絶好調のジェノアFWピョンテク、ヴィエリ以来のセリエA開幕7連発達成2018.10.08 13:32 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジェノアは7日、セリエA第8節でパルマと対戦し1-3で敗戦した。同試合ではポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクが開幕7試合連続ゴールを達成した。▽昨シーズン、母国のクラコヴィアでのリーグ戦21ゴールの活躍を引っ提げて今夏ジェノアに加入したピョンテク。すると、自身の公式戦デビュー戦となったコッパ・イタリア3回戦のレッチェ戦で4ゴールの圧巻デビューを飾ると、セリエ第2節のエンポリ戦からここまで6試合連発となる8ゴールを挙げている。(セリエA開幕節ミラン戦はジェノバの高架橋崩落事故の影響で延期)

▽そして、元イタリア代表FWクリスティアン・ヴィエリがインテル時代の2002-03シーズンに記録して以来のセリエA開幕7試合連続ゴールが懸かった今回の一戦では開始6分に左サイドのMFダルコ・ラゾビッチからのクロスを巧みな頭でのフリックでゴール右隅に流し込み、今季自身9点目となるゴールを挙げて難なくセリエA開幕7連発を達成した。

▽なお、セリエA記録は1994-95シーズンに当時フィオレンティーナに在籍していた元アルゼンチン代表FWガブリエル・バティストゥータの開幕11試合連続ゴールだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ジェノアが今季2度目の監督交代! ユリッチ解任で元イタリア代表監督のプランデッリ招へい

▽ジェノアは7日、イバン・ユリッチ監督(43)の解任を発表。また、後任として1月までアル・ナスルを率いていたチェーザレ・プランデッリ氏(61)を招へいしたことを伝えている。 ▽10月に成績不振で解任されたダビデ・バッラルディーニ前監督の後任として、ジェノア指揮官に復帰したユリッチ監督。巻き返しが期待されたものの、就任後は公式戦8試合で3分け5敗とチームを立て直すことができず。6日に行われたコッパ・イタリア4回戦でも、セリエC(イタリア3部)に所属するヴィルトゥスにPK戦の末に敗戦を喫していた。 ▽後任としてジェノア指揮官に就任したプランデッリ氏は、パルマやローマ、フィオレンティーナなどセリエAクラブで監督を務めると、2010年7月からはイタリア代表を指揮。2014年のブラジル・ワールドカップで指揮を執っていた。その後はガラタサライ、バレンシア、アル・ナスルの監督を務めていたが、1月にアル・ナスルの監督を解任されフリーとなっていた。 2018.12.08 00:02 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリー、今季大ブレイクのピョンテク獲得を検討か

▽レアル・マドリーが、ジェノアに所属するポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(23)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『fichajes』が報じた。 ▽前線の強化が今冬のタスクに挙げられているマドリー。これまでは、インテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(25)やパリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(31)の獲得が各メディアによって噂されてきた。 ▽今回伝えられるところによると、スペイン人ジャーナリストのエドゥアルド・インダ氏は「マドリーは、ジェノアのセンターフォワードであるピョンテクを欲している。彼の契約解除金は6000万(約77億円)ユーロだからね」と発言したという。 ▽183cmの本格派ストライカーのピョンテクは、パワフル且つ正確な右足とヘディング技術を武器にボックス内で抜群の存在感を放つ生粋の点取り屋だ。ポーランド国内では“レヴァンドフスキの後継者”としてにわかに注目が集まっている。そんなピョンテクは、今夏にポーランドのKSクラコヴィアから400万ユーロ(約5億円)でジェノアに加入すると、セリエAでは14試合に出場し、開幕から7試合連続ゴールを含む、10ゴールを記録。瞬く間にビッグクラブが注目する存在になっている。 2018.12.05 15:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ジェノバ・ダービーは痛み分け、ピョンテク10ゴール到達一番乗り《セリエA》

▽セリエA第13節、ジェノアvsサンプドリアのジェノバ・ダービーが25日に行われ、1-1で引き分けた。 ▽共に3連敗中の13位ジェノア(勝ち点14)と、12位サンプドリア(勝ち点15)によるダービー。 ▽試合は8分に早速動く。右サイドからのガストン・ラミレスの左足インスウィングのクロスをクアリアレッラがダイビングヘッドで押し込み、サンプドリアが先制した。 ▽それでも16分、ジャノアがすかさず同点に持ち込む。ピョンテクがボックス内に侵入したところで、GKアウデーロに倒されてPKを獲得した。このPKをピョンテク自ら決めて試合を振り出しに戻した。 ▽ピョンテクのセリエA10ゴール目で追いついたジェノアは33分、ボックス手前右で得たFKをヴェローゾが直接狙うも、シュートはわずかに枠の右上に外れた。ハーフタイムにかけてはジェノアの攻勢が強まったが、前半のうちに逆転することはできず、1-1で後半へ折り返した。 ▽迎えた後半もジェノアが圧力をかける展開で推移。しかし、シュートに持ち込むことはできずに時間が経過していった。 ▽そんな中62分、右クロスをクアメが頭で合わせたシュートがゴール左下に飛んだが、GKアウデーロのビッグセーブに阻まれてしまった。 ▽終盤にかけては互いにゴールに迫れず1-1で終了。不調同士のダービーは勝ち点1を分け合う結果となった。 2018.11.26 06:26 Mon
twitterfacebook
thumb

試合巧者ナポリ、洪水ピッチを味方につけジェノアに逆転勝利!《セリエA》

▽ナポリは10日、セリエA第12節でジェノアと対戦し、2-1で逆転勝利した。 ▽現在8勝1分け2敗で3位に付けているナポリ。チャンピオンズリーグのユベントス戦の敗戦を最後に公式戦7戦無敗を続けている。直近ではパリ・サンジェルマンと対戦し1-1のドロー。今節はその試合からスタメンを3人変更。マクシモボッチ、ファビアン・ルイス、メルテンスに代えて、ヒサイ、ジエリンスキ、ミリクが先発となった。 ▽まずゴールに迫ったのはジェノア。成長株のピョンテクがボックスの外から思い切りよく狙っていったが枠の右へ。対するナポリは、12分にインシーニェがボックス手前から放ったスートが左ポストに嫌われてしまう。 ▽19分にもインシーニェからマリオ・ルイと繋いでジエリンスキのシュートまで運んだナポリだったが、20分に先制を許してしまう。ジェノアは右サイドに流れたロムロがクロスを供給。これをクアメが頭で合わせネットを揺らした。 ▽ゴールを取り返そうとナポリが猛攻を仕掛ける。35分にボックス左のジエリンスキの折り返しをアランがダイレクトで狙うが、相手のブロックに遭う。さらのその1分後に、今度はカジェホンの右サイドからのクロスをゴール前でミリクが合わせるが、GKI・ラドゥのビッグセーブに遭う。 ▽1点ビハインドのナポリは後半からミリクとジエリンスキを下げてメルテンスとファビアン・ルイスを投入した。56分にその二人がチャンスを演出。ボックス左でボールを持ったファビアン・ルイスからフリーランで侵入してきたメルテンスにパスが送られると、ボックス右からファーを狙ったがカーブをかけきれず、シュートは枠の外へ。 ▽その後、大雨の影響で一時中断された試合は、中断明けも所々水溜まりが出来ているピッチが両チームを苦しめる。全くボールが走らず、ナポリは得意の流動的なサッカーが展開できない。60分にはカウンターに転じるも、ピッチ中央のコンディションが酷く、まともにドリブルが出来ないまま相手に奪われてしまった。 ▽それでもナポリは62分、ボックス手前右のアランからペナルティアーク付近のメルテンスに縦パスが入ると、メルテンスがワンタッチではたいたボールをファビアン・ルイスがゴール正面から流し込んで同点に追いついた。 ▽その後も劣悪ピッチに苦しめられる両者だが、ナポリはこのピッチを味方につける。86分、相手のハンドで敵陣左サイドでFKを獲得。これをインシーニェがグラウンダーでゴール前に入れると、バウンドしたボールが予想より速いスピードで跳ねたためシジェノアのビラスキが対応し切れずオウンゴールを献上してしまう。 ▽後半アディショナルタイムにはジェノアに迫られる場面もあったものの、洪水ピッチを攻略したナポリが逆転勝利。これで公式戦8戦負けなし、リーグ戦2連勝とした。 2018.11.11 06:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ガリアルディーニのドッピエッタなど5発のインテルが主力温存で7連勝《セリエA》

▽インテルは3日、セリエA第11節でジェノアをホームに迎え、5-0で圧勝した。 ▽イカルディのドッピエッタなどで前節ラツィオ戦を3-0と完勝し、リーグ戦6連勝として2位に浮上したインテル(勝ち点22)は、3日後にチャンピオンズリーグでバルセロナとのリターンマッチを控える中、イカルディやナインゴラン、ヴェシーノら主力をベンチスタートとした。 ▽ここ4試合勝利のない10位ジェノア(勝ち点14)に対し、[4-3-3]を採用したインテルは、3トップに右からポリターノ、L・マルティネス、ペリシッチ、中盤アンカーにブロゾビッチ、インサイドにジョアン・マリオとガリアルディーニを配した。 ▽そのインテルが開始1分過ぎにL・マルティネスのボレーシュートでゴールに迫ると、13分にはポリターノがカットインシュートでGKを脅かした。そして14分に押し切る。敵陣でボールを奪ってショートカウンターに転じると、ルーズボールをボックス左のガリアルディーニが左足で流し込んだ。 ▽さらに16分、ジョアン・マリオのスルーパスをラゾビッチの前でカットしたポリターノがボックス中央に侵入してゴール右へシュートを流し込み、追加点を奪いきった。 ▽その後も35分にポリターノがGKを強襲するシュートを浴びせたインテルは、直後のCKからデ・フライが決定的なヘディングシュートを浴びせるなど、ジェノアに主導権を渡さずに前半を終えた。 ▽後半もインテルが押し込むと、開始4分に3点目を奪う。スローインの流れからルーズボールをペリシッチがプッシュ。これはGKの好守に阻まれるも、ルーズボールをゴールエリア右に詰めていたガリアルディーニが押し込んだ。 ▽3失点目を受けてピョンテクを投入したジェノアに対し、52分にそのピョンテクにCKからヘディングシュートを許すも、GKハンダノビッチの正面で助かった。 ▽バルセロナ戦を見据え、ポリターノを下げてケイタを投入したインテルが主導権を握り続けると、76分にはペリシッチに代えてボルハ・バレロを投入した。そのインテルは追加タイムにジョアン・マリオとナインゴランが加点して5-0で圧勝。リーグ戦7連勝としてバルセロナ戦に臨むこととなった。 2018.11.04 00:59 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース