夢の劇場で移籍後初ゴール…武藤嘉紀がファンに感謝ツイート2018.10.08 08:55 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニューカッスルに所属する日本代表FW武藤嘉紀が移籍後初ゴールに歓喜した。▽武藤は、6日に敵地で行われたプレミアリーグ第8節のマンチェスター・ユナイテッド戦で移籍後リーグ初先発すると、1点リードの10分に鋭い反転から左足の強烈なシュートをスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの守るゴールマウスに突き刺して加入後初得点。78分までプレーした。

▽最終的に、チームは2-3の逆転負けを喫したものの、“夢の劇場”オールド・トラフォードで鮮烈な一発を記録した武藤。7日、自身のツイッター(@yoshimuto18)を通じて、サポーターに次のようなメッセージを送り、この先の活躍を誓った。

「アウェイゲームでの厚いサポートに感謝している。それがなければ、僕も初ゴールを決めることはできなかった。次こそチームが勝てるように全力を尽くす!」

コメント

関連ニュース

thumb

武藤ニューカッスル、監督交代か

▽FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルが監督交代を考えているようだ。イギリスメディアが伝えている。 ▽今シーズン、ラファエル・ベニテス監督体制3シーズン目を迎えているニューカッスルは厳しいシーズンを過ごしている。プレミアリーグ開幕から5試合で、トッテナムやチェルシー、マンチェスター・シティにアーセナルとビッグクラブとの試合が続き、直近のマンチェスター・ユナイテッド戦では、リーグ戦初先発を果たした武藤が移籍後初ゴールを決めたものの、2点差をひっくり返されて敗戦。リーグ戦第8節を終えた時点で0勝2分け6敗で19位に沈んでいる。 ▽日程に恵まれなかったとはいえ、この順位は由々しき事態。クラブはこのままチームが向上しないようであれば、すぐにでも監督交代に踏み切る姿勢だという。 ▽そこで候補に挙がっているのがセルティックのブレンダン・ロジャーズ監督だ。2008年にワトフォードで監督を始めた同監督はこれまでレディングやリバプールを指揮し、2016年にセルティックに就任した。セルティックでは就任から2年連続でリーグ戦と国内カップ戦の2冠を達成しており、評価を高めている。 ▽しかし、伝えられるところによるとベニテス監督はファンからの厚い支持を受けており、ファンは退任を望んでいない模様、また、イギリス『sportslens』は、流動的なフットボールを志向しているものの守備に関しては不得意なロジャーズ監督に現在のニューカッスルの監督が務まるのか疑問を呈している。 2018.10.13 17:42 Sat
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、問題発言か…FA、ニューカッスル戦後の発言を調査へ

▽イングランドサッカー連盟(FA)が、マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督のニューカッスル戦後の発言を調査するようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽今シーズンのプレミアリーグで現在4勝1分け3敗で8位と出遅れているユナイテッド。モウリーニョ監督には、6日に行われたプレミアリーグ第8節のニューカッスル戦前に「結果に関係なく解任」という噂も挙がっていたものの、0-2からの大逆転で何とか勝ち切った。しかし、現在モウリーニョ監督のニューカッスル戦後の発言が議論を呼んでいるという。 ▽今回伝えられるところによると、同監督がピッチを去る際にポルトガル語で何か言葉を発する姿を映像で捉えられていた模様。この発言に問題がないかFAが調査するようで、攻撃的な言葉や侮辱的な言葉を使ったことが確認された場合、ベンチ入り停止処分が下される可能性があるようだ。 2018.10.09 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

強豪相手に躍動した武藤嘉紀をニューカッスル指揮官が称賛「重要なものを与えてくれた」

ニューカッスルのラファエル・ベニテス監督は、初先発を果たした武藤嘉紀がチームに多くのものをもたらしたと高く評価した。イギリス『クロニクル・ライブ』が伝えた。<br><br>2018年8月に950万ポンド(約14億円)でマインツからニューカッスルに加入した武藤。今夏の移籍市場において最高額を支払って獲得した同選手に対する期待は大きかったものの、当初は途中出場でしか出番がなく、ベニテス監督も言語面の影響でプレミアリーグへの順応が遅れていると心配の声を上げていた。<br><br>しかし、武藤は6日に行われたオールド・トラッフォードでのマンチェスター・ユナイテッド戦で初スタメンを手にすると、移籍後初ゴールを奪うなど躍動。チームは敗れはしたものの、ここまで攻撃陣が不振に喘ぐチームにとって大きなプラスとなるプレーで印象付けた。<br><br>この武藤の好パフォーマンスを受け、ユナイテッド戦で同選手を起用した効果について言及したベニテス監督は、軽傷を負って途中交代したもののチームにとってポジティブな活躍を見せたと語った。<br><br>「攻撃のときにいくつかの動きとペースを持てたことは我々にとって重要なことだったと思うし、彼とアジョセ(ペレス)との関係性はとても良かった。しかし、残念なことにケネディと彼は問題を抱えてピッチを去った」<br><br>この試合で先制点をマークしたケネディと2点目を奪った武藤は、負傷の影響でそれぞれ68分と78分に途中交代。両選手についてベニテス監督は「ムトウは足首を、ケネディは打撲を負ったが、大したことではない」と重傷には至っていないことを強調した。<br><br>この試合で躍動した武藤は、インターナショナルブレイク明けの20日に行われるブライトン&amp;ホーヴ・アルビオン戦でも再び先発でプレーするチャンスをつかめるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.09 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

大逆転負けも…ニューカッスル監督が武藤嘉紀ら攻撃陣を評価「最高のプレーだった」

ニューカッスルのラファエル・ベニテス監督は、逆転で敗れはしたものの選手たちを称賛した。<br><br>6日に行われたプレミアリーグ第8節で、ニューカッスルは敵地でマンチェスター・Uと対戦。ニューカッスルは、開始早々にケネディと武藤嘉紀が得点を挙げて早々と2点のリードを奪ったが、その後マンチェスター・Uの反撃にあい、2-3で逆転負けを喫した。<br><br>今シーズンここまで勝利のないニューカッスルにとって、念願の初勝利に向けて大きく近づいていただけにこの敗戦のショックは大きなものに。しかし、ベニテス監督はトップ6のマンチェスター・Uを最後まで苦しめ続けた選手をイギリス『BTスポーツ』で称えた。<br><br>「最高の試合だった。前半は特に良く、逆転を許した後半でさえも良かったし、カウンターアタックからあと2、3点を奪えるチャンスもあった。あのような形で失点し、そのままタイムアップを迎えたことを悲しく思う。それでも、選手たちには最高のプレーだったと話した」<br><br>また、移籍後初めてプレミアリーグで先発出場を飾り、得点を決めた武藤ら攻撃陣を評価している。<br><br>「90分間良いパフォーマンスを続けられなかったことにがっかりしている。しかし、前半は本当に良く、あと1点や2点を奪える可能性があった。それにいくつかのポジティブな要素も光った」<br><br>提供:goal.com 2018.10.07 13:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル武藤PL初先発初得点も…ユナイテッドが2点差をひっくり返し奇跡の逆転勝利《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第8節、マンチェスター・ユナイテッドvsニューカッスルが6日に行われ、3-2でユナイテッドが勝利した。ニューカッスルの武藤嘉紀はプレミア初先発を果たし初ゴールを記録。78分までプレーした。 ▽公式戦4試合勝ちなし、前節は格下ウェストハムに完敗したユナイテッドは、現在3勝1分け3敗で10位に位置。日に日にモウリーニョ監督の解任話が現実味を帯びてくる中、ニューカッスル戦は直近のチャンピオンズリーグのバレンシア戦からスタメンを3選手を変更。バレンシア、フェライニ、サンチェスに代えて、ヤング、マクトミネイ、マルシャルが先発となった。対するニューカッスルは、武藤がプレミア初先発を果たした。 ▽モウリーニョ監督最後の試合とも伝えられているこの試合、その噂を現実にするかのような試合展開を見せた。7分、右サイドからのスローインで再開したニューカッスルはアジョセ・ペレスのスルーパスにケネディが反応。ボックス右に侵入したケネディは冷静にGKとの一対一を制し、ニューカッスルが先制した。 ▽まさか出だしとなったユナイテッド。だがこれだけでは済まなかった。先制から3分後、再び右サイドのスローインから攻撃を始めたニューカッスルは、シェルヴェイのクロスをボックス中央で収めた武藤が鋭いターンでマークに付いていたヤングの逆をつき左足を振り抜く。するとこのシュートがGKデ・ヘアの足元を抜けてネットを揺らした。 ▽武藤のプレミア初先発初得点でリードを広げたニューカッスル。18分には、武藤のゴールをお膳立てしたシェルヴェイが今度は自らボックス手前から強烈なシュートを放っていく。 ▽一方、このままでは本当にモウリーニョ監督の首が危ういユナイテッドは、右からのクロスにラッシュフォードが頭で合わせるが、枠の左に外してしまう。 ▽ほとんど攻撃の形を作れないでいるユナイテッド。それを尻目にニューカッスルは34分のFK場面、一度相手に跳ね返されたボールを味方が頭でゴール前に入れなおすと、ここに待っていた武藤が至近距離からヘディングシュートを見舞うが、GKデ・ヘアのスーパーセーブが炸裂。まさかのビッグセーブに武藤は頭を抱えた。 ▽ここまで未勝利の相手に前半だけで2失点を喫したユナイテッドは、後半に向けてマクトミネイを下げてフェライニを投入。すると51分、そのフェライニが絡んでチャンスを迎える。ヤングの右GKをファーサイドでトラップしたフェライニはボックス手前のポグバに渡す。ポグバがそこから放ったシュートはGKドゥブラフカアのファインセーブ防がれるも、ボールはゴール前のマティッチの下へ。簡単に押し込めるボールだったが、マティッチはこれをふかし、絶好の機会を逸してしまった。 ▽その後もユナイテッドの攻撃は続く。前半のうちにバイリーに代わって入ったマタが左ポストをかすめるシュートを打てば、今度はポグバのクロスからラッシュフォードが頭で合わせるも、こちらも枠に飛ばすことは出来なかった。 ▽早く1点を返したいユナイテッドは67分にラッシュフォードを下げてサンチェスをピッチへ。これで交代枠3枚を使い切った。 ▽するとその直後、ボックス手前右で得たFKを、マタが直接決めてユナイテッドが70分に1点を返した。この1点からユナイテッドの猛攻が始まった。 ▽70分台に立て続けに決定機を迎えたユナイテッドは75分に、右CKからゴール前のスモーリングがGKシュート。ここはGKドゥブラフカのファインセーブに阻まれるも、直後の76分、左サイドでボールを持ったマルシャルがポグバとのワンツーでカットインすると、そこからゴールニアサイドを打ち抜き、ついに同点とした。 ▽驚異的な追い上げを見せたユナイテッドだが、今日のユナイテッドはここで終わらなかった。同点で迎えた90分、右サイドのヤングのクロスに合わせたのが途中出場のサンチェスだった。合わせに行ったマルシャルの陰に隠れる形で、小さなサンチェスが頭で流し込んで2点のビハインドから赤い悪魔が逆転に成功した。 ▽歓喜に包まれるオールド・トラフォード。試合はこのまま終了を迎え、奇跡の逆転劇を見せたユナイテッドがリーグ戦3試合ぶりの勝利。公式戦では5試合ぶりの勝利を手にした。一方、武藤の初ゴールなどで2点を先攻したニューカッスルだが、まさかの逆転負けで、今季初勝利はお預けとなった。 2018.10.07 03:31 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース