中島が2G1Aと躍動のポルティモネンセ、強豪スポルティングを撃破し今季2勝目!《プリメイラ・リーガ》2018.10.08 06:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ポルティモネンセは1日、プリメイラ・リーガ第7節でスポルティング・リスボンとホームで対戦し、4-2で勝利した。ポルティモネンセのMF中島翔哉はフル出場し、44分と82分にゴールを記録した。

▽前節、最下位のデスポルティボ・アベスに完敗を喫したポルティモネンセは、その試合から先発を4人変更。中島はこの試合でも左ウィングで先発。また、今夏に加入したジャクソン・マルティネスが移籍後初先発を飾った。

▽立ち上がりこそ地力に勝るスポルティングにやや押し込まれるポルティモネンセだったが、30分に反撃。左サイドを持ち上がったマナファが中島とのワンツーでボックス左から侵入すると、ゴールエリア左横まで持ち上がりニアサイドを抜くシュートをゴールに流し込んだ。

▽先制点で勢いに乗るポルティモネンセは、前半終了間際に中島が再び輝きを放つ。44分、パウリーニョのパスをボックス左深くで受けたマナファが切り返しから冷静にラストパスを供給。ボックス内に走り込んだ中島のダイレクトシュートがゴール左に突き刺さった。

▽しかし、後半に入るとナニを投入したスポルティングの猛攻にさらされる。すると63分、アクーニャの左クロスのロストボールをボックス左深くでナニに拾われると、ラストパスをモンテーロに押し込まれた。

▽その後も猛攻を受けるポルティモネンセだったが、にセットプレーからリードを広げる。82分、右CKのセカンドボールをボックス手前で拾った中島がミドルシュート。狙いすましたシュートはそのままゴール左隅に吸い込まれた。

▽88分にコアテスのゴールで1点を返されたポルティモネンセだが、93分に途中出場のジョアン・カルロスが1点を追加し、4-2で試合終了。ポルティモネンセが中島の2ゴール1アシストの活躍で今季2勝目を飾った。
コメント
関連ニュース
thumb

uhlsportがポルティモネンセ移籍の日本代表GK権田修一と契約「活躍に期待してください」

ユナイテッドスポーツブランズジャパン株式会社(本社:東京都品川区西五反田2-19-3五反田第一生命ビル9F)は4日、ポルティモネンセSCの日本代表GK権田修一と契約したことを発表した。2019年2月2日よりuhlsport(ウールシュポルト)、McDavid(マクダビッド)の製品を提供している。 権田は、ユースの頃よりU-17日本代表に招集。その後も活躍を続け、2017にはオーストリアのSVホルンに期限付きで移籍。そして2019年、日本代表としてAFCアジアカップ2019に出場。また、ポルトガル1部のポルティモネンセSCへの移籍が決まり、ゴールキーパーとして今後の活躍が大きく期待されている。 今回の契約について権田は「海外への2度目のチャレンジとなるタイミングでuhlsport、McDavidと契約が出来てとても嬉しく思います」とコメント。「uhlsportのGKグラブはフィット感・グリップ力など総合的に優れ、非常に気に入っています。McDavidのサポーターやパフォーマンスギアは実力を最大限に発揮するために必要不可欠なものです。ポルティモネンセSCでの活躍に期待してください!」と新たなGKグラブと共に、新天地での飛躍を誓った。 2019年夏には、権田のシグネチャモデルのグラブも発表される予定となっている。 2019.02.05 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

中島翔哉がカタール王者のアル・ドゥハイルに完全移籍! 今季のACLにも出場

カタールのアル・ドゥハイルは3日、ポルティモネンセの日本代表MF中島翔哉(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 森保ジャパンの中心選手でもある中島は、欧州クラブへの移籍を希望。ウォルバーハンプトンやレスター・シティなども移籍先の候補に挙がっていたが、突如として現れたカタール行きが決定した。 なお、移籍金は3500ユーロ(約43億7000万円)と事前に報道されていた。また、将来的なパリ・サンジェルマンへの移籍も噂されている。 東京ヴェルディの下部組織出身の中島は、2013年1月にトップチームへと昇格。2014年1月にFC東京へと移籍すると、同年はカターレ富山へとレンタル移籍。2014年8月にFC東京へ復帰していた。 その後FC東京でプレーしていた中、2017年8月にポルティモネンセへとレンタル移籍。自身初の海外挑戦となった2017-18シーズンでは、ポルトガル・プリメイラリーガで29試合に出場し10ゴール12アシストと大暴れ。これにより、多くのビッグクラブが興味を示した。 一度FC東京に戻った中島だったが、2018年に完全移籍を果たす。すると、今シーズンもここまでリーグ戦13試合に出場し5ゴール6アシストを記録。今冬の移籍が騒がれていた。 2018年9月からは日本代表にも選出。森保一監督の下で10番を背負い、中心選手としてプレー。アジアカップにも招集されていたが、負傷によりメンバー外となっていた。 アル・ドゥハイルは、2017-18シーズンのカタール・スターズリーグで優勝。ジョゼ・モウリーニョ監督の右腕として活躍していたルイ・ファリア氏を新監督に招へいし、ユベントスからモロッコ代表DFメディ・ベナティアを獲得するなど、チーム強化に動いていた。なお、アジアカップ2019でMVPと得点王を獲得したカタール代表FWアルモエズ・アリも在籍している。 なお、アル・ドゥハイルは2019年のAFCチャンピオンズリーグにも出場。西地区のグループCに入っており、2017年に決勝まで進んだサウジアラビアの強豪であるアル・ヒラル、日本代表MF塩谷司が所属するUAEのアル・アイン、イランのエステグラルと同居している。 2019.02.04 02:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ポルティモネンセ指揮官、中島翔哉の退団を明言…行先はカタールか

日本代表MF中島翔哉(24)のポルティモネンセ退団が決定的となった。ポルトガル『O Jogo』が伝えた。 昨シーズンに加入したポルティモネンセでセンセーショナルな活躍を披露し、今シーズンからは10番を背負う中島。今シーズンもここまで公式戦14試合5ゴール6アシストを記録しており、欧州の複数クラブから注目を集めている。 そんな中島だが最近、カタールのアル・ドゥハイル移籍の可能性が突如として浮上。当初こそヨーロッパでのプレーを希望していることから、可能性を否定していたとされるが、一部メディアでは合意に達したことが伝えられている。 そうした中、ポルティモネンセは29日にプリメイラ・リーガ第19節でチャベスと対戦。この一戦では、ケガによりアジアカップ参戦を辞退した中島の先発復帰が予想されていたが、ベンチ外に。すると試合後、ポルティモネンセを率いるアントニオ・フォーリャ監督が中島の退団を明言した。 「中島はもうポルティモネンセの選手ではなくなる。彼は売却される。交渉については知らないし、知りたくもない」 「私にとってポルティモネンセで彼と仕事ができたことは素晴らしかった。留めるのは簡単ではなかった。彼の幸せを願っている。クオリティを示し続けて欲しい」 2019.01.30 08:55 Wed
twitterfacebook
thumb

森保ジャパンの守護神、権田修一が鳥栖からポルティモネンセに完全移籍!

サガン鳥栖は29日、日本代表GK権田修一(29)がポルティモネンセSC(ポルトガル)に完全移籍することを発表した。 東京都出身でFC東京の下部組織で育った権田は、2007年にトップチーム昇格。昇格3年目でFC東京の正GKの座を射止め、同年にA代表デビューを飾った。その後、2014年7月にはオーバートレーニング症候群を発症し、再起をかけた2016年1月にSVホルン(オーストリア)に期限付き移籍。そして、復活を遂げた権田は2017年に鳥栖に加入し、Jリーグ屈指の堅守を誇るチームの守護神としてその評価を高めていった。 日本代表としては、ロシア・ワールドカップ(W杯)後から本格的に招集。現在UAEで行われているアジアカップではサムライブルーの守護神を務め、4試合でクリーンシートを達成し、決勝進出に大きく貢献している。 権田は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆GK権田修一 「サガン鳥栖ファン、サポーターのみなさん。ポルトガルのポルティモネンセSCに移籍する事になりました」 「サガン鳥栖での2年間、皆さんには常勝という最高のファンサービスはできませんでした。それでもみなさんが最高の応援をしてくれた事、本当に感謝しています」 「サガン鳥栖は地方クラブです!その事実は一生変わりません。街の人口が少なくても1人1人が心の底から声を出し、サガン鳥栖を愛する気持ちを持てば密度の濃い強い砂岩ができあがると思います」 「これからも皆さんがサガン鳥栖を支えていって下さい。2年間本当にありがとうございました」 2019.01.29 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

鳥栖FW金崎夢生にポルティモネンセ復帰の可能性が浮上? ポルトガルメディアが報道

『Record』や『A Bola』といったポルトガルメディアが、サガン鳥栖に所属する元日本代表FW金崎夢生(29)のポルティモネンセ復帰の可能性を伝えている。 大分トリニータや名古屋グランパス、ニュルンベルグでプレーした金崎は、2013年9月に当時ポルトガル2部だったポルティモネンセに加入。2年目にはシーズン途中までにリーグ戦17試合9ゴールを記録するなど、ゴールゲッターとして覚醒し、2015年2月に鹿島アントラーズに期限付き移籍した。 その後、1度ポルティモネンセ復帰を果たし、2016年に鹿島に完全移籍。2018年8月にはサガン鳥栖に完全移籍し、加入後は明治安田生命J1リーグで15試合3ゴールを記録した。 今回伝えられるところによると、金崎は現在ポルトガルに滞在。2日に行われたプリメイラ・リーガ第15節のポルティモネンセvsベンフィカをスタジアムで観戦したようだ。なお、この試合は中島翔哉の2点目に絡む活躍もあり、2-0で勝利している。 また、ポルトガルメディアは金崎が中島と元コロンビア代表FWジャクソン・マルティネスと写真撮影をしたことを紹介した中、金崎が今冬での加入が近づいているとも報道。金崎のポルティモネンセ復帰は昨年5月にも浮上し、最近では鳥栖の日本代表GK権田修一のポルティモネンセ移籍の可能性が取り沙汰されたが、ポルティモネンセは果たしてどのような動きを見せるのだろうか。 2019.01.03 17:30 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース