「誰もが失敗する」…PK機逸のマフレズに落胆の色なし2018.10.08 09:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティに所属するアルジェリア代表MFリヤド・マフレズがPK失敗を振り返った。イギリス『FourFourTwo』が報じた。▽プレミアリーグのリーグテーブルでリバプールと勝ち点19で並ぶシティ。7日に行われた第8節でそのリバプールとの首位攻防戦に挑んだが、85分に獲得したPKのチャンスをマフレズが不意にしたこともあり、ゴールレスの痛み分けに終わっている。

▽『Opta(@OptaJoe)』によれば、マフレズのプレミアリーグにおけるPK失敗は、レスター・シティ時代を含めて通算5度目。今回のPK失敗により、シティの2003年以来となるアンフィールドでの勝利を逃した格好だが、マフレズ自身に落胆の様子はない。

「僕らはもっと強く前進してしかないといけない。それもフットボールであり、人生さ」

「僕は平気だ。誰もがPKを失敗することはある。どんなビッグプレーヤーでもね」

「もちろん、チームを勝たせるために決めたかったけど、ボールが浮いてしまった」

「でも、大切なのは、僕らのパフォーマンスが良かったということ。勝ちに値したけど、負けないことも大事だ」
コメント
関連ニュース
thumb

シティ、レスターの逸材DFチルウェルに関心か

▽マンチェスター・シティが、イングランド代表DFベン・チルウェル(21)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『ミラー』の情報を引用して、スペイン『アス』が伝えた。 ▽シティは、昨年夏にモナコから推定移籍金5200万ポンド(現在のレートで約74億円)という大金でフランス代表DFバンジャマン・メンディを獲得。しかし、度重なる負傷の影響で稼働率は芳しくなく、新たな左サイドバック獲得が検討されている。 ▽そこで候補に挙がっているのがチルウェルだ。同選手は今年10月にレスターと2024年まで契約延長したばかりだが、5500万ユーロ(約70億円)以上もの移籍金を支払う準備ができているという。 ▽チルウェルは、レスター下部組織出身の攻撃的左サイドバックで、2015年にトップチームデビューを果たした。スピードとクロスを武器に、今シーズンはここまでのプレミアリーグ全16試合にフル出場。また、今年9月にイングランド代表デビューを果たすなど、将来が有望視される若手の1人だ。 2018.12.14 19:23 Fri
twitterfacebook
thumb

【CLグループF総括】シティが順当に首位通過! プレミア王者苦しめたリヨンが7季ぶりの歓喜

▽優勝候補筆頭に挙がるマンチェスター・シティと、アウトサイダー3チームの構成となったグループF。結果だけを見れば、シティが順当に首位通過を果たしリヨンが三つ巴の争いを制して2位通過を決める形となったが、予想外に盛り上がるグループステージの戦いとなった。 ■グループF順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.マンチェスター・シティ[13/4/1/1/10] 2.リヨン[8/1/5/0/1] 3.シャフタール[6/1/3/2/-8] 4.ホッフェンハイム[3/0/3/3/-3] ◆波乱の幕開けも納得の首位通過~マンチェスター・シティ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181213_33_tw2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽記録尽くめの圧勝となった昨季のプレミアリーグでの戦いぶりから今大会の優勝候補筆頭に挙がるシティだったが、今グループステージにおいては予想外の苦戦を強いられた。国内リーグでの好調を引っ提げて臨んだリヨンとのホームでの初戦では相手の激しいプレッシングに苦しみ、まさかの1-2で敗戦。翌節のホッフェンハイム戦もキックオフ直後の失点でビハインドを負った末、試合終了間際のMFシルバのゴールで辛くも競り勝った。 ▽その後、シャフタール相手に3-0、6-0の圧勝でようやく本調子を見せたが、リヨンへのリベンジを期して臨んだ第5節では最終的に2-2のドローに持ち込み決勝トーナメント進出を決めたものの、試合内容では前回対戦と同様にネガティブな面が目立った。最終的には順当に首位通過を果たしたものの、前半戦をほぼ全休したMFデ・ブライネやDFメンディに加え、シルバやFWアグエロら主力に負傷者が目立っており、今冬の補強を否定するグアルディオラ監督だが、より拮抗した戦いを強いられる決勝トーナメントに向けては幾つかのポジションで補強が求められるところだ。 ◆プレミア王者に冷や汗をかかせる奮闘~リヨン~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181213_33_tw3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽プレミア王者に冷や汗をかかせたフランスの名門がシャフタール、ホッフェンハイムとの三つ巴の争いを制して7シーズンぶりの決勝トーナメント進出を決めた。今季、流出濃厚だったエースFWフェキルの残留に成功したチームは国内リーグではやや苦戦もCLの舞台では印象的なパフォーマンスを披露した。MFエンドンベレ、MFアワール、DFフェルラン・メンディと欧州のビッグクラブ注目の逸材たちが評判通りの活躍をみせ、シティ相手に1勝1分けの戦績を残した。 ▽シャフタール、ホッフェンハイムとの直接対決ではウィークポイントの守備面、試合運びの拙さを露呈したものの、いずれもドローに持ち込む勝負強さをみせ、1勝5分けの無敗で決勝トーナメント進出を決めた。今冬の引き抜きに不安を残す一方、シーズン途中から採用する[3-4-3]の新布陣の熟成が徐々に進んでおり、対戦相手次第では決勝トーナメントでの躍進も期待される。 ◆健闘も2季連続の悲願はならず~シャフタール~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181213_33_tw4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ナポリを退けてシティと共に決勝トーナメント進出を果たした昨季の再現を狙うも惜しくも3位敗退となった。今夏の移籍市場では司令塔のMFフレッジ、主砲FWファクンド・フェレイラなど一部主力を引き抜かれたものの、キャプテンのMFタイソン、MFマルロス、DFイスマイリとブラジル出身トリオが今季も健在ぶりを発揮。さらに、新エースストライカーのFWジュニオール・モラエスもまずまずの活躍を見せた。 ▽シティとの連戦では無得点9失点と大きな力の差を見せつけられたものの、それ以外の2チーム相手にはらしいパフォーマンスを見せられていた。惜しむらくはホームで戦った最終節のリヨン戦。早い時間帯に先制点を奪ったことでやや消極的なプレーが目立った中、終始押し込まれるまるでアウェイのような戦いを強いられ、最終的に1-1のドローに終わった。ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントでは昨季のようにホームゲームでの圧倒的な強さを取り戻したい。 ◆初挑戦は未勝利に終わるも収穫多し~ホッフェンハイム~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181213_33_tw5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽クラブ史上初の参戦となった昨季ELに続き今季のCLでもグループステージを最下位で終えることになった。それでも、若き知将ナーゲルスマンは昨季のヨーロッパでの戦いを教訓に自身初のCLでは今後に可能性を抱かせる戦いぶりを見せてくれた。最終結果は3敗3分けの未勝利という結果に終わったが、ほとんどの試合で先制点を奪えていた事実は指揮官のゲームプランの正しさを示す。また、試合中のシステム変更や選手交代によってビハインドを追いついた試合も幾つかあり、指揮官としての有能さを示した。その一方でシティ相手の2度の逆転負けなどリードした後の試合運びには大いに改善点があり、経験不足が顕著だった選手たちのメンタル面のケアを含めて来季からの新天地RBライプツィヒでの戦いに生かしたいところだ。 2018.12.14 11:01 Fri
twitterfacebook
thumb

観客に飛び蹴りしても…人種差別的行為を無視したスターリングは「大人の男だ」 元英代表MFが語る

現役時代にマンチェスター・ユナイテッドやリバプールなどでプレーした元イングランド代表MFポール・インス氏が、マンチェスター・シティの同代表MFラヒーム・スターリングの人種差別的事件について語った。<br><br>スターリングに関しては、8日に行われたプレミアリーグ第16節のチェルシー戦において、試合中に相手サポーターから罵声を浴びる場面が。人種差別的な野次であったことが判明し、試合後にチェルシーは該当4名のサポーターの試合立ち入り禁止処分を科すことを発表した。<br><br>インス氏は、この件について『Goal』に対し、「スターリングは観客に対して、カントナのようにジャンプすることも簡単だったはずだ。彼は大人になったことを示した。子どもから、&ldquo;大人の男&rdquo;になったことを証明したよ」と、かつて野次を飛ばしてきた観客に飛び蹴りを見舞ったマンチェスター・Uのレジェンド、エリック・カントナ氏を例に出してコメント。心ない差別的発言者に対し、反撃せずに相手にしなかったスターリングを褒めた。<br><br>「彼は正しい道を進んで、的確な決断をしている。土曜日に起こったこととは関係なく、人生には満足しているように見えるよ。幸せを感じるときこそ、フットボールもエンジョイできるものだ」<br><br>インス氏はまた、人種差別問題が以前に比べて少なくなってきているものの、根絶に向けてはまだまだやるべきことがあると話す。<br><br>「ラヒームに起こったことみたいに、今でも表ざたになることがある。プレミアリーグだけでなく、さらに下のリーグでも起こっている。人種差別問題について、我々はまだやるべきことがあると考えないと。根絶に向けて必要なことがまだあるんだ」<br><br>提供:goal.com 2018.12.13 14:45 Thu
twitterfacebook
thumb

18歳の逸材フォーデン、とうとうペップに“ダイヤモンド”と言わしめる

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、U-21イングランド代表MFフィル・フォーデン(18)を「ダイヤモンド」と称した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽8歳の頃からシティ下部組織に在籍し、今では指揮官のジョゼップ・グアルディオラ監督に“特別な選手”と幾度となく称賛されるフォーデン。今シーズンはここまで公式戦13試合に出場し、1ゴール2アシストを記録しており、着々と経験を積んでいる。逸材は、10日にシティとの5年半契約にサインしたばかり。その際にもグアルディオラ監督は「月に飛んで行ってしまうほど嬉しい」と表現していた。 ▽そのフォーデンは12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループF最終節ホッフェンハイム戦にはフル出場し、2-1での勝利に貢献。グアルディオラ監督はフォーデンのプレーに大満足したようで試合後、「イングランドはダイヤモンドを持っている」とまで言わしめた。 「ずば抜けた若手選手だ。イングランドはダイヤモンドを持っている」 「フィル(・フォーデン)は大人のようなプレーを見せた。後半に見せたようなプレーは本当に素晴らしかった。彼のクオリティが発揮されるのは、ボールを持った時だけではない。痩せているように見えて体も強いんだ」 「彼のクオリティに疑いはない。シルバやギュンドアン、デ・ブライネと争わなくてはいけないが、彼ならすべてをやり遂げることができるだろうね。ファイターでもあり、ゴールを決めることもできる。体も頑丈さ。まだ18歳なのにね」 2018.12.13 11:25 Thu
twitterfacebook
thumb

CLベスト16チームが決定! イングランドが最多4チーム突破

▽12日にチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ全日程が終了し、決勝トーナメントに進出する全16チームが決定した。 ▽昨季、準優勝チームのリバプール、フランス王者のパリ・サンジェルマン(PSG)、ナポリ、ツルヴェナ・ズヴェズダの4チームが同居した今グループステージで最激戦区となったグループCではPSGが首位通過、最終節のナポリとの直接対決を制したリバプールが決勝トーナメント進出を決定。首位で最終節を迎えながらもアンフィールドで散ったナポリは3位敗退でヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントに回ることになった。 ▽同じく激戦区となったバルセロナ、トッテナム、インテル、PSVが同居したグループBではエースFWリオネル・メッシを筆頭に格の違いを見せつけたバルセロナが、第4節終了次点で今大会最速での決勝トーナメント進出を決め、2番手にはインテルと同勝ち点も当該戦績で上回ったトッテナムが2年連続での突破を決定した。 ▽その他のグループではCL3連覇中の絶対王者のレアル・マドリーがCSKAモスクワ相手に不覚を取ったものの、2位のローマと共にグループGをきっちり首位通過。また、マンチェスター・シティ、ユベントス、バイエルンといった優勝候補も順当に突破を決めている。 ▽日本人選手所属クラブではMF香川真司の所属するドルトムントがアトレティコ・マドリー、モナコらを退けてグループAを首位通過。ただ、香川はこのグループステージで一度しか出場機会はなかった。 ▽一方、DF長友佑都の所属するガラタサライはシャルケ、ポルト、ロコモティフ・モスクワと本命不在の比較的恵まれたグループDに入ったものの、3位敗退でEL決勝トーナメントに回ることに。さらに、FW西村拓真の所属するCSKAモスクワは王者レアル・マドリー、昨季ベスト4のローマの牙城を破れず、最下位で敗退。なお、西村は第3節のローマ戦でCLデビューを飾っていた。 ▽決勝トーナメント進出チームを国別に分けると、マンチェスターの2チーム、リバプール、トッテナムの全チームが生き残ったイングランドが最多に。続いてレアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリーが勝ち抜いたスペイン、バイエルン、ドルトムント、シャルケが勝ち抜いたドイツの3チームが次点となった。 ▽各グループの最終順位の一覧は以下の通り。 【グループA】 1.ドルトムント(ドイツ) 2.アトレティコ・マドリー(スペイン) ――決勝T進出―― 3.クラブ・ブルージュ(ベルギー) ――EL決勝T進出―― 4.モナコ(フランス) 【グループB】 1.バルセロナ(スペイン) 2.トッテナム(イングランド) ――決勝T進出―― 3.インテル(イタリア) ――EL決勝T進出―― 4.PSV(オランダ) 【グループC】 1.パリ・サンジェルマン(フランス) 2.リバプール(イングランド) ――決勝T進出―― 3.ナポリ(イタリア) ――EL決勝T進出―― 4.ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア) 【グループD】 1.ポルト(ポルトガル) 2.シャルケ(ドイツ) ――決勝T進出―― 3.ガラタサライ(トルコ) ――EL決勝T進出―― 4.ロコモティフ・モスクワ(ロシア) 【グループE】 1.バイエルン(ドイツ) 2.アヤックス(オランダ) ――決勝T進出―― 3.ベンフィカ(ポルトガル) ――EL決勝T進出―― 4.AEKアテネ(ギリシャ) 【グループF】 1.マンチェスター・シティ(イングランド) 2.リヨン(フランス) ――決勝T進出―― 3.シャフタール(ウクライナ) ――EL決勝T進出―― 4.ホッフェンハイム(ドイツ) 【グループG】 1.レアル・マドリー(スペイン) 2.ローマ(イタリア) ――決勝T進出―― 3.ビクトリア・プルゼニ(チェコ) ――EL決勝T進出―― 4.CSKAモスクワ(ロシア) 【グループH】 1.ユベントス(イタリア) 2.マンチェスター・ユナイテッド(イングランド) ――決勝T進出―― 3.バレンシア(スペイン) ――EL決勝T進出―― 4.ヤング・ボーイズ(スイス) 2018.12.13 07:23 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース