レーティング:バレンシア 1-1 バルセロナ《リーガエスパニョーラ》2018.10.08 05:44 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リーガエスパニョーラ第8節、バレンシアvsバルセロナが7日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。▽バレンシア採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
ネト 5.5
失点はメッシを誉めるべき。それ以外に難しいシュートはなかった

DF
ピッチーニ 6.0
コウチーニョとジョルディ・アルバの侵攻を許さなかった

ガライ 6.5
先制ゴールを決め、守備面でも奮闘

ガブリエウ 6.0
集中した守備でスアレスに自由を与えなかった

ガヤ 6.0
攻守に質の高いプレーを見せた

MF
ソレール 6.0
ジョルディ・アルバの攻め上がりをケア

パレホ 5.5
CKから先制点演出。ボールに触ればアクセントを付けた

コンドグビア 6.0
バイタルエリアを使わせず。前半は攻撃にも関与

(→コクラン -)

ゴンサロ・ゲデス -
前半序盤に股間節を痛めて負傷交代

(→チェリシェフ 6.0)
持ち味の縦への推進力を見せた

FW
ガメイロ 5.5
カウンターの起点に。バチュアイとの連係もまずまず

(→ロドリゴ・モレノ -)
目立った働きはなかった

バチュアイ 6.0
ポストプレーで起点に。シュートも放った

監督
マルセリーノ 6.0
組織的な守備で応戦。勝ち点1をもぎ取った▽バルセロナ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 テア・シュテーゲン 5.5
こちらもさほど難しいシュートは飛んでこなかった

DF
2 N・セメド 5.5
チェリシェフにやや苦戦も攻撃参加の質はまずまず

3 ピケ 5.5
CKからの失点に関与。それでもそれ以外は安定

24 ヴェルメーレン 5.5
前半序盤はバタついたが、徐々に安定

18 ジョルディ・アルバ 5.5
ピッチーニにスペースを埋められて打開しきれず

MF
4 ラキティッチ 5.5
アクセントを付けるプレーが少なかった

5 ブスケッツ 6.0
正確な配球でゲームを作る

8 アルトゥール 6.0
正確なボールスキルを発揮。ポゼッションの中心に

(→ラフィーニャ -)

FW
10 メッシ 6.5
さすがのフィニッシュワークで同点弾を決めた

9 スアレス 5.5
メッシのゴールをアシストも相手センターバックに潰された

7 コウチーニョ 5.5
何本か個人技からシュートに持ち込んだが、打開はできず

(→デンベレ -)

監督
バルベルデ 5.5
試合開始早々の安い失点が響いた。バレンシアの守備を打開しきれず

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ガライ(バレンシア)
▽引き分けでも悪くない結果と捉えていたバレンシアの守備を統率したガライを選出。先制ゴールも決めてチームに勢いをもたらす。

バレンシア 1-1 バルセロナ
【バレンシア】
ガライ(前2)
【バルセロナ】
メッシ(前23)

コメント

関連ニュース

thumb

“元”フランス代表コンドグビアが中央アフリカ代表デビュー!「僕の夢だった」

▽バレンシアMFジェフリー・コンドグビア(25)が12日に、中央アフリカ代表デビューを果たした。 ▽フランス出身のコンドグビアはこれまで各世代のフランス代表を経験。2013年にフル代表にも選出されこれまで5試合に出場していたものの、自身のルーツである中央アフリカ代表への鞍替えを申告。出場した5試合は全て国際親善試合であったため要求は認められることになった。 ▽そしてこの度、コンドグビアはコートジボワール代表とのアフリカ・ネーションズカップ予選に出場。試合は0-4で敗れたものの、キャプテンとして90分間プレーした。 ▽試合後、コンドグビアは中央アフリカ代表デビューを以下のように振り返った。フランス『フランス・フットボール』が伝えている。 「みんなは僕が中央アフリカ代表でプレーしたいと思っていたことを知らなかっただろう。これは僕の夢だった」 「親戚や友達、家族はそうじゃなかった。彼らは賛成してくれなかった。それは僕のキャリアやフランス代表なら成し遂げられた何かが惜しかったからじゃないかな。僕はずっと自分の気持ちを押し殺してきたんだ」 ▽リールの下部組織出身のコンドグビアはセビージャやモナコ、インテルを経て2017年夏にバレンシアにレンタル移籍。今シーズンから完全移籍で加入し、ここまで公式戦7試合に出場している。 2018.10.16 00:01 Tue
twitterfacebook
thumb

バレンシア、出身地によってチケット販売を拒否…大きな論争に

バレンシアが出身場所によってチケット販売を拒否したことで、大きな論争となっている。スペイン『アス』が報じた。<br><br>問題が生じたのは、14日に行われたリーガ・エスパニョーラ2部B(実質3部)のバレンシア・メスタージャ(バレンシアBチーム)対エルクレスのダービーだ。試合会場のパテルナ(収容人数3000人)のチケット販売所では身分証明が求められ、エルクレスが拠を構えるアリカンテの出身者が販売を拒否された。拒否された人数は、約80人にのぼっている。<br><br>これを受けたエルクレスのカルロス・パロディ会長は「出身地で人を差別してはならない」と表明。「バレンシアの回答を待つ」としながら、その回答が不十分である場合には法的手段に出る構えを見せている。『アス』曰く、出身地によるチケット販売の拒否はスペインのスポーツ法とバレンシアの興行場法 に違反している可能性があるとのことだ。<br><br>これに対してバレンシアは、アリカンテ出身者にチケットを販売しなかったことが「警備上」の観点による決定だったと主張している模様。またエルクレスに対してはアウェーチケットとして275枚を用意していたものの、200枚しか受け取らなかったことも強調しているという。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.15 23:59 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ戦負傷のゲデス、ポルトガル代表離脱…ベンフィカのラファ・シウバを追加招集《UEFAネーションズリーグ》

▽ポルトガルサッカー連盟(FPF)は8日、バレンシアに所属するFWゴンサロ・ゲデスが負傷により、同国代表を辞退することを発表した。また、ベンフィカに所属するMFラファ・シウバを追加招集することも併せて伝えている。 ▽ゲデスは7日、リーガエスパニョーラ第8節のバルセロナ戦に先発出場。しかし、開始11分で負傷交代していた。バレンシアは8日に診断した結果、左足の内転筋を負傷したことを発表している。 ▽ポルトガル代表は11日にUEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ3の2戦目でポーランド代表と対戦。14日にはスコットランド代表との国際親善試合を戦う。 2018.10.09 14:10 Tue
twitterfacebook
thumb

イタリア代表、ロマニョーリ、クトローネ、ダンブロージオ負傷でトネッリとピッチーニが招集《UEFAネーションズリーグ》

▽イタリアサッカー連盟(FIGC)は8日、UEFAネーションズリーグ(UNL)と国際親善試合を戦うイタリア代表メンバーからミランDFアレッシオ・ロマニョーリ、同FWパトリック・クトローネ、インテルDFダニーロ・ダンブロージオが負傷により代表に合流しないことを発表した。 ▽一方でバレンシアDFクリスティアーノ・ピッチーニ、サンプドリアDFロレンツォ・トネッリの招集を発表している。 ▽クトローネは直近のリーグ戦で途中出場していたが、ロマニョーリとダンブロージオは直近のリーグ戦を欠場していた。 ▽追加招集されたピッチーニはバレンシアでレギュラーを務める右サイドバックで今回が初招集となる。サンプドリアの好調に貢献しているセンターバックのトネッリは2016年5月以来2度目の招集となっている。 ▽先月行われたUNLでポーランド代表に引き分け、ポルトガル代表に敗れたイタリアは、10日にウクライナ代表と国際親善試合を戦い、14日にUNL3戦目でポーランド代表とのアウェイ戦を戦う。 2018.10.09 00:05 Tue
twitterfacebook
thumb

メッシ同点弾もバレンシアにドロー、バルセロナはリーガ4戦勝利なし《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第8節、バレンシアvsバルセロナが7日に行われ、1-1で引き分けた。 ▽前節レアル・ソシエダ戦を1-0と勝利して今季初白星を挙げたバレンシアは、5日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のマンチェスター・ユナイテッド戦では0-0の引き分けに持ち込んだ。そのユナイテッド戦のスタメンから2選手を変更。ロドリゴ・モレノとコクランに代えてガメイロとソレールを起用した。 ▽一方、前節ビルバオ戦を1-1と引き分けてリーガ3戦勝利なしとなったバルセロナは、4日前に行われたCLトッテナム戦をメッシの2ゴールなどで4-2と快勝し、公式戦4試合ぶりの勝利を手にした。そのトッテナム戦のスタメンからラングレに代えてヴェルメーレンのみを変更した。 ▽試合は開始2分にバレンシアが先制する。左CKをニアサイドのスアレスとピケがクリアできず、ファーサイドのガライが押し込んだ。続く6分にもバチュアイがボックス左から際どいシュートを浴びせたバレンシアは、7分にもCKの流れからコンドグビアが惜しいミドルシュートを放った。 ▽バレンシアが良い入りを見せていた中、11分にアクシデントが発生する。股間節を痛めたゴンサロ・ゲデスがチェリシェフとの交代を強いられた。そのバレンシアは12分、チェリシェフの左クロスを受けたガメイロの落としからバチュアイがコントロールシュート。枠を捉えていたが、GKテア・シュテーゲンの守備範囲に飛んでしまった。 ▽その後は追うバルセロナが押し込む展開とする中、21分にメッシが枠内シュートをマークすると、23分に追いついた。メッシがコンドグビアの股間を通すパスでスアレスとのワンツーを図ると、リターンパスをボックス手前中央で受けたメッシがゴール右下にシュートを蹴り込んだ。 ▽メッシの個人技で試合を振り出しに戻したバルセロナが引き続き敵陣でポゼッションする中、バレンシアは39分にガヤがボックス左から決定的なシュートを浴びせてけん制。しかし、ハーフタイムにかけては互いにゴールに迫れず1-1で前半を終えた。 ▽後半開始3分にチェリシェフがシュートに持ち込む積極性を見せたバレンシアだったが、前半同様に自陣に引いて対応する。そのバレンシアに対し、バルセロナはコウチーニョやメッシが枠内シュートをマークしていく。 ▽守勢に回っていたバレンシアは61分、ガメイロがボックス内からシュートを浴びせてけん制すると、67分にガメイロに代えてロドリゴ・モレノを投入した。 ▽それでも、後半半ば以降もバルセロナがポゼッションする展開に変わりなく時間が経過していく。80分にはボックス左でブスケッツの浮き球パスを受けたメッシがシュートに持ち込むも、枠を捉えきれない。 ▽終盤、コウチーニョに代えてデンベレを投入し、逆転を狙ったバルセロナだったが、バレンシアの集中した守備を崩せずに1-1でタイムアップ。引き分けに終わったバルセロナはリーガ4試合勝利から見放されることとなった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_l" terget="_blank">リーガエスパニョーラを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.10.08 05:43 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース