イカルディの2ゴールでSPALに勝利したインテル、公式戦6連勝!《セリエA》2018.10.08 05:24 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは7日、セリエA第8節でSPALとアウェイで対戦し、2-1で勝利した。▽第7節を終えた時点で4勝1分け2敗のインテル。直近ではリーグ戦3連勝に加え、チャンピオンズリーグ(CL)でも開幕から2連勝で、公式戦5連勝と波に乗っている。今節はCKのPSV戦からスタメンを4選手変更。ヴルサリコにミランダ、ケイタ、ボルハ・バレロが先発に名を連ねた。

▽試合開始からペースを掴んだインテルが先制する。14分、ゴール前の混戦から一度外に出してやり直したインテル。右サイドのヴルサリコに預けると、クロスの先にいたのはイカルディ。ヘディングで地面に叩きつけたシュートはGKのタイミングをずらし、ゴールに吸い込まれた。

▽先制したことにより、このままインテルが主導権を握る展開になるかと思いきや、16分に右サイドから攻撃の形を作ると、17分にボックスで仕掛けたフェリペがミランダに倒され、SPALにPKが与えられる。しかし、このPKをアンテヌッチが左に外してしまい、同点に追いつくことが出来なかった。

▽その後は再びインテルのペースに。30分にボックス右のケイタからゴール前にパスが送られるが、一歩手前でGKのA・ゴミスが弾き出し、味方には届かなかった。

▽後半も大勢は変わらずイニシアチブはインテル。それでもチャンスが訪れたのはSPALだった。63分、CKをインテルがクリアし損ねたところをペターニャが狙っていく。その2分後にはラッザーリがボックス右からシュートを放ったが、枠に飛ばすことはできなかった。

▽後半も20分を過ぎたころ、SPALはアンテヌッチを下げてパロスキ、インテルはケイタを下げてポリターノを投入。この交代が功を奏したのはホームチームだった。

▽72分、ピッチ中央付近からのFKでプレーを再開したSPAKは左サイドのファレスに展開。ファレスは深くまで上がらず敵陣左サイド中央付近から低めのクロスを供給すると、これがヴルサリコに当たってコースが変わったことで、丁度よくDFとGKの間に入る。そこに飛び込んでいたパロスキが押し込んでSPALが同点に追いついた。

▽だが、インテルがすぐに取り返す。78分、相手のラインコントロールが乱れた隙を突いたイカルディは、ボックス左でペリシッチからの縦パスを受け、すぐさま反転。GKとの一対一を制し、勝ち越しゴールを決めた。

▽試合はそのまま終了を迎え、インテルがイカルディの2得点でSPALに勝利。公式戦6連勝とした。
コメント
関連ニュース
thumb

ヒザに問題のないイカルディ、引き続きメンバー外に《EL》

インテルは20日、翌日にホームで行われるヨーロッパリーグ・ラウンド32・2ndレグのラピド・ウィーン戦に向けたメンバーを発表した。 ヒザ痛を訴えていたアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが同日の検査の結果、問題ないことが発表されていたが、イカルディは引き続きメンバー外となっている。 契約延長交渉が難航していることを受けて、13日にクラブのキャプテンを剥奪されたイカルディは右ヒザの痛みを訴えて、公式戦ここ2試合を欠場していた。 1stレグで1-0と先勝しているインテルはイカルディを引き続き欠いてベスト16進出を目指す。招集されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆インテル招集メンバー GK サミル・ハンダノビッチ ダニエレ・パデッリ トンマーゾ・ベルニ DF ステファン・デ・フライ アンドレア・ラノッキア クワドゥオ・アサモア セドリック・ソアレス ミランダ ダニーロ・ダンブロージオ ミラン・シュクリニアル MF マティアス・ヴェシーノ ラジャ・ナインゴラン ボルハ・バレロ アントニオ・カンドレーバ マルセロ・ブロゾビッチ FW イバン・ペリシッチ マッテオ・ポリターノ ラウタロ・マルティネス アンドレア・アドランテ</span> 2019.02.21 02:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ヒザ痛を訴えていたイカルディ、インテルは問題なしと発表

インテルは20日、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディが痛みを訴えていた右ヒザに問題がないことを発表した。 契約延長交渉が難航していることを受けて、13日にクラブのキャプテンを剥奪されたイカルディは右ヒザの痛みを訴えて、公式戦ここ2試合を欠場していた。 しかし、インテルは公式サイトで「イカルディは右ヒザの痛みを訴えたため、病院で検査を受けた。その検査ではシーズン前の状態と比較して変化は見られなかった」と発表し、ヒザに問題がないことを強調した。 インテルは今後、21日にヨーロッパリーグ・ラウンド32・2ndレグのラピド・ウィーン戦を戦い、セリエAでは24日にフィオレンティーナと対戦するが、イカルディはメンバー入りするだろうか。 2019.02.20 23:19 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル、50億円でラキティッチ獲得目前か

インテルが、バルセロナに所属するクロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(30)獲得に迫っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 バルセロナとの契約が2021年までに迫っているラキティッチ。今シーズンも公式戦36試合に出場している重要選手だが、アヤックスのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの今夏加入が内定したことでポジション争いの激化が予想され、来夏の去就が騒がしくなっている。 しかし、ラキティッチの代理人を務めるアルトゥーロ・カナレス氏が「イバンが夏にスペインを去るのを見ることは不可能なシナリオだ」とコメント。これにより、情勢は残留に傾いているかに思われた。 しかし、引く手数多のラキティッチに関する報道は途切れず。各紙はチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、ユベントス、バイエルン、パリ・サンジェルマン(PSG)からの関心を報道している。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、インテルのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)とピエロ・アウジリオSD(スポーツディレクター)が、ラキティッチについての交渉のためにバルセロナの首脳陣と会談。移籍金3500万ユーロ(約44億円)のオファーに対して、バルセロナが4500万ユーロ(約56億円)を要求したことで両者には隔たりがあったが、4000万ユーロ(約50億円)付近での合意が近づいたという。 なお、インテルはラキティッチ個人に、3年契約と年俸550万ユーロ(約7億円)を提示する準備が出来ているようだ。 2019.02.20 18:50 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル会長がイカルディについて明言「ユベントスに移籍する可能性はない」

インテルのスティーブン・チャン会長が、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(25) のユベントス移籍を否定した。スペイン『マルカ』が伝えている。 インテルの絶対的エースに君臨し、今シーズンもここまでの公式戦28試合で15ゴールを決めているイカルディ。しかし、契約延長が難航していることから、インテルは13日に同選手からキャプテンマークを剥奪すると異例の公式発表。これに反発したイカルディ側も14日のヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・1stレグのラピド・ウィーン戦への招集を拒否した。 クラブとの緊迫した関係から、ユベントスやマンチェスター・ユナイテッド移籍が囁かれているイカルディ。だが、チャン会長は少なくともイタリア王者に加わることはないと強調した。 「フットボールにおいて、ユベントスと取引をしないと言うことは出来ない。しかし、このケースは別だ。イカルディがユベントスに移籍する可能性はない」 「我々は、イカルディとの新契約締結に向けて交渉している」 「我々の哲学は、個人より常にグループの方が優先されることだ。今夏の移籍市場は、昨シーズン(の移籍市場)よりも良いものになるだろう」 2019.02.20 17:57 Wed
twitterfacebook
thumb

ナインゴラン、イカルディの復帰を願う「インテルには全員の力が必要。早く解決して」

インテルに所属するMFラジャ・ナインゴランが、17日のサンプドリア戦終了後にインタビューに応じ、FWマウロ・イカルディの復帰を願った。イタリアメディア『スカイスポーツ』が伝えている。<br><br>ナインゴランは17日、サンプドリア戦で先発出場を果たすと、1-1の同点だった78分にミドルシュートを決めてインテルを2-1での勝利へ導いた。インテルはこれで公式戦3連勝を飾ったが、ベルギー人MFは警戒を緩めない。<br><br>「背後に控えるチームにも勢いがある。自分たちもやるべきことをこなしていかなければならない。周囲のおしゃべりが騒々しいが、落ち着いてトレーニングに打ち込めるようになるには、勝利が必要だ。問題が解決することを願っている。チームは団結し、一丸となり、勝利をつかみたい」<br><br>ナインゴランは自身もピッチ外での行動により、物議を醸してきた経験があるが、クラブからキャプテンマークをはく奪され、14日のヨーロッパリーグ(EL)のラピッド・ウィーン戦から欠場しているイカルディの早期復帰を願った。<br><br>「イカルディは持てる力すべてを常に出し尽くしてきたと思う。彼自身のためにも、チームのためにも、できる限り早く戻って来てほしい。前線では、もう1人のセンターフォワード(ラウタロ・マルティネス)が良いパフォーマンスを見せているが、全員の力を必要だ。すべてが早く解決することを願っている」<br><br>最後に30歳の元ローマMFは、今後に向けて意気込みを語った。<br><br>「俺も過去に問題を抱えていたが、今はプレーのことだけ、インテルのために最善を尽くすことだけを考えている。3ポイントは重要であり、勝ちたい。リーグ戦では順位をキープしなければならないし、ELではノックアウト・ステージでこれからが面白い」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.20 06:25 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース