリーグでフランス代表と対戦する。 2018.10.15 09:25 Mon
twitterfacebook
thumb

負傷者続出のドイツ代表、ジェローム・ボアテングがふくらはぎ負傷で離脱…《UEFAネーションズリーグ》

▽ドイツサッカー協会(DFB)は14日、ドイツ代表メンバーからバイエルンDFジェローム・ボアテングが負傷離脱したことを発表した。 ▽J・ボアテングは13日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)のオランダ代表にフル出場したが、試合後に行われた検査でふくらはぎの負傷が見つかった。 ▽DFBによれば、J・ボアテングは16日にアウェイで行われるUNLのフランス代表戦には帯同せず、所属先のバイエルンに戻るとのことだ。 2018.10.15 00:01 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース