こんな時だけど…4戦未勝利バイエルンが恒例のオクトーバーフェストに参加2018.10.08 17:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルンは7日、地元ミュンヘンで開催中の世界最大規模の祭りであるオクトーバーフェストに参加した。クラブ公式サイトが伝えている。

▽現在、公式戦4戦未勝利とニコ・コバチ新監督の下で最初の壁にぶち当たっているバイエルン。しかし、クラブ内部では新指揮官への信頼を強調。現役時代のチームメートであるハサン・サリハミジッチSDは、「再び一致団結する必要がある。そうすれば再び上向きになる」と語れば、ウリ・ヘーネス会長も「今後数週間に何が起きても支持する」と、全力のサポートを約束した。

▽今回のオクトーバーフェストでは例年通り、各選手とチームスタッフ、その家族が伝統衣装に身にまとい、地元名産のビールを片手に今後の巻き返しに向けて英気を養ったようだ。

▽以下ではオクトーバーフェストを楽しむバイエルンの面々を写したギャラリーを公開。

Getty Images

Getty Images

Getty Images

Getty Images

Getty Images

Getty Images

Getty Images

Getty Images
コメント
関連ニュース
thumb

ノイアー、ホームでのリーグ戦5試合ぶり白星に安堵…コバチ監督が与えた変化は?

バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが、ホームで久々の勝利を挙げてホッと胸をなで下ろした。<br><br>バイエルンは8日、ブンデスリーガ第14節でニュルンベルクと対戦。ロベルト・レヴァンドフスキの2ゴールなどで3-0と勝利を飾った。バイエルンにとってはホームでのリーグ戦5試合ぶりの白星となっている。ノイアーはまずはホッとした率直な気持ちを明かした。<br><br>「今日はうまくいったし、勝利に値した。またホームで勝利することは重要だった。いい感じだよ」<br><br>また、ニコ・コバチ監督がチームに与えた変化については「多くは言えない」としつつ、次のように語った。<br><br>「僕らはポゼッションをしたかったし、ニュルンベルク相手にはそういう展開になるともわかっていた。セットプレーについても話していた。それでコーナーから先制できたね。ハーフタイムにも『このプレーを続け、集中を高く保とう』と話したよ」<br><br>なお、勝ち点3を加えたバイエルンは暫定ながら2位に立っている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.09 16:42 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルン、レヴァのドッペルパックとリベリ弾で久保不出場のニュルンベルクに快勝《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第14節、バイエルンvsニュルンベルクが8日に行われ、3-0でバイエルンが快勝した。ニュルンベルクのFW久保裕也はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽前節ブレーメン戦をニャブリのドッペルパックで勝利し、リーグ戦4試合ぶりの白星を手にした4位バイエルン(勝ち点24)は、4日後に首位通過を懸けたチャンピオンズリーグ(CL)のアヤックス戦を控える中、今季限りでの退団を表明したロッベンが欠場となり、負傷明けのチアゴがベンチ入りした。 ▽久保が3試合ぶりにベンチスタートとなった15位ニュルンベルク(勝ち点11)に対し、[4-2-1-3]で臨んだバイエルンは3トップに右からニャブリ、レヴァンドフスキ、リベリ、トップ下にミュラー、センターにキミッヒとゴレツカを並べた。 ▽立ち上がりから押し込んだバイエルンは9分、キミッヒの左CKからパンチングでクリアにかかったGKの前でレヴァンドフスキがヘディングで押し込み、先制した。 ▽先制後もハーフコートゲームを続け、圧倒するバイエルンは24分に追加点のチャンス。ボックス内でミュラー、ニャブリと繋いで最後はレヴァンドフスキがシュートしたが、枠の上に外してしまった。 ▽それでも27分、ゴレツカのミドルシュートがバーを直撃したルーズボールをレヴァンドフスキが押し込んで汚名返上の追加点を奪う。 ▽迎えた後半も攻勢に出たバイエルンは57分に3点目を奪取。相手GKのキックミスを突いてショートカウンターに転じると、ニャブリのシュートのルーズボールをリベリが蹴り込んだ。 ▽余裕のバイエルンはリベリ、ゴレツカ、ニャブリを下げ、コマンや負傷明けのチアゴら投入していく。結局、ニュルンベルクに何もさせず、そのまま3-0で試合を終わらせ、リーグ戦2連勝とした。 2018.12.09 01:24 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンもイスコ争奪戦に参戦か

▽バイエルンが、レアル・マドリーのスペイン代表MFイスコ(26)の獲得に動き出す可能性があるようだ。スペインメディアのレポートを引用して『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽今シーズン、フレン・ロペテギ前監督の下では主力を担ってきたイスコ。しかし、サンティアゴ・ソラーリ体制に移って以降、直近のチャンピオンズリーグ(CL)グループG第5節ローマ戦でベンチ外になるなど指揮官との確執も疑われており、去就が騒がしくなっている。6日に行われたコパ・デル・レイ4回戦2ndレグ、メリリャ戦では先発したものの、その試合も控え組主体のものだ。 ▽そんなイスコに関しては、マンチェスター・シティやユベントスと言ったビッグクラブが関心を寄せていると、以前に各紙が報道。今回伝えられるところによると、バイエルンもイスコ争奪戦に参戦する可能性があるという。 ▽しかし、イスコはマドリーとの契約を2022年まで残しており、契約解除金は推定7億ユーロ(約902億円)。スペイン国内でもかなりの人気を誇るスターの将来は、どこのクラブが勝ち取るのだろうか。 2018.12.08 17:10 Sat
twitterfacebook
thumb

アンチェロッティが語るバイエルンでの解任「哲学のぶつかり合い」大泣きした子供時代も

ナポリの指揮官カルロ・アンチェロッティが6日、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じ、ユベントスとのスクデット争いや、過去のエピソードについて語った。<br><br>今シーズンからアンチェロッティが指揮を執るナポリは現在、8連覇を目指す首位ユベントスと8ポイント差で2位につける。ナポリの名将はスクデット獲得が不可能ではないと捉えている。<br><br>「ユーベは非常に強く、継続性もある。だが到達不可能ではない。私のサッカーキャリアにおいて、これまで無敵のチームに出会ったことはない。もちろん、ユーベと足並みを揃えていくには奇跡を起こさなければならない。ナポリの中盤はイタリアで最強だ。レベルの高い6人のミッドフィルダーがいる。我々は非常に競争力が高い」<br><br>ところでアンチェロッティは2017年9月、バイエルンにおいて、キャリアで初めてとなる解任処分を受けた。ナポリ指揮官は当時を振り返った。<br><br>「哲学のぶつかり合いだった。クラブはその構造や哲学を変更することを望まず、選手の世代交代を進めることも考えていなかった。私は今、(ナポリで)その仕事をしているよ」<br><br>■スタジアムに入れず大泣きした子供時代続いてナポリ指揮官は、インテルファンだった子供時代のエピソードを明かした。<br><br>「初めてインテルの試合を見たのは1970年のことだった。父が試合のあったマントヴァへ連れて行ってくれたのだが、チケットが買えなかった。父から『家へ帰ろう』と言われた。だが、『何で家に帰るんだよ!ここにいよう』と私は答えて、スタジアムのゲートの前に居座って大泣きを始めてしまった。前半が終わると、入り口の係員が『泣き止んだら中に入れてやるよ』と声を掛けてくれた。インテルは6-1で勝ったのだが、前半は0-0だったので全部のゴールを見ることができたよ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.07 21:55 Fri
twitterfacebook
thumb

チアゴの夢はバイエルンでのCL制覇「難しいタイトルだとわかっているけど…」

バイエルンのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラが、改めてチャンピオンズリーグへの強い思いを口にした。<br><br>チアゴは2013年、当時指揮官だったジョゼップ・グアルディオラの強い希望でバイエルンへと加入。チャンピオンズリーグを制したばかりで、世界最強だったバイエルンだが、その後は最高でも準決勝進出にとどまり、欧州の頂に立つことはかなっていない。<br><br>バルセロナ時代、2度のCL制覇を経験しているチアゴだが、バイエルンの主力選手としてビッグイヤーを掲げることを夢見ている。『Goal』の取材でこのように語った。<br><br>「CLでは近年、アトレティコやレアルと当たるなど運が欠けていたことも事実だ。ただ、挑戦を続けるよ。どれだけ難しいタイトルかはわかっているけど、本当に欲しいんだ」<br><br>さらに、在籍年数が8年を超えるバイエルンでの居心地が良いことを認め、「ホームのように感じている。ここには他のビッグクラブにはない美しい伝統がある。とても特別だよ」と話した。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.12.05 23:30 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース