中島が2G1Aと躍動のポルティモネンセ、強豪スポルティングを撃破し今季2勝目!《プリメイラ・リーガ》2018.10.08 06:00 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ポルティモネンセは1日、プリメイラ・リーガ第7節でスポルティング・リスボンとホームで対戦し、4-2で勝利した。ポルティモネンセのMF中島翔哉はフル出場し、44分と82分にゴールを記録した。

▽前節、最下位のデスポルティボ・アベスに完敗を喫したポルティモネンセは、その試合から先発を4人変更。中島はこの試合でも左ウィングで先発。また、今夏に加入したジャクソン・マルティネスが移籍後初先発を飾った。

▽立ち上がりこそ地力に勝るスポルティングにやや押し込まれるポルティモネンセだったが、30分に反撃。左サイドを持ち上がったマナファが中島とのワンツーでボックス左から侵入すると、ゴールエリア左横まで持ち上がりニアサイドを抜くシュートをゴールに流し込んだ。

▽先制点で勢いに乗るポルティモネンセは、前半終了間際に中島が再び輝きを放つ。44分、パウリーニョのパスをボックス左深くで受けたマナファが切り返しから冷静にラストパスを供給。ボックス内に走り込んだ中島のダイレクトシュートがゴール左に突き刺さった。

▽しかし、後半に入るとナニを投入したスポルティングの猛攻にさらされる。すると63分、アクーニャの左クロスのロストボールをボックス左深くでナニに拾われると、ラストパスをモンテーロに押し込まれた。

▽その後も猛攻を受けるポルティモネンセだったが、にセットプレーからリードを広げる。82分、右CKのセカンドボールをボックス手前で拾った中島がミドルシュート。狙いすましたシュートはそのままゴール左隅に吸い込まれた。

▽88分にコアテスのゴールで1点を返されたポルティモネンセだが、93分に途中出場のジョアン・カルロスが1点を追加し、4-2で試合終了。ポルティモネンセが中島の2ゴール1アシストの活躍で今季2勝目を飾った。
コメント
関連ニュース
thumb

中島翔哉のウルブス移籍、有力か 進捗状況は「80%」

▽ポルティモネンセに所属する日本代表FW中島翔哉(24)のプレミアリーグ挑戦が現実味を帯びてきた。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽中島の移籍先として名前が浮上するクラブはウォルバーハンプトンだ。ドルトムントやレスター・シティの関心も取り沙汰される中島に対して、移籍金1700万ポンド(約24億4000万円)の獲得オファーを打診した模様だ。 ▽その中島の契約解除金は推定3500万ポンド(約50億4000万円)。だが、ポルティモネンセは同額以下での放出に対しても肯定的だという。同クラブの会長を務めるロドニー・サンパイオ氏は次のように認識を示したという。 「会談は事実だ。まだ100%じゃないが、1月に移籍の可能性がある」 「残すは契約解除金の支払いだ。中島は80%ウォルバーハンプトンだ」 ▽ポルティモネンセ加入2年目の中島は今シーズンのここまでリーグ戦11試合に出場して5ゴール。9月のリーグ月間MVPに輝き、森保一体制の日本代表にも定期的に招集されており、新たな顔として期待が高まっている。 ▽2016年に中国の資本グループが買収したウォルバーハンプトンは昨シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部相当)を優勝。今シーズンからプレミアリーグに7年ぶりに復帰し、5勝4分け6敗の12位に位置している。 2018.12.07 08:35 Fri
twitterfacebook
thumb

中島がプレミア入りか? ウォルバーハンプトンが25億円のオファーを提示!

▽ウォルバーハンプトンが、ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉(24)の獲得に迫っているようだ。ポルトガル『A BOLA』が伝えている。 ▽2017年夏にポルティモネンセ入りして以降、まばゆい輝きを解き放ち続ける中島。今シーズンもここまでポルトガルリーグ得点ランキング2位タイの4得点を挙げる活躍ぶりを受け、森保一新体制の日本代表に呼ばれ続けており、16日に行われたキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦でも強豪撃破に大きく貢献した。 ▽その中島を巡っては、セビージャやレスター・シティなど多くのクラブが目を光らせていたが、ここにきてウォルバーハンプトンが獲得のポールポジションに立った。 ▽『A BOLA』によれば、ウォルバーハンプトンはすでに中島の獲得に向け2000万ユーロ(約25億円)のオファーを提示しており、移籍交渉は最終段階に入っているとのこと。 ▽しかし、ポルティモネンセが中島の移籍金を4000万ユーロ(約51億円)に設定していることから、移籍決定まではまだ時間がかかりそうだ。 2018.12.06 02:01 Thu
twitterfacebook
thumb

1Gの中島翔哉が現地メディア選出の第11節ベスト11に!「リーグ最高の選手であることは間違いない」

ポルティモネンセFW中島翔哉が、現地メディア『Goal Point』の選ぶリーガNOS第11節のベストイレブンに選出された。<br><br>2シーズン目となったポルティモネンセで、絶対的な存在となっている中島。ここまで10試合に先発し5ゴール4アシストを記録するなど、クラブの10番としてチームをけん引する活躍を見せている。<br><br>そんな中島は、2日に行われた第11節のトンデラ戦でもゴールを記録。2-1とリードで迎えた前半アディショナルタイム、高い位置へプレスをかけてボールを奪い、味方からのパスをボックス内で受け直すと、左足でダイレクトシュート。強烈なボールをネットに突き刺した。絶大な存在感を見せ、3-2の勝利貢献している。<br><br>この活躍が認められ、中島は『Goal Point』の選ぶリーガNOS第11節のベストイレブンに選出されている。<br><br>「8.1」と全体3位のポイント数を獲得した中島について、同メディアは「このリーグにおいて最高の選手の1人であることは間違いない」と評価。スタッツを紹介しつつ、日本代表FWを称賛している。<br><br>「この日本人は、偉大なレベルを証明するために戻ってきた。トンデラ戦では5本のシュート(枠内3本)を放ち、ゴールも奪った。ショウヤは2本の決定的なパスを通し、2度のドリブル成功、11度ポゼッションを回復した」<br><br>同メディアの9,10月の最優秀選手にも選ばれている中島。この活躍から欧州各国のビッグクラブが獲得をねらっていると言われる中、日本代表でも欠かせぬ存在となる24歳はトップレベルでも高いパフォーマンスを継続している。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.05 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

先制弾アシストの日本代表FW中島翔哉、ポルトガルメディアも称賛「存在感を示した」

大分で行われたキリンチャレンジカップの日本代表vsベネズエラ代表は、1-1のドローに終わった。日本の先制点をFKでアシストした中島翔哉について、ポルトガルのメディアも賛辞を贈っている。<br><br>ポルトガルメディア『OJOGO』は、「ポルティモネンセのアタッカーは、40分に酒井宏樹が決めたゴールをアシストした。中島はタッチライン際からFKを放ち、ファーサイドに飛び込んだ酒井の決定機をお膳立て。だが81分、(トマス)リンコンに得点を許し、1-1のドローに終わった」と伝えている。<br><br>中島については「アルヴィネグロス(ポルティモネンセの愛称)の10番は、日本で5つ目の代表キャップを刻んだ。好調をキープしており、その存在感を大きく示している」と、日本代表でも攻撃の軸であることを強調している。<br><br>今シーズンはポルティモネンセでリーグ戦9試合4ゴール3アシストを記録している中島。ポルトガルメディアからしても、日本代表での中島の活躍ぶりは、注目度の高いものとなっているようだ。<br><br>提供:goal.com 2018.11.17 18:15 Sat
twitterfacebook
thumb

中島翔哉が初のポルトガルリーグ月間MVP!

▽プリメイラ・リーガ(ポルトガル1部リーグ)は19日、9月の月間最優秀選手として、ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉(24)の選出を発表した。 ▽同賞は、1部リーグに所属する全18クラブの監督票で決定。全体の14.2%の得票率を獲得した中島にとって、初の月間MVP受賞となる。中島は9月のリーグ戦2試合に出場。第5節のギマラエス戦でチームの全得点に絡む2得点1アシストの活躍を見せ、勝利に貢献した。 ▽なお、今シーズンはここまで開幕から全7試合に出場。7日に行われたスポルティング・リスボン戦でも2得点2アシストの活躍を披露するなど、得点ランキング2位タイの4得点をマークしている。 ▽日本代表でも新たな才能として、フローニンヘンのMF堂安律やザルツブルクのMF南野拓実と共に存在感を際立たせる中島。今後の活躍からも目が離せない。 2018.10.20 08:05 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース