【2018バロンドール候補③】W杯優勝フランスの主力2人に多士済々のアタッカー選出2018.10.08 21:24 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フランス『フランス・フットボール』は8日、現地時間午前8時(日本時間15時)から『2018バロンドール』の候補者30名のリストを5名ずつ順次発表している。▽現地時間14時に発表された第3回の候補には、ロシア・ワールドカップ(W杯)でフランス代表の優勝に貢献したFWアントワーヌ・グリーズマン(27)とチェルシーMFエンゴロ・カンテ(27)の2選手。W杯得点王のトッテナムFWハリー・ケイン(25)と、チャンピオンズリーグ(CL)の3連覇に貢献したレアル・マドリーMFイスコ(26)、チェルシーとベルギー代表で絶対的なエースとして活躍するMFエデン・アザール(27)の5選手が選出された。

◆2018バロンドール候補③
11.FWアントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー/フランス)
12.MFエデン・アザール(チェルシー/ベルギー)
13.MFイスコ(レアル・マドリー/スペイン)
14.FWハリー・ケイン(トッテナム/イングランド)
15.MFエンゴロ・カンテ(チェルシー/フランス)

※既出◆2018バロンドール候補
1.FWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ/アルゼンチン)
2.GKアリソン・ベッカー(リバプール[ローマ]/ブラジル)
3.MFガレス・ベイル(レアル・マドリー/ウェールズ)
4.FWカリム・ベンゼマ(レアル・マドリー/フランス)
5.FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/ウルグアイ)

6.GKティボー・クルトワ(レアル・マドリー[チェルシー]/ベルギー)
7.FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス[レアル・マドリー]/ポルトガル)
8.MFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/ベルギー)
9.FWロベルト・フィルミノ(リバプール/ブラジル)
10.DFディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー/ウルグアイ)

()内左から所属チーム、国籍
コメント
関連ニュース
thumb

CL男に2010年以来の窮地!

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが“CL男”として由々しき事態に直面している。スペイン『マルカ』が報じた。 ユベントスはチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦でアトレティコ・マドリーと激突。20日に敵地で1stレグに臨み、アトレティコ・マドリーに0-2の先勝を許した。 CL歴代最多得点の121ゴールを誇るC・ロナウドも沈黙。昨年までレアル・マドリーの宿敵として凌ぎを削ったアトレティコ・マドリーの強固なブロックを崩しきれなかった。 CL制覇を至上命題に掲げるユベントスの敗退が決まれば、C・ロナウドも必然的に姿を消すことに。その場合、同選手にとって、2009-10シーズン以来のベスト16敗退になる。 C・ロナウドにとっても絶対に負けが許されないホームでのリターンレグは3月12日。通算5度の欧州制覇歴を誇るCL男はユベントスを救えるか。次戦に注目だ。 2019.02.22 15:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ会長が反論! 「C・ロナウドがCLを制したのは3度だけ」

アトレティコ・マドリーのエンリケ・セレーゾ会長が、ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドに反論した。スペイン『アス』が伝えている。 アトレティコは20日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでユベントスとホームで対戦して2-0で勝利。C・ロナウドやディバラといった相手の強力なアタッカーを抑え込み、ベスト16突破を大きく手繰り寄せている。 しかし、緊迫した試合の中ではサポーターがやや行き過ぎたブーイングをC・ロナウドに浴びせ、同選手も不快感を露わに。C・ロナウドは右手を広げて5本指を開いた後に、グーにするジェスチャーを披露し、試合後のミックスゾーンでは「僕はチャンピオンズリーグを5度制したが、アトレティコはゼロだ」とコメント。強烈なカウンターを繰り出していた。 しかし、これに対してセレーゾ会長が反論。C・ロナウドの5度のCL制覇に異論を挟んだ。 「私からすれば、クリスティアーノ(・ロナウド)はチャンピオンズリーグを5度制してなどいない」 「それは3度で、一つとてもシンプルな理由がある」 「アトレティコ・マドリー(との2試合)にはどちらも勝利していないからだ」 C・ロナウドは、レアル・マドリー在籍時にアトレティコと2度に渡り決勝で激突。2013-14シーズンは90分で決着が付かず延長戦の末に4-1で勝利し、2015-16シーズンは120分間を同点で終えてPK戦まで勝負が持ち越されていた。 2019.02.22 14:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ゴディンのインテル行きほぼ確定…マロッタCEO「公式発表は間もなく」

インテルのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)が、アトレティコ・マドリーに所属するウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンとの契約について語った。『スカイ・スポーツ・イタリア』が伝えている。 ディエゴ・シメオネ監督の下、世界最高峰の堅守の中でディフェンスリーダーを務めているゴディン。20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのユベントス戦では、終盤に追加点を沈め、チームを2-0での勝利に導いた。 しかし、そんなゴディンの現行契約も今シーズン限りであり、アトレティコでの時間は終わりに向かっている。昨夏にはマンチェスター・ユナイテッド行きも噂され、現在最も可能性の高い新天地としてインテルが挙げられている。 インテル行きに関して、今年初めには合意も報じられており、2年契約+1年間の延長オプションでのフリー加入が濃厚。さらに、既定路線と見られる中、インテルのマロッタCEOの口からその情報を補強する言葉が飛び出した。 「私たちの交渉はとても進んでいる。彼のユベントス戦での得点は良かったね。けど、後のことは話さない」 「公式発表は間もなく出来ると強く思う」 ゴディンは2010年夏にアトレティコ入りして以降、リーガエスパニョーラやコパ・デル・レイを制したほか、2度のヨーロッパリーグ制覇にも貢献。公式戦通算377試合26得点を誇り、今シーズンも公式戦27試合に出場して3得点をマークしている。 2019.02.22 13:40 Fri
twitterfacebook
thumb

約10日で2度ゴール取り消し…モラタをコケが気遣う「いつかはVARも認めるよ」

アトレティコ・マドリーMFコケが、チームメイトのFWアルバロ・モラタを気遣っている。<br><br>20日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグで、ユベントスと対戦したアトレティコ。中々相手ゴールをこじ開けることができなかったが、後半にセットプレーから2ゴールを奪い、2-0で勝利を挙げた。<br><br>この一戦で58分から出場したモラタは70分、フィリペ・ルイスのクロスを頭で合わせてネットを揺らしていた。しかし、ポジション取りの際にDFジョルジョ・キエッリーニを手で押したとして、ビデオ判定の結果ゴールは取り消しになっていた。<br><br>モラタは9日に行われたリーガ第23節レアル・マドリー戦でも、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によってゴールが無効に。冬のマーケットでアトレティコに加わったスペイン人FWは、およそ10日間で2度ビデオ判定によってゴールが取り消されている。<br><br>試合後、コケはチームメイトを気遣っている。<br><br>「結局、いつかはVARもモラタのゴールを認めるだろうね」<br><br>「彼は2つのゴールが取り消された。取り消すことがあるのならば、時には得点になり、時にはそうならないということ。決定はリスペクトしなければね。僕らは審判をリスペクトしている。ゴールが無効になった場合に備え、試合に勝つための得点をより奪うためにトライし続けるよ」<br><br>また、3月12日のユベントスとの2ndレグに言及。1stレグの結果に満足感を示しつつ、気を引き締めている。<br><br>「勝利はとても嬉しいが、まだ何も成し遂げていない。ユベントスのクオリティとポテンシャルはわかっているよ&hellip;&hellip;彼らは世界最高のチームの1つだ。結果には満足しているが、まだ何も決まっていない。トリノでは素晴らしい戦いになるだろう。突破するためには最高のプレーが必要だ」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.22 04:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーベと古巣対決のモラタ「実は2015年、アトレティコから…」過去の逸話を明かす

UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦、アトレティコ・マドリーvsユヴェントスではアルバロ・モラタが58分から途中出場でピッチに立った。<br><br>モラタにとってユヴェントスは2014~16年まで在籍した古巣でもあるが、現時点でモラタはアトレティコへの順応にやや苦労しているようで、『AS』の取材で次のように語った。<br><br>「チームメイトやクラブは僕を快く受け入れてくれたよ。だけど、ファンの中にはまだ僕を気に食わない人もいるみたいだ。だけど、イエス・キリストだってみんなに好かれていた人物ではないからね」<br><br>その一方で指導を受けるシメオネとの関係について「実は2015年夏に、アトレティコと接触があった。いつかはここに来ることになるかも、とは思ったけど当時は移籍そのものが実現不可能だった」と発言。ユヴェントス在籍時代の3年半前にアトレティコから獲得の要望があったことを明かしている。<br><br>「アトレティコは僕にとって理想的であり、完璧なチームだ。走る、守るという基本的な概念をここまでピッチ上でしっかり求められるフットボールは他にないからね。この戦術を習得するのもまた容易ではないが、ただ走るだけでなくそのうえでどうプレーするか、その瞬間的な判断力も自分は磨かれていると思っている」<br><br>ホームでのユーヴェ戦は2-0で先勝したアトレティコ・マドリー。古巣対決のモラタは直接ゴールを決めることこそできなかったが、2年間在籍したユーヴェとの一戦は思い入れも人一倍強かったようだ。<br><br>▶UEFAチャンピオンズリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう <br><br> 【DAZN関連記事】<br />● DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント <br />● DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた <br />● DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介 <br />● DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは? <br />● 野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN&times;他スポーツ視聴の&ldquo;トリセツ&rdquo;はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ <br><br> <br><br><br>提供:goal.com 2019.02.21 19:05 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース