司令塔エジルが背中を故障か…フルアムに大勝もエメリの新たな不安材料に2018.10.08 15:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
アーセナルのウナイ・エメリ監督は、MFメスト・エジルが背中を負傷したためにフルアム戦を欠場したことを明かした。

7日に行われたプレミアリーグ第8節でアーセナルはフルアムと対戦。アレクサンドル・ラカゼットとピエール=エメリク・オーバメヤンがそれぞれ2得点をマークするなど攻撃陣が爆発したアーセナルは、5-1で勝利し、公式戦9連勝を飾った。

しかし、この試合には司令塔エジルの姿はなく、代わりにアレックス・イウォビやヘンリク・ムヒタリアンらがスターティングメンバーに名を連ねた。そして試合後、元ドイツ代表MFの欠場理由について問われたエメリ監督は背中に問題を抱えたために起用しなかったことを認めた。

「昨日、突然痛みが表れたようだ。昨日はトレーニングできなかったし、今日もプレーできなかった」

この試合の後、多くの選手が代表に招集されてチームから離れるアーセナル。4日に5000マイルも離れるアゼルバイジャンでの一戦を終え、中2日でこの試合を迎えるなど疲労が心配されるものの、エメリ監督は問題ないことを強調した。

「選手たちは毎週多くの試合を戦うことに慣れているし、プレーを望んでいる。金曜日を休養とした後、練習の時間は24時間しかなかったが、彼らは集中して取り組めていた。選手たちはこれからインターナショナルブレイクに入り、10日や11日にプレーして、そしてまた移動する。ルーカス(トレイラ)はアジアに行くから長旅になるが、帰ってからも今日のようにハイレベルなプレーを見せてくれるだろう」


提供:goal.com
コメント


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース