夢の劇場で移籍後初ゴール…武藤嘉紀がファンに感謝ツイート2018.10.08 08:55 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニューカッスルに所属する日本代表FW武藤嘉紀が移籍後初ゴールに歓喜した。▽武藤は、6日に敵地で行われたプレミアリーグ第8節のマンチェスター・ユナイテッド戦で移籍後リーグ初先発すると、1点リードの10分に鋭い反転から左足の強烈なシュートをスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの守るゴールマウスに突き刺して加入後初得点。78分までプレーした。

▽最終的に、チームは2-3の逆転負けを喫したものの、“夢の劇場”オールド・トラフォードで鮮烈な一発を記録した武藤。7日、自身のツイッター(@yoshimuto18)を通じて、サポーターに次のようなメッセージを送り、この先の活躍を誓った。

「アウェイゲームでの厚いサポートに感謝している。それがなければ、僕も初ゴールを決めることはできなかった。次こそチームが勝てるように全力を尽くす!」
コメント
関連ニュース
thumb

元ニューカッスルDFスティーブン・テイラー、ウェリントン・フェニックスとの契約を1年延長!

Aリーグのウェリントン・フェニックスは18日、イングランド人DFスティーブン・テイラー(33)との契約を2019-20シーズンまで延長したことを発表した。 1995年から2016年までニューカッスルに在籍し、公式戦215試合に出場したセンターバックのS・テイラー。その後は、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のポートランド・ティンバーズ、チャンピオンシップ(イングランド2部)にイプスウィッチ、リーグ1(イングランド3部)のピーターバラ・ユナイテッドFCを経て、2018年7月にウェリントン・フェニックスに1年契約で加入していた。今シーズンはここまで公式戦19試合1ゴールを記録している。 ウェリントン・フェニックスとの契約を延長したS・テイラーは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「僕はウェリントンを家のように感じている。このクラブでうまくプレー出来ているし、契約を延長することができて、とても幸せだよ」 2019.02.18 19:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ソン・フンミンの2戦連発となる今季10点目でスパーズがニューカッスルの堅守攻略! 3連勝で暫定2位浮上《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第25節、トッテナムvsニューカッスルが2日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが1-0で勝利した。なお、ニューカッスルのFW武藤嘉紀はアジアカップ参戦の影響でメンバー外となっている。 共にリーグ戦連勝中の14位ニューカッスルと3位トッテナムによる一戦。前節、マンチェスター・シティ相手に金星を挙げたマグパイズは中3日開催となったこの一戦に向けて同じ先発を起用。対してワトフォード相手に逆転勝利のトッテナムは先発3人を変更。オーリエ、ローズ、ジョレンテに代えてトリッピアー、ラメラ、ルーカス・モウラを起用した。 直近数試合で採用した3バックからトリッピアー、ヴェルトンゲンをサイドバックに配した[4-3-3]の布陣でスタートしたホームのトッテナム。最前線にロンドンを残して[5-4-1]の堅固な守備ブロックを形成するニューカッスル相手にラメラ、ルーカス、ソン・フンミンの個人技に長けた3トップで攻略を図る。 予想通り、自陣に引きこもって中央のスペースを徹底的に消すアウェイチームの守備に手を焼くトッテナムだったが、16分に最初の絶好機が訪れる。セットプレーの二次攻撃からラメラの浮き球パスに反応したルーカスがゴール前でドフリーも叩きつけるヘディングシュートは枠の左に外してしまった。さらに24分には高い位置まで張り出したヴェルトンゲンの低いクロスが密集を抜けてファーのラメラが頭で合わすが、これは枠の右上角を叩く。 一方、割り切った守備的なプランを遂行するニューカッスルは30分、狙っていたロングカウンターから決定機を作りだす。左サイドの深い位置に侵攻したリッチーの低いクロスを中央のアジョセ・ペレスがシュート。このこぼれ球をボックス右でフリーのロンドンが回収してシュートに持ち込むが、ここは相手DFの素早い寄せに阻まれた。 前半終盤にかけても試合展開に大きな変化はなし。38分には再びセットプレーの流れからエリクセンのクロスをムサ・シソコが抑えの利いたボレーシュートで枠に飛ばすが、これは相手GKドゥブラフカの好守に遭う。対するニューカッスルも幾度かボックス内に侵入するチャンスを作ったが、試合はゴールレスでの折り返しとなった。 互いに選手交代なしで迎えた後半。立ち上がりから決定機を作り合う。まずは49分、ラメラの左CKにダビンソン・サンチェスが頭で合わすが、このシュートはわずかに枠の右。すると、直後にはニューカッスルのカウンターから右サイドのイェドリンが上げたクロスを競り勝ったロンドンが頭で合わすが、これは惜しくも右ポストを叩いた。 疲れの影響か徐々に相手のペースになり始めた中、トッテナムは60分にルーカスを下げて前節決勝点のジョレンテを投入。すると65分にはエリクセンの左CKからゴール前で混戦を作り、ソン・フンミンのシュートがゴールに向かうが、これはDFシェアにゴールライン上でスーパークリアされる。この絶好機を逸した中、直後にはロンドンの突破からアジョセ・ペレスに決定機を許すが、今度はGKロリスのビッグセーブで凌いだ。 その後、ジョレンテを起点に攻勢を見せるもあと一歩で相手の守備を崩しきれないトッテナムは78分にラメラを下げてローズを投入。後ろの枚数を3枚にしてよりサイドからのクロスを意識した戦い方にシフト。すると83分、前節に続いてジョレンテとソン・フンミンのコンビがチームを救う。アルデルヴァイレルトからのフィードをジョレンテが胸で落とすと、これを拾ったソン・フンミンが右に持ち出してボックス手前から右足のシュート。ややシュートコースは甘かったものの味方がブラインドとなったか、GKドゥブラフカの脇を抜けたボールがネットを揺らした。 苦しみながらも相手の堅守をこじ開けたトッテナムは一転攻勢に出た相手の反撃を危なげなくしのぎ切って1-0の辛勝。ソン・フンミンの2試合連続となる今季10点目で勝ち切ったトッテナムが3連勝を飾った。この結果、2位マンチェスター・シティを抜き暫定2位に浮上した。 2019.02.02 23:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、クラブ史上最高額でパラグアイ代表MFアルミロンを獲得!

日本代表FW武藤嘉紀の所属するニューカッスルは1月31日、アトランタ・ユナイテッド(MLS)に所属するパラグアイ代表MFミゲル・アルミロン(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2024年6月30日までの5年半で、イギリス『BBC』によれば、移籍金はクラブ史上最高額の2000万ポンド(約28億4000万円)とのことだ。 母国のセッロ・ポルテーノでキャリアをスタートさせたアルミロンは、アルゼンチンのアトレティコ・ラヌスを経て2017年初めにアトランタに入団。すると、これまで2度に渡りリーグのオールスターに選出されており、10番を背負った昨シーズンには公式戦38試合13ゴール13アシストの活躍でMLSカップ優勝に貢献した。 ニューカッスルのこれまでの移籍金最高額は2005年夏にレアル・マドリーから加入したマイケル・オーウェン氏の1600万ポンド(現在のレートで約22億9000万円)となっていた。 2019.01.31 23:48 Thu
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、モナコのイタリア人SBバレッカを買い取りOP付きレンタルで獲得

ニューカッスルは1月31日、モナコのイタリア人DFアントニオ・バレッカ(23)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。『フットボール・イタリア』によれば今季終了後に買い取る際の移籍金は900万ユーロ(約11億2000万円)とのことだ。 トリノの下部組織出身である左サイドバックのバレッカは、チッタデッラやカリアリへのレンタル移籍を経て、2016年夏にトリノに復帰。トリノでは公式戦通算39試合に出場し、今季5年契約でモナコに加入していた。 しかし、モナコではリーグ・アン7試合の出場に留まり、戦力になりきれていなかった。 ニューカッスルではラツィオのベルギー代表DFジョルダン・ルカクの獲得に迫っていたが、メディカルチェックで問題があり破談となっていた。 2019.01.31 23:02 Thu
twitterfacebook
thumb

主将キ・ソンヨン、韓国代表引退を決断「サッカー人生で代表は何よりも大切だった」

韓国サッカー協会(KFA)は30日、ニューカッスルに所属するMFキ・ソンヨン(30)が韓国代表を引退することを発表した。 全世代別の代表に選出され、FCソウル在籍時の2008年6月に19歳で韓国代表デビューを飾ったキ・ソンヨン。すぐさまレギュラーに定着し、キック力とパスセンスを武器に長きにわたって韓国を支えてきた。ワールドカップ(W杯)には、2010年大会から3大会連続出場。2012年に行われたロンドン五輪では、U-23韓国代表の主役として銅メダルを獲得した。2015年からキャプテンとしてチームをけん引。現在、開催中のAFCアジアカップ2019にも参戦していたが、グループE第1戦のフィリピン代表戦で右ハムストリングを痛め、グループステージ終了後に代表を離脱していた。代表キャリアでは、通算110試合10得点を記録した。 KFAによると、キ・ソンヨンは30日にKFAに「2019年のAFCアジアカップを最後に代表という大きな名誉と重大な責任を終えようと思う」と書信を送付。代表引退を決断したキ・ソンヨンは、以下のようにコメントしている。 「サッカー人生の中で、代表は何よりも大切だった。これまで多くの愛と声援を送ってくれたファンの皆さんに深く感謝を申し上げたい」 「アジアカップではファンの期待に応えられず、代表は困難な時期を迎えている。ただ、パウロ・ベント監督の指導の下、仲間たちと後輩が力を合わせて乗り越えていくと思っている」 「代表を応援する一人のサッカーファンに戻り、韓国サッカーの発展を誰よりも祈っている」 「クラブで最善を尽くし、サッカー選手としてのキャリアが終わるまで、ファンの皆さんの期待に応えていきます」 2019.01.31 18:50 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース