グアルディオラ、PKキッカー希望も蹴らせなかったG・ジェズスに謝罪2018.10.08 18:02 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、リバプール戦でのPKキッカーを巡るやり取りに関して明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。▽プレミアリーグのリーグテーブルでリバプールと勝ち点19で並ぶシティ。7日に行われた第8節でそのリバプールとの首位攻防戦に挑んだが、85分にMFレロイ・ザネが獲得したPKのチャンスをキッカーのMFリヤド・マフレズがフイにしたこともあり、ゴールレスの痛み分けに終わっている。

▽『スカイ・スポーツ』が伝えるところによれば、当初このPKの場面ではFWガブリエウ・ジェズスがキッカーを希望していたという。だが、マフレズがキッカーを務めることを求めたグアルディオラ監督はDFバンジャマン・メンディを通じて、ジェズスにそのことを伝えたようだ。

▽しかし、レスター・シティ時代に4度のPK失敗を経験していたマフレズはこの場面でシュートをクロスバーの上に外してしまい、通算12回目のPKチャンスで5度目の失敗。2003年以来のアンフィールドでの勝利を逃す結果となった。

▽グアルディオラ監督はジェズスではなくマフレズにキッカーを任せた理由を説明すると共に、試合後ジェズスに謝罪していたことを明らかにした。

「毎日のトレーニングセッションを通じてマフレズのPKキッカーとしての能力を確認していた。そして、彼に対する信頼を深めていた。今回の失敗は良い教訓になったと思うし、彼は次こそ決めてくれるはずだ」

「ジェズスもあの場面で蹴りたがっていた。だから、彼には謝ったよ。あれは私の決断だった」

▽また、スペイン人指揮官はPKキッカーに関してFWセルヒオ・アグエロがあくまでメインキッカーであることも説明している。

「通常、過去6、7カ月はPKキッカーは常にセルヒオ(・アグエロ)だった。しかし、彼はあの時点でベンチに居た。もちろん、最初のPKが与えられるべき場面では彼もピッチに居たが、それは与えられることはなかった」

「おそらく、我々には1つのゴールを挙げるために2つのPKが必要だったと思う。ただ、レフェリーやジャッジに関してこれ以上話したくないし、我々は試合とフットボールに関してだけ話すべきだ」
コメント
関連ニュース
thumb

ベルナルド・シウバ、チェルシーとの再戦に警戒「あんな試合は二度と無い」

マンチェスター・シティに所属するポルトガル代表MFベルナルド・シウバが、チェルシーとの再戦に意気込んでいる。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 シティは24日、リーグカップ決勝でチェルシーと対戦する。チャンピオンズリーグ(CL)、プレミアリーグ、FAカップと全ての大会で生き残っているシティにとっては、最初のタイトル確保のチャンスだ。 また、これまではあまり相性が良いとは思われていなかったチェルシーだが、10日のプレミア第26節では6-0で完勝。歴史的な勝利を飾っており、リーグカップでも圧勝が期待されている。 しかし、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で存在感を高めているベルナルド・シウバは、警戒を忘れていない。 「それ(全てのトロフィーを獲ること)が僕らの主な目標だ。一度勝つだけでなく、勝ち続けて、勝ち続けなくてはならない」 「僕らはそのためのチームがあることを分かっている。だけど、対戦相手もとても強いし、それは容易なことじゃない。最善を尽くすよ」 「正直言って、(6-0でチェルシーに勝利した)あんな試合は二度と無いだろうし、忘れないといけない。同じ結果を期待しているわけではない」 「彼らの最近の結果がベストではないとしても、世界で最も優れた相手の1つだ」 「あの様な選手たちを相手に力を抜くことは決して出来ない。考える時間やプレーする時間、決断する時間を与えてしまえば、屠られることになる。だから、僕らは同じインテンシティーでプレーして、一つのトロフィーを獲得しようと試みるんだ」 2017年夏にモナコから加入したベルナルド・シウバは、ここまでの公式戦35試合8ゴール7アシストをマーク。在籍2年目にして欠かせない存在となっている同選手は、再び相まみえるチェルシーを相手にどの様なパフォーマンスを披露するのだろうか。 2019.02.22 15:25 Fri
twitterfacebook
thumb

古巣凱旋で同点FK弾! ザネ「僕が居た頃と同じように素晴らしい雰囲気」

マンチェスター・シティに所属するドイツ代表FWレロイ・ザネが、古巣・シャルケ戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えている。 シティは20日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでシャルケと敵地で対戦した。10年ぶり4度目の対戦となった一戦は、18分にアグエロが決めて、幸先良く先制する。しかし、38分と45分に連続してシャルケにPKを与えてしまい、前半に逆転を許してしまう。するとシティは78分にザネを投入。迎えた85分、ボックス手前でFKを獲得すると、ザネが左足を振り抜き、ボールをゴール右隅へ突き刺した。その後シティは、スターリングのゴールで3-2と劇的逆転勝利を挙げた。 ユース時代を含めれば2011年から2016年8月までシャルケに在籍していたザネ。試合後、ヴェルティンス・アレーナの雰囲気が昔と変わらず良いものであったとコメントし、古巣戦を振り返った。 「多くの意味がある試合だった。シャルケ、特にファンには少し申し訳ない。僕が居たころと同じように素晴らしい雰囲気だったからね。シャルケは本当にうまくやっていた。彼らの守備が僕らの試合を難しくさせた」 「それでも僕らは決して諦めなかったね。常に前進し、戦い続けた。僕らはチームのクオリティがどれほどのものかを理解しているし、常にチャンスを作ることができる。たとえそれが僕らにとってのベストゲームではなかったとしても、最終的にゴールを奪えるんだからね」 2019.02.21 09:10 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:シャルケ 2-3 マンチェスター・シティ《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、シャルケvsマンチェスター・シティが20日にヴェルティンス・アレーナで行われ、アウェイのシティが3-2で先勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽シャルケ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190221_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 フェールマン 4.5 2番手に降格した中、指揮官の温情采配で先発も不用意なパスで失点に関与。ミスを引きずらずにその後は盛り返すも3失点 DF 18 カリジウリ 5.5 献身的に守備をこなしつつ1本目のPK奪取に繋がるシュートを放つ。気迫と運動量は見事 27 ブルマ 5.5 味方と声をかけながら中央のスペースを献身的に埋めた。球際の勝負でも譲らず 26 S・サネ 5.5 責任の大部分はフェールマンにあるが、自身のロストから失点に関与。それでも、身体を張った守備と2本目のPK奪取でミスを取り返す 5 ナスタシッチ 6.0 古巣対戦で奮闘。不用意につり出される場面もあったが、泥臭く身体を投げ出すなど良く粘った 24 オチプカ 5.0 守備の局面でハードワーク。機動力を生かして相手の突破に食らいついたが、最後にスターリングに出し抜かれた MF 2 マッキーニー 6.5 豊富な運動力と球際の粘り、縦への推進力を武器に攻守両面でチームにスイッチを入れた (→スクルツィブスキ -) 8 セルダー 5.5 流動的な相手中盤の動きに対して劣勢を強いられたが、危険なスペースは何とか埋めていた 10 ベンタレブ 6.5 プレッシャーのかかる2つのPKを冷静に決め切った。流れの中でも献身的な守備と持ち味のキープ力で存在感を示した 3 メンディル 5.5 本職左サイドバックも身体能力を生かした守備とスプリント能力を買われて一列前でプレー。攻守両面で求められた役割はこなした (→ブルクシュタラー 5.5) 攻撃面で目立った仕事はなかったが、オタメンディを退場に追い込む FW 7 ウート 5.5 前線で孤立する場面が多かったが、要所でフィニッシュに絡む。前線からの献身的な守備も光った (→アリ -) 監督 テデスコ 5.0 現実的なプランで相手を追い詰めたが、数的優位になったことで全体の意識を統一し切れず ▽マンチェスター・シティ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190221_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 31 エデルソン 6.0 PKによる2失点は致し方なし。それ以外にピンチはほぼなかったが、相手カウンターのケアを怠らず。最後に見事なフィードで決勝点をアシスト DF 2 ウォーカー 5.5 3バックの右と右サイドバックで堅実なプレーを続けた 25 フェルナンジーニョ 5.0 やや不用意な対応でPK献上。センターバックとセントラルMFの2つの役割をそつなくこなした 30 オタメンディ 4.0 やや厳しい判定もハンドでPK献上に2つのカードで退場。2失点目に繋がるFKを与えた場面も自身のパスミスの流れからだった 14 ラポルテ 5.5 3バックの左と左サイドバックでプレー。安定したビルドアップへの貢献に加え守備も安定 MF 17 デ・ブライネ 5.5 1失点目のPKに繋がるボールロスト。それ以外の場面ではボールのオン・オフに限らずプレー精度はまずまず (→ジンチェンコ -) 8 ギュンドアン 5.5 かつての宿敵相手に気迫を見せたが、なかなか攻撃にスイッチを入れるようなプレーは見せられず 21 シルバ 6.0 先制点をアシスト。アグエロとのコンビプレーで局面の打開を図った (→コンパニ 5.5) 数的不利の中で緊急出動。ベテランらしく傷口を広げないゲームコントロールを見せた FW 20 ベルナルド・シウバ 6.0 フィニッシュの局面で仕事は果たせなかったが、要所で攻撃の良いアクセントになった 10 アグエロ 6.0 抜け目ないポジショニングで先制点を記録。相手の堅固なブロックに対して揺さぶりをかけ続けた (→ザネ 6.5) 圧巻の直接FKでチームを救う華々しい凱旋試合に 7 スターリング 6.5 見事な決定力で決勝点を奪取。相手のカバーリングを打ち破れなかったが、得意の仕掛けから必ず1人は剥がしていた 監督 グアルディオラ 5.5 失点はいずれもPKだったが、負けてもおかしくない苦境に陥った ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ザネ(マンチェスター・シティ) 敗色濃厚の中でチームを救うスーパーフリーキックを決めた。古巣初対戦で様々な思いがよぎった中でプロフェッショナルに徹したその姿勢は見事だった。 シャルケ 2-3 マンチェスター・シティ 【シャルケ】 ベンタレブ(前38[PK]) ベンタレブ(前45[PK]) 【マンチェスター・シティ】 アグエロ(前18) ザネ(後40) スターリング(後45) 2019.02.21 07:14 Thu
twitterfacebook
thumb

古巣初対戦のザネが圧巻FK弾で痛烈な恩返し! 10人のシティがシャルケに劇的逆転勝利で先勝!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、シャルケvsマンチェスター・シティが20日にヴェルティンス・アレーナで行われ、アウェイのシティが3-2で先勝した。 グループDを2位通過したシャルケと、グループFを首位通過したシティによる10年ぶり通算4度目の対戦。 ポルト、ガラタサライ、ロコモティフ・モスクワと本命不在となったグループDを2位通過したシャルケは2014-15シーズン以来の決勝トーナメント進出。その一方、国内リーグでは14位に低迷。前節、フライブルクと引き分けて4戦未勝利と厳しい状況が続く中、難敵相手の初戦に挑んだ。直近のフライブルク戦からは先発4人を変更。ベンタレブ、カリジウリら主力を復帰させたほか、[4-2-3-1]から[5-4-1]にシステム変更した。 一方、リヨンとの開幕戦こそ落としたものの、順当に首位通過を果たしたシティ。国内では2019年に入りリバプール、アーセナル、チェルシーと上位陣相手に力の差を見せ付け、暫定ながら首位に返り咲く。今週末にチェルシーとのEFLカップ(カラバオ・カップ)決勝を控える中、グアルディオラ監督は直近のニューポート戦からGKエデルソン、オタメンディ、シルバ、フェルナンジーニョを除く7人を変更。先日にアーセナルを破った際に使用したフェルナンジーニョをセンターバックに置く守備時[4-3-3]、攻撃時[3-2-4-1]の可変システムを採用した。 世界屈指の攻撃力を誇るシティをリスペクトするホームチームが最前線にウートを残して[5-4]の守備ブロックを自陣深くに築く中、それを予期したシティはスペースのない密集地帯でのプレーを苦にしないテクニカルなメンバー構成の下で相手を押し込んでいく。7分にはセットプレーの流れから左サイド深くでシルバが入れたクロスをゴール前のアグエロが頭で合わすが、これはGKフェールマンの好守に阻まれた。 ファーストチャンスを逸したシティだったが、完全に引くシャルケを相手に丁寧なパスワークとサイドでの仕掛けを軸にジャブを打ち込み続けると、相手の不用意なミスから先制点が転がり込む。 18分、ブルマからバックパスを受けたGKフェールマンが相手を背負うサリフ・サネに不用意にパスを入れると、ここに猛然とプレッシャーをかけたシルバがボール奪取。最後はボックス中央でフリーのアグエロにプレゼントパスを送り、これを百戦錬磨のエースストライカーが難なく流し込んだ。 自分たちのミスで当初のゲームプランが大きく崩れたシャルケは前からの圧力を強めてゴールを奪いに行く。プレスを剥がされてあわや2失点目というピンチを招く一方、25分にはショートカウンターからウートが際どいミドルシュートを放つなど、徐々に攻撃の形を作り出す。 すると、シャルケの勇気を持った攻勢が試合を思わぬ展開に運んでいく。33分、ボックス手前でカリジウリが放った左足のミドルシュートがゴール前のDFオタメンディの右腕を直撃。そして、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を用いた念入りな検証の結果、シャルケにPKが与えられる。これをキッカーのベンタレブが冷静に決めて試合を振り出しに戻す。 さらに、前半終了間際の43分にはシャルケのFKの場面でS・サネをフェルナンジーニョが後ろから抱え込んで倒してしまい、シャルケにこの試合2つ目のPKが与えられる。これを再びベンタレブが決め切り、遂にホームチームが試合を引っくり返した。 まさかの2点ビハインドで試合を折り返したシティは後半も立ち上がりから攻勢を仕掛ける。デ・ブライネ、スターリングとボックス内で続けて決定的なシュートを放っていくが、あと一歩のところでゴールとはならない。 その後もシティが圧倒的に押し込みながらも最後の所でうまくいかない状況が続く中、流れを変えたいシャルケは65分にメンディルを下げてターゲットマンタイプのブルクシュタラーを最前線に投入。すると、68分にはそのブルクシュタラーのボールキープに対してDFオタメンディがアフターチャージで倒してしまい、オタメンディにこの試合2枚目の警告が出されて退場処分となった。 ビハインドに加えて数的不利まで背負う絶体絶命の窮地に立たされたシティはシルバを下げてコンパニを投入。アウェイゴール1つを奪っているため、試合の均衡を保ちながらあわよくばゴールを狙うバランス重視のプランにシフトする。 その後は数的優位を手にしたシャルケが盛り返して一進一退の攻防が続く中、シティは78分にアグエロを下げて古巣凱旋のザネを投入。この交代でスターリングが最前線にポジションを上げる。そして、この試合の主役と目された23歳が試合を動かす大仕事をやってのける。 85分、ボックス手前中央の好位置でスターリングが倒されてFKを獲得する。そして、キッカーを務めたのは古巣初対戦のザネ。落ち着き払った様子で得意の左足を振り抜くと、鋭いカーブがかかった圧巻のシュートがゴール右隅を射抜いた。 ザネの手痛い恩返し弾で試合を振り出しに戻されたシャルケが猛攻に転じていくが、ゴールをこじ開けたのは10人のシティだった。90分、最後尾のGKエデルソンから右サイドのスペースに見事なロングパスが出ると、DFオチプカとの競り合いを制したスターリングがそのままゴール右に持ち込んで冷静にゴール左隅へ流し込み、劇的な逆転ゴールとした。 その後、シャルケの猛攻をコンパニらを中心に凌ぎ切ったシティが数的優位を見事に撥ね返す反発力をみせ、敵地で劇的な3-2の先勝を飾った。この結果、敵地で先勝すると共にアウェイゴール3つを持ち帰ることになったシティがベスト8進出に大きく前進した、なお、シティホームの2ndレグは3月12日に行われる予定だ。 2019.02.21 07:13 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FMの少数株主でもあるシティ・フットボール・グループが中国3部の四川九牛を買収

シティ・フットボール・グループは19日、中国3部リーグの四川九牛を買収したことを発表した。なお、中国企業の「UBTECH」とチャイナ・スポーツ・キャピタルとの共同購入とのことだ。 四川九牛は、四川省の成都市に本拠地を置くクラブ。ホームスタジアムの成都竜泉駅足球場は、2004年のアジアカップでもしよう。2万7000人が収容可能となっている。 シティ・フットボール・グループは、プレミアリーグのマンチェスター・シティの他、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・シティ、Aリーグのメルボルン・シティを保有。また、Jリーグの横浜F・マリノスの株式を20%保有している。その他、リーガエスパニョーラのジローナなどにも経営参加。四川九牛は7番目のクラブとなる。 「UBTECH」は、2016年からシティのパートナーとなっており、AIとロボット開発会社として中国の深センに本社を置いている。 また、チャイナ・スポーツ・キャピタルは、中国との関連性が高い世界のスポーツ業界の発展に投資することに焦点を当てている。2015年12月に、シティ・フットボール・グループの少数株主となっていた。 シティ・フットボール・グループのフェラん・ソリアーノCEO(最高経営責任者)は、中国サッカー市場についてコメント。四川九牛を通じて、シティ・フットボール・グループの発展と、中国サッカーの発展に寄与したいと語った。 「中国は非常に重要なサッカーの市場だ。我々は、我々のパートナー、チャイナ・スポーツ・キャピタル、UBTECHと共に、我々のグループに四川九牛を迎えられて嬉しく思う」 「我々は、今回の買収がこれまでの活動の自然な延長線上にあると考えている。マンチェスター・シティでの共同作業から、チャイナ・スポーツ・キャピタル、およびUBTECHとの関係は、これらのクラブを監視するのに強力なグループを設立したことと確信している」 「我々は、中国サッカーの将来を強く信じ、四川九牛を成長、発展させ、中国のサッカーのタレントを育成するために長期的で、持続可能な取り組みを行う」 「当面の焦点は、経験とノウハウの全てを使い、サッカーのパフォーマンスを強化し、ファンとの強固な関係を築くこと。そして、コミュニティで強い存在感を出すことだ。スタートすることが待ちきれない」 2019.02.20 20:20 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース